自己破産とは

自己破産とは債務者が経済的に完全に破綻してしまい、支払時期が到来しても自分のもっている資産ではすべての債権者に対して債務を完全に返済することができなくなった場合、最低限の生活用品以外すべての財産を換金して、全債権者にその債権額に応じて、公平に返済することを目的とする裁判上の手続きのことです。

債権者による申し立てではなく、債務者自身の申し立てにより破産手続き開始決定を受ける場合を自己破産といいます。

一般に言われているほど深刻な不利益はありません

破産手続きが開始されると、債務者は「破産者」となります。

破産者が財産を所有している場合は「破産管財人」が選任され、財産の管理・処分などを行います。そのため、破産者が財産を勝手に処分することはできません。

自己破産をすると家や車などの一定の財産は処分されることになりますが、家具などの生活用品についてまで処分されることは原則としてありません。そのため、自己破産をしてしまうとその後の生活ができなくなってしまうということはありません。

また、家族が保証人になっている場合を除き、自己破産の効果はあくまで本人だけに及ぶものですので、原則的に自己破産を行うことで家族に迷惑がかかるといったこともありません。

管財事件と同時廃止事件

自己破産には、財産や免責不許可事由(免責を許可できない理由、借金の支払い義務を免除すべきではない理由)の有無で「管財事件」と「同時廃止事件」の2種類に分かれます。

管財事件が破産手続きの原則的な形態で、裁判所によって破産管財人が選ばれて手続きが行われます。原則として20万円以上の財産がある場合、または免責不許可事由がある場合には管財事件として扱われます。

自己破産をしても手元にあるのが20万円未満の財産であれば手元に残しておくことが可能です

一方、配当すべき財産がないことが明らかな場合には、同時廃止事件として破産手続きを開始すると同時に破産事件が廃止されます。

廃止とは、裁判所の決定により、破産者の清算が終了する前に破産手続きを終了させることです。

免責不許可事由とは

よく聞かれる免責不許可事由は浪費や賭博などでしょう。ギャンブルでは自己破産できないと言われるのはそのためです。

しかし、ギャンブル以外にも株取引、FX取引なども免責不許可事由に該当しますし、解約返戻金のある保険を隠すなどの財産を隠す行為も該当します。

一般的な借金であれば自己破産できることが多いですが、免責不許可事由は複雑なので疑問があれば専門家に相談しましょう。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

債務整理について司法書士に相談しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

自己破産の解決事例1

依頼人50歳代 男性・女性(夫婦)
借入の相手消費者金融12社
信販会社1社
銀行1社
免責金額1,000万円
この事例の概要
相談者様は20年以上自営業により生計を立ててきたご夫婦でした。奥様も自営業を手伝い、3年前まではなんとか切り盛りしてきましたが、ご主人が病気にかかってからは自営業を続けられない状況になり、自営業を辞めてしまったそうです。
現在は、夫婦ともパートで働いているとのことでしたが、自営業を辞めた後は病院の入院費などで出費がかさみ、病院を退院してからもしばらく無職の期間が続いたため、借金の総額も膨らんでしまい、とても債務の返済をしていくことはできないということでした。
解決まで
相談者様ご夫婦の合計収入が約20万円に対して、借金の返済を除いた支出合計が約18万円あるため、余剰金が毎月2万円しか用意できず、毎月の返済をしていくことは難しい状況にありました。また他の財産についても特に自己破産によって手放さなければならなくなるような動産や不動産はありませんでしたので、自己破産による免責を受けられることをご提案させていただきました。ご夫婦ともに手続き開始から6ヶ月後に免責決定が下り、負債をなくすことに成功しました。

自己破産のお手続きの流れ

解決に要した期間
約6ヶ月

自己破産の解決事例2

依頼人40歳代 男性
借入の相手消費者金融6社
国税庁(滞納税金)
免責金額500万円
(滞納税金100万円は免責されません)
この事例の概要
相談者様は体が弱く体調を崩しがちで、なかなか安定した職に就く事ができず、病院の費用や生活費に充てるために消費者金融を利用し始めました。そのうち返済が滞りだしたため、債権者からの督促の恐怖、支払おうにも仕事を続けられないもどかしさから、ついに生活に最低限必要なものだけ持ち出して逃げ出してしまったそうです。
その後に新たに適職を見つけて再就職しましたが、消費者金融の1社から督促があったため、これ以上逃げることはできないと途方にくれて、当事務所に相談にいらっしゃいました。
解決まで
相談者様の場合、借入金額そのものよりも、債権者から逃げていたことにより、借入金に対する利息や損害金が多額になること、また借入金とは別に税金の滞納額が100万円近くあり、現状の相談者様の収入では、こうした利息や損害金の分までを返済することは不可能であると判断し、自己破産による免責を受けられることをご提案させていただきました。手続き開始から3ヶ月後に免責決定が下り、負債をなくすことに成功しました。

自己破産のお手続きの流れ

解決に要した期間
約6ヶ月

自己破産の解決事例3

依頼人30歳代 男性
借入の相手消費者金融8社
免責金額400万円
この事例の概要
相談者様はご自身に特に借入れをする理由はありませんでしたが、相談者様のご両親が生活苦から消費者金融で借入れをして多額の借金を負っていたため、ご両親の生活費を支払うために自身も消費者金融から借入れをしてしまったそうです。
また相談者様は近々結婚をする予定でもあるため、妻になる方にも迷惑をかけたくないということと、自分としてもこの現状をなんとかしたいという気持ちから、ご当事務所に相談にいらっしゃいました。
解決まで
相談者様は当初、任意整理による債務整理を希望されており、また収入も奥様となられる方の収入を生活費にまわすことで、債務整理に耐えられるだけの水準を確保されておりましたので、相談を受けた当初は任意整理での手続きを進めていました。しかし、その後に奥様となられる方が体調不良により、会社を休職されることになり、さらには妊娠していることが発覚したため、生まれてくる子供のためにも大事をとって会社を辞めることになりました。その結果、当初予想していた収入が見込めなくなり、任意整理による債務整理手続きを進めることが困難となったため、改めて自己破産の手続きをご提案させていただきました。手続き開始から9ヶ月後に免責決定が下り、負債をなくすことに成功しました。

自己破産のお手続きの流れ

解決に要した期間
約9ヶ月
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加