債務整理にかかる期間と債務整理後の期間

借金問題の解決には債務整理という手段があります。

しかし、気になるのが債務整理にはどのくらいの期間がかかるのか、債務整理が終わった後にはどのような手続きがあるのか、債務整理後にはどのくらいの期間を要するのかなどではないでしょうか。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つの種類があり、債務整理の中で同時に過払い金請求を行うこともあります。

債務整理と過払い金請求にかかる期間、その後にブラック登録が解除されるまでの期間や銀行口座凍結が解除される期間などをご紹介いたします。

債務整理に必要な期間

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つの手続きがありますが、どれも一長一短ですので、自分に合った手続きを行う必要があります。

また、債務整理の手続きの中で過去の借金状況を調査しますが、その際に過払い金が発生していることが分かれば同時に過払い金請求も行います。

ここでは任意整理、個人再生、自己破産、特定調停、過払い金請求の5つの手続きについてそれぞれに必要な期間をご紹介いたします。

任意整理に必要な期間

任意整理は裁判所を通さずに、債権者と債務者が直接交渉し、利息の免除や減額をする手続きです。

過去の借金状況を調べるために取引履歴を取り寄せるのに1ヶ月~2ヶ月程度かかり、その後、貸金業者と話し合いの交渉に2ヶ月~4か月程度かかります。

そのため、任意整理にかかる期間は3ヶ月~6ヶ月程度です。

ただし、発生している過払い金が高額になった場合や過払い金請求を裁判で行った場合には更に時間がかかることがあります。

任意整理の返済期間

任意整理で貸金業者と交渉をした後に和解した内容で返済を続ける必要があります。

原則的に任意整理をすると3年で返済することが多いのですが、和解内容次第では5年(60回払い)であったり、更に返済期間を延ばしたりすることができます。

任意整理の返済期間は3年~5年とお考えください。

個人再生に必要な期間

個人再生は裁判所を通し、借金を大幅に圧縮し返済を続ける手続きです。

裁判所に申し立てた1週間~2週間後に個人再生委員と面談し、3か月程で再生計画案ができます。再生計画案に問題がなければ約1ヶ月で裁判所の認可がおります。

しかし、裁判所の都合で多少前後することがあることや裁判所に提出する資料の準備に時間がかかることから個人再生には6か月程度がかかるとお考えください。<

個人再生の返済期間

個人再生では裁判所に認可をもらった再生計画案に則り返済を続ける必要があります。

個人再生での返済期間は3年が基本ですが、事情により5年となることもあります。

例外的に収入が減った場合や就労を継続することが困難になった場合には2年の延長が認められ7年となることもありますが、基本的に個人再生の返済期間は3年~5年です。

自己破産に必要な期間

自己破産は裁判所を通し、すべての借金の返済を免除してもらう手続きです。

自己破産には同時廃止と管財事件の2つの手続きがあります。簡単に説明すると財産を持っていない人が同時廃止、財産を持っている人は管財事件となります。

しかし、自己破産をする人のほとんどは同時廃止になりますので、財産の処分に時間がかからない分、早く手続きが終わります。

同時廃止は3ヶ月~6ヶ月

裁判所に申し立てると2週間~4週間後に裁判官との面談があり、破産手続きの開始となります。この面談により同時廃止になるのか管財事件になるのかが決まります。

同時廃止になると破産手続きの開始決定後、2ヶ月ほどで免責を貰うための裁判官との面談があり、問題がなければ1週間ほどで免責決定がおります。

自己破産の同時廃止の場合には3ヶ月~12ヶ月ほどで手続きが終わります。

管財事件は6ヶ月~12ヶ月

管財事件になると破産手続きの開始決定後、2ヶ月~3か月後に債権者集会が開かれます。債権者集会は通常1回だけで終わりますが、場合によっては数ヶ月にわたり何回か行われることがあります。

