任意整理で借金はどのくらい減るのか?減額される仕組みとは?

借金の返済に困った時には任意整理で解決できるという話を聞いたことはあっても、任意整理をすると具体的にどうなるのかまで知っている人は少ないでしょう。

任意整理を行うことで借金の利息や分割払いの手数料をゼロにすることができるので、借金が減額できるというのが大まかな説明です。

ここでは、任意整理で借金が減る仕組み、任意整理で借金はどのくらい減るのか、任意整理以外での解決手段はあるのかなどをご紹介いたします。

任意整理で借金が減る仕組み

任意整理とは話し合いの交渉により利息や遅延損害金を免除してもらい、残った借金を分割払いで返済していく債務整理手続きです。

多くの場合には3年~5年での分割払い(36回払い~60回払い)で返済することができますので毎月の借金の返済額が少なくなります。

任意整理をすることで減額できるものは次のようなものがあります。

  • 借金元本(過払い金がある場合)
  • 利息
  • 遅延損害金
  • 手数料
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理で借金はどのくらい借金が減るのか?

任意整理を行うことで借金が大幅に減額できたという事例は多いですが、任意整理は利息を免除してもらい借金を返済する方法ですので、原則的には借金そのものは減りません。

しかし、過去に返した借金の中に過払い金があることも多く、任意整理の際に過払い金請求を行うことで借金を大幅に減らしたり、借金をゼロにしてお金が戻ってきたりします。

過払い金がない場合であっても利息や手数料がすべて免除になるメリットは大きく、長期分割払いできることからも毎月の返済は楽になります。

任意整理で借金の利息が免除される

借金やキャッシングをすると当然利子が発生します。

借金の利子は借りた額によりますが、利息制限法では上限金利を15%~20%と定めており、例えば100万円借りた場合の利子は最大でも15%です。

つまり、100万円借りた場合には1年間に15万円の利子が発生することになります。これは1ヶ月で約12,000円の利子が発生することになりますので返済する側としてはかなりの負担です。

任意整理をすることで利息は免除されますので、利子がゼロになります。

本来、100万円を毎月3万円で返済していれば3年8か月の返済が必要です。この場合の返済額の合計は約130万円です。

任意整理をすることで返済額の合計が100万円になりますので約30万円減らせることになります。さらに毎月の返済額が17,000円~28,000円程度まで減らすことができます。

任意整理でショッピング手数料が免除される

クレジットカードで買い物をすることをショッピングといいますが、ショッピングの際に分割払いやリボ払いを利用するとショッピング手数料が発生します。

一般的なクレジットカードのショッピング手数料は15%程度ですので、一般的な借金と同じくらいの手数料がかかることになります。

任意整理を行うことでショッピング手数料が免除されますので、返済額の合計を減らすことができます。

任意整理で遅延損害金も免除される

遅延損害金は約定期日までに返済できなかった場合に請求される延滞料です。

一般的には利息よりも高い利率になることが多く、借金の返済が遅れると状況が悪くなる要因の1つです。

しかし、任意整理を行うことで遅延損害金も免除してもらうことができます。

過払い金があれば借金そのものを減らせる

任意整理では借金そのものを大幅に減らすことはできません。

しかし、過払い金が発生していれば、発生した過払い金分の借金を減らしたり、過払い金が多い場合には手元にお金が戻ってきたりすることはできます。

過払い金が発生する可能性があるのは2010年以前に借金をしたことがある方だけですが、弁護士や司法書士に相談することで自分で過払い金があるかどうかを調べることができます。

杉山事務所では過払い金についての相談、調査を無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理の減額効果

一例として、100万円を金利15%で借りて返済することを考えてみましょう。

100万円を借りて金利が15%であれば1年間で15万円(1ヶ月で12,000円)の利子が発生する計算になります。

次の表は100万円(金利15%)を借りた場合の毎月返済した額に応じた支払う利子総額の一覧です。

100万円(金利15%)を借りた場合の返済額と発生する利子
毎月の返済額(返済期間)支払う利子総額
49,000円(2年)16万円
35,000円(3年)25万円
28,000円(4年)33万円
24,000円(5年)42万円
21,000円(6年)53万円

このように自力で3年で返済しようとすると125万円を返済することになりますが、任意整理をすることで総返済額を100万円にすることができますので、任意整理により25万円減額効果があったということになります。

100万円(金利15%)を借りて毎月20,000円の返済をした場合には借金はほとんど減りませんので、結果的には100万円借りて150万円以上を返すことになります。しかし、任意整理をすることで50万円以上の減額効果があることを考えると任意整理の意義は大きいといえます。

任意整理を行うと毎月の支払いはどう変わる?

では任意整理をすると毎月の返済額はどのように変わるのでしょうか?

仮に借金が100万円ある方が任意整理を行ったとします。

利子や遅延損害金はすべて免除され、任意整理により3年~5年(36回~60回払い)での返済になりますので、毎月の返済額は5年払いで17,000円、3年払いで28,000円となります。

任意整理をせずに毎月28,000円を返済した場合には4年間もかかることを考えると同じ金額で返済しているのに1年も早く完済できることになります。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る