ブラックリストとは?ブラックリストに載る理由と削除方法

金融業界ではよく「ブラックリストに載っている」という言い方を聞きますが、実はブラックリストというリストが存在するわけではありません。

貸金業者からの借り入れや銀行ローンの際、本当にその人にお金を貸しても返ってくる見込みがあるのかが分からなければお金を貸すことはできません。そこでお金を借りたいという申し込みがあった際には信用情報機関に過去の支払い状況を問い合わせることができます。

この信用情報機関には借金やローンの返済状況、過去に債務整理をしたかどうか、クレジットカードの支払い状況はどうかなどの情報が登録されていますので、信用情報機関を参照することで「この状況ではお金を貸せない」となっている状態のことを俗に「ブラックリストに載っている」状態と呼ばれています。

債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をするとブラックリストに載りますが、過払い金請求を行ってもブラックリストには載りません。誤解されやすいブラックリストについて解説いたします。

ブラックリストとは

消費者金融や銀行などの金融機関では、新規にお金を貸す際には、その人に返済能力があるのか、金銭面での信用力があるかどうかを確認します。この時に相手に返せますかと聞けば当然、返せますと言われてしまうため判断をするのは難しいため、信用情報を調査することで返済能力があるかどうかを審査しています。

信用情報は信用情報機関(CIC、JICC、KSCの3つ)に問い合わせることで確認でき、氏名・住所・借入金額・返済状況などの情報が含まれています。この返済状況には「返済できなかった」という事故情報も登録されます。つまり、過去に返済を滞納したことがあったり、債務整理をしたなど、当初の予定通りに返済がされなかった時に登録される情報です。

事故情報がなければ返済能力があると判断され、お金を借りることができますし、事故情報があればお金を借りることができない、いわゆるブラックリストに載っていると呼ばれる状態と判断されます。

つまり、ブラックリストとは、信用情報機関に延滞情報が登録されている状態といえます。

ブラックリストは存在しない

前述したように、信用情報機関のデータベースに「返済できなかった」という事故情報が登録されることをブラックリストと呼んでいるにすぎませんので、実際にお金を貸すことができない人のリストがある、というわけではありません。

どのような情報が登録されるのか

信用情報機関は次の3つがあり、それぞれ登録される情報や登録期間が異なります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

目安としては、JICCでは返済の延滞情報は延滞解消から1年間、CICとKSCは完済してから5年間は登録されていることになり、ブラックリストに載っている期間としては5年~10年となります。

日本信用情報機構(JICC)に登録される情報と期間

登録される情報3か月以上の延滞、延滞の解消、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生など)
登録される期間延滞解消から1年、債務整理は5年

シー・アイ・シー(CIC)に登録される情報と期間

登録される情報返済に関する情報(残債額、請求額、入金額、入金履歴、破産の有無、延滞解消日など)
登録される期間5年

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録される情報と期間

登録される情報ローンやカードの返済状況の履歴(返済の有無、延滞、代位弁済の事実など)、自己破産、個人再生
登録される期間返済の有無、延滞、代位弁済の事実などは5年、自己破産や個人再生は10年

債務整理をするとブラックリストに載る?

任意整理、自己破産、個人再生のような債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録されますので、ブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載るということは、掲載期間は新規借り入れやローンを組むことができなくなるということです。

ただし、いつまでもブラックリストに載っているというわけではなく、目安として任意整理は5年、自己破産と個人再生では5年~10年が経過するとブラックリストから削除され、新規に借り入れをすることができるようになります。

過払い金の請求はブラックリストに載る?

債務整理と過払い金請求が混合されることがありますが、過払い金請求は払いすぎたお金を取り戻す手続きです。つまり、自分のお金を返してもらうだけですので過払い金請求を行ったからブラックリストに載るということはありません。

もし誤って信用情報機関に載ってしまった場合には自分で手続きをすることで信用情報機関にあるブラック情報を削除することができます。

奨学金の返済や携帯電話の分割払いを滞納してもブラックリストに載る

2008年から、日本学生支援機構は奨学金の返済を3ヶ月以上滞った場合には、滞納した人の情報を全国銀行個人信用情報センター(KSC)に提供すると発表しています。これは奨学金の返済を滞納するとブラックリストに載ることを意味しています。

また、高額なスマートフォンを購入する際に分割払いをする人が多いですが、この携帯電話の分割払いも滞納してしまうことでブラックリストに載ってしまいます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載る条件

債務整理をするとブラックリストに載る、過払い金請求ではブラックリストに載らないと書きましたが、債務整理以外にも、借金の返済を滞ったり、携帯電話本体の分割支払いを滞ったりするとブラックリストに載ることがあります。