債権者集会が終わると免責決定通知が出ますが、この通知は約2週間後に官報に載り、更に2週間が経ってから免責が決定します。

自己破産の管財事件の場合には6ヶ月~12ヶ月ほどで手続きが終わります。

特定調停に必要な期間

特定調停は裁判所を通して、債権者と交渉する手続きです。

特定調停は弁護士や司法書士に依頼せず費用も抑えられる手続きですが成功率が低いため、任意整理を選ばれる方が大半です。

特定調停は簡易裁判所で行われ、話し合いも2回で終わることが多いため、特定調停には2ヶ月ほどの期間を要します。

ただし、話し合いが長引いたり、交渉が難航した場合には別の債務整理に切り替えることも多く、更に時間がかかることもあります。

特定調停の返済期間

特定調停は債権者との合意があれば和解が成立します。そのため、債権者が納得をすれば返済期間に特に定めはありませんが、原則的に特定調停での返済期間は3年~5年です。

もし返済に5年以上の期間がかかるのであれば債権者の合意を得ることは難しく、別の手続きの検討が必要です。

過払い金請求に必要な期間

過払い金請求は過去に払いすぎた利息を取り戻す手続きです。債務整理ではありませんが、債務整理の際に同時に過払い金請求を行うことも多く、借金問題の解決の助けになります。

過去の借金の状況を調べるために取引履歴を取り寄せますが、取引履歴の開示に1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。取引履歴が届いたら過払い金がいくら発生しているのかを引き直し計算して貸金業者と交渉します。

交渉は1ヶ月~3ヶ月程度で終わることが多いのですが、交渉が難航したり、より多くのお金を取り戻すために裁判をしたりすると過払い金請求にかかる期間が延びます。

過払い金請求は交渉の場合には1ヶ月~3ヶ月程度、裁判をする場合には6ヶ月~12ヶ月程度とお考えください。

なお、交渉による和解、裁判による判決が出てから実際にお金が返ってくるまでも意外に長く、和解後2ヶ月~4か月は入金までにかかります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

債務整理後のブラックリストへの掲載期間

ブラックリストに載るという言い方をしますが、実際にはブラックリストというリストがあるわけではありません。しかし、信用情報機関に事故情報が記録され、借金やカードの審査に落ちやすい状態のことをブラックリストに載ると表現することがあります。

信用情報機関はシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行信用情報センター(KSC)の3つの機関があり、それぞれ登録する内容も登録機関も異なります。

どの債務整理をしたかでも登録されている期間は異なりますが、任意整理の場合には5年、個人再生と自己破産の場合には10年はブラックリストに載ります。

日本信用情報機構(JICC)に登録される情報と期間

登録される情報3か月以上の延滞、延滞の解消、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生など)
登録される期間延滞解消から1年、債務整理は5年

シー・アイ・シー(CIC)に登録される情報と期間

登録される情報返済に関する情報(残債額、請求額、入金額、入金履歴、破産の有無、延滞解消日など)
登録される期間5年

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録される情報と期間

登録される情報ローンやカードの返済状況の履歴(返済の有無、延滞、代位弁済の事実など)、自己破産、個人再生
登録される期間返済の有無、延滞、代位弁済の事実などは5年、自己破産や個人再生は10年

社内ブラックはいつまでも残る

ブラックリストと似た言葉に社内ブラックというものがあります。

債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録(ブラックリストに載る)されますが、5年~10年が経てば事故情報は削除されます。

一方、債務整理を行った貸金業者には「債務整理をされた」という情報が残り、次回の審査の際に利用されます。一般に、過去に債務整理をした顧客を再度審査に通すことはなく、社内ブラックになると呼ばれます。

債務整理をした貸金業者からは再度借り入れすることはできない、債務整理をしたクレジットカード会社には新規カード発行をしてもらえないなどの情報がありますが、これらは社内ブラックの状態であることから起こります。

原則的に社内ブラックになると情報が削除されることはありませんので、債務整理を行った貸金業者やそのグループ会社への審査は非常に通りづらいとお考えください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

債務整理で銀行口座が凍結される期間

債務整理をする際に銀行(銀行ローン、銀行カードローン)を対象にする場合には銀行口座が凍結されることがありますのでご注意ください。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、事務所から銀行に対して受任通知が届きます。

銀行側は受任通知が届くと銀行口座を凍結させ、預金残高を借金に充てられてしまいます。

銀行口座が凍結される期間は受任通知が届いてから1ヶ月~2ヶ月程度ですが、この間は入金はできますが出金はできません。

毎月の支払いの引き落としもできなくなり、料金未払いになることもありますし、給与が振り込まれても引きだすことができなくなります。

そのため、銀行に対して債務整理をする場合には事前に口座から預金を引き出し、毎月の支払いや給与口座は別の銀行の口座を使うことをお勧めいたします。

なお、銀行からの借り入れに保証会社が使われている場合には、保証会社からの代位弁済があった時点で銀行の借金はなくなりますので口座凍結は解除されます。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号
  • [プロフィール]

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

債務整理とはへ戻る