任意整理のデメリット・メリット

任意整理とは、裁判所を通さずにお客様の代わりに司法書士や弁護士が 債権者(消費者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者など)と任意の話し合いを行うことです。

裁判所を通して解決する手続きを「法的整理」と呼ぶのに対し、この方法は裁判所を通さずに交渉するため「任意整理」と呼ばれています。過払い金請求において、司法書士と金融業者が直接交渉することもこの任意整理に含まれます。

任意整理のデメリット

任意整理を行うことで毎月の返済額を減らし、生活を楽にすることができますが、当然任意整理を行うデメリットも存在します。

任意整理のデメリットは主に次の4つです。

  • ブラックリストへの登録
  • 交渉に応じてもらえないことがある
  • 支払いが免除されるわけではない
  • 減額できない場合がある

ブラックリストへの登録

ブラックリストに載ることが任意整理の最大のデメリットですが、任意整理を行う過程で過払い金が発生しているとわかれば債権(借金)と相殺し、債権を消せることもあります。過払い金で借金を返し終わることがあればブラックリストに載ることはありません。

過払い金があるかどうか、どのくらい発生するかは実際に計算してみないとわかりません。過払い金の計算は複雑で間違えやすいものですので司法書士や弁護士などの専門家に任せることをおすすめします。

任意整理を行った後に債務が残った場合には3~5年で返済することになりますが、債務が残った場合には信用情報に傷がついた状態になります。これを俗にブラックリストに載るといいます。

ブラックリストに載ると新たな借り入れができなくなったり、住宅ローンが組めなくなったりすることがあるので敬遠されがちです。クレジットカードも持てなくなるというのも大きなデメリットですが、配偶者の家族カードを使ったり、デビットカードを使ったりするなどの手段で不便を回避する方法もあります。

ブラックリストに載ってクレジットカードを作れなくなる?

信販会社はクレジットカードを発行する際の審査に信用情報を確認します。ブラックリストに載ってしまうと、カード発行時に過去に任意整理をしたことを知られてしまい、カード発行ができなくなります。

既に持っているクレジットカードであっても、カード更新のタイミングや途上与信(カード会社が行う定期的な与信確認)によりクレジットカードの利用停止ということがありえます。

一般的にブラックリストに載ると5年~7年の間はクレジットカードの発行は難しくなります。

一定期間は借金やローンができない

例えば、アコムからの借金に対して任意整理をするとします。任意整理で和解をすると将来利息がなくなりますので毎月の返済額が減り、生活が楽になりますので債務者にとっては大変便利な手続きです。

しかし、アコムからすると事業として受け取っていた金利がなくなるわけなので利益がなくなります。任意整理は債務者(借りる人)のお願いに対して債権者(消費者金融など)が合意をすることで成り立っています。

債権者からすると自己破産されてしまうと貸したお金が返ってこなくなりますので任意整理により元本だけでも取り戻すことができるとも解釈できますが、利益を放棄することになります。

アコムとしては、一度借金を返せないので任意整理にした人に再度貸すにはリスクがあると判断しますので、一度任意整理をすると同じ人に貸し出しをしなくなるというのは当然の判断です。

このように、任意整理をした消費者金融からは借りられなくなるとお考えください。

ただし、任意整理をした後でも同じ消費者金融から借りることができた、という話も聞きます。これは消費者金融側で貸し出しをする際の審査によって変わるので起きることです。

原則として、任意整理を行った場合には、ブラックリストから解除されたとしても任意整理を行った消費者金融からはお金は借りられません。

任意整理に応じてくれない場合もある

任意整理を行うと毎月の返済額が減り、利息も免除されますので大変魅力的な手続きです。しかし、貸金業者からすると任意整理をされることで自社の利益が減ることになり、素直に応じてくれるとは限りません。

任意整理とは名称の通り、任意で行う整理ですので、お互いの合意が必須です。今後、確実に返済を続けるためには一定の収入がなければ任意整理の交渉には応じてくれませんし、そもそも交渉が困難な貸金業者も存在します。

なお、個人で任意整理を行うことは原則的には難しいので、費用を支払ってでも弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

任意整理には一定の収入が必要

任意整理を行うと返済が楽になりますが、返済を続けていくことには変わりません。借金の利息を免除してもらい3年~5年という分割で支払っていくという約束をする代わりに、最後まで問題なく返済できるというだけの収入が必要です。

