専門家に過払い金請求の依頼をおすすめする理由

過払い金請求は自分ですることができます。
司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合は費用が発生します。
しかし、多くの方が司法書士や弁護士などの専門家に依頼しています。
専門家に依頼することおすすめする理由がありますので、理解した上で過払い金請求を自分でやるのか専門家に依頼するのか決めてください。

面倒な手続きが発生しません!
取引履歴の開示請求、過払い金計算、金融業者との交渉、書類準備など面倒な手続きはすべて専門家が代理でおこないます。
また、過払い金請求の裁判になった際の書類の準備や裁判所にいくことなども司法書士がおこないます。
依頼者は定期的に専門家からの報告を待つだけで過払い金が返ってきます。
難しい専門知識は不要です!
過払い金計算や、金融業者との交渉には専門的な知識やスキル、また交渉力と忍耐力も必要になってきます。
専門家に依頼すると、これらの手続きを全て代行しますので、過払い金計算に関する知識取得の必要はありません。
時間的な拘束もありませんので、手続き中も通常の生活をおくることができます。
特に過払い金の計算や貸金業者との交渉は専門的な知識が必要です。
過払い金の計算を間違えてしまうと返ってくる金額がすくなかったり、返済中の方はブラックリストに載らない計算だったはずが結果的にのってしまうということになってしまいます。
貸金業者との交渉次第で過払い金がいくら返ってくるのか決まります。
貸金業者は過払い金請求に慣れているため個人が相手の場合、不当な和解条件を提示してきます。
司法書士が相手だとそういった心配もなく交渉がスムーズに進みます。
金融業者からの取り立てがストップします!(返済中の方)
司法書士や弁護士が介入すると、金融業者が債務者に直接連絡することが禁止されます。業者からの取り立てが即時ストップしますので、手続き中は返済のことを考えなくて済みます。
法律で取り立てをストップすることが定められているので、万が一依頼が完了したあとに取り立てがあった場合はすぐに専門家に連絡してください。
家族にバレずに過払い金請求ができる!
過払い金請求をお考えの方の多くが借金をしていたことを隠しているケースが多くいます。
できることならバレずに過払い金請求をしたいとお考えの方は、専門家に依頼すべきです。
過払い金請求を自分でやった場合ですと、請求先の貸金業者からの連絡や書類が自宅に届いてしまいます。
専門家に依頼している場合では、司法書士が貸金業者とのやり取りを全ておこない依頼者への連絡方法も配慮してもらえるのでバレる心配がありません。
過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

過払い金請求は専門家に依頼することをおすすめします。

実際には自分で過払い金請求をされている方も増えてきています。
ただ、自分で過払い金請求すると、時間も奪われますし、その上もらえるはずの過払い金を取り損ねる場合もあります。

近年業者の体力衰退により、過払い金の返還が難しくなっていますが、経験のある専門家が交渉すれば不利な状態にはなりません。
専門家に依頼すると費用発生というデメリットもありますが、確実な過払い金回収を望まれる場合は専門家に依頼することをおすすめします。
過払い金請求のメリットとデメリットをよく理解して過払い金請求をしてください。

ご依頼頂ければ、過払い金請求に必要な全ての手続きを司法書士が代理でおこないます。
ご相談者の手をわずらわせることはございませんので、お気軽に司法書士法人杉山事務所までご連絡ください。