過払い金請求手続きの流れ

過払い金請求の手続きは個人でやる場合、非常に時間がかかります。
しかし、杉山事務所にご依頼していただければ、依頼が完了した段階でご相談者様による手続きがほとんどありません。
司法書士が責任をもって代理で手続きをすすめ、定期的に進捗のご連絡をさせていただくことになります。

さらに、過払い金請求をする前に事前に知っておくべき注意点もあります。
ご相談者の状況により異なりますので、自分がどういう状況でどうすれば良いかわからない場合は、杉山事務所にお問い合わせの際に、お気軽にご質問ください。

過払い金請求の流れ

お問い合せ 事務所でのご面談

1.まずはご連絡ください。
電話、メールどちらでも受け付けております。
無料相談をおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

2.過払い金請求に詳しい司法書士が、相談者様の話を直接お伺いします。
過払い金でお困りのことや質問、相談者様が抱えている不安等お気軽にご相談ください。

過払い金請求の委任契約を締結

お話を伺い、受任いただける場合には司法書士と相談者様の間で「過払い金請求委任契約」を締結させていただきます。
過払い金請求委任契約を結んだ後、相談者様が消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者とやり取りすることはなく、全て担当の司法書士が代理となって連絡をとります。

金融業者へ受任通知を発送

相談者様から受任をいただきましたら、「内容証明郵便」にて杉山事務所が介入した旨を貸金業者に通知します。
この時、同時に貸金業者に対して、過払い金請求すのに必要な全ての取引履歴の開示も請求します。
受任以後は、相手との具体的な交渉や手続きなどは全て杉山事務所がおこないます。

また、借金を返済中で過払い金請求手続きをおこなう場合、貸金業者に受任通知が到達した時点で借金の取り立てはストップしますのでご安心ください。

※個人で過払い金請求をする場合、手続きをおこなっている間も貸金業者からの取り立ては止まることはありませんの注意しましょう。

引き直し計算

「受任通知」到達後、1~2週間から1ヶ月くらいの間に各貸金業者から「取引履歴書」が杉山事務所に届きます。
この取引履歴をもとに相談者様の借入状況を計算し、過払い金が発生していた場合には返還請求をおこなっていきます。

取引履歴をもとに過払い金を利息制限に基づいた引き直し計算をおこないます。ここで過払い金が発生していなかった場合でも、費用は発生しませんのでご安心ください。

取引の履歴は個人で取り寄せることもできます。大抵の貸金業者の場合、サービスセンターに連絡することで請求できます。
ただし、取り寄せる際に使用用途を聞かれるので注意してください。
この時「過払い金請求をするため」と伝えると、払い過ぎた利息を過払い金と認識して支払っていた扱いになってしまい過払い金請求の手続きが出来なくなってしまいます。

事前に取引履歴をお持ちの場合、手続きがスムーズに進む場合がありますので相談する際にお知らせください。

金融業者と直接交渉

過払い金が発生していた場合、司法書士が貸金業者と直接交渉をおこない、返還の方法を協議します。

過払い金請求は話し合いのみで和解する方法と過払い金請求の裁判をして和解する方法があります。
話し合いで解決する場合、裁判をするより返ってくる金額は少ないですが、早い期間で返還される傾向にあります。
逆に、過払い金請求の裁判をすると話し合いで解決する場より時間がかかりますが金額が大きなる傾向にあります。

杉山事務所では、ご相談者様が返還までの期間を早くしたいのか、返還される過払い金の金額を多くしたいのかの要望にあわせ、ご相談者様が最大のメリットを得られますようご提案させていただきます。

※万が一、裁判で決着することになった場合でも、杉山事務所では必要な手続きをすべておこないますので、相談者様に追加のお願いをすることはありません。

過払い金の返還(解決)

金融業者から杉山事務所の口座に入金がありましたら、費用を清算した上でお金をお返しします。
貸金業者にもよりますが、判决や話し合いがまとまってから平均2~4ヶ月後に入金される事が多いです。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求の手続きは杉山事務所で

過払い金請求は個人ですることもできますし、司法書士や弁護士などの専門家に依頼し全ての手続きを任せることもできます。

個人でやる場合、専門家に依頼する場合に関わらず過払い金請求を検討される場合、法律家のアドバイスが役立つことが多くあります。
過払い金請求の裁判をする・しないによっても大きな違いがあり、過払い金請求の知識が必要になります。

