銀行カードローンも任意整理で返済額を減らすことができる

銀行カードローンでの借り入れが増えすぎて家計が圧迫しているという人も世の中にはたくさんいます。しかし、「銀行カードローンは消費者金融とは違って債務整理できない」と誤解されている人も多くいらっしゃいます。

銀行カードローンや銀行ローンであっても債務整理をすることは可能です。銀行カードローンの債務整理を行う場合にはまずはデメリットの少ない任意整理を検討しましょう。

銀行系カードローンも任意整理可能です

消費者金融は何となく利用しづらいが銀行カードローンは利用しているという方は多くいらっしゃいます。消費者金融というとどうしても怖いイメージがあったり、金利が高いというイメージがあるためだと思われます。

消費者金融では総量規制(年収の3分の1の貸し付けができない)があるので借り入れに上限がありますが、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので利用しやすいのかもしれません。

銀行カードローンは最初から低い金利で貸し出しを行っていますので、銀行カードローンに過払い金がないというのは事実ですが、同時に銀行カードローンは任意整理できないという誤解があります。

しかし、実際には銀行カードローンであっても任意整理は可能です。場合によっては銀行カードローンに対して個人再生や自己破産などの他の債務整理を行うこともできます。

銀行カードローンとは?

カードローンとは、事前に審査された貸出枠の範囲内であれば何度でも借りることができるローンです。発行されるカードを使えば銀行やコンビニのATMからでも現金を引き出すことができます。

そして、銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低いのが特徴です。

なお、銀行ローンは住宅ローンや自動車ローンを指すことが多いですが、銀行カードローンも銀行ローンに含まれます。

銀行カードローンも消費者金融カードローンも借金

銀行カードローンは借金ではないと思っている方も多くいらっしゃるようですが、銀行カードローンも借金です。返済には利息がつきますし、返済を送れると督促状も届きます。そのため、銀行カードローンも消費者金融の借金同様に債務整理を行うことができます。

銀行は貸金業者とは違って債務整理できない、交渉に応じてもらえないという誤った認識を持っている方もいますが、実際には銀行からの借入であっても任意整理を行うことは可能です。

もし銀行カードローンの返済に困ったということであれば一度、弁護士や司法書士にご相談ください。

銀行ローン以外に消費者金融からの借金がある場合

銀行カードローンと消費者金融からの借金が両方ある場合、どちらを優先して債務整理をすべきかという話になることがあります。

結論からいうと、どちらを債務整理すべきかというのはケースバイケースですので一概にはいえません。銀行であっても任意整理により将来利息を免除してもらうことは可能ですが、銀行カードローンの場合には消費者金融の借金とは異なり、金利が低くなっていることもあるので、金利免除という効果が薄い場合もあります。

さらに、不動産担保ローンを組んでいた場合には任意整理をすると競売にかけられてしまうので任意整理しない方が良いという場合もあります。

銀行カードローンと消費者金融の借金の相違点

では銀行カードローンと消費者金融の借金ではどこが違うのかというと、大きくは次の3点で異なります。

  • 銀行カードローンには過払い金は発生しない
  • 銀行カードローンには保証会社がついている
  • 銀行に対して債務整理をすると口座が凍結される

2010年以前であれば消費者金融からの借り入れは利息制限法の上限金利(15%~20%)以上の金利を取っていたことがあります。そのため、消費者金融に対して過払い金請求ができることがありますが、銀行カードローンの場合には法定金利を守って貸し出しを行っていましたので過払い金が発生することはありません。

また、銀行カードローンには保証会社がついていますので、返済が遅れると保証会社から代位弁済が行われます。消費者金融には保証会社がつかないことが多く、債務整理をする際の関係会社があるかどうかが変わってきます。

さらに、銀行に対して債務整理をすると口座が凍結されてお金を引きだせなくなるということがあります。これは事前にお金を引きだしておくことで回避できますし、口座が必要なら債務整理後に申請すれば新規口座は作ることができます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行のカードローンを債務整理するときのポイント