もし、任意整理を行う段階で安定した収入がないという場合には任意整理を利用することはできません。

任意整理ができない貸金業者もある

任意整理は裁判所を通さずに、任意で交渉を行う手続きです。そのため、互いの合意が必須です。その意味では、貸金業者が納得しなけば任意整理を行うことはできません。

原則的にはどの貸金業者、消費者金融、信販会社も任意整理に応じてくれませんが、一部の金融業者は任意整理に応じないというスタンスも存在します。

借金の支払いが免除されるわけではない

任意整理と個人再生や自己破産と比べると、大きく異なるのは借金の支払いを免除してくれるかどうかです。

自己破産の場合には借金のすべてが免除されますし、個人再生の場合には借金の一部が免除されますが、任意整理では将来利息は免除されますが、借金そのものが免除されるわけではありません。

任意整理は借金が減る手続きではなく、借金の支払総額が減る手続きですので支払い義務は残ります。個人再生や自己破産に比べると減額効果は低いといえます。

減額できない場合があること

任意整理を行って借金を減額できたという事例をよく見かけます。しかし、前述しているように任意整理は利息を免除はしてくれますが、借金そのものを減額できるわけではありません(例外的に減額できることもあります)。

任意整理を行う際には過去の借金を調査し、過払い金があれば任意整理手続きと同時に過払い金請求も行います。この過払い金の分は単純に借金から減額することができます。しかし、過払い金が発生しない場合には減額できないこともあります。

借金を大幅に減額できるわけではない

少し極端な例ですが、自己破産では1,000万円の借金は0になります。個人再生では1,000万円の借金は200万円程度まで減ります。しかし、任意整理では1,000万円の借金は1,000万円のままです。しかし、仮に1,000万円の利息は月に12万円以上ですので、任意整理を行うことで利息分の12万円を免除してもらうことは可能です。

任意整理では自己破産や個人再生のように大幅な減額はできませんが、確実に返済した分は借金が減ります。

どの手続きを取ればよいかは人によりますが、借金が多くても「利息がなければ3年~5年で返済可能」ということであればデメリットの少ない任意整理をおすすめいたします。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理のメリット

任意整理はデメリットが少なく、メリットの多い手続きといわれます。実際、他の債務整理に比べても、任意整理は次のようにメリットが多いといえます。

  • 業者からの支払督促が止まる
  • 職業制限がない
  • 財産を維持できる
  • 利息が免除され、返済が楽になる
  • 手続きに手間がかからない
  • 裁判所を通さない
  • 整理対象の業者を選べる
  • 家族にも職場にもバレづらい手続き
  • 借金が減る可能性がある
  • 官報に載らない
  • 新たに借金しなくてすむ

業者からの支払督促が止まる

弁護士や司法書士に任意整理に依頼すると受任通知を金融業者に送ります。この受任通知が届き次第、金融業者からの連絡や支払いは一旦ストップいたします。

これはすべての連絡窓口が事務所になり、交渉の途中で支払いをすると債権額が確定できなくなるからです。

借金返済ができないという状況では、金融業者からの連絡や督促がなくなるというのはかなり精神的なメリットがあります。加えて、一時的に返済がなくなりますので、弁護士費用や司法書士費用を捻出することもできます。

職業制限がない

自己破産のデメリットには、手続き中は一部の職業に就けないという職業制限(資格制限)があります。この職業制限により借金が高額でも自己破産できないということにもなりますが、任意整理の場合には制限がありません。

どんな職業であっても、どんな借金の理由であっても行える点は大きなメリットです。

財産を維持できる

自己破産では一定以上の価値がある財産はすべて処分されてしまいます。個人再生でも一定条件を満たす財産以外は残せません。しかし、任意整理の場合には持ち家や自動車をはじめ、残したい財産は基本的に残すことが可能です。

絶対に手放せないという財産がある方には任意整理は特におすすめです。

今後の利息がカットされ、返済の負担が減る

任意整理を行うと、将来利息を免除してもらえます。借金の利息を免除してもらう代わりに3年~5年の分割払いをするというのが任意整理のメリットです。

仮に100万円の借金(年利15%)を3年で返そうとすると、毎月35,000円の返済が必要です。しかし、任意整理を行うことで利息がなくなりますので、100万円の36回払い(3年払い)では毎月28,000円程度、60回払い(5年払い)では毎月17,000円程度まで少なくなります。

