過払い金請求と自動車ローンの関係|請求しても車のローンは組める

過払い金は借金の際に払いすぎた金利ですので、過払い金の仕組みを考えれば自動車ローンであっても過払い金が発生する可能性はあります。

しかし、自動車ローンに過払い金が発生することはまずありません。

毎月の返済額が高く、高い金利を取られているようにも感じますが、返済額が高いのは借り入れた金額が高額だからです。

また、過払い金請求を行った後に自動車ローンが組めるかが気になって、過払い金請求の依頼を躊躇されている方も散見されますが、過払い金請求と自動車ローンには関係がありませんので、過払い金請求を行ったが原因で自動車ローンの審査に落ちることはありません。

ここでは自動車ローンで過払い金が発生しない理由、過払い金請求をしても自動車ローンを組める理由、請求後に自動車ローンの審査に落ちる理由を解説いたします。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自動車ローンでは過払い金が発生しない

過払い金とは、払う必要のないのに支払いすぎた金利です。利息制限法で定められた上限金利を超えた金利で借金をした場合には、後からでも過払い金請求手続きを取ることでお金を取り戻すことができます。

そのため、利息制限法の上限金利を超えていれば消費者金融からの借り入れではない自動車ローンでも過払い金が発生することになります。

しかし、実際には自動車ローンで過払い金請求できるということはありません。

過払い金が発生しないのは、自動車ローンの金利が利息制限法の上限金利と比べる低いからです。

利息制限法の上限金利は15%~20%

利息制限法の上限金利は借入の際の金額(元本)によって次のように決まります。

  • 元本が10万円未満:上限金利20%
  • 元本が100万円未満:上限金利18%
  • 元本が100万円以上:上限金利15%

つまり、最低でも金利15%以上でなければ過払い金は発生しません。しかし、自動車ローンでは金利が15%を超えることはありませんので過払い金も発生しないといえるのです。

なお、可能性のお話をすると、自動車ローンで15%以上の金利で借りていた場合(これは違法です)、過払い金が発生することになりますので弁護士や司法書士に相談することをお勧めいたします。

自動車ローンの金利は3%程度

どこから借りるかや借りる際の条件などで自動車ローンの金利は大きく変わりますが、自動車ローンの金利の目安は次の通りです。

  • オリコ:10%程度
  • トヨタ:7%程度
  • 日産:5%程度
  • ホンダ:4%程度
  • 銀行:3%程度

このように自動車ローンの金利の目安は3%~10%程度です。過払い金が発生するためには最低でも15%以上の金利が必要ですので自動車ローンには過払い金は発生しないといえます。

過払い金の発生条件

自動車ローンも借金ですから、もし金利が15%以上である場合には過払い金が発生することがありえます。

自動車ローンに限らず、以下の2つの条件を満たす場合には過払い金請求によりお金を取り戻すことができるかもしれません。

  • 2010年以前に借金をしたことがある(グレーゾーン金利で取引をしていた)
  • 時効を迎えていない(完済後10年が経っていない)

もしも自分に過払い金があるかもしれないと思った場合には、時効により請求できなくなる前にご相談ください。

杉山事務所では過払い金の相談、調査、着手金はすべて無料で行っております。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

過払い金請求と自動車ローンの関係

過払い金請求をすることでブラックリストに載ったり、住宅ローンや自動車ローンが組めなくなると誤解されている方もいますが、過払い金とブラックリスト、ローンは無関係です。

過払い金請求を行ったとしてもブラックリストには載りませんし、過払い金請求を行った後に住宅ローンを組んだり、自動車ローンを組んだりすることはできます。

過払い金請求を行うとブラックリストに載った時期もありますが、2010年に制度の見直しが行われましたので、現在では過払い金請求を行うリスクやデメリットは非常に少なくなったといえます。

ただし、例外的に過払い金請求がローンに影響することもございます。

過払い金請求がローンに影響する場合

過払い金請求がローンに影響する可能性があるのは次のような場合です。

  • 過払い金請求を行った金融業者にローンを申請した場合
  • 借金返済中に過払い金請求を行い、借金がなくならなかった場合
  • クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の両方を利用している場合