ご自身の状況が過払い金請求をしてメリットが大きいのかデメリットがあるのかなどの質問なども受け付けております。

ご自身だけで悩まずに、まずは質問からでも受け付けていますのでご相談ください。
杉山事務所が、あなたの過払い金請求に関するお悩みの解決まで全力でサポートをさせていただきます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

訴訟による過払い金請求の流れ

訴訟提起

訴訟による過払い金請求は、過払い金の引き直し計算後に訴状、証拠説明書、準備書面などを作成し、裁判所に提出することではじまります。

口頭弁論

訴状を裁判所に提出すると、今度は裁判所から貸金業者に対して訴状が郵送されます。この時の郵送代は原告(相談者)が負担するため、最初に訴状を提出する際に郵券(郵便切手)も事前に添付する必要があります。

第1回口頭弁論期日(いわゆる裁判日のこと)が決まり、期日までに貸金業者から主張や反論が届きます。

1回目の口頭弁論期日は、訴状の提出から約1か月後に開かれ、その後、結論が出るまでは毎月1回くらいのペースで第2回、第3回と口頭弁論期日が設けられます。ある程度の主張が終わると裁判所から和解の提案がありますが、和解できない場合には判決が出ます。

判決または和解

裁判中であっても和解を行うことは可能です。

裁判を長引かせたくない場合にはこちらから和解してもよいですし、貸金業者から和解の提案があることもあります。互いに納得できる内容であれば和解をしますし、そうでない場合には裁判所からの判決により過払い金の返金額が決まります。

裁判を行った後の和解は貸金業者によっては提訴後1ヶ月程度でまとまることもあります。一方、裁判が長引くと6か月~12か月かかることもありますので、和解内容にある返金する過払い金と裁判期間を見た上で和解するかどうかを判断することになります。

なお、通常、過払い金請求を裁判で行った場合には原告(依頼者)が負けることはありません。過払い金を返金すること自体は過去に判決が出ていて決まっているからです。しかし、裁判の争点次第では返金がなされなかったり、返金額が低くなる可能性もあります。

過払い金の返還

和解をした場合でも判決が出た場合でも、貸金業者からの返金にはある程度の期間が空きます。貸金業者により返金までの期間は大きく変わりますが、おおよそ2ヶ月~3ヶ月程度で返金がなされるとお考えください。

なお、稀なケースですが、貸金業者が返金に応じない場合には、強制執行手続きが必要になる場合もあり、この場合には更に時間がかかります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求は裁判が良い?

このように、過払い金請求には任意による交渉と裁判という2つの方法があります。

どちらも一長一短ですが、できるだけ早くお金を取り戻したい場合には任意による交渉、できるだけ多くのお金を取り戻したい場合には裁判を行うのが一般的です。

ケースバイケースですのでどちらがよいとはいえませんが、特別な理由がない場合には裁判をしてより多くのお金を取り戻すことをおすすめいたします。

過払い金請求は誰がやるのが望ましいか

過払い金請求は弁護士か司法書士に依頼することが一般的です。

これは専門家に依頼した方がより早く、より多くのお金を取り戻せることが多いからです。

しかし、過払い金請求そのものは誰でも行うことができますので、やろうと思えば自分一人で手続きを進めることは可能です。

過払い金請求を自分でやるのか、専門家に依頼する場合には弁護士がよいのか、司法書士がよいのか、については下記をご参照ください。

自分で過払い金請求するメリットとデメリット

自分で過払い金請求をすると弁護士や司法書士に報酬(手数料)を支払わずにすみますが、次のようなデメリットがあります。

  • 過払い金の返金額が減る可能性がある
  • 手間と時間が余計にかかる
  • 家族や周囲にバレやすい

時間がかかっても良い、周囲に知られてもよいという場合には自分で過払い金請求をすることもよいでしょうが、取り戻せる金額が少なくなるリスクを考えると、やはり弁護士か司法書士に依頼することをお勧めいたします。

