代理で行う過払い金請求(本人以外でもできるケース)

親や兄弟、夫や妻など、家族の借金問題で悩んでいる方からのご相談も多く寄せられています。 実際に、家族の借金を代理で過払い金請求できる場合もあります。 ご家族の過払い金請求を、本人以外が代理でおこなえるケースと注意点をあげますので参考にしてください。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

過払い金請求は借金をした本人がおこなうのが原則

過払い金請求は、借金をしている(していた)本人が手続きをおこなうのが原則です。司法書士や弁護士などの専門家に依頼する場合でも、基本的には本人が依頼する必要があります。

ただし、理由があって本人が過払い金請求できない場合には例外的に家族が代理で手続きをすることができます。

病気やけがなどで本人が動けない場合は代理で過払い金請求できる

借金をしている(していた)本人が、病気やけがなどで自由に動けない場合は家族が代理で過払い金請求することができます。

ただし、本人が過払い金請求する意思があるかどうか確認する必要があるので委任状が必要となります。

また、出張相談も無料でおこなっています。
ご本人が病気やけがなどで来所するのが難しい場合にはご自宅やお近くまでお伺いしてご本人と面談し過払い金請求の意思があることを確認させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

本人に過払い金請求をする意思がない場合は?

借金をしている(していた)本人が過払い金請求をする意思がない場合は、過払い金請求をすることのメリットを伝え、説得するしかありません。

過払い金請求の手続きをすることで、借金を払い終わった人には払い過ぎた利息(過払い金)が戻ってきます。借金を返済中の人は、今ある借金を減らすことができます。借金残高よりも過払い金のほうが多かった場合は借金を完済できる上、さらに手元にお金が戻ってきます。苦しい返済を続けているならば、一刻も早く過払い金請求をしたほうが返済が楽になり、早く完済できるというメリットがあります。

過払い金請求は、貸金業者に払い過ぎた利息を取り戻す当然の権利です。それでも面倒だとか二度と貸金業者とは関わりたくないという理由で過払い金請求をしない方もいらっしゃいますが、ご依頼いただければ、たった1度面談にきていただくだけでその後の手続きはすべて司法書士がおこないます。貸金業者と直接やり取りすることもありませんし、貸金業者から嫌がらせを受けることも勿論ありません。過払い金が戻ってくるのを待つだけです。

貸金業者との契約書や取引明細などの書類が手元に残っていなくても、貸金業者の名前さえ覚えていれば過払い金請求をすることができます。お金を借りていた貸金業者の名前すら覚えていなくても、信用情報機関に問い合わせることで貸金業者の名前を調べることができます。

どうしても説得が難しい場合は、一度司法書士法人杉山事務所までご相談ください。
月に3,000件の相談実績があり、過払い金請求の経験とノウハウが豊富な司法書士が多数在籍しております。
ご相談は無料ですので、お気軽にフリーダイヤルまたはメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

本人が亡くなった場合、相続人が過払い金請求できる

亡くなったご家族に借金があった場合、その借金の中に過払い金が発生している可能性があります。相続する借金の中に過払い金があった場合は、相続人が過払い金請求をすることができます。

ただし、完済している借金なのか、返済中の借金なのかで手続きの方法や注意点が変わります。借金を相続する場合には無料相談をご利用ください。