過払い金請求を行ってもブラックリストに載ることはありませんので、過払い金請求後でもローンを組むことはできます。しかし、過払い金請求を行うと「過払い金請求を行った」という履歴が金融業者に残ります。そのため、原則的には過払い金請求を行った会社から新規の借り入れはできません。

また、金融業者は合併や買収がよく行われますので、以前に過払い金請求を行った会社が合併し、グループ会社の情報として共有されることでローン審査に落ちるという可能性はあります。

ただし、グループ会社だからと言って必ずしも情報を共有するわけではありません。一例として、三菱UFJ銀行とアコムは同じグループですが、アコムに過払い金請求を行ったとしても三菱UFJ銀行のローン審査には通ることはあります。

借金返済中に過払い金請求を行った場合には注意が必要です。過払い金で取り戻せる金額が借金の残りよりも多ければ借金がなくなり手元にお金が戻ってきますので問題ありませんが、過払い金の方が借金の残りよりも少なかった場合には「任意整理を行った」という扱いになります。

任意整理を行うとブラックリストに載りますので、結果的には過払い金請求を行うことでブラックリストに載るということがありえます。

過払い金請求を行う場合には事前にどの程度の過払い金が発生しているのかが分かりますので、請求前にブラックリストに載るかどうかの判断は可能です。もし借金返済中に過払い金請求をするという場合には杉山事務所の無料相談をご利用ください。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の両方を利用している場合にも注意が必要です。キャッシングは借金ですので過払い金請求できますが、ショッピングは立替金という扱いになるため過払い金請求できません。

もしキャッシングとショッピングの両方を利用している場合、キャッシングで発生した過払い金でショッピングの残債を支払い終わらない場合にも「任意整理を行った」という扱いになりブラックリストに載ります。

過払い金請求をしても現在のローンに影響はない

過払い金請求を行った後のローンについては条件次第では影響が出ることがあります。反対にローンを組んだ後の過払い金請求の場合にはまったく影響はありません。

過払い金とローンは原則的には無関係です。もしも気になる点がございましたら杉山事務所にお問い合わせください。

杉山事務所では過払い金についての相談、調査、着手金は無料で行っております。ぜひ杉山事務所の無料相談をご利用ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自動車ローンを組んでいる場合の過払い金請求の注意点

過払い金請求をしようと思っている方で、既に自動車ローンを組んでいる場合には注意が必要です。

特にオリエントコーポレーション(オリコ)で有名ですが、信販会社の中には自動車ローンを扱っていることもあります。

一例として、オリコでキャッシングをしたことがあり、オリコに対して過払い金請求をするとします。この場合、オリコの自動車ローンがあった場合には、発生した過払い金を自動車ローンの返済に充当することがあります。

この時に発生した過払い金で自動車ローンが完済できれば問題ありませんが、過払い金を充当しても自動車ローンを完済できない場合には任意整理を行ったという扱いになり、自動車は引き上げられ、ブラックリストに登録されることになります。

本来、過払い金請求のデメリットはほとんどありませんが、自動車ローンを組んでいる場合の過払い金請求にはご注意ください。

自動車ローンを組める信販会社

以下は自動車ローンを取り扱い、過払い金が発生する可能性のある信販会社です。

もしも下記の信販会社に過払い金請求をする場合には自動車ローンをどこで組んでいるのかご確認の上、ご対応ください。

過払い金請求後に自動車ローンの審査に落ちる理由

前述したように過払い金とローンは無関係ですので、過払い金請求を行ったとしても自動車ローンに落ちるということはありません。

審査に通らないとすれば次のことが考えられます。

  • ローン通過の基準を満たしていない
  • 過払い金請求以前からブラックリストに載っている

ローン通過の基準を満たしていない

ローン通過の基準は金融機関により異なりますが、一般的な審査対象は次の事項です。

  • 年齢(何年でローンが組めるか)
  • 年収(毎月の返済は可能か)
  • 勤続年数(収入は安定するか)
  • 雇用形態(正社員かどうか)
  • 借金額(支出が生活を圧迫しないか)
  • 保証人の有無(支払いは担保できるか)

