自己破産後にクレジットカードを作る方法と注意点

「自己破産するとクレジットカードが使えなくなる」

「自己破産するとクレジットカードの発行ができなくなる」

このような噂を聞いたことがある人は多いようです。確かに自己破産をするとクレジットカードは使えなくなりますが、一生カードが持てなくなるというのは誤解です。

自己破産後にも一定期間が経過すればクレジットカードを発行する事は可能です。

自己破産をするとクレジットカードはどうなるのか、自己破産後にクレジットカードを作る方法、クレジットカードを作るまでの代わりの手段などをご紹介いたします。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自己破産後、契約しているクレジットカードはどうなる?

原則的に自己破産をするとクレジットカードはすべて使えなくなります。一時的に利用できることもありますが、自己破産前に持っていたカードを自己破産後にも継続して使うことは、自己破産の免責を認められない理由にもなりかねないのでやめましょう。

契約中のクレジットカード

弁護士や司法書士に依頼すると法律事務所から債権者(貸金業者やカード会社のこと)に対して受任通知を送ることになります。

この受任通知をカード会社が受け取った時点でクレジットカードは強制解約になるのが一般的です。

契約中だが利用履歴のないクレジットカード

一度も使ったことのないクレジットカードであっても自己破産の際には申告が必要です。もしカードを持っていることを裁判所に提出しなかった場合には免責を認められなくなる(自己破産できなくなる)ことがあります。

使っていなかったとしてもカードの有無はすべて弁護士、司法書士に話すようにしてください。

貯まっていたポイントは失効する

クレジットカードが解約になった時点で貯まっていたポイントは失効します。

そのため、自己破産を申し立てる前にポイントを使い切るようにしましょう。

ただし、ポイントで足りなかった時に不足分をクレジットカードで借り入れた場合には自己破産手続きにおいて不利になることがあります。

自己破産を決めたらカードは使わないようにし、ポイント内での買い物に限定する方が望ましいです。

ETCカードも解約になる

原則、クレジットカードの解約と同時にETCカードも解約になりますが、一部のカード会社では利用できることがあります。しかし、それでも自己破産後に利用すると免責を認めてもらう際に影響しますので自己破産を決めたらETCカードも使わないようにしましょう。

可能なら早い段階でETCパーソナルカード(後述)に切り替えた方がよいです。

配偶者が自己破産した時の自分名義のクレジットカード

自己破産をして解約になるのは破産者名義のカードだけです。配偶者であっても自己破産による影響はありません。

そのため、配偶者が自己破産したとしても自分名義のカードには影響なく、そのまま使うことができます。

配偶者側の信用情報には影響がないことを利用して配偶者の家族カードを利用することで自己破産後にクレジットカードを使うという方法もあります。

家族カードは自己破産後でも引き続き使える

家族カードは家族の誰かが名義で発行しているクレジットカードの付帯サービスです。カードを発行するかどうかは名義人の方の審査で決まりますので、自分が自己破産をしたとしてもカードの名義になっていない家族カードであれば影響はありません。

既に持っている家族カードはそのまま利用することが可能ですし、後述するように新規で家族カードを発行することも可能です。

クレジットカードを残したくてやってしまいがちなNG行為

自己破産をしても引き続きクレジットカードを使いたいと思う人は数多くいます。しかし、カードを利用し続けたいと思っても次の2つの行為は絶対にしないようにしてください。

  • 弁護士や司法書士に持っているカードを隠す
  • 特定のカードの残債のみ完済する

自己破産は弁護士か司法書士に依頼するのが普通です。そして、弁護士も司法書士も最初に借金状況を正確に把握するところから始めますので、現在の借金や利用残のあるカードなどの情報は全て出さなくてはなりません。特定のカードだけを隠して裁判所に書類を提出した場合、後日発覚して免責不許可になるという可能性がありますし、意図して隠したことを理由に弁護士や司法書士に辞任されてしまう可能性もあります。

また、自己破産の影響範囲が借金に対してだけということを利用して残したいカードの残債のみを優先的に支払うこともやめましょう。特定の1枚だけを支払い終えれば自己破産の対象からは外れますが、特定の業者にだけ偏って返済をした(偏頗返済)ということを理由に免責不許可になることが考えられますし、自己破産をしたことは後々カード会社にバレるので後日、カードの利用停止になるということも十分にあり得ます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自己破産後にクレジットカードは作れるのか?

