任意整理で和解ができない原因と対処法

任意整理は債務整理の中でも簡単な手続きで行え、費用も安く、家族や職場に内緒に進めやすいという利点があります。しかし、任意整理をしたいという場合でも状況次第では任意整理できないということがありえます。

任意整理は3年が~5年で借金を分割払いする手続きですので、収入がない場合や収入があっても安定しない場合も任意整理に応じてもらえません。

また、収入が十分にあっても任意整理できないということがありますので、任意整理ができない原因と対処法をご紹介いたします。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理で和解できないのはどんなケース?できない原因は何?

任意整理とは、債務者と債権者の間で話し合いを行い、互いの合意の上で借金を分割払いする手続きです。ほとんどの場合、任意整理を行うには弁護士か司法書士への依頼が必要です。

裁判所を介さないのが任意整理の特徴ですので、貸金業者によっては条件に合意ができず、不成立ということもあります。しかし、ほとんどの金融業者では任意整理に応じてもらえるのが実情です。

任意整理の要件にあてはまらない

任意整理では、利息を免除し、残った借金を3年~5年で分割して返済をしていく債務整理手続きです。毎月一定額を返済してく必要がありますので、一定以上の収入がないと任意整理はできません。

また、一度も返済をしたことがない場合や個人で交渉しようとした場合にも任意整理は不成立になりやすいです。

任意整理を行うことで利息が減りますので、返済する借金総額は大きく減りますが、借金そのものはなくなりません。そのため、借金額が多すぎる場合にも毎月の返済額が大きくなるため現実的ではありません。

3年〜5年で完済できない

任意整理は3年~5年(36回払い~60回払い)で借金を返済する手続きです。そのため、1ヶ月の返済可能額と借金額次第では任意整理はできません。

例えば、1ヶ月の返済可能額が3万円の場合、5年で返済しても最大で180万円です。つまり、200万円の借金を毎月3万円の返済では任意整理できないということです。

仮に返済額が毎月10万円可能だとしても、借金額が600万円以上であれば返済できないことになりますので、自己破産や個人再生など他の債務整理を検討しましょう。

返済状況や収入に問題がある

収入がある場合でも任意整理できないことがあります。

例えば、1度も返済をしたことがない場合や安定した収入がない場合などです。

一度も返済していない

1度も返済していないということは貸金業者は利息を1度も受け取っていないということです。任意整理を行うと利息は免除されますので、貸金業者からすると任意整理を悪用して利息を支払わずに借金をした人と認識されます。

貸金業者は金利により利益を得ている企業ですので、返済をしたことがない場合には任意整理には応じてもらえません。

では1度でも返済したことがあればよいのかというと、そういうわけでもなく、借りた時点では返す意思はあったものの現状は返済できない状況ということであれば任意整理に応じてもらえるとお考えください。

安定収入がない

任意整理では返済をすることが前提ですので、収入がない場合には任意整理に応じてもらえません。収入がある場合でも安定していない場合には3年以上の期間、きちんと支払うことができるのかがわからないという理由で任意整理に応じてもらえません。

収入があれば任意整理や個人再生という手段がありますが、まったく収入がないという場合には自己破産を検討するしかありません。しかし、安定した収入さえあればアルバイトやパートであっても任意整理できる可能性はあります。

交渉方法が正しくない

原則的には安定した収入があれば任意整理を行うことは可能です。しかし、個人で交渉した場合や信頼関係に問題がある場合にはお断りをされるというケースもありえます。

弁護士や司法書士に依頼せず個人で交渉する

任意整理は裁判所を介さない話し合いによる交渉ですから、個人で行うことも不可能ではありません。しかし、多くの貸金業者は弁護士や司法書士以外の交渉は受け付けないのが実情です。個人で行うことで弁護士報酬や司法書士報酬をかけずに手続きできると思わずに、一度専門家に相談しましょう。

事務所との信頼関係に問題のある場合

任意整理を行うため弁護士や司法書士に依頼しても、その後の手続きでなかなか連絡がつかないという場合には信頼関係に問題があるという理由で事務所側からお断りをされることがあります。