過払い金請求以前からブラックリストに載っている

過払い金請求を行っただけではブラックリストに載ることはありませんが、借金返済中の過払い金請求やクレジットカードのショッピング枠がある状況での過払い金請求ではブラックリストに載ることがあります。

しかし、過払い金請求を行うよりも前にブラックリストに載っていた可能性もあります。

例えば、借金の滞納が続くとブラックリストに載りますし、携帯電話を分割購入している時に電話料金を支払い忘れることでブラックリストに載ることもあります。

もしどうしてもローン審査に通らないということがあれば、信用情報機関に問い合わせることで自分の信用情報を確認することができます。

ブラックリスト登録後、いつからローンが組めるのか?

ブラックリストに載ったとしても一生ローンが組めないわけではありません。

いつからローンが組めるのかは金融機関によって審査基準が異なるため明確ではありませんが、信用情報機関に登録されている期間は明確になっています。

  • 日本信用情報機構(JICC):延滞解消から1年、債務整理は5年
  • シー・アイ・シー(CIC):5年
  • 全国銀行協会(KSC):5年(自己破産や個人再生は10年)

つまり、任意整理を行った場合には最低でも5年間はローンが組めない(自己破産や個人再生は10年)ということです。

しかし、5年が経過したからといって必ずローンが組めるわけではなく、各金融機関の審査基準を満たす必要があります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

自動車ローンの負担を減らす方法

もし自動車ローンの毎月の返済が苦しいというのであれば、次の方法で負担を軽減できる可能性があります。

自動車ローンでは過払い金請求による負担の軽減はできませんが、状況次第で検討してみましょう。

  • 返済期間の延長
  • 他の金融機関への借り換え
  • 車を買い替える
  • 車の維持費を見直す
  • 任意整理をする

返済期間の延長

自動車ローンの返済が苦しいのであれば借り入れた金融機関に交渉し返済期間を延ばすことが可能な場合があります。

返済期間を延ばすことで毎月の返済額を減らすことができますので負担が減ります。ただし、返済期間が延びるということはトータルでの支払い金額は増えることになりますので注意しましょう。

他の金融機関への借り換え

返済期間を延ばすことができない場合でも、金融機関を変更することで毎月の返済額を減らせることがあります。

ボーナス払いをしているかどうかや金利によって返済額が減るかどうかが決まりますので一概に負担が減るとはいえませんが、見積もりをもらい審査に通るようであれば検討すべき内容です。

ただし、金融機関を変えた場合であっても毎月の返済が楽になるということは返済期間が延びるということですので合計支払額は増えます。最終的な支払額を減らすためには繰り上げ返済をするしかありませんので、その点は注意が必要です。

車を買い替える

自動車ローンを組んでいる場合、ローンを組んでいる自動車を売却することでローンの残債を完済できることがあります。

もしローンを完済できる場合には、余ったお金を次の車購入の際の初期費用に充てることで毎月の返済額を減らすことができる場合があります。

車を買い替える場合には、高く売れることが条件になりますし、ローンの完済ができなければ買い替えの意味がありません。条件は厳しいですが状況次第では有効な手段です。

車の維持費を見直す

自動車ローンの返済が苦しいという場合、自動車ローンそのもの以外にも見直せる部分があります。特に効果が期待できるのは自動車保険です。

多少の手間はありますが、複数の保険会社に見積もりを出すと簡単に比較でき、年間で数万円の節約ができることがあります。

任意整理をする

返済期間の延長、借り換え、買い替え、維持費の見直しを行ってもまだ自動車ローンの返済が苦しいという場合には任意整理も視野にいれてみてください。

自動車ローンを任意整理してしまうと、ローンを組んだ金融機関に自動車も引きあげられてしまいますので、自動車ローン以外の借金を任意整理し毎月の支出を見直すのです。

自己破産や個人再生を行うと自動車を残すことはできませんが、任意整理であれば自動車を残したまま、他の借金の減額や利息カットが実現できます。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号
  • [プロフィール]

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

過払い金とはへ戻る