ショッピングリボでも任意整理で返済が楽になる

「ショッピングリボでも任意整理できますか?」
「ショッピングリボの任意整理にメリットはありますか?」
というような疑問はよくいただきます。

誤解されている方もいますが、クレジットカードのショッピングリボ(リボ払い)であっても任意整理することができます。

また、ショッピングを任意整理することのメリットが少ないと感じられる方もいますが、借金の返済が苦しい方が任意整理を行うことで毎月の返済額を減らすことができますのでメリットは大きいといえます。

クレジットカードにはキャッシングとショッピングがありますが、ここではショッピングの任意整理に焦点を当ててご紹介いたします。

ショッピングリボの仕組みと任意整理

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能の2つの機能があります。キャッシングはクレジットカードでお金が借りることができる機能ですので借金です。対してショッピングは購入時にカード会社が一旦代金を立て替え払いし、後日利用者に請求する機能ですので立替金です。

利用者にとってはカードの利用が借金なのか立て替え金なのかは重要ではありませんが、キャッシングの場合には借金なので過払い金が発生する可能性があるのに対し、ショッピングは立替金なので過払い金が発生しません。

そのため、キャッシングを任意整理すると過払い金があるために大幅に減額できるのに対して、ショッピングを任意整理しても借金が減ることはなくメリットが少ないと言われる方もいます。

しかし、任意整理を行うことで手数料がなくなりますので、借金返済の総額を大きく減らすことができます。

例えば100万円の買い物をショッピングリボ(手数料15%)で利用し、毎月3万円を返済した場合には3年8ヶ月をかけて約130万円を支払うことになります。しかし、任意整理を行えば毎月約28,000円を3年間続けるだけで完済できますので期間も短くなり、毎月の返済額も少なくすることができます。

ショッピングリボを任意整理すべき人

次の3つのどれからにあたる場合には自力での完済が難しいといえますので任意整理を検討した方がよいでしょう。

  • 利息分しか返済できていない
  • 5年以内の完済は難しい
  • 毎月の返済の半分以上が利息に充てられている
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ショッピングリボを任意整理するメリット

ショッピングリボを任意整理するメリットには次のようなものがあります。

  • ショッピングの手数料がカットされる
  • 督促が止まる

ショッピングの手数料がカットされる

任意整理を行うと利息や手数料をカットできます。ショッピングリボの場合には年利10%~15%程度の手数料を支払うことになりますが、任意整理を行うことで手数料がなくなりますので毎月の返済額を少なくし、支払い期間を短くすることができるようになります。

督促が止まる

任意整理をする場合には弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

弁護士や司法書士に依頼をすると事務所からカード会社に受任通知を送ります。受任通知が届くとカード会社からの督促が止まります。支払いは任意整理が終わるまで止まりますので弁護士費用や司法書士費用に充てることができますし、返済がなくなりますので精神的にも楽になります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ショッピングリボを任意整理するデメリット

一方、ショッピングリボを任意整理するデメリットには次のようなものがあります

  • ブラックリストに載る
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 商品を引きあげられる可能性がある

ブラックリストに載る

任意整理をするとブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると新規借り入れやクレジットカードの審査に通らなくなります。

銀行のローンも組めなくなりますので将来、住宅ローンを組もうと考えている場合などに影響します。

しかし、ショッピングリボの延滞が続いた場合でもブラックリストに載りますので、返済が苦しいのであればいずれブラックリストに載る可能性はあります。その意味では任意整理を行った方が早く借金問題を解決できるといえます。

クレジットカードが使えなくなる

前述のように任意整理を行うとブラックリストに載ります。

カード会社は申し込みの際や契約後でも定期的に信用情報を確認しますので、任意整理をすると新規でクレジットカードを作れなくなり、既に持っているカードであっても使えなくなります。

ただし、カード会社により信用情報の確認頻度が異なりますので、任意整理後もしばらくの間は使えることがあります。

約で5年でブラックリストから解除されるので、カードを作ることができるようになりますが、その場合でも任意整理を行ったカード会社への申し込みは審査に落ちるのが通常です。

ETCカードも使えなくなる

クレジットカードに付帯するETCカードを持っている場合には注意が必要です。クレジットカードが使えなくなる際にETCカードも使えなくなります。

ただし、ETCカードが必要という場合にはETCパーソナルカードを作り、ETCカードと同じように使うことができます。

商品が引きあげられる可能性がある

クレジットカードのショッピングで購入した場合には支払いが終わるまでの間、所有権がカード会社にあることがあります。

この状態でショッピングリボの任意整理を行うと商品を引きあげられてしまう可能性があります。

一般的なショッピングリボであれば引き上げられる可能性は低いですが、高額な買い物をした場合に契約書を交わしている場合にはご注意ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ショッピングリボの任意整理の注意点

ショッピングリボの任意整理には特有の注意点があります。

クレジットカードのキャッシングの任意整理とは異なりますのでご確認ください。

ショッピングリボでは借金の減額はできない

任意整理をすると借金の減額ができるという話を聞いたことがあると思います。

任意整理で借金が減るのは過去に借金をしたことがある場合に過払い金が発生していることがほとんどです。

交渉により借金が減額することもありますが、ほとんどの場合で過払い金がない場合には借金の減額はできません。

ショッピングリボはキャッシングと異なり、借金ではなく立替金として扱われますので過払い金は発生しないため借金の減額はできません。しかし、ショッピングリボの任意整理でも利息を減らすことで総支払額を大きく減らすことができます。

ショッピングリボでは過払い金請求はできない

前述したようにショッピングは立替金であり借金ではありませんので過払い金は発生しません。

過去に借金をしていれば過払い金が発生することはありますが、ショッピングだけでは過払い金の発生条件を満たしませんのでお金が戻ってくることはありません。

任意整理をしたら過払い金請求も一緒にできたのでお金が戻ってきたという人もいますが、ショッピングだけの場合には過払い金請求はできませんのでご注意ください。

ただし、2010年以前に借金をしたことがあれば今からでも過払い金請求ができることもありますのでご相談ください。

キャッシングとショッピングの両方をしている場合の任意整理

クレジットカードのキャッシング機能とショッピング機能の両方を利用している場合でも任意整理することはできます。

キャッシングの返済履歴を調べ、引き直し計算をすることで過払い金が発生する場合がありますので、発生した過払い金の金額がショッピングの残高よりも多い場合には全てを完済した上にお金を取り戻すこともできます。

なお、お金が戻ってきた場合には任意整理ではなく過払い金請求により解決したとして扱われますのでブラックリストに載ることはありません。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る