弁護士と認定司法書士の違いとは?

借金問題を解決しようとして債務整理や過払い金請求をしようと調べてみると弁護士と認定司法書士が出てきます。どちらも法律家ではありますが、何が違い、どちらに相談すべきか分からないという方もいらっしゃると思います。

過払い金請求を弁護士に依頼するとどうなるのか、司法書士に依頼するとどうなるのか、ご紹介いたします。

認定司法書士と弁護士の違い

弁護士は法律問題への相談、アドバイスを行え、代理人としても交渉ができる一方、司法書士は不動産や会社の登記、供託を行うことに専門的です。弁護士と司法書士では業務に大きなが違いがあるのは事実です。

また、過払い金請求とはじめとする債務整理については、弁護士も認定司法書士のどちらも相談者の代理人として金融業者と交渉し、場合によって裁判まで行うことができます。

しかしながら、弁護士は法的な制限がないのに対し、認定司法書士は個別の債権(借金や過払い金のこと)が140万円までに限り、相談、交渉、訴訟ができると制限されています。

認定司法書士と司法書士の違い

認定司法書士とは、法務大臣の認定を受け、簡易裁判所において取り扱う民事事件の代理業務を行うことができる司法書士です。簡易裁判所管轄の民事事件であれば弁護士と同様に代理人になれるという点が特徴的です。

通常、司法書士は相談者の代理人になることはできないのですが、2002年(平成14年)の司法書士法の改定により、司法書士の中でも所定の研修を終え、簡裁訴訟代理能力認定考査に合格し、法務大臣の認定を受けたものを認定司法書士と呼び、簡易裁判所における請求額が140万円までの民事事件であれば取り扱うことができるようになりました。

従来では司法書士は法廷に立つことはできませんでしたが、司法書士も条件付きで法廷に立つことができるようになったのです。

法律事務所と法務事務所

相談者にとってはあまり重要ではないので気にされていない方も多いのですが、法律事務所と法務事務所は明確に違いがあります。

弁護士法により、弁護士は法律事務所と名乗ることができますが、司法書士は法律事務所と名乗らずに法務事務所と名乗っています。どちらも同じような意味ではありますが、事務所名から弁護士なのか司法書士なのかを判断することもできます。

【参考】行政書士との違い

法律家といえば弁護士ですが、司法書士や行政書士も法律を扱う士業ですので扱う範囲が分からないという方もいらっしゃるようです。弁護士と司法書士はご説明いたしましたが、行政書士はどうなのでしょうか。

弁護士はあらゆる法律相談、交渉、訴訟などができるのに対し、司法書士は不動産や会社の登記、供託などを行います。例外的に認定司法書士は140万円までの簡易裁判所における民事事件を扱うことができます。

一方、行政書士の主な業務は許認可などの書類の作成、およびその書類作成のための相談や調査です。

司法書士と行政書士で業務が異なりますが、弁護士はその両方を行うことができます。そのため、過払い金をはじめ、債務整理を行う場合には認定司法書士、または弁護士にご相談ください。

過払い金請求は弁護士の方が有利?

前項でご説明したように弁護士の業務は司法書士の業務を包括します。では過払い金請求などの債務整理を行う場合には司法書士よりも弁護士の方が有利なのでしょうか?

弁護士の強み

弁護士はあらゆる法律事務、相談、交渉を行うことができます。つまり、金融業者からの借金が140万円を超える場合でも取り扱うことができます。認定司法書士であっても個別の借金が140万円を超える場合には取り扱うことができません。

これは弁護士の大きな強みです。

弁護士が良いとは限らない理由

しかし、過払い金請求をする際には必ずしも弁護士を選ぶと良いとは限りません。なぜなら弁護士の中には刑事事件を専門としている事務所や民事を扱っていても企業弁護を行っている場合には消費者側の過払い金請求には難色を示す場合があるからです。

法律上、過払い金請求を行うことができても、専門外であったり得意でなかったりすると業務がスムーズに運ばなかったり、結果的に戻ってくる過払い金が少なくなるということも考えられます。

過払い金請求をする際に選ぶ事務所の基準

では過払い金請求を行う際には、どのように事務所を選べばよいのでしょうか。

過払い金請求を行う際に重要なのは、信頼できるかどうかと交渉力があるかどうかです。信頼できる事務所で交渉力がある場合には、司法書士であっても弁護士であっても同じだと言えます。

違うのは140万円を超えるかどうかです。個別案件で140万円を超えてしまう場合には認定司法書士であっても受け付けることはできませんので弁護士に依頼するか、ご自身で行うしかありません。

過払い金返還は返還率が重要

事務所の交渉力があるかどうかは、過払い金の返還率で見ることができます。信頼できる事務所が複数ある場合には、報酬が安い事務所ではなく、返還率の高い事務所を選ぶようにしましょう。

詳しくは、過払い金請求に失敗しないための司法書士・弁護士事務所の選び方をご確認ください。

悪徳法律事務所にご注意

司法書士や弁護士に依頼された方の多くは円満に解決し、過払い金返還を受けることができますが、中には相談者の弱みに付けこみ、暴利をむさぼる悪徳法律事務所があるのも事実です。

トラブルになりやすい事務所の特徴をまとめておりますので過払い金請求トラブル、悪徳弁護士や司法書士にご注意をご参照ください。