Q.任意整理と自己破産の違いは何ですか?

任意整理は利息を免除してもらい残金を返済する前提ですが、自己破産の場合には借金の返済が免除されます。

任意整理は比較的デメリットが少なく、手続きも簡単に行えます。一方、自己破産には次のような任意整理にはないデメリットがあります。

  • 一定以上の財産は処分
  • 職業制限がある
  • 手続きができない可能性がある
  • 官報に名前が載る
  • 債務を選んで手続きできない

債務を選んでできるのが任意整理の大きな特徴です。

保証人がついている借金に対して債務整理をすると、保証人に対して一括支払いを求める請求が届くことになり、保証人も支払いができない場合には保証人も債務整理をするという必要がでてきます。

しかし、任意整理では債務を選んで手続きをとれますので、保証人がついている借金に対しては手続きを取らないという選択をすることで保証人へ迷惑を掛けずに借金問題を解決できます。

なお、債務整理をするとブラックリストに載るというデメリットがありますが、これは任意整理であっても自己破産であってもどちらでもブラックリストに載ります。

ただし、債務整理の過程で過払い金があることが分かり、取り戻した過払い金が借金額よりも多い場合にはブラックリストには載りません。詳細はお問い合わせください。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理のよくある質問へ戻る