過払い金請求してもブラックリストに載らない唯一の方法

過払い金請求のご相談を多くいただいておりますが、「過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうの?」「過払い金請求すると信用情報に傷がつく?」というご質問をよく頂きます。

完済後の過払い金請求であればブラックリストに載ることはありません。また、現在借金を返済中でも、過払い金で借金がゼロになればブラックリストには載りません。

なにかと不安の声を多く耳にする過払い金請求とブラックリストの関係ですが、正しく知れば恐れることはありません。ブラックリストについて正しい知識を身につけ、過払い金請求をしましょう。

ブラックリストとは?

そもそも、ブラックリストとは何なのでしょうか?実を言うと、実際にブラックリストと言うリストが存在しており、そこに名前が載ってしまうというわけではありません。

クレジットカードを作ったりローンを組んだり消費者金融から借入れをした時に、利用者の「個人信用情報」が「信用情報機関」に登録されます。信用情報とはその人の名前や勤務先などの個人情報から、未婚・既婚などの属性、年収や借入れ・返済などの取引情報を記載したものです。

借金の返済が一定期間遅れたり、借金が返せなくなって債務者が債務整理を行うと、信用情報に「延滞」や「契約見直し」などのネガティブな情報が事故情報として登録されます。事故情報は返済能力に問題ありと判断される情報であり、事故情報が個人の信用情報に記載されている状態のことを信用情報に傷がつくと呼んだり、ブラックリストに載ると呼んだりしています。

ブラックリストに載ると戸籍に記載される、選挙権がなくなる等の質問を受けますが、ブラックリストに載ったとしても戸籍に記載されたり、選挙権がなくなるといったことは全くありません。

自分の信用情報が気になる方は、信用情報機関から登録情報を開示してもらうことができますので、個人信用情報記録を確認してみましょう。日本には、以下の3つの信用情報機関があります。

指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構(JICC)
主な会員:消費者金融と信販会社
最も古い信用情報機関です。消費者金融系の信用情報機関だった全国信用情報センター連合会とテラネット、CCBが統合してできた組織で、平成18年に改正貸金業法で定められた指定信用情報機関に指定されています。
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
主な会員:クレジットカード会社と信販会社
信販会社・クレジットカード会社系の信用情報機関。信販系が多いですが、銀行系金融機関や消費者金融も数多く加盟しています。
全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)
主な会員:銀行と銀行系カード会社等
銀行や銀行系クレジットカード会社、銀行系の信用保証協会のほか、農協、信用組合、信用金庫などの金融機関が加盟しています。ブラック情報の登録は他の2つの機関と同じですが、全国銀行個人信用情報センターだけは自己破産の官報情報も登録しています。

ブラックリストに載るとどうなるの?

消費者金融やクレジットカード会社、銀行などの貸金業者は利用者から融資の申込みがあった際に、信用情報機関に個人の信用情報を照会し、その人がどんな人で、返済能力があるかどうか審査しています。

信用情報に事故情報が登録される(ブラックリストに載る)と一定期間、新しくクレジットカードをつくることや新たにローンを組むことができなくなります。ただし、事故情報は一度載ったらずっと消えないわけではなく5年程度で削除されるので、ブラックリストに載ったとしても5年程度経った後であれば新規にクレジットカードをつくることやローンを組むことが可能です。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

過払い金請求でブラックリストを回避するためには

借金を完済した後に過払い金請求をする

借金を返し終わったあとで過払い金請求をすればブラックリストに載ることはありません。借金を完済した後の過払い金請求は「返済能力の有無には影響しないため、信用情報には明記すべきではない」という方針が金融庁からも出されているのでご安心ください。

いくつかの貸金業者からお金を借りている場合、完済している貸金業者だけを選んで過払い金請求することもできます。絶対にブラックリストに載りたくないという方は過払い金請求したい貸金業者の借金を払い終わってからにしましょう。

過払い金請求によるブラックリスト(コード71)は廃止されました

以前は、過払い金請求をすると「契約見直し(コード71)」という情報が信用情報に登録されていたことがありました。これにより新たな借入れが難しくなる、いわゆる「ブラックリスト入り」の状態になってしまっていたのです。しかし、金融庁から方針が出され、「契約見直し(コード71)」の登録は2010年(平成22年)4月19日に廃止されました。これにより、借金を完済していれば過払い請求をしてもブラックリストに載るということはなくなりました。

返済中でも過払い金で借金がなくなればブラックリストにはのらない

借金を返済中の場合でも、過払い金請求をして戻ってきた過払い金で借金残高が0になれば、借金を完済したことと同じになるのでブラックリストには載りません。その上、残りの借金よりも過払い金が多ければ手元にお金が戻ってきます。

借金を返済中の過払い金請求でブラックリストに載るケースは、過払い金よりも借金残高のほうが多く、借金が残ってしまった場合です。この場合は貸金業者に契約見直し(借金の減額)をお願いする債務整理(任意整理)の手続きになるので、事故扱いとして信用情報に登録されます。

残りの借金よりも過払い金の方が多いかどうかは、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、過払い金がいくら発生しているか計算してみないとわかりません。過払い金がいくら発生しているかお調べしますので、過払い金が発生しているか気になる方は無料相談をご利用ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

借金を返済中に過払い金請求した場合は一時的にブラック状態になる?

返済中の過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合、請求先の貸金業者によっては、一時的に「債務整理(コード32)」の登録がされることがあります。利息制限法に基づいて引き直し計算をした結果、残りの借金額よりも過払い金の方が多く発生していたとしても、過払い金請求の手続きが完了するまでは一時的にブラック情報が載っている状態になるということです。過払い金の額が確定し、過払い金返還の合意ができて残債がなくなり、過払い金請求の手続きが完了したあとには「債務整理(コード32)」の情報は削除され、「完済」の情報が登録されますのでご安心ください。

ただし、ブラック状態の間にお持ちのクレジットカードの更新のタイミングがくる場合、クレジットカードの更新できない場合もありますのでご注意ください。と言っても全ての貸金業者が必ず一時的に「債務整理(コード32)」の登録をするわけではありません。貸金業者ごとに対応は異なりますので、もし不安があればご相談ください。

借金が残っている場合の債務整理でも影響のないケースがほとんど

完済した状態ではなく、借金が残った状態で債務整理をすることで、ブラックリストに載るのではないかと心配されていらっしゃる方は多いものです。債務整理によってブラックリストに載るケースはごく僅かで、ほとんどの場合は信用情報への影響はありません。

また、信用情報への影響を気にして借金を継続するよりは、債務整理によって借金問題をクリアにしてしまうほうがメリットが大きいことが多いです。

債務整理扱いになるケース

◆過払い金が発生したので、借金と相殺。結果、借金が0になった。
→ 信用情報への登録はなし

◆過払い金と借金を相殺しても、まだ借金が残った。
→ 信用情報へ債務整理と登録

◆過払い金は発生しなかったが、残元金分割払いと、利息カットをしてもらった。
→ 信用情報へ債務整理と登録

完済している・過払い金で完済できると思っていてもブラックリストに載る例

「借金を完済したあと」と「過払い金で借金を完済できた場合」には過払い金請求してもブラックリストには載りません。しかし、自分では完済していると思っていても、実は完済扱いにならない場合があるので注意が必要です。

クレジットカードの過払い金請求はショッピング枠の支払い残に注意

クレジットカードのキャッシングに対する過