任意整理ができないケースとは?できない場合の対処法は?

任意整理ができないケースは、次の5つです。

  • 3年~5年で返済できる安定した収入がない
  • 借りてから返済していないか数回しか返済していない
  • 債権者の方針
  • 弁護士・司法書士に断られる
  • 自力で交渉した

具体的なケースと対処法を理解することで、その後の借金整理をスムーズに進められます。これから任意整理を依頼する人にとってはできない可能性もあることをいち早く知ることができ、弁護士・司法書士に難しいと言われた人にとっても次にどのような手段を取ればいいのかが明確になります。

司法書士法人杉山事務所が任意整理ができないケースとできない場合の対処法について、わかりやすく解説します。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理ができないケース

  • 3年~5年で返済できる安定した収入がない
  • 借りてから返済していない、もしくは数回しか返済していない
  • 債権者の方針
  • 弁護士・司法書士費用が支払えない
  • 自力で交渉した

上記の場合には任意整理ができません。具体的なケースを知ることは適切な対処法を理解する上で大切なことです。

3年~5年で返済できる安定した収入がない

3年~5年で返済できるだけの安定した収入がない場合には任意整理ができません。

任意整理では債権者と弁護士・司法書士との話し合いにより、3年~5年にかけて毎月返済(36回~60回)していく内容で和解を成立させます。例えば、毎月の返済に充てられる金額が2万円であれば5年で120万円となるので、借金がこの金額以上だと任意整理はできません。

借りてから返済していないか数回しか返済していない

借りてから1度も返済していない、もしくは数回しか返済していない場合にも任意整理は難しくなります。

債権者から「もともと返済の意思がなくて借りたのではないか、任意整理をしてもまた返済されないだろう」と思われてしまい交渉に応じてくれない可能性が高いからです。

ただし、借りたときには返済の意思はあったものの一時的に仕事がなくなったり急に病気をしたりして返済できない状況になったのであれば、任意整理に応じてもらえる可能性はあります。

債権者の方針

会社の方針で応じない債権者もいます。任意整理は裁判所を通さないため法的強制力はありません。任意整理に応じるか応じないかは、債権者の自由なのです。

任意整理に応じない貸金業者は、以下の6社があります。

  • 日本保証
  • フクホ―
  • CFJ
  • アペンタルク
  • しんわ
  • クレディア

ただし、債権者からみれば個人再生や自己破産に進まれてしまった場には貸したお金を十分に取り戻せなくなるので、任意整理に絶対に応じない債権者は少数です。

弁護士・司法書士に断られる

弁護士・司法書士に断られれば、当然任意整理は難しくなります。

弁護士・司法書士が任意整理の依頼を断る理由は主に次の3つです。

  • 信頼関係が築けない
  • 費用を支払えない
  • 単価の低い依頼

弁護士・司法書士は依頼者の代理人として意向を聞きながら債権者と和解に向けて話し合います。依頼者が書類を期日までに提出しなかったり、電話に出なかったりすると手続きがスムーズに進みません。最悪の場合、債権者から裁判を起こされてしまい手続きがより複雑になってしまうのです。加えて、弁護士費用・司法書士費用を支払えなければ当然任意整理の手続きを進められません。信頼関係を築けなかったり費用を支払えなかったりすると、弁護士・司法書士を辞任せざるを得なくなるのです。

また、単価の低い依頼でも断られることがあります。例えば過払い金の発生が見込めない案件です。過払い金の成功報酬は取り戻した金額の20%(裁判の場合25%)が上限となっているため、債務整理を積極的に行わない弁護士・司法書士にとっては割に合わない案件となります。

自力で交渉した

弁護士・司法書士に依頼することなく自力で債権者に交渉しても応じてくれない可能性が高くなります。任意整理は債権者との交渉により進められますが、法律の知識が浅いと債権者に説明が分かりづらいと思われたり、手続きをスムーズに進められないと思われたりしてしまいます。債権者はいち早く終わらせたいと思っているため、自力で交渉してきた人を相手にしないことがほとんどです。

任意整理をおすすめしないケース

任意整理はできるがおすすめできないケースは次の2つです。

  • 担保付き
  • 低金利

担保付きの借金

住宅ローンや自動車ローンなどの担保付きの借金でも任意整理はできますが、担保付き以外に借金がない場合には任意整理はおすすめできません。

例えば、住宅を売却したあとのローン残高が1000万円の場合に5年の分割払いで返済できるのであれば、債権者は任意整理に応じてくれる可能性はあります。

しかし、担保付きの借金は金利が低く残高が高額になることが多いため、相当に限られた条件でしか任意整理をおすすめできないのです。住宅ローンや自動車ローンの金利は数%なので任意整理をしたところで大きな借金の減額は見込めません。加えて、残高が数千万円になることも多くなるので、任意整理をして5年で完済するのも困難になります。

