任意整理の手続きにかかる期間は?和解やブラックリストの期間は?

  • 「任意整理ってどれくらい期間がかかるの?」
  • 「任意整理はいつまでブラックリストに載るの?」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、任意整理を司法書士や弁護士に依頼した場合、手続きを開始してから和解するまでに約3〜6か月かかります。

また、任意整理の手続き後に借入を完済してから5年間はブラックリストに登録されます。

しかし、任意整理はあくまでも貸金業者との交渉ですので、法的に定められている期間ではありません。場合によっては、平均よりも多くの時間がかかったり、返済期間を延長できたりすることもあります。

この記事では、任意整理の流れをまとめた後に、交渉期間や返済期間、ブラックリストが解除されるまでの期間について解説します。最後までご覧いただくことで、任意整理についての流れや期間延長の方法なども理解できますので、ぜひ参考にしてみてください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理の手続きに必要な期間

任意整理とは、債権者(貸金業者)と交渉して、以降発生する利息をカットまたは減額してもらい、残った元金を3〜5年間で返済していく手続きのことです。

任意整理のメリットとして、毎月の返済額が減って経済的、精神的な負担が軽減されることが挙げられます。

任意整理の手続きに必要な期間は以下の通りです。

  • 債権者との和解交渉(約3〜6か月)
  • 成立した交渉内容で返済を再開する(3〜5年)

任意整理の和解交渉にかかる期間

任意整理の交渉にかかる期間はおよそ3〜6か月間です。自己破産や個人再生が早くても半年以上はかかることを考えると、債務整理の中では手続きにかかる期間は短い方だといえるでしょう。

ただし、債権者によっては平均よりも長い期間がかかる場合があります。特に、なかなか交渉に応じてくれないケースや、取引内容の開示が遅いケースも考えられますので、あくまでも目安程度に考えておきましょう。

大手は応じてくれやすい

アコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者金融は、中小の消費者金融よりも交渉に応じてくれやすい傾向があります。

仮に債務者が自己破産をすれば、債権者は残りの債権を回収できなくなりますので、多くの貸金業者は、基本的には交渉に応じてくれます。

ただし、取引を開始してから1年以内の場合や、返済をきちんと行なって来なかった場合は交渉に応じてくれないケースもありますのでご注意ください。

借入件数が多いと時間かかる

任意整理は複数の貸金業者から整理したい債権を選ぶことも、すべての債権を整理することも可能です。

しかし、手続きを行う借入件数が多いほど時間がかかってしまいます。

借入件数が多いほど、手続き自体に時間がかかったり、交渉がスムーズにいかない貸金業者が出てきたりする可能性があるからです。

そのため、複数の借入がある方は平均よりも長めの期間を見積もっておくことをおすすめします。

任意整理後の返済期間

任意整理後は、和解交渉で決められた返済額を3〜5年間で毎月支払っていきます。

完済までの期間は貸金業者との交渉で決まりますので、支払い能力や生活状況によっては、3年以下や5年以上の年数での返済を求められることもあります。

期間延長もできる

任意整理後の返済期間は、交渉次第では5年以上に延長することも可能です。

たとえば、借金額が大きい場合や債務者の支払い能力が低い場合などは「7年」程度であれば対応してくれる貸金業者もあります。

自己破産などとは異なり、任意整理は元金を回収できますので貸金業者も応じてくれるわけです。

任意整理でブラックリストに登録される期間

任意整理は借入を完済してから5年間はブラックリストに登録され続けます。「ブラックリスト」といっても実際に「リスト」があるのではなく、個人信用情報機関に事故情報が登録されている状態を指します。

ブラックリストに入るのは借入の完済日ではなく、和解交渉の成立日であることが一般的です。

そのため、ブラックリストに登録されてからちょうど5年間で解除されるわけではないと認識しておきましょう。

ブラックリストが生活に及ぼす影響

ブラックリストに入ると、以下のような影響があります。

  • クレジットカードが使えなくなる
  • ローンやキャッシングなどの新規借入ができなくなる
  • 借金の保証人になれない
  • 携帯やスマホの分割払いができなくなる
  • 賃貸住宅に契約できない可能性がある

クレジットカードの利用や新規の借入、保証人になることは、信用情報機関に事故情報があればできないことになっています。また、携帯電話などの分割払いもローンのうちに入ります。さらに、賃貸住宅の契約も、家賃保証会社によってはできない可能性がありますので注意しましょう。

住宅ローンは難しいが可能性はある

ブラックリストに入ると、基本的には住宅ローンを組むことはできなくなります。ただし、住宅ローンは信用情報だけが判断材料ではありませんので、以下のような対策をしておけば審査に通る可能性もあります。

  • 頭金の割合を多めにする
  • 他社の借入があれば完済しておく
  • 収入や勤続年数などを上げておく

また、完済後5年でブラックが解除されるものの、一定期間クレジットヒストリー(カード利用歴)が空白になりますので、金融機関に「債務整理をしたのではないか」と疑われる可能性があります。

対策としては、審査に通りやすいカードを作成して利用履歴を増やしたり、携帯電話を分割払いしたりすることでクレジットヒストリーを積むことができます。

そのため、ブラック解除後にすぐにローンを組むのではなく、頭金や他の借入の整理、クレジットヒストリーの積み立てを行うことで、より審査に通る確率を上げられるでしょう。

任意整理は借金問題の解決に有効な手段

任意整理を行うと利息をカットできるので返済が楽になる

現在すでに支払いが困難な状況であれば、ブラックリストに入ってでも任意整理で借金を解決することをおすすめします。

なぜなら、ブラックリスト入りを恐れて返済を滞納し続けていると、ブラックリストで受ける以上の損失を被ることになるからです。

たとえば、クレジットカードのリボ払いやカードローンによる借金は、利息が大きくなりすぎて長期的な返済になってしまう場合があります。このような状態で返済を続けても、実際には返済額のうちの多くが利息や手数料へ回されている可能性が高いです。

また、返済を滞納していると、債務整理をしなくてもブラックリストに入る可能性もあります。そのため、返済ができなくなった時点で司法書士や弁護士に相談することをおすすめします。

借金の返済は長期化すれば経済的負担だけでなく、精神的負担も大きくなります。そのため、借金問題は早めに解決への一歩を踏み出すことが重要です。

任意整理を司法書士や弁護士に依頼するメリット

任意整理をする際は、ご自身で手続きをするのではなく、司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

なぜなら、任意整理は他の債務整理とは異なって、債権者との和解交渉ですので、法的な強制力を持たないからです。

つまり、実績のある司法書士や弁護士に依頼しなければ、債権者との交渉が成立せず、利息のカットができない可能性があるということです。仮に交渉できたとしても、納得いく内容ではない結果になることも考えられます。

また、任意整理の手続きには専門用語で記載された書類を集めて、全てミスなく提出しなければいけませんので、一般の方が行うには困難でしょう。

このようなことからも、任意整理を司法書士や弁護士に依頼するメリットは大いにあると言えます。

司法書士法人杉山事務所では任意整理をはじめ、借金問題に関して月3000件の相談実績があります。相談料や初期費用は0円ですので、少しでも不安や疑問を抱えている方はお気軽にご相談ください。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号
  • [プロフィール]

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る