自分で過払い金請求をする方法とメリット・デメリット

自分で過払い金請求する方法

1.金融業者に取引履歴の請求

過払い金請求をするにはまず過払い金を計算する必要があります。
過払い金の計算には請求先の消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者から取引履歴を取り寄せる必要があります。
取り寄せる方法は、貸金業者のサービスカウンターに連絡し「取引履歴を送って欲しい」といえば取り寄せることができます。

この時、注意すべき点があります。
取引履歴の使用用途を聞かれることがあるのですが、「過払い金請求をする為」と伝えるのはやめておきましょう。
今まで支払ってきた利息を過払い金と認識して払っていたと主張されてしまい、過払い金請求できなくなる可能性があります。
「現在までの支払状況を把握するため」などの理由で問題なく取り寄せることができます。

2.過払い金の算出(過払い金計算)

取引履歴を取り寄せた後は、過払い金の計算をしましょう。
過払い金の計算は利息制限法の基づいた引き直し計算をおこないます。
過払い金の計算は非常に重要です。

ここで間違った金額を出してしまうと、返ってくる金額がすくなってしまったり、過払い金の金額が違うので支払うことはできないと貸金業者に言われる可能性もあります。

また、借金を返済中で過払い金請求をする方が過払い金の金額を間違えると、返還される過払い金で借金を完済するつもりでいたものが結果的に過払い金が少なく借金が残ってしまうケースがあります。
借金を返済中に過払い金請求をして借金が残った場合、貸金業者に交渉し借金の減額する債務整理という手続きになってしまい、ブラックリストに載ってしまう(信用情報機関に事故情報が登録される)ので注意が必要です。

過払い金の計算はインターネットでダウンロードできる無料ソフトがありますので、それを使えば自分で計算できます。
Excelを使ったソフトなので事前にExcelを用意しておいてください。

3.金融業者へ過払い金請求

過払い金の金額が解ったら、貸金業者に連絡し過払い金請求することを伝えます。
連絡方法は、貸金業者に「過払い金返還請求書」を送ります。過払い金返還請求書は特に書式はありませんので、書類に日付・請求先の貸金業者名と代表名・自分の名前・住所・連絡先電話番号と「利息を引き直し計算した結果、○○円の過払い金があることが判明したので返還の請求をする」といった内容を書き、振込口座名と口座番号をそえて貸金業者に送ってください。

貸金業者に確実に過払い金返還請求書を送った証拠が残るように内容証明郵便で送りましょう。
内容証明郵便は文字数あたりで料金がかかり、書留扱いなるため送料が高くなりますが、貸金業者が過払い金請求を無視できなくなるために重要です。

4.貸金業者と和解交渉

過払い金返還請求書を送ると貸金業者から連絡があります。
貸金業者が過払い金の満額を最初からすんなり払ってくれることはほとんどありません。
分割での支払い方法で満額に対して少ない金額での支払いを提案してきます。

また、借金を返済中の方の場合ですと借金を0にすることができ、さらに手元にお金が戻ってくる内容だったとしても「借金を0にするので和解しませんか?」と「ゼロ和解」を提案される事があるので注意してください。

貸金業者の言われるがままに手続きをせず、自分の主張をしっかり伝えて交渉してください。
電話などの交渉で折り合いがつかない場合は過払い金請求の裁判をすることになります。

過払い金請求の裁判は、訴状などの書類を用意し裁判所に申立てをする必要があります。
裁判で事実関係・法律関係を明らかにし、和解案や判决がだされたあと貸金業者から過払い金の支払いがあります。

5.金融業者からの返金

和解・判决によって過払い金の返還額がきまった後、その額を口座に振り込んでもらえます。
振り込みまでかかる機関は貸金業者によって違いますが、少なくとも2ヶ月以上かかります。

訴訟を起こす場合は、書類準備も行わなければなりません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自分でやる過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求には、自分でやる方法と専門家居に依頼する方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ここでは、自分で過払い金請求をする場合のメリットとデメリットを簡単にご紹介します。

メリットとデメリット一覧表

自分でやる過払い金請求のメリット
  • 費用が発生しません!

専門家に依頼すると、金融業者との交渉や必要な書類の準備などすべて代行しますので、その分の費用が必要です。
自分で手続きをする場合はその費用が発生しません。

自分でやる過払い金請求のデメリット
  • 過払い金を取り戻せない可能性があります!

取引履歴の開示要求をすると金融業者から「借金はもうありません」と言って和解を提案される場合があります。
これは取引履歴を開示しないことで過払い金の支払いを避けるという、業者の巧妙な手口です(ゼロ和解)

  • スムーズな交渉が難しいです!

過払い金計算や直接の交渉には、専門知識がないと難しい点が多くあります。
過払い金を認めない業者もありますので、経験と交渉能力がないと対応が困難です。

  • 書類準備や出廷などの時間をとられます!

業者への直接交渉や書類準備はすべて自分で行うため、時間が奪われます。
また結果に納得がいかない場合は訴訟を起こす必要がありますが、その際にも書類準備や煩わしい交渉が発生します。

ゼロ和解に注意!

ゼロ和解とは金融業者と債務者が「貸し借りゼロ」で和解することです。

金融業者に取引履歴の開示要求をすると、取引履歴を開示する代わりに「もう借金はありません」と和解を提案してくる場合があります。
過払い金請求される前に和解に持ち込もうというわけです。これは過払い金を払わないための金融業者の巧妙な手口です。

自分で過払い金請求をすると、過払い金が発生していることに気付かず、このゼロ和解に同意してしまう傾向があります。
和解書には「今後、お互いに一切の債権債務のないことを確認する」という条項(「清算条項」という)が盛り込まれます。そのため、和解に同意すると、戻ってくるはずの過払い金をあきらめることになるので注意が必要です。

もし既にゼロ和解してしまった場合、5年以内であれば過払い金請求ができる可能性もあります。
心当たりがある方は、是非お問合せください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求は専門家に依頼することをおすすめします。

過払い金請求は自分で手続きすることも可能ですが、専門家に依頼することをおすすめします。

過払い金請求の仕方については、インターネット上でも情報取得ができますし、出版物を参考に自分で過払い金請求をされる方も増えてきています。

ただ、自分で手続きする場合はスムーズに行かない事も多々あります。
たとえば取引履歴の開示要求に応じてもらえなかったり、納得のいく結果にならなかったりと、予測できない方向に転がる事があり、その際は経験と知識が必要になってきます。
最近は業者の体力が衰えてきており、過払い金返還に応じてもらうことが難しくなっていますが、専門家に依頼すれば確実な過払い金回収が可能です。

司法書士法人杉山事務所までご依頼頂ければ、過払い金請求に必要な全ての手続きを司法書士が代理でおこないます。

月に3,000件以上の過払い金請求のご相談実績のある当事務所では、豊富な知識と経験でご相談者にとってベストな解決方法をアドバイスしております。 過払い金の計算も無料でおこなっていますので、フリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。