任意整理で信用情報機関に登録される期間

任意整理をはじめ債務整理をすると信用情報機関に異動情報が登録されます。いわゆるブラックリストに載る状態です。

信用情報機関に異動情報が登録されると新規で借り入れができなくなったり、クレジットカードができないなどの不都合が出ますが登録されている期間は任意整理の場合は約5年です。

任意整理と信用情報の関係について解説いたします。

任意整理をすると信用情報機関に登録される

任意整理をすると信用情報機関に登録されるというのはよく言われる話ですが、信用情報機関に登録されると言われると少し怖い印象があります。しかし、借金をしたという情報も信用情報機関に登録されますので、信用情報機関に登録されることそのものはよくあることです。

ですが、もしも借金の返済を長期間遅れたり、任意整理や自己破産などをすると異動情報(事故情報)というものが信用情報機関に登録されます。

この異動情報が登録されることを一般にブラックリストに載るといい、数年間は借金やカードの発行ができなくなるという不利益を被ることになります。

信用情報機関に登録される情報

信用情報機関には氏名、住所、連絡先などの個人情報のほかに、借金やローンの内容や支払い状況も登録されます。

信用情報機関に登録されている情報が借金やカード発行時の審査に使われているので、借金額が多すぎた場合にはそれ以上借りられないということや過去に自己破産をしている場合にはカード発行ができないということが起こります。

自分の信用情報は閲覧できる

信用情報機関に登録されている情報は銀行や消費者金融しか閲覧できないと思われている人もいますが、自分の信用情報であれば開示請求をすることで閲覧することができます。

ごく稀に、間違って事故情報が登録されているケースがあります。カードの支払いもローンの返済も遅れたことがないのに審査落ちが続くときは、自分の信用情報がどうなっているのかを一度信用情報機関に開示請求して確認しましょう。間違って登録されているようであれば、削除や訂正を求めることが可能です。
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理における信用情報機関への登録期間

信用情報機関に異動情報が登録されるには債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、特定調停)のほかにも借金の返済が長期間滞った場合や携帯電話や奨学金の分割払いの返済を滞った場合などがあります。

何をしたかで信用情報機関に登録される期間は異なりますが、任意整理の場合には5年間登録されることになります。

そのため、任意整理をした場合には5年間は新規の借金、ローンやクレジットカードの使用ができなくなります。

異動情報は削除できない

信用情報機関に登録されても任意整理の場合には5年間が経過すると登録情報は削除されます。

しかし、一度登録されると異動情報を削除する手段はなく、一定期間は待たなければなりません。

誤った登録情報は削除できる

通常、信用情報機関に登録された情報は削除できませんが、登録された情報が誤った登録の場合には登録情報を削除することができます。

例えば、過払い金請求を行っても信用情報機関に登録されることはありませんが、誤って登録された場合には削除申請しましょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

日本に3つある信用情報機関

一般的には信用情報機関と一括りにされますが、日本には3つの信用情報機関が存在します。

  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

どの信用情報機関も信用情報を扱うという点では同じですが、加盟している企業や登録内容が異なります。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

CICは貸金業法と割賦販売法に基づく指定信用情報機関です。消費者金融や信販会社などが加盟しています。

任意整理とすると信用情報機関に登録されますが、CICには任意整理の情報は直接登録されることはありません。しかし、返済を遅延することで異動情報が登録されることになりますので注意しましょう。

日本信用情報機構(JICC)

JICCは消費者金融を中心に設立された信用情報機関です。そのため、消費者金融のほとんどはJICCに加盟しています。

任意整理をするとJICCに異動情報が5年間は登録されることになります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

KSCは全国銀行協会(JBA)が運営する信用情報機関です。銀行や銀行系のカード会社の多くが加盟しています。

KSCにも任意整理をしたことで異動情報が登録されることはありませんが、保証会社に代位弁済された場合には5年間登録されることになります。

社内ブラックになるといつまでも残り続ける

任意整理をしても信用情報が回復すれば借り入れをすることができるようになります。

任意整理後に借り入れができるかどうかは貸金業者の審査次第ですので、借りられることも借りられないこともあります。

しかし、任意整理をした時に貸金業者に任意整理をしたという情報が登録された場合(いわゆる社内ブラック)、その貸金業者からの借り入れはできなくなることが通常です。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

信用情報機関に登録されるとどうなるか

任意整理をして信用情報機関に登録をされると新規借り入れができなくなり、クレジットカードも使えなくなります。

ローンも組めなくなりますので不都合が生じますが、それ以上の不利益は基本的にはありません。

任意整理後でもクレジットカードが使えるケース

任意整理をしたクレジットカードは使えなくなりますが、任意整理の対象としなかったクレジットカードはしばらく使えることがあります。

クレジットカード会社はカードの申し込み時のほかにも定期的に顧客の信用情報を参照します。任意整理後すぐはクレジットカードが使えることがありますが、一定期間を過ぎると持っているカードは解約になります。

少なくともカードの更新のタイミングで解約になるとお考えください。

ETCカードが使えなくなる

任意整理をして信用情報機関に異動情報が登録されるとクレジットカードが使えなくなります。

クレジットカードが使えなくなると契約に付帯するETCカードも使えなくなるので注意が必要です。

ただし、ETCカードの場合にはETCパーソナルカードを利用するという代替手段があります。

保証人になれないことがある

信用情報と保証人は直接は関係ありません。しかし、借金の保証人になろうとすると信用情報機関を参照されますので、保証人になることはできません。

一方、賃貸借契約の保証人になる場合には信用情報機関を参照することはほとんどありませんので問題なく保証人になることができます。

ブラックリストに載ると保証人になれないといわれることがありますが、信用情報機関を参照する保証人にはなれないというのが正しい表現です。

携帯電話の分割払いできなくなる

携帯電話の本体を購入する際に分割払いをすることがよくありますが、信用情報機関に異動情報が登録されていると分割購入できなくなります。

分割購入をする場合には信用情報機関を参照するためです。

携帯電話以外にも高額の買い物をする場合で信用情報機関を参照する場合には分割払いでの購入ができないことがあります。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る