原則、借金をして支払うべきものを支払わなければブラックリストに載りますが、滞納が1回あったらすぐにブラックリストに載る、というわけではありません。

クレジットカードの支払いや消費者金融の約定返済をしない

クレジットカードにはショッピングとキャッシングがあります。この支払いをしなかった場合にはブラックリストに載ります。

また、消費者金融やカードローンなどでの約定返済を滞ることでもブラックリストには載ります。

ただし、1度遅れたらすぐにブラックリストに載る、というわけではありません。目安としては2ヶ月以上遅れるとブラックリストに載る可能性があるとお考えください。

延滞が解消すればブラックリストからは消えますが、一定期間は待たなければなりません。

自己破産や任意整理などの債務整理を行う

任意整理、自己破産、個人再生など、いわゆる債務整理を行った場合には必ずブラックリストに載ります。

これはお金を貸した側からすると約束通りの返済がないわけなので当然といえば当然かもしれません。

債務整理を行った場合のブラックリスト掲載期間は長く、少なくとも5年間は載ったままだとお考えください。

カードやローンに複数同時に申し込みをする

クレジットカードを作りたい、カードローンを組みたいという時に、どこか1つでも通ればいいと思い、複数を同時に申し込むとブラックになる可能性があります。

金融機関からすれば、複数の金融機関に同時に借金を申し込んでいる人と見られますので、返済できる見込みが薄いと判断されるためです。

信販会社や金融機関は申し込み状況を把握しておりますので、複数同時ではなく通したい審査から順に行うようにお気をつけください。ただし、2社程度であれば問題ありません。

なお、過払い金請求をするとブラックリストに載るという情報もありますが、過払い金請求は債務整理ではありませんので請求を下だけでブラックリストに載ることはありません。ただし、借金返済中に過払い金請求を行い、借金の方が過払い金よりも多かった場合には任意整理をした扱いになるのでブラックリストに載る、ということはありえます。

クレジットカード現金化などを利用する

今では少なくなりましたが、以前はクレジットカードの現金化が問題になりました。クレジットカードの現金化は利用規約違反にもなりますのでブラックリストに載る可能性がある行為です。

カードの現金化がカード会社にバレるとカードの利用停止になりますのでやめましょう。

携帯電話の支払いを延滞する

スマートフォンでは高額な機種もあり、購入の際には分割払いをする人も多いはずです。この携帯電話の分割払いを延滞することでブラックリストに載ります。

奨学金の滞納でもブラックになる

奨学金の返済を3か月以上延滞した場合にもブラックリストに載ります。

同姓同名の方との勘違い

きわめて稀なことですが、同姓同名で生年月日が一致した場合には、別の方と勘違いされブラックリストに登録されることがあります。

なぜだか分からないがどうしても借入やローンが組めない、クレジットカードを作れないという場合にはこのケースを疑ってみてください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載らないケース

支払うべきものであっても、延滞したことでブラックリストにならないケースもあります。

審査の時に信用情報機関を利用しない場合には延滞しても情報共有をしませんのでブラックリストには載りません。

公共料金などの支払い遅延

電気代、水道代、ガス代、NHK料金、インターネット回線代、電話代、各種税金(固定資産税、自動車税)、保険代(生命保険、自動車保険)、医療費の後払いなど契約として支払うべきものは多数ありますが、どれも信用情報機関とは無関係ですのでブラックリストには載りません。

ただし、ブラックリストには載らなくても滞納が続くと給料の差し押さえや口座凍結などの恐れがありますので滞納はしないようにしましょう。

過払い金返還請求をした場合

過払い金請求は自分のお金を取り戻す行為ですのでブラックリストには載りません。

2010年(平成22年)4月19日までは過払い金請求を行うと「契約見直し(コード71)」という名目でブラックリストに登録されていましたが、現在ではありません。

ただし、借金返済中に過払い金請求を行い、戻ってきたお金を返済中の借金に充てても借金が残る場合には、債務整理を行ったという理由でブラック登録されます。

また、ブラックリストには登録されませんが、過払い金請求を行った会社の中でブラックになりますので(社内ブラック)、その会社からはもう借り入れができないことがあります。

例えば、アコムに過払い金請求をすると、今後はアコムからお金を借りることはできなくなります。しかし、アイフルやプロミスなど他の会社の審査には影響しません。

頻度の少ない延滞

ブラックリストに載る条件で「カードの支払いの延滞」を挙げましたが、支払いが遅れてたらすぐにブラックリストに載るというわけではありません。ほとんどの場合、支払いが遅れてもすぐに支払えば問題ありませんし、仮に支払いが遅れたとしても1回遅れてすぐにブラックということも通常はありません。