また、弁護士や司法書士の中には高額案件以外は断るスタンスの事務所もあります。

任意整理に応じてもらえない

任意整理は話し合いによる交渉ですから、互いに納得がいかなければ不成立になります。スタンスによっては任意整理に応じないという貸金業者も存在します。

債権者に義務はない

大原則として、借りたお金は返すものですから、任意整理により利息を免除するというお願いに対して、貸金業者が応じなければいけない理由はありません。しかし、返済できない状況を汲んで応じるのが任意整理です。

貸金業者(債権者)側に応じる義務はないということは覚えておいてください。

任意整理に応じない業者もある

少数ではありますが、会社の方針で任意整理には応じないという場合もあります。この場合には任意整理を諦め、個人再生や自己破産をするか、特定の会社だけは任意整理せずに進めるしかありません。

ただし、自己破産をしてしまうと貸金業者は貸したお金が丸ごとなくなることになりますので、任意整理の交渉に全く応じないという業者はかなり少数派といえます。

専門家次第では任意整理できないこともある

貸金業者の中には特定の事務所からの任意整理には応じないという業者もあります。この場合、任意整理そのものには応じてもらえますので、依頼する事務所を変更して手続きを進めることが可能です。

任意整理には応じるが条件が厳しい場合もある

任意整理には応じてくれる場合でも、和解条件を厳しく設定してくる場合があります。利息の免除はしてくれるものの、返済は一括に限る場合などです。このような場合には家族や周囲の人の援助なしには返済は難しいでしょう。また、利息の免除は行わないという条件を出される場合もあります。

条件次第で任意整理から除外する

任意整理の特徴は、手続きをする貸金業者を選べるところです。3社に借金をしている場合でも条件の悪い1社だけは今まで通りに返済して、2社だけを任意整理するという方法は可能です。

もともと利息が低い借金の場合

奨学金のように、当初から利息が低い借金に対しても任意整理を進めることは可能ですが、利息額が小さいため、任意整理を行っても毎月の返済額はほとんど変わらないため任意整理では借金問題が解決できないということがあります。

また、住宅ローンのような高額ローンの場合でも任意整理は可能ですが、3年~5年で返済するとなると毎月の返済額が高額になり事実上返済は不可能です。また、住宅ローンを任意整理をすると自宅を処分される可能性もありますので考えものです。

債務整理の費用を払えない場合

弁護士や司法書士に依頼する場合には当然費用がかかります。この弁護士報酬や司法書士報酬が支払えない場合にも任意整理できないということになります。

もし費用面で弁護士や司法書士への依頼が難しいという場合には法テラスの利用を検討しましょう。法テラスを通すことで費用を立て替えてもらい、後から分割払いという方法が取れます。

また、事務所によっては費用の分割払いに応じてくれることもあります。

借金の返済に困っている状況で弁護士費用や司法書士費用は支払えないという場合でも一度、専門家にご相談ください。

既に任意整理したことがある貸金業者

任意整理は話し合いによる交渉ですから、回数に制限はありません。債権者側の同意さえあれば何度でも任意整理は可能です。

しかし、何度でもできるのは相手の同意が得られた場合です。一度任意整理をした場合、2度目の任意整理には応じてもらえない可能性が高いといえます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理で和解ができない場合の対処法

弁護士や司法書士に相談し、任意整理できないとなった場合でも解決方法は2つあります。

  • 別の事務所に相談する
  • 別の債務整理を検討する

任意整理をできないのは、相談した事務所が対応していないという場合には別の事務所を探すことで任意整理できます。しかし、借金の内容や収入を考えるとどうしても任意整理できないという場合には個人再生や自己破産などの別の債務整理を検討する必要があります。

複数の事務所に話を聞いてみる

任意整理や個人再生などの債務整理を得意とする事務所とそうでない事務所があります。もし任意整理できないと言われた場合でも、債務整理に強い事務所を探すことで対応できる可能性はあります。

借金の返済期間が短い場合には、任意整理ができる、できないという意見は事務所によって変わってきます。なぜ任意整理できないのかを確認した上で検討しましょう。

任意整理では返済ができないというケース

収入に対して借金額が大きすぎる場合には任意整理ができません。しかし、収入があるということであれば個人再生をすることで解決できることがあります。また、収入がないという場合には自己破産をすることで解決できます。

個人再生も自己破産も裁判所を通す手続きですので、相手が応じないということはありません。費用面で心配であれば法テラスの制度を利用することで支払いは緩和することができます。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

任意整理とはへ戻る