個人再生のデメリット・メリット

民事再生の中でも特に個人再生は、相談者様の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援することを目的としています。具体的には多重債務による支払い不能の状態に陥る恐れがあるものの、継続的な収入のある人が破産をすることなく、債務の中の一定額のみを原則3年間で分割返済すれば残額は免除される手続きです。自己破産では借金の全額が免除されるのに対して個人再生では一定額を支払う必要があります。

民事再生・個人再生のデメリット

  1. 手続きが複雑なため専門家に依頼することが必要です。また依頼料も比較的高額になります。
  1. 債務を3年間で分割返済するため、継続・安定した収入が必要です。派遣社員・パート・アルバイトでも手続きすることは可能ですが、ある程度の経済基盤が必要です。
  1. 住宅ローン以外のローン(自動車ローンなど)がある場合には、その物を手放さなければなりません。
  1. ブラックリスト(事故情報)に載るため、手続き後一定の期間(5~7年程度)は新規の借入れができなくなります。
  1. 住所と氏名が官報という国が発行する機関誌に掲載されます。一般の方が読まれることは稀なので周囲の方に気づかれることは非常に少ないですが、公開されてしまう、ということはご理解ください。

民事再生・個人再生のメリット

  1. 借金のうち、一定額のみを返済するだけで借金全額を返済したことになるため、返済の負担が大幅に軽減されます(任意整理の場合は利息がカットされるだけで元金は減額されません)。
  1. 自己破産の場合と違い、マイホームを手放すことなく手続きをすることができます。
  1. 自己破産と違い、借金の原因がギャンブルや遊興費であっても手続きが可能です。
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加