しかし、年に数回遅れを繰り返すということがあればブラックリストに載る可能性はあります。

家族や配偶者がブラックリスト

ブラックリストに載るのは金融事故を起こした本人に限ります。そのため、家族や配偶者には影響しません。

自分がブラックリストに載ったとしても、それが理由で親、配偶者、子供などがブラックリストに載ることはありません。

家賃の遅れ

賃貸物件に住んでいる場合、毎月家賃が発生しますが、家賃が遅れてもブラックリストに載ることはありません。

しかし、例外的に家賃をカード払いにしている場合にはカードの支払いが遅れたことによりブラックリストに載る、ということはあります。

また、賃貸借契約に家賃保証会社が付帯している場合、金融業界でのブラックリストには載りませんが、家賃保証の業界でブラックリストに載ることがあります。この場合には借金、ローン、クレジットカードの発行には影響しませんが、賃貸物件で家賃保証会社を使う場合に審査に通らない(部屋を借りることができない)ということが起こりえます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載ってしまったら?

ブラックリストに載ると基本的に新規借入はできなくなります。消費者金融の借り入れはもちろん、ローンも組めなくなるので将来的に住宅ローン、自動車ローン、教育ローンを組みたいという場合などに影響します。

また、ブラックの状態ではクレジットカードの発行ができなくなり、既に持っているクレジットカードも更新できなくなるなどの影響があります。

ブラックだとクレジットカードの審査に落ちる

新規にクレジットカードを発行しようと申し込みをしてもブラックリストに載っている状態では審査にはまず通りません。一部のカード会社ではブラックの状態でも通ったという話はありますが、例外ケースです。

既に持っているクレジットカードの場合でも更新ができなくなり解約ということなりますし、更新期限まで時間があったとしてもカード会社は定期的に与信確認をしていますので途中で解約ということはありえます。

カードが突然解約になると毎月の支払いをカード払いにしていた時に滞納が起きてしまい、電気が止まった、携帯電話が止まったなどが起きる可能性があります。このような場合には事前に支払い方法を見直すようにしましょう。

ブラックだとローンが組めない

ローンが組めないというのはカードローンに限った話ではありません。住宅ローンや自動車ローンは通りませんし、教育ローンなどであっても通りません。

銀行は消費者金融と比べ審査が厳しい傾向にあるのでブラックの状態で不動産の購入は難しいでしょう。

しかし、いつまでもブラックリストに載っているわけではありません。解消さえすれば審査次第でローンも組めるようになります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載っているか調べる方法

実はブラックリストに載っているかどうかは各信用情報機関に問い合わせることで簡単に調べることができます。

日本信用情報機構(JICC)に開示請求をする方法

JICCの信用情報はスマートフォン、郵送、窓口の3つの方法で開示手続きをすることができます。

JICCの場合には手数料は掛かりません。

開示してもらえる情報は次の通りです。

  • 氏名、生年月日、電話番号などの個人を特定する情報
  • クレジットやローンなどの個人のお取引きに関する情報(利用金額、残高など)
  • お取引きから発生する情報(支払遅延、法的手続きの有無など)

詳細は、JICCの信用情報の確認をご確認ください。

シー・アイ・シー(CIC)に開示請求をする方法

CICの信用情報はパソコン、スマートフォン、郵送、窓口の4つの方法で開示手続きをすることができます。手数料は窓口では500円、郵送では1,000円分の定額小為替、パソコンとスマートフォンでは1,000円(クレジットカード払い)と3種類あります。

詳細はCICの自分の信用情報を確認をご確認ください。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に開示請求をする方法

KSCの信用情報は郵送により取り寄せることができます。手数料は1,000円ですが、定額小為替を用意する必要があります。

詳細はKSCの本人開示の手続きをご確認ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載った情報を消すには?

原則として、信用情報機関に登録されている情報を削除することはできません。一度登録されてしまったら削除されるまで待つしかありません。どのような理由によりブラックリストに登録されたかによって登録機関は異なりますが、債務整理を行った場合には最長10年ほど載ることになります。

ただし、誤った情報が載っている場合には申請することで修正や削除は可能です。

信用情報の訂正、削除については各信用情報機関に直接お問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

ブラックリストに載らずに借金問題を解決する方法

前述したように債務整理をするとブラックリストに載ります。債務整理とは任意整理、個人再生、自己破産、特定調停のいずれかの手続きのことです。

債務整理は借金問題を解決する手続きですが、ブラックリストに載るとローンが組めなくなるというのが難点です。

しかし、状況次第では過払い金請求をすることでブラックリストに載らずに借金問題を解決することもできます。

借金返済中の方で任意整理や自己破産を考えて相談にいらっしゃる方もいますが、過去の借金状況を調べると実は多額の過払い金が発生していて、しかも過払い金の発生額が現在の借金よりも大きいので過払い金請求だけで全ての借金が返し終えるということもあります。