自己破産や個人再生と比較すると減額効果の小さい任意整理ですが、毎月の返済を楽にするという意味では大きな効果があります。

手続きに手間がかからない

任意整理は裁判所を通さない、任意による話し合いの手続きです。そのため、弁護士や司法書士に依頼した後はすべてを専門家が処理してくれます。相談者が行うことは交渉の結果を弁護士や司法書士から聞き、合意できるかどうかの返答と書類への署名程度です。

裁判所を通さない

自己破産や個人再生は裁判所を通す手続きですので、面倒な書類を作成し、裁判所への出廷が必要です。

しかし、任意整理の場合には原則的には話し合いだけですので、電話や書類のやり取りだけで完結します。しかも、弁護士や司法書士へ依頼すれば交渉は代理で行ってくれますので時間も取られません。

任意整理する貸金業者を選べる

任意整理の大きな特徴に、一部の債務だけを選んで整理できるというものがあります。

特定の借金だけを選んで任意整理できるということは、過払い金の返金が見込まれる借金に対してだけ任意整理を行うことでブラックリストに載ることを回避しつつ借金を減額したり、保証人に迷惑を掛けずに返済額を減らしたりすることができるということです。

自己破産や個人再生はすべての債務に対して整理をしなければなりませんので、ブラックリストに載ることは難しく、保証人がいる場合には迷惑をかけることも考えられます。

任意整理は家族にも職場にもバレづらい手続き

債務整理をすると家族や職場にバレてしまうという不安を持っている方は多いです。

しかし、任意整理の場合には手続きを弁護士か司法書士に任せることで窓口が弁護士、司法書士に変わりますので連絡や通知が自宅に届くことで家族にバレることはありません。

個人再生や自己破産では提出書類を職場に出してもらう際に借金のことを知られてしまうというリスクがありますが、任意整理では勤務先に知られるリスクはほとんどありません。

また、債務整理をすると官報とよばれる広報誌に載るというイメージを持っている方も多いのですが、任意整理の場合には官報に載ることはありません。

任意整理は金融業者との交渉だけで和解する手続きですので、任意整理を行うことで家族・同居人・勤務先などに知られることはまずありません。

借金の元本が減る可能性がある

任意整理は基本的には借金が減る手続きではありません。しかし、任意整理の際に過去の借金を調査し、過払い金があるということがわかれば過払い金請求も同時に行います。過払い金請求を行うことで借金の元本を大幅に減らしたり、場合によっては借金を0にした上にお金が手元に戻ってくる、ということもありえます。

官報に載らない

自己破産と個人再生を行った場合には官報という政府が発行する新聞のようなものに住所と氏名が載ります。

官報を読んでいるのは特定の職業の人だけですので、官報に載ったことで債務整理を行ったことがバレるということはまずありませんが、住所と氏名が載るには抵抗があるでしょうし、官報に名前が載ることで闇金業者からのダイレクトメールが届くことになります。

任意整理の場合には官報には載りませんので、官報に関わるリスクは一切ありません。

新たに借金しなくてすむ

任意整理をするとブラックリストに載りますので、数年間はクレジットカードを作ることも借金をすることもできません。これは一般的には任意整理のデメリットと挙げられますが、考えようによってはメリットともいえます。

借金をすると借金返済のために新たな借金をすることで雪だるま式に借金が増えていきます。こういう自転車操業を防ぐ意味でも借金をせずに生活を立て直すということは非常に重要な借金対策です。

数年間借金できないことをマイナスに捉えるのではなく、生活を立て直すというプラスに捉えることもできます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理のデメリットのよくある質問

任意整理のメリットとデメリットを解説いたしましたが、それでも疑問は残ると思います。

下記に任意整理のデメリットについてのよくある質問をまとめております。

それぞれご確認いただいた上でまだ疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

杉山事務所では借金問題については無料で相談を受け付けております。

家族や保証人に迷惑がかかるか?

原則として、任意整理は家族や保証人に迷惑を掛けずに手続きをすることができます。

ブラックリストに載るのは自分だけで家族には影響しません。

そして、保証人がいる借金は任意整理の対象から外すことで保証人には何ら影響なく手続きをすすめることができます。これは自己破産や個人再生にはない大きな特徴です。

ただし、任意整理後5年~7年はローンを組めなくなりますので、将来的に住宅ローンを組もうと思っていたり、自動車ローンを組もうと思っていた場合には、自分の名義で組むことができないことで影響が出るかもしれません。家族の名義でローンを組むことには何ら影響しません。

自動車は失うか?

