女性の債務整理はリスクが低く家族にバレづらいのが特徴

債務整理とは借入金額や経済状況を考慮したうえで法的に解決する救済手段です。

債務整理をすることで借金の返済額が少なくなったりあるいは帳消しになることもあります。その過程で過払い金が発生していれば、払いすぎたお金を取り戻すことができます。

債務整理をすると精神的な負担も軽減されますし、将来への不安も解消されますので現在返済が苦しいという方にはお勧めです。

債務整理をすると借金のことが家族にバレてしまう、夫の信用情報に傷がつく、債務整理が怖いという声も聞きますが、家族に内緒で手続きを進められますし、自分以外の信用情報にも影響しません。債務整理にもいくつか種類がありますので弁護士や司法書士に相談して最適な解決方法を相談してもらいましょう。

一人で抱え込んでしまっては何も解決しません。どんなに大変な状態でも必ず解決の道はあります。早く専門家に相談するのが、解決への一番の近道です。

女性の借金の原因

女性が借金をする理由はいくつかありますが、2020年1月の調査によると借金理由でもっとも多いものは生活費の補填、続いて娯楽、交際費となったというデータがあります。

生活費の補填

カードローンを利用する女性の8割は年収が300万円以下といわれています。男女平等とは言われていますがやはり男女の格差はあり、年収を見ると女性の方が低い傾向にあります。

しかも女性の場合には子どもが連れて離婚するということも多く、借金理由としては生活費がもっとも多くなります。

離婚しても子どもがいれば養育費が入るのが通常ですが、様々な事情により養育費が継続して入り続けるということはあまりなく、最終的に被害を被るのは女性ということもよくあります。

ショッピング

ショッピングを理由に借金をするのは男性にもありますが、女性の場合には化粧品、ファッション、旅行など周囲に合わせることで出費がかさむことがあります。

男性の借金では本人の浪費という意味合いが多いのですが、女性の場合には本人以外の理由というものがあります。

交際費

飲み会や食事などの交際費も女性の借金理由としてよくあります。女性の場合には自分が行きたいからというよりは周囲が行くからという理由で参加することも多く、やはり本人の都合というよりは周囲に合わせた結果としての借金といえます。

通院

女性の場合には女性特有の病気や症状で病院に行くことがあり、医療費が負担となり借金をするということがあります。

ホストクラブやギャンブル

キャバクラやギャンブルなどの借金は男性にもありますので女性に限った話ではありませんが、ハマりすぎると借金の返済が困難になるということがあります。

また、主婦のパチンコ依存による借金もよく見られ、多重債務に陥ることがあります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

どんな借金の理由であっても債務整理できる

借金の返済が苦しい、借金の返済ができないという場合でもギャンブルで作った借金なので債務整理できない、買い物が原因では債務整理できないと思われている人もいます。

しかし、実際にはどんな理由で借金をしたとしても債務整理をすることは可能です。

以前は借金が返済できなくなったら自己破産というのが普通でしたが、今では任意整理や個人再生という手段もあります。

任意整理

任意整理とは債務者と債権者が話し合いによる交渉を行い、利息を免除してもらう手続きです。

任意整理を行うことで利息を免除した上で3年~5年の分割払いが可能になりますので毎月の返済額を減らすことができます。

個人再生

個人再生は裁判所を通し、借金を大幅に減額する手続きです。

個人再生を行うことで借金を5分の1に減らし、最大5年で分割払いができるようになります。

自己破産を行うと自宅がなくなってしまいますが、個人再生であれば住宅ローンを返済しながら手続きを進めることができます。

自己破産

自己破産は裁判所を通して全ての借金の返済を免除してもらう手続きです。

一般にギャンブルや浪費が原因で作った借金は自己破産できないと言われますが、借金のすべてがギャンブルや浪費に使われたとは限らず裁判所から自己破産が認められることも多くあります。

過払い金請求

過払い金請求は払いすぎた利息を取り戻す手続きです。2010年の貸金業法改正以前には利息制限法の上限金利を超える金利で返済していた可能性があり、当時払いすぎたお金を今からでも取り戻すことができます。

過払い金が発生する条件はグレーゾーン金利で支払ったことがあることですが、2010年以前に借金をしたことがあればグレーゾーン金利で返済をしたことがあるかもしれません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

妻が債務整理をしても夫の信用情報には影響しない

債務整理をするとなると心配なのは信用情報だと思います。

債務整理をすると信用情報機関に異動情報が登録されます。これを一般にブラックリストに載ると言います。ブラックリストに載ると新規借り入れができなくなったり、各種ローンに審査に通らなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりと生活に影響が出ます。