自己破産するとクレジットカードが使えなくなる仕組み

自己破産をすると「自己破産をした」という履歴が信用情報機関に登録されます(いわゆるブラックリストに載ること)。

カード会社は新規でカード発行の際やカード更新の際などに信用情報機関を照会しますが、この時に自己破産の履歴が伝わり審査が通らないため、クレジットカードが使えなくなります。

新規発行や更新の際に以外にもカード会社は定期的に信用情報を確認している(途上与信といいます)ため、クレジットカードを止められてしまうのです。

何年待てばクレジットカードが作れるか?

信用情報機関は次の3つがあり、どの信用情報機関に登録されるかで信用情報が回復するまでの期間が変わります。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

日本信用情報機構とシー・アイ・シーは自己破産後、約5年が経つと信用情報が回復、全国銀行協会は約10年で回復するといわれています。

ただし、期間について明確な定めがなく前後する可能性があるため、最低でも5年はブラックリストに載っているとお考えください。

信用情報が回復した後はクレジットカード発行の審査に自己破産を理由に落ちるということはなくなりますので、発行が可能になります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自己破産後にクレジットカードの申し込む際の注意点

全国銀行協会の会員ではないクレジットカードを選ぶ

全国銀行協会の場合、10年はブラックリストに載っていますが、CICや日本信用情報機構ではブラックリストに載っている期間は5年程です。

単純に登録期間が短いため、最短で5年ほどで新規にクレジットカードを発行できる可能性があります。

ただし、日本信用情報機構、シー・アイ・シー、全国銀行協会の3つのうち、複数の信用情報機関に登録しているカード会社もありますので、全国銀行協会の会員でないカード会社を選ぶと良いでしょう。

自己破産した時のカード会社以外に申し込む

自己破産をしたカード会社への申し込みは避けましょう。カード会社内に「自己破産をした利用者」という情報が残っており(いわゆる社内ブラック)、審査に通らない可能性が高い。

審査が緩いカード会社を選ぶ

一般に大手の金融機関はカード審査が厳しく、中小の金融機関のカード審査は緩い傾向にあります。中には自己破産をした過去があっても条件次第では審査に通ることもあります。

審査に通りやすいカードや自己破産後でも審査に通るといわれているカードは次のようなものです。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • イオンカード
  • エポスカード
  • セディナカード
  • アメックスカード

ただし、いずれのカード会社であっても審査に通るかどうかは保証できません。可能性が比較的高い、程度とお考えください。

官報を参照していないカード会社を選ぶ

自己破産をすると官報という政府の機関誌(新聞のようなもの)に自己破産した人の住所と氏名が載ります。

通常、官報に目を通す人はいませんが、一部のカード会社は官報を確認した上で自社のデータベースに登録し、カード審査の参考にしているといわれています。

そのため、自己破産をしたことがある人は官報を参照していないカード会社を選んだ方が無難です。

以下は官報を参考にしているカード会社です。

  • 三菱UFJニコスカード
  • 三井住友カード
  • クレディセゾン
  • セディナカード
  • オリコカード
  • エポスカード
  • ライフカード
  • ヤフーカード
  • JCBカード

一度に複数のカード会社へ申し込まない

カード会社に申し込みをしているという情報は他のカード会社にも伝わります。複数のカード会社に同時に申し込むことで「お金に困っている利用者」と判断され審査通過しづらくなります。

クレジットカードに申し込んだ履歴は半年間残りますので、審査に落ちた場合には半年経ってから次のカード会社に申し込むというようにしましょう。

クレジットヒストリーを積む

クレジットヒストリー(クレヒス)とはクレジットカードの利用履歴(ヒストリー)のことです。一度ブラックリストに載り、解除されると信用情報機関には何の情報も載っていない状態になります。