既にローンを完済した自動車であれば任意整理の影響は受けません。自動車ローンを返済中の場合には、任意整理の対象から自動車ローンを外すことで自動車を残したまま手続きできます。

もしも自動車ローンの返済が負担で、自動車ローンを任意整理するという場合にはローン会社により自動車を引き揚げられることになりますのでご注意ください。この場合には他の手段を講じた方が良いかもしれません。

会社や家族にバレるか?

任意整理は家族や会社に非常にバレにくい手続きといえます。よく夫には内緒の借金、家族には秘密にしている借金を任意整理したいという相談がありますが、原則バレることはありません。

家族にバレないのは、弁護士や司法書士が受任した時点で、全てのやり取りを事務所が引き受けますので電話も郵送物も自宅に届くことはありません。

会社にバレるのは、会社からの借金を任意整理するという特殊な状況だけといってよいでしょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

デメリットがあっても任意整理すべき基準

任意整理にはデメリットがありますが、他の債務整理と比較するとデメリットが少なく、メリットが多い手続きといえます。

もし自分が次の状況のどれかに当てはまると思ったら、できるだけ早く弁護士や司法書士にご相談ください。

早い段階で専門家に相談することが解決への近道です。

  • 借金が年収の3分の1以上
  • 借金の返済を借金で行っている
  • 今の収入だけでは足りず借り入れを毎月行っている
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

債務整理のデメリットを回避する方法

債務整理には必ずデメリットがあります。しかし、やり方次第ではデメリットを少なくしたり、回避できたりします。

もし借金の返済に困っていてどうしようもないという場合には、早めに弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

任意整理が可能なら任意整理を選ぶ

債務整理の中で最もデメリットが少なく、費用も安く、手間もかからない方法が任意整理です。

任意整理は他の債務整理に比べ借金の減額効果は低いですが、それでも早い段階で相談していただければ任意整理だけで解決できることも多くあります。

もし借金を借金で返すことを考えているようであれば、すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。

弁護士や司法書士に依頼する

債務整理は自分でできるものもありますが、基本的には弁護士や司法書士に依頼しましょう。

任意整理を個人で行っても対応してくれないことが多く、自己破産や個人再生では手続きの煩雑さから専門家に任せるのがもっともスムーズです。

任意整理で借金はどれくらい減る?

任意整理は話し合いにより債権者との話し合いにより利息を免除してもらい分割払いする手続きです。そして、任意整理の手続きの際の過払い金があるかどうかも確認しますので、過払い金の発生額次第では借金を大幅に減らすことも可能です。仮に過払い金がなかったとしても、利息の免除により返済総額と毎月の返済額を減らすことは可能です。

例として、100万円の借金を3年で返済しようと思うと毎月35,000円の返済が必要です(返済総額は約125万円)。しかし、任意整理を行うと100万円の借金は毎月28,000円程度で3年で返済可能です。任意整理を行うと金利がかからないので返済総額は100万円ですので、約25万円の金利分が浮いたことになります。

任意整理では3年~5年での分割返済を行いますので、もし債権者側が5年での返済を認めてくれれば100万円の毎月の借金の返済額は17,000円程度です。35,000円が17,000円になることを考えると毎月18,000円の余裕ができることになります。

任意整理は借金そのものが減るわけではないので個人再生や自己破産よりも減額効果は薄いですが、それでも毎月の返済が大きく減りますので自力での完済が可能になります。

任意整理にかかる費用

任意整理は裁判所を通さない、債権者と債務者の話し合いです。しかし、債務者が直接債権者に交渉をしても応じてもらえないことがほとんどですので、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。

任意整理を依頼した際の費用は借入先の社数に応じて変わりますが、おおよそは1社につき2万円~5万円、さらに減額報酬として10%程度がかかります。もし過払い金を取り戻すことができた場合には取り戻した金額の20%がかかるのが普通です。

任意整理の費用の目安は1社2万~5万円と覚えておきましょう。

任意整理の条件

任意整理は話し合いによる交渉ですから、相手が応じればどのような条件でも成立する可能性はあります。しかし、利息を免除し、分割で返済するというのが大前提ですので、ある程度の収入があることと返済を継続する意思だけは必須です。