  • 銀行カードローンでも任意整理できる
  • 給与口座は事前に変更する
  • 任意整理すると債権は保証会社に移る

自己破産はできても銀行に対して任意整理はできないと考えている方は意外に多くいらっしゃいます。しかし、消費者金融の借入も銀行のカードローンも同じ借金ですので、どちらも任意整理を行うことは可能です。

そして、銀行に対して任意整理を行うと預金口座を凍結されてしまい、口座内のお金を引きだせなくなります。そのため、給料が入る口座や貯金用の口座など生活に影響が出る可能性がある口座を持っている場合には、事前に任意整理を行わない銀行の口座を用意し、給与口座の変更や預金の移し替えを行う必要があります。

また、銀行カードローンには保証会社がついていますので、任意整理をすると債権は保証会社に移る(銀行に対しては保証会社が代位弁済する)ので債権は保証会社に移ります。

銀行カードローンの任意整理は増加している

2010年から総量規制が始まり、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは年収の3分の1以上の借り入れはできなくなりました。しかし、それでもお金を借りたい人は総量規制の対象外である銀行から借りる傾向にあります。銀行も消費者金融もお金を貸すという点では同じですが、総量規制の対象は預金の預け入れや為替機能を持たない金融機関に限定されますので銀行カードローンでは貸し出しに上限がないのです。

さらにインターネット経由で借りることができるネット系の銀行も出てきましたので銀行から借りることは容易になり、結果的に総量規制の目的だった「多重債務を防ぐ」ことができなくなり、銀行カードローンの任意整理も増えているのが近年の傾向です。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行カードローンを任意整理するメリット・デメリット

任意整理は債務者と債権者で話し合いを行うことで将来利息を免除してもらい、3年~5年で分割払いする手続きです。

そのため、消費者金融に対して任意整理を行う場合と同様のメリット・デメリットがありますが、銀行の任意整理の場合には特有のデメリットもあります。

金利が低い銀行カードローンにも任意整理のメリットはある

銀行カードローンの金利は借入限度額が50万円なら15%程度、借入限度額が100万円なら12%程度というものが多く、一般的な消費者金融の貸し出しよりも数%低くなっています(一般的な消費者金融は50万円で18%、100万円で15%)。

銀行カードローンは金利が低いため、任意整理で金利を免除してもらってもメリットがあまりないといわれていますが、利息を免除されるというのは想像以上に支払額が減らすことができます。

例えば、50万円のカードローン(金利15%)を毎月1万円で返済すると、6年以上かけて約79万円を返済することになります。利息だけで29万円払っていることになります。

これを任意整理した場合には、毎月8,000円程度を5年で返済するということもありえます。利息は免除してもらっていますので返済総額は当然50万円です。

このように、毎月の支払額を減らし、分割払いにできるという任意整理は銀行カードローンに対しても有効です。

また、任意整理は残債権を3年~5年で分割払いする手続きですので、任意整理前には50万円を毎月25,000円返済で2年間で完済予定としていたものを、任意整理により毎月14,000円返済の3年払いのように返済期間を延ばして支払額を減らすということが可能です。

銀行カードローンを任意整理するデメリット

銀行カードローンの任意整理でも消費者金融の任意整理と同じデメリットがありますが、銀行の場合には次の2つの点で消費者金融の任意整理よりもデメリットが多いといえます。

  • 銀行口座が凍結されることがある
  • 任意整理した銀行で住宅ローンを組めない可能性がある

一般的な任意整理のデメリットと共に銀行カードローンの任意整理のデメリットもご紹介いたします。

任意整理するとブラックリストに載る

銀行であっても消費者金融であっても任意整理すると信用情報機関に事故情報が登録されます。いわゆるブラックリストに載るという状態です。

信用情報機関に事故情報が登録されると、消費者金融やキャッシングなどの新規借り入れができなくなり、クレジットカードも使えなくなります。さらに住宅ローンや自動車ローンも組めなくなり、携帯電話本体の分割購入もできなくなります。