たとえ残高が減った状態で任意整理をしても、大金を払ったのに住宅が引き上げられてしまう状況が発生するのです。

以上の理由から、担保付き以外に借金がなければ任意整理はおすすめできません。

低金利の借金

銀行からの借り入れや奨学金などの低金利の借金も任意整理はできますが、おすすめできません。任意整理は原則として利息のみをカットできる方法です。金利の低い借金を任意整理しても減少する利息額が少ないので、毎月の返済額はほとんど変わりません。

任意整理ができない場合の対処法

任意整理ができない場合の対処法は、

  • 個人再生や自己破産を検討する
  • おまとめローンを利用する
  • 別の弁護士・司法書士を探す

です。対処法を知ることで、次に何をするべきかが明確になります。

個人再生・自己破産を検討する

  • 3年~5年で返済できる安定した収入がない
  • 借りてから返済していないか数回しか返済していない
  • 債権者の方針

場合には個人再生と自己破産を検討しましょう。

3年~5年で返済できる安定した収入がない場合

任意整理で5年で返済したかった人にとって、個人再生や自己破産はメリットのある方法といえます。個人再生は借金を最大10分の1まで減額できて最長5年で返済できる方法です。一方で、自己破産を選ぶことで返済義務が免除されるので、そもそも収入がなくても借金整理が可能です。

ただ、個人再生・自己破産の場合には信用情報登録機関に最大で10年間程度登録されるデメリットもあります。加えて、自己破産では一定額以上の財産は処分されることもあるのです。個人再生・自己破産は借金減少額が大きい分、生活により大きく支障が出ることも覚悟をした上で、個人再生・自己破産を検討しなければなりません。

借りてから一度も返済していないか数回しか返済していない

返済していない理由が長期間仕事がなくなったり病気をしたりして収入が減少した場合には、個人再生や自己破産を検討しましょう。収入が減少した状況で毎月の返済額を工面するのは難しい場合が多くなります。個人再生や自己破産で借金額を大きく減少できれば、無理なく返済を続けられるのです。

なお、返済していない理由が浪費やギャンブルの場合、自己破産でも免責が認められない場合があります。ただ状況次第では裁判官の裁量で免責を受けられることもあるのです。浪費やギャンブルで返済できなかった場合には弁護士・司法書士に相談して適切な対応を取りましょう。

債権者の方針

この場合にも個人再生・自己破産を検討しましょう。任意整理とは異なり、個人再生・自己破産は法的強制力があるので債権者は従わなければなりません。

個人再生と自己破産のリスクを背負わなければなりませんが、債権者の方針が変わるのはほぼあり得ないことなので、借金整理を前に進めるためにも個人再生や自己破産を考えましょう。

おまとめローンを利用する

他にもおまとめローンを利用する方法もあります。おまとめローンとは、複数の債権者からローンを借り入れている場合に新たに借り入れて返済先を1つにまとめることです。

毎月の返済額が抑えられ、返済期間も5年以上で設定できることもあります。なので、毎月無理なく返済を続けたい人にとっては有効な手段といえます。しかし、返済総額が増えたり、過去に遅延していると審査に通らなかったりするデメリットもあるのです。

メリットとデメリットを踏まえた上で、任意整理ができない場合の対処法の一つとして考えましょう。

別の弁護士・司法書士を探す

  • 弁護士・司法書士に断られる
  • 自力で交渉した

場合には、別の弁護士・司法書士を探しましょう。

弁護士・司法書士に断られる

単価の低い依頼である場合、他の事務所では受け入れてくれる可能性は大いにあります。事務所によって方針は異なるので、いくつかの事務所へ伺い、自分の借金状況を正直に話して依頼を受けてくれる事務所を探しましょう。

弁護士・司法書士費用に関しては、他の事務所を探すほかにも法テラスの利用が考えられます。法テラスでは着手金や実費などの弁護士・司法書士費用を依頼者に代わって支払い、依頼者は法テラスに費用を分割払いで返済する制度が使えます。依頼者は月々5000円~1万円程度の分割払いが可能になりますので負担を減らすことができます。

任意整理の標準的な決定金額(法テラス埼玉の場合)
債権者数実費着手金
1社1万円3万3000円
2社1万5000円4万9500円
3社2万円6万6000円

自力で交渉した

自力で交渉した場合には弁護士・司法書士を探しましょう。

弁護士・司法書士に任意整理を依頼するメリットは、

  • スムーズに手続きを進められる
  • 債権者が交渉に乗ってくれる
  • 取り立てがストップする

などです。

弁護士・司法書士は依頼者の意向をくみ取りながら債権者と交渉してくれるので、いち早く借金返済の見通しを立てられます。また、自力で交渉した場合には取り立てが止まりませんが、弁護士・司法書士が受任通知を債権者に送ることで取り立てを止められるので、精神的な安定にもつながるのです。

なお、任意整理を依頼する際には債務整理を専門としている弁護士・司法書士を選びましょう。実績が豊富だったり各債権者の特徴をつかんでいたりするので、より依頼者の状況に沿った借金整理を提案できます。

司法書士法人杉山事務所では任意整理の相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号
  • [プロフィール]

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る