過払い金は誰にでも発生するというものではありませんが、自分に過払い金があるのかどうかを確認するだけであれば無料ですので、ぜひ杉山事務所にご相談ください。

なお、借金返済中の方の中には知らない間にブラックリストに載っている方やブラックリストに載ってでも債務整理をした方が良いという方もいます。借金問題に困った場合にはすぐに杉山事務所にご連絡ください。

ブラックリストの基礎知識

借金の時効とブラックリストの関係

借金には時効があり、5年以上返済をしていないという場合には、時効の援用という手続きをすることで借金を消すことができます。

借金を帳消しにするという意味では自己破産のように聞こえますが、時効の援用と自己破産は全く別のものであり、債務整理ではありませんので時効の援用を行ったとしてもブラックリストには載りません。

ただし、信用情報機関には返済していない期間は事故情報が残り続けますので、時効の援用手続きをした時点でブラックリストから削除されるわけではありません。

時効の援用手続きについては弁護士や司法書士に相談した上で手続きをするようにしましょう。

クレジットカードの短期解約をするとブラック?

クレジットカードを発行して短期で解約にした場合、信用情報機関には「クレジットカードを解約にした」という履歴が残ります。

短期間に契約と解約を繰り返すと「短期解約ブラック」と呼ばれる状態になり、クレジットカードの審査承認率が低くなると言われています。

ブラックリスト期間中でもデビットカードは作れる

ブラックリストに載っているとクレジットカードを作ることはできませんが、審査の要らないデビットカードであれば発行可能です。

デビットカードの場合には利用と同時に口座から引き落とされるので支払いができるかどうかの審査が不要だからです。同様に料金先払いであるプリペイドカードも発行は可能です。

ブラックリストによくある質問

Q.携帯料金は何ヶ月払わなかったらブラックリストに登録されますか?

A.携帯電話(スマートフォン)本体を分割払いで購入した場合、2ヶ月以上滞納が続くとブラックリストに登録される可能性があります。

毎月携帯電話の利用料金を滞納すると携帯電話が止まり、利用できなくなることはありますが、ブラックリストには登録されません。

しかし、携帯電話本体を分割払いで購入した場合には、毎月の支払の中に携帯電話本体の分割払い分が含まれていますので、携帯電話本体の分割払いを滞納したことになります。

そのため、滞納が続くと分割払いを不履行されてことを理由に強制解約となりブラック登録されることがあります。

大手キャリアとブラック登録されるまでの期間
キャリア強制解約までの期間
docomo約2ヶ月
au約3ヶ月
softbank約3ヶ月

Q.結婚により苗字が変わった場合にはブラックリスト対象者ではなくなりますか?

A.原則的に結婚や離婚により姓が変わったとしてもブラックリストに載ったままです。

債務整理や延滞が続くと信用情報機関に事故情報が記録されます(ブラックリストに登録されます)。その際の登録情報は氏名だけではなく生年月日も登録しています。

クレジットカードの発行、借り入れやローンを組む際には旧姓を情報として取得したり、身分証明書(運転免許証、保険証など)から旧姓を特定することもあり、結婚によりブラック登録が抹消されるということはありません。

そのため、1度ブラックリストに登録された場合には5年~10年程度待って、削除されてからカードの発行や借り入れ、ローンなどに申し込むようにしましょう。

Q.クレジットカードで引き落としができませんでした。ブラックリストに載りますか?

A.カードの引き落としができずにブラックリストに載る期間や回数にはカード会社によって異なります。目安としては延滞が2週間を超えた場合にはブラックリストに載るとお考えください。

一般的に、カードの支払いが2~3日遅れた場合には問題にはなりません。10日前後でも支払い用紙が届いてすぐに支払えば問題ないところも多いです。

しかし、延滞が2週間を超えたを超えてくると多くの場合には信用情報機関に登録されるようです。

ただし、カード会社によっては厳しいところも比較的緩いところもあります。支払いが遅れてはいけませんが、遅れたとしても自分から連絡し、できるだけ早く支払うようにしましょう。

Q.一度ブラックになったらいつから借り入れできるようになりますか?

A.ブラック登録される期間はどこに登録されるのか、何を行ってブラックリストに登録されるかで変わりますが、目安としては5年~10年です。

任意整理を行った場合には5年、個人再生や自己破産を行った場合には10年は信用情報機関に載ります。逆を言えば、任意整理の場合には5年、個人再生や自己破産では5年が経てば新規で借り入れやクレジットカードの発行もできるようになります。

ただし、借り入れ、ローン審査、カード審査は会社によって基準が異なり、数年間カードの利用が全くない履歴(スーパーホワイト)を見て、過去に債務整理があったことを疑われて審査に落ちるということもありえます。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

債務整理の基礎知識へ戻る