もちろん、ブラックリストに載っている間だけのことではありますが、任意整理をした場合には約5年間はブラックリストに載ることになりますので、基本的にはカードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。

過払い金が発生しないので元本が減らない

任意整理のメリットの1つに借金そのものが減るというものがあります。実は任意整理を行うだけでは借金が減ることはほとんどありません。しかし、過去に利息制限法の上限金利(15%~20%)以上の金利で返済したことがあれば過払い金が発生する可能性があります。発生した過払い金はそのまま借金から差し引くことができますし、借金よりも過払い金の方が多ければ手元にお金が戻ってくるということもありえます。

しかし、銀行カードローンの場合には、元々利息制限法の金利を順守していますので過払い金が発生することはありません。つまり、銀行カードローンを任意整理しても将来利息は免除されますが、借金の残金が減ることはありません。

預金口座が凍結される

銀行カードローンは預金とは直接関係がありませんので、預金口座を持っていなくともカードローンでの借り入れだけを行っている人もいます。しかし、預金口座を持っている銀行からカードローンで借り入れをしている場合には要注意です。

銀行カードローンに債務整理をすると、その銀行の口座は凍結され、お金を引きだせなくなります。銀行は凍結時に口座の中に入っていたお金を借入額と相殺する手続きを取るのです。

普段使っていない口座を凍結されても生活に大きな支障はありませんが、給与口座や貯金口座であれば生活に支障が出てきます。

もし、銀行に対して債務整理をする場合には必ず預金口座を空にしてから手続きを取るようにしましょう。

任意整理した銀行で住宅ローンが組めなくなる

任意整理をするとブラックリストに載りますので、どこの銀行であっても住宅ローンは組めなくなります。しかし、銀行に対して任意整理をした場合にはブラックリストから解除されても住宅ローンが組めない場合があります。

金融機関は過去の顧客との情報を保管しており、一度債務整理(任意整理)をした人の情報を記録することで次回の取引を断る、いわゆる社内ブラックとして利用するのです。

一度、社内ブラックになるとその状態から回復するのは困難です。任意整理した銀行以外の銀行であれば問題ありませんが、社内ブラックになってしまった場合には諦めるほかありません。

将来、住宅ローンを組むかもしれないという場合にはどの銀行に対して債務整理(任意整理)をするのかは慎重に決めた方がよいでしょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行カードローンを任意整理する際の注意点

銀行に任意整理すると預金口座を凍結される

前述していますが、銀行カードローンを任意整理するデメリットに預金口座の凍結を挙げています。

預金口座の凍結には銀行に任意整理をする際には預金口座の残高をゼロにしておく、または可能な限り引きだしておくということで対応できます。

例えば、三菱UFJ銀行のカードローン(バンクイック)を任意整理する場合には三菱UFJ銀行の口座を空にし、三井住友銀行のカードローンを任意整理する場合には三井住友銀行の口座を空にする必要があります。

銀行は任意整理の通知が届いた時点で口座の凍結を行い、預金の引き出しができないようにします。その後、借金の残りと預金の残高を相殺して回収を図るのです。

しかし、預金残高をゼロにしておけば相殺されることもありません。

ただし、給与口座や年金口座のように定期的にお金が入金される口座を持っている場合には、事前に他の銀行に変更する手続きをする必要があります。

なお、任意整理に限らず銀行に対して債務整理(自己破産、個人再生、特定調停)を行った場合にも同様に預金口座は凍結されますので、銀行に対して債務整理をする場合にはご注意ください。

銀行に過払い金請求はできない

任意整理をすると借金が減ることがありますが、厳密には任意整理で借金が減ることはほとんどありません。

しかし、任意整理をする際に過去の借金を調べ、利息制限法の上限金利(15%~20%)以上の金利を支払ったことがあれば過払い金が発生していますので、任意整理と同時に過払い金請求をすることで借金を減らすことができます。