しかし、債務整理を行って信用情報に影響するのはご自身だけです。自分が債務整理をすることで夫の信用情報に傷がつき、将来的に住宅ローンが借りられなくなったり、クレジットカードが使えなくなるのではないかと思われている人がいますが、自分以外の信用情報には影響しません。

そのため、自分が債務整理をしたとしても夫名義の住宅ローンや自動車ローン、奨学金、クレジットカードの発行などは問題なく行うことができます。

債務整理をしても信用情報に影響しないこともある

基本的には債務整理をすると信用情報に傷がつきます。しかし、過去の借金の中に過払い金がある場合には信用情報に影響しないことがあります。

もし債務整理をするとなると過去の借金状況を調査するところから始まります。そして、過去の借金の中に過払い金があることがわかると債務整理と同時に過払い金請求を行います。

ここで借金額よりも過払い金の方が多い場合には完済扱いとなるため、ブラックリストに載ることはなく、手元にお金が戻ってきます。

本当はもう完済しているはずなのに返済を続けていたということなので、お金が戻ってくるのも納得ですね。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行カードローンでも債務整理できる

債務整理は消費者金融からの借金しかできないと考えている人もいますが、銀行カードローンであっても債務整理はできます。

消費者金融では総量規制の影響で年収の3分の1以上の借金はできませんが、銀行カードローンの場合には総量規制がありませんので近年では銀行カードローンの返済が苦しいという声もよく聞きます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

あなただけではありません!女性の債務整理・ご相談事例の紹介

女性の債務整理 事例(30歳 会社員Aさん)
最初はちょっとだけのつもりが、借りやすいのをいいことに、気付いたら130万円の借金が。
そんな時父親が体調を崩してしまいました。もし私に借金があることがわかったら、母親にさらに余計な心配をさせてしまうと思い、ちゃんと解決しようと思ったんです。
それまで内緒にしていたのですが、友達に話してみて、ちゃんと専門家に相談するべきだと思ったんです。
勇気を出して電話で相談したところ任意整理をすすめられ、職場や家族にもバレず債務整理することができました。
しかも月々の返済額を半分の4万円に減額できたんです。早く返済を終わらせて、親孝行もしたいと、考えを改めるきっかけになりました。
とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
女性の債務整理 事例(54歳 主婦Iさん)
夫の会社の業績が落ち始め、収入も減りはじめた時期と、2人の子供の大学進学の時期が重なり、消費者金融から借入を行ったのがはじまりでした。
子供には、お金が原因でやりたいことを制限させたくないという親のメンツがあったんです。
でも、そのまま夫の収入が増えることはなく、消費者金融への返済がプラスされた分、家計はさらに苦しくなっていきました。
私自身パート社員で働いていましたが、返しても返しても利息分にしかならず、借金はなくなりませんでした。
他の消費者金融から借り入れして返済し、その業者に返済するために別のところでまた借りるという、最悪な状態になってしまっていました。
そんなとき消費者金融から「総量規制」が始まると通知が来たんです。
これからは収入証明を提出して年収の1/3しか借入できず、夫婦併せた年収を対象とするとしても、夫の同意書が必要だ、という内容でした。
家族には内緒だったので、自分一人ではどうにもならなくなっていました。もう自己破産しかないと覚悟し、相談させてもらいました。
でも結果として家族に知られず任意整理で手続きすることができました。
過払いが発生していて借金の総額を半額に減らすことができたんです。
今回プロの方の助けを借りることで目が覚めました。
もうあんな後ろめたい生活はしたくありません。気持ちを入れ替えて再スタートの気持ちで頑張っていきます。
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

女性の債務整理Q&A

同じようなお悩みをお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。
債務整理について、よくいただくご質問を紹介します。

借金の理由がエステやショッピングでも債務整理できますか?
できます。理由は問わず債務整理が可能です。
まずは状況をお伺いし、その上で適した債務整理の方法をご提案させていただきます。
家族や職場の人にバレずに債務整理できますか?
できます。周りに知られずに債務整理できる任意整理があります。
書類の郵送であれば局留めが可能です。
保証人がご家族でなければ連絡が行く事はありませんので、ご安心ください。
また、保証債務を債務整理対象外にする事もできますので、ご相談ください。
今パートの収入しかありませんが、債務整理できるのですか?
できます。定期的に収入があれば任意整理が可能です。
現在求職中という方でも、将来的に定期収入が見込める場合は任意整理が可能です。

ひとりで悩まず、小さなことでもご相談ください。

長い間借り入していてお一人ではかかえきれなくなったと言ってご相談にいらっしゃる方の場合、過払い金があって借金が減額になる可能性が大いにあります。

今の悩みを少しでも軽く、少しでも早く解決するために、ひとりで悩まずお問い合わせください。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

女性のための過払い金請求・債務整理相談へ戻る