弁護士と司法書士ではどちらが有利か

過払い金請求を行う場合、弁護士と司法書士でどちらが有利、不利ということはありません。

しかし、次の2点については注意すべきでしょう。

  • 1社あたりの過払い金が140万円を超える場合
  • 地方裁判所での裁判を行う場合

弁護士であればすべての案件を受けることができますが、司法書士の場合には1社あたりの過払い金の額が140万円を超える場合には受任できません。そして、裁判になる場合に対応できるのは簡易裁判所までです。

もし過払い金の発生額が高額になることが事前に分かっている場合には弁護士に依頼するしかないでしょう。

しかし、そうでな場合には単純に過払い金請求を得意とする事務所に依頼することをおすすめいたします。

弁護士の方が司法書士よりも高い傾向にはありますが、事務所のスタンス次第ですので必ずしも弁護士の方が高いというわけではありません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金の引き直し方法

過払い金請求を行う前に、過払い金の引き直し計算を行い、請求する過払い金の額を確定させなければなりません。引き直し計算は貸金業者から取引履歴を取り寄せることで行えますが、計算方法は複雑ですので慣れていない人が正確に計算することは難しいでしょう。

計算を間違えると請求額が減ってしまいますので、弁護士か司法書士に依頼するようにしましょう。

なお、取引履歴を取り寄せるためには過去にお金を借りた貸金業者を特定する必要があります。弁護士や司法書士であればヒアリングにより貸金業者を特定することも可能ですが、利用明細や契約書などの書類があれば確実です。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求には裁判は必須ではない

過払い金請求を行う場合には訴訟を行い、裁判所に出廷する必要があると思っている人もいるようですが、過払い金請求を行う場合には裁判は必須ではありません。

対応のよい貸金業者であれば書類の郵送と電話だけで解決することもあります。

裁判所に出廷をするのは自分で過払い金請求を行い、訴訟を起こした場合です。弁護士や司法書士に依頼した場合には裁判所に出廷することはまずありません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

杉山事務所の過払い金請求にかかる費用

過払い金
着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の20%
(税抜)

杉山事務所では過払い金請求についての相談、調査、計算、着手金はすべて無料で行っております。過払い金の報酬も取り戻したお金の中からお支払いいただきますので、手出しでお金を支払う必要はございません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金の入金までの期間と返還額

過払い金請求の交渉をする場合、3ヶ月~6ヶ月程度の期間をみておいてください。これは金融機関の対応次第で大きく変わります。

裁判をする場合には更に伸び、6か月~12か月程度です。ただし、極めて例外的に裁判をした方が早い解決が望める貸金業者も存在します。

和解か判決の後、2ヶ月~3ヶ月後に実際の返金がありますので、過払い金の入金までの期間としては6か月を1つの目安としてお考えください。

返金額も貸金業者の対応や裁判をしたかどうかで変わりますが、おおよそ発生した過払い金の60%以上は戻ってきます。裁判をした場合には100%の過払い金に加え、利息がついてきますのでさらに多くの返金が望めます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金返還請求と債務整理の関係は?

過払い金は、過去に払いすぎた利息です。2010年以前に借金をしたことがある人には過払い金が発生している可能性があります。

債務整理は借金の返済に困っている人に借金の減額をすることで生活を立て直す救済制度です。そのため、債務整理を行う際に2010年以前に借金をしているかどうか、借金の経験があれば過払い金は取り戻せないかを検討します。

人によっては過払い金を取り戻すことで借金がなくなるので債務整理をする必要がなくなったり、過払い金により借金の大幅減額が望めるので自己破産を回避できたりするということが実際にあります。

過払い金請求は債務整理ではありませんが、債務整理を行う場合には過払い金請求をすることも多いため、関連があるとお考えください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求の流れでよくある質問

取引内容を覚えていないのですが大丈夫ですか?
問題ありません。借入先が分かれば調査できます。
当時の資料がないのですが大丈夫ですか?
問題ありません。資料がなくともお客様の情報から調査できます。
借入先を覚えていませんが大丈夫ですか?
ヒアリングにより確認させていただきます。わずかな情報からでも特定できることは多いためご安心ください。
取引履歴を自分で取り寄せたのですが計算してもらえますか?
すべての借入先の分があれば計算可能です。ただし、現在でも返済中の場合には新たに取得し直す必要がある場合もあります。
代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

過払い金請求とはへ戻る