一方、住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどいわゆる銀行ローンや銀行カードローンの場合には利息制限法の上限金利を超えることはありませんので、過払い金が発生しません。

そのため、銀行に対して任意整理をすることで利息を免除してもらうことで返済額を減らすことはできますが、借金そのものが減ることはありません。

銀行カードローンには保証会社がある

銀行に債務整理(任意整理)をすると、銀行の借金は保証会社が代位弁済することで完済します。そのため、銀行に対して債務整理をした場合でも債権者は保証会社になります。

例えば、三菱UFJ銀行のバンクイックに対して任意整理をした場合にはアコムが保証会社として代位弁済しますので、アコムと交渉をし、アコムに対して返済を行う必要があります。

消費者金融の任意整理の際には、通常、債権者が変わることはありませんが、銀行の任意整理の場合には保証会社が債権者になります。そのため、保証会社からの借り入れもある場合には保証会社からの借金に対しても任意整理を行うのが一般的です。

任意整理した銀行からのローンができなくなる

債務整理をすると例外なく信用情報機関に事故情報が登録されます。一般的にブラックリストに載るという状態です。

ブラックリストに載っているのは任意整理の場合には5年程度、自己破産や個人再生でも7年~10年程度といわれています。ブラックリストが解除されればクレジットカードの審査に通るようになり、各種ローンも組めるようになります。しかし、債務整理を行った銀行のローンは今後組むことが難しくなります。

社内ブラックともいわれ、今後その銀行の審査には通りづらくなります。

他の銀行であればブラックリストから解除されれば審査が通る可能性はありますが、将来的に住宅ローンを組む可能性がある銀行であれば要注意です。

なお、任意整理を行った銀行であっても、預金口座を新規で作成することは可能です。

また、ローンが組めなくなるのは任意整理をした本人だけですので、ローンの名義が配偶者ということであれば問題ありません。

返済額が増えることがある

銀行を任意整理をする場合の注意点は毎月の返済額が増える可能性があることです。

一般的に任意整理をすると毎月の返済額は減りますが、銀行の場合の任意整理では毎月の返済額が増えることがあります。これは銀行の金利が一般的な消費者金融よりも低く抑えられていることが原因です。

例えば、任意整理前に借金50万円(毎月の返済額10,000円、6年完済予定)だったものを任意整理すると3年~5年で返済しなければならない関係で毎月の返済額が14,000円程度まで増えることがあります。

任意整理により利息は免除してもらっていますので50万円の6年完済の場合には約20万円分の利息を免除してもらうことになります。借金返済総額という点では任意整理は大きな効果がありますが、毎月の生活費を圧迫する可能性がありますので、手続き前に弁護士や司法書士に任意整理後の見込みの返済額を確認しましょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

任意整理の費用相場

任意整理を個人で行うことは難しく、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。そこで気になるのが弁護士費用や司法書士費用でしょう。

任意整理の場合、明確な費用は決まっていませんが、費用の相場はあります。

おおよそ、債権者1社に対して2万円~6万円程度の費用がかかり、借金の減額報酬で10%程度、過払い金があった場合には返還額の20%程度がかかるのが一般的です。

実際にどのくらいの費用がかかるのかはケースによって異なりますので、まずは無料相談にて確認することをおすすめいたします。

杉山事務所であれば相談無料で受け付けております。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

返済が困難になった状態を立て直すのが債務整理

このように、銀行カードローンでも任意整理は可能ですが、消費者金融とは違うデメリットや特徴があります。しかし、デメリットを気にしても返済ができない場合には状況をよくするためにも債務整理をおすすめします。

任意整理は利息を免除して分割払いできるという特徴がありますので、返済した分は確実に完済に近づきます。

もし自分が債務整理をすべきかどうか迷った場合や、自己破産なのか個人再生なのか任意整理なのか自分に合った債務整理がどれなのか分からない場合には弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

任意整理とはへ戻る