保証人がいる場合の債務整理なら任意整理がおすすめ

借金返済に困った場合には債務整理をすることで解決することができます。しかし、債務整理をする際にトラブルの元になるのが保証人の存在です。

借金したのは自分なので、債務整理をすることで自分がブラックリストに載るのは仕方がないとして、保証人へはどのような影響があるのでしょうか?

自分が債務整理をすることで保証人にはどんな迷惑がかかるのか、ブラックリストには載るのか、残債の支払いはどうなるのか、などを順にご紹介いたします。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人は似たようなものとして認識されがちですが、責任の重さは全く異なります。まずは保証人連帯保証人の違いから見ていきましょう。

連帯保証人には3つの抗弁権がない

抗弁権というのは、一言でいえば相手に主張できる権利のことです。

連帯保証人には次の3つの抗弁権がありません。

  • 催告の抗弁権
  • 検索の抗弁権
  • 分別の利益

催告の抗弁権とは

催告の抗弁権とは、保証人に請求されたときに「先に債務者に請求してほしい」と言える権利です。

保証人には催告の抗弁権がありますが、連帯保証人には催告の抗弁権はありません。そのため、債務者(消費者金融など)から連帯保証人に請求された際には即座に返済をしなければならないのです。

検索の抗弁権とは

検索の抗弁権とは、保証人に請求されたときに「債務者は払えるのだから、債務者から返済させてほしい」と言える権利です。

保証人には検索の抗弁権がありますが、連帯保証人には検索の抗弁権はありません。検索の抗弁権がある場合には給与の差し押さえや財産の差し押さえを請求することもできますが、連帯保証人の場合には請求されたら直ちに支払いをする必要があります。

分別の抗弁権とは

分別の抗弁権とは、保証人が複数人いる場合に支払い金額の上限が保証人の人数で割られるということです。

保証人が2人いて借金が100万円ある場合には保証人の支払限度は50万円です。しかし、連帯保証人には分別の抗弁権がありませんので、保証人が他にいたとしてもすぐに支払いをしなければなりません。

連帯保証人の責任は非常に重い

このように保証人にある権利が連帯保証人にはありません。借金をしたのは債務者ですから返済するのは債務者が行うのが当然ですが、何かしらの事情により債務者が返済できなくなった場合には連帯保証人はすぐに返済する義務があり、その責任は非常に重たいものがあります。

そして、借金をする場合には普通、連帯保証人が付きます。

もしも債務整理をすることを考えているようであれば、自分が債務整理を行うことで保証人にどのような影響が出るのかを知り、実際に整理をする前によくよく相談することがトラブルを防ぐ近道です。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

債務整理で保証人にどのような影響が出るか?

債務整理にも複数の方法がありますのでどの方法を取るかで保証人への影響度合いは変わってきます。

自己破産や個人再生を行うことで保証人への一括返済が求められますので影響は大きいですが、任意整理をすることで保証人への影響は小さくすることもできます。

自己破産・個人再生は保証人への影響大

借金額が大きく、自分では返済できないという場合に有効な債務整理が自己破産や個人再生です。

自己破産では借金のすべてが免除されますので、手続きを行うことで返済義務がなくなります。

個人再生では借金が5分の1にまで減額されます。残りは返済義務がありますが期限を決めた上での分割払いですので毎月の返済は楽になるはずです。

しかし、この自己破産と個人再生は効果が大きいだけに保証人への影響も大きいものがあります。

保証人は免責されない

自己破産では全額免除、個人再生では借金が5分の1にまで圧縮されます。しかし、免責はされますが、借金は残ったままです。そのため、債権者(消費者金融など)は本来債務者が支払うはずだった借金を保証人に一括返済を求めます。

債務者が支払いできなくなった時のための保証人ですので、支払い義務は保証人に出てきます。

当然のことですが、債務者は免責されても保証人は免責されないということは覚えておきましょう。

保証人が払えなかったら?

では保証人に一括返済を求められて支払いができない場合にはどうなるのでしょうか?

一括返済を求められても交渉次第では分割返済ができるということはありえます。

しかし、保証人が支払いをできない場合には最悪、保証人も債務整理を行うという必要が出てきます。

考え方によっては保証人が配偶者の場合、夫婦で自己破産をすることで借金がすべてなくなるので新生活を送るということも可能ですが、保証人が親族、知人、友人、上司などであった場合には大変な迷惑がかかる可能性があり、できる限り避けた方が無難です。

保証人の求償権はどうなる?

求償権とは、他人の債務を代わりに支払った人が、その肩代わりした分をその人に請求する権利のことです。

本来、債務者が支払うはずだったお金を保証人が支払ったので後で返すように請求するできます。しかし、債務者には「支払い能力がない」として自己破産しているので保証人には請求先がない(求償権を行使できない)。

保証人への影響が小さいのは任意整理

自己破産と個人再生は裁判所を通すため、全ての借金に対して手続きを行う必要があるが、任意整理の場合には裁判所を通さずに話し合いによる任意の手続きを比較的簡単に行うことができます。

任意整理は対象債務を選択できる

任意整理の大きな特徴に、どの債務を整理するのか選択できる、というものがあります。保証人がついている借金を任意整理から外すことで保証人には迷惑がかかりません。

例えば、A社、B社、C社(保証人つき)の3社から借り入れをしていた場合、自己破産や個人再生ではA社、B社、C社の3社に対して手続きを取る必要がありますが、任意整理ではA社とB社だけ手続きする、というような選択が可能です。保証人付きの借金を手続きから除外することで保証人への影響なしに債務整理が可能です。

債務者と保証人の連名で任意整理するという方法

任意整理では対象の借金を選ぶことができますが、保証人付きの借金を支払い続けることができない、という場合にはどうすればよいでしょうか?

その場合には、保証人も連名で任意整理をすることで保証人に請求されることなく、手続きが可能です。任意整理で和解した内容を債務者が守る限りは保証人への請求はありません。ただし、連盟で任意整理を行うということは保証人もブラックリストに載ることになり、信用情報機関に事故情報が登録されます。

ブラックリストに載ると次のような影響が出ます。

  • クレジットカードの発行ができなくなる
  • 新規借り入れができなくなる
  • 住宅ローンや自動車ローンが組めなくなる

任意整理は対象債務を選ぶことができますが、保証人がいる場合に任意整理を行う場合には保証人の信用情報に傷がつくこと、ブラックリストに載ることで保証人の生活に影響が出ることを保証人に理解してもらってから手続きを取るようにしましょう。

過払い金請求で保証人に影響は出るか?

債務整理ではありませんが、過払い金請求をする場合にも保証人に影響が出ることがありますのでご紹介いたします。

完済している借金を過払い金請求する場合

借金を完済している場合の過払い金請求では保証人には影響しません。

保証人に迷惑がかかることはありませんので問題なく手続きを進められます。

返済中の借金を過払い金請求する場合

借金を返済中に過払い金請求をする場合には、過払い金請求をした時点で残金を保証人に一括請求されることがありますのでご注意ください。

過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的です。弁護士や司法所に依頼すると、窓口はすべて事務所側になりますので、一時的に一切の取り立てや連絡が止まります。督促が止まることはメリットなのですが、代わりに返済中の借金は保証人に一括請求されることになります。

これを防ぐためには、借主と保証人の両方の名前で過払い金請求するという方法があります。

もしも返済中の借金を過払い金請求するという場合には、事前に保証人がいることをお伝えください。杉山事務所では過払い金についてに相談を無料で行っております。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号
  • [プロフィール]

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

債務整理とはへ戻る