そうなると任意整理の条件は次の2点です。

  • 3年~5年間、返済を継続するだけの収入
  • 返済を継続する意思

債務整理せずに返済する方法

借金は返すのが原則です。債務整理をして解決するというのは返済できなくなった時の手段ですので、可能な限り自分で返済をするのが望ましいです。

債務整理をせずに自力で返済をしようと思うと日々の生活費を見直し固定費を下げる、おまとめローンなど別の手段に切り替える、臨時収入で一気に返すなどが一般的です。

生活費(固定費)を見直す

返済額を多くするためには節約できるところは節約するというのが基本です。毎月の固定費を見直し、次のようなもので削れるるものをご検討ください。

  • 携帯電話を格安スマホに変える
  • インターネット回線を切り替える
  • 電気の契約を見直す
  • クレジットカードを年会費のないものに変える
  • 新聞を電子版に切り替える
  • 生命保険、医療保険などを解約する

特に生命保険は解約にすることで解約返戻金が戻ってくることがあります。毎月の支払いもなくなりますので検討の余地はあります。ただし、保険は一度解約にしてしまうと次に契約しようとしたときには割高になりますので解約は慎重に行ってください。

おまとめローンで借金を一本化する

複数の貸金業者からお金を借りて要る場合にはおまとめローンを検討するのもよいでしょう。

おまとめローンで一本化することで返済先を1社だけにできますし、多くの場合は金利が安くなり、毎月の返済額が減ります。

ただし、返済が長期化することが多く、毎月の返済額は減ったものの合計の返済額が増えることもあります。毎月の返済が苦しいという場合には結果的に多く支払ってでもおまとめローンを利用するというのはありですが、現在でも返済が可能ということであれば必ずしもおすすめではありません。

退職金で返済する

退職金で返済するというのは考え方によっては有効な手段です。借金を一括返済するということは金利を考えれば返済総額を大きく減らすことができます。これは長い目で見れば得です。

しかし、会社を辞めるというのはかなり大きな決断です。もともと転職の予定があった場合や早期退職者制度を利用するというのであればよいですが、安易に辞めてしまうとその後の生活が成り立たなくなることもあります。

弁護士や司法書士に依頼した時の任意整理の流れ

最後に弁護士や司法書士に任意整理を相談する際の流れをご紹介します。

弁護士事務所や司法書士事務所への相談

まずは借金問題について相談するところから始まります。借金に困っているので自己破産しかないと考えている人もいますが、実際には任意整理で解決できたり、過払い金が発生しているので債務整理をせずとも解決できるということがあります。

相談の際には貸金業者名や借金額、借金期間などがあるとスムーズに相談できます。だいたいの記憶でも相談は可能ですが、契約書や利用明細などがあれば持参されることをおすすめします。

一般的に、弁護士や司法書士に相談するには30分5,000円などの料金設定がされていますが、債務整理の相談の場合には相談無料としている事務所が多くあります。

任意整理の委任

弁護士や司法書士から任意整理の説明を受け、料金や対応に納得できた場合には委任契約の締結をします。

弁護士や司法書士に依頼する際には着手金という費用がかかりますが、債務整理の場合には着手金が無料だったり、分割払いを認めている場合もありますので確認することをおすすめします。

受任通知の発送・債権の調査

委任契約締結後、事務所から債権者に対して受任通知を送ります。この受任通知が相手に届き次第、督促が止まります。もし債務整理の費用が支払えないという場合でも、この時点で返済が止まりますので弁護士費用や司法書士費用に充てることが可能です。

引き直し計算・債権額の確定

受任通知の発送と同時に、貸金業者に対して取引履歴を請求します。この取引履歴には今までの借金額、金利、返済額、返済日などが記載されていますので、利息制限法に基づき計算し直すことで過払い金があるかどうかを確認します(過払い金の引き直し計算)。

もし、過払い金があるということがわかれば、過払い金請求手続きを行います。

和解交渉

引き直し計算が終わると債権額が確定しますので、債権者と交渉を行います。

この交渉で金利の免除や毎月の返済額などが決められます。

和解契約の締結・返済開始

互いに納得ができた場合には任意整理の和解書(合意書)を結びます。この和解書通りに返済をすることで借金は完済となります。

互いに納得ができない場合には別の債務整理手段を検討する必要がありますが、実際にはほとんどの金融業者が任意整理の交渉に応じてくれますので、任意整理が不成立に終わるということは稀です。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る