カード会社は審査時にクレジットヒストリーを参考にしているといわれていて、クレジットヒストリーがないというのはカード審査は通りにくい状態です。

スマートフォンの分割払いやハウスカードの利用などで利用履歴を積み上げることでカード審査に通りやすくなります。

※ハウスカードとは、VISA・Master・JCBなどのブランドのついていないクレジットカードのことです。特定の店舗でしか使えないカードですが、利用を継続することで利用履歴が積み上げられます。

事故情報が消えたかを確認する

信用情報機関に事故情報が残っているか、消えているのかを確認することができます。窓口、郵送、インターネット経由の開示方法がありますが手数料として500円~1,000円かかります。

ただし、確認は容易でも頻繁に確認することは避けましょう。信用情報機関には情報開示をした履歴が残るといわれていますので、頻繁に確認しているとカード発行の審査の際に過去の履歴を調査されて自己破産していたことを知られ、審査に落ちてしまう可能性があるからです。

利用限度額の設定を低くする

カードの利用額を低くするということは、カード会社が一時的に立て替える金額が少なくなるということです。これはカード会社のリスクが低くなるということですので、審査通過率が上がるといわれています。

カードを申し込む際には不必要に高い限度額を設定するのではなく、できるだけ少ない額で申し込み、利用期間が長くなってから限度額を上げるようにしましょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自己破産後にクレジットカードの審査に落ちた時の対処法

自己破産後にクレジットカードの発行を申請し、審査に落ちた場合には2つの対処法があります。

  • 時間をおいて別のカード会社に再申請する
  • カード会社の業種を変更して再申請する

信用情報機関にはカードの発行申請をした履歴が残ります。そのため、カード発行の審査に落ちた後にすぐに別のカード会社に申請しても直近でカード審査に落ちていることを知られてしまうので不利になります。目安としては半年以上経ってから再申請するようにしましょう。

また、一度落ちた場合には別業種のカード会社に発行依頼することをおすすめいたします。カード会社には銀行系カード(ニコス、SMBC)、流通系カード(イオンカード、セゾンカード)、消費者金融系カード(アコム)、プロパー(アメックス、JCB)などがあります。できるだけ通りやすい、別業種の会社に申請してみるようにしましょう。

自己破産後のクレジットカードの代替手段

家族カード

自己破産で信用情報に影響するのは自己破産を申し立てた本人だけです。家族の信用情報は傷ついていませんので、家族の名義でクレジットカードを発行し、家族カードを利用することができます。

家族カードは名義が自分ではないだけで、通常のクレジットカードですので以前のように買い物が可能です。

プリペイドカード

プリペイドカードはSuicaやPASMOのように事前にお金をチャージすることで利用できるカードです。クレジットカードとは異なり、審査なしで発行することができますので現金を持ち歩かずとも利用できます。

事前にチャージした分しか使えませんので「クレジットカードで使いすぎた」ということもありません。ただし、一括払いにしか対応しておりません。

デビットカード

デビットカードは、利用と同時に銀行口座からお金が引き落とされる機能を持つカードです。プリペイドカードとは異なり、チャージが不要ですが、銀行預金の額が利用上限になります。

デビットカードもプリペイドカードと同様に一括払いにしか対応しておりません。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは高速道路会社ネクスコが発行しているETCのように使えるカードです。

ETCカードとは違い、4万円の保証金の預託が必要ですが、利用料金は口座引き落としができます。ETCカードの発行には審査がありますが、ETCパーソナルカードに審査はありません。

自己破産後のクレジットカードに悩まないためにも早めにご相談ください

このように自己破産をしてからクレジットカードを発行するには苦労があります。しかし、自己破産する前に杉山事務所にご相談いただければなんとかなるかもしれません。

借金が自分だけではどうにもならないには自己破産しかないと思うかもしれませんが、実際には任意整理で済むこともありますし、過払い金請求により債務整理をしなくても自力で解決できる場合もあります。

任意整理をすると信用情報機関に載りますので持っているカードも途中解約になる可能性はありますが、信用情報の回復も早く、新規でカード発行する際には有利です。また、多額の過払い金があれば自己破産も任意整理もせずに解決できることもあります。

  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

自己破産とはへ戻る