借金を一度完済した後に再びお金を借りた場合も過払い金請求できます

完済した後に同じ業者から新たな借金をした場合、2つの借金を1つの取引として引き直し計算する方法(一連計算)と、それぞれ別個の取引として引き直し計算をする方法(分断計算)があります。

どちらになるかで、過払い金の発生額・請求額は大きく変わってきます。

2つの計算方法があり、どちらになるかで過払い金の金額が変わります。

1つの基本契約で複数の借金をした場合(一連計算)

基本的には、最初の借金で発生した過払い金を次の借金の支払いに充てることができるという合意(過払金充当合意)が、基本契約に含まれると考えられるため、原則的には複数の借金をまとめて1つの取引とみなして引き直し計算をすることが可能です。

また、たとえ最初の借金と次の借金までの期間が、過払い金返還請求権の時効消滅期間(取引終了時から10年)を超えていたとしても、全体で1つの取引とみなされるため、過払い金が消滅することはありません。

このため、一連計算をした場合には取り戻せる過払い金が多くなることがあります(下図参照)。

1回目の過払い金を2回目の支払いに充てることができる

複数の借金に対してそれぞれ個別の契約がある場合(分断計算)

それぞれの借金に対して個別の契約がある場合、一つ一つの借金は別々の取引(取引の分断)とみなされるため、最初の借金で発生した過払い金は、その借金の支払のみにしか充てることができません。

また、最初の借金と次の借金との間が10年を超えていた場合は、過払い金返還請求権の時効消滅期間(取引終了時から10年)を超えたとみなされるため、最初の過払い金が消滅してしまいます。

このため、分断計算をした場合、一連計算と比較して取り戻せる過払い金が少なくなることがあります(下図参照)。

ただし、複数の借金が事実上1個の連続した取引と考えられる場合は、最初の借金で発生した過払い金を次の借金の支払いに充てることができるという合意(過払金充当合意)があるとみなされるため、1つの取引として引き直し計算をすることが可能です。

別契約の支払いに充てることができない

このように、複数の借金をした場合の過払い金請求では対応次第で結果が大きく異なってきます。

金融業者側は、取引期間中に空白期間があったり再契約した上での新たな借金があった場合、返還する過払い金を少なくするために取引の分断を主張してくることが多くあります。

複数回の借金をしたことがある場合の交渉には専門的な知識が必要になりますので経験豊富な杉山事務所の無料相談をご利用ください。

※過払い金にも利息はつきます!
過払い金に対する利息は、個々の取引によって過払い金が発生するごとに、その都度年5%の利息が付きますので、取引期間が長い方などは、年5%の過払い金利息を請求するしないによって、過払い金の返還額が大きく異なってきます。
過払い金の返還を請求する際は、安易な妥協はせずに積極的に訴訟提起を行って、過払い金に利息を付けた、正当な金額を返還してもらうべきです。
過払い金に利息を付けた正当な過払い金を請求するために、過払い金請求に強い当事務所へご依頼ください。
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

過払い金の計算方法 | 引き直し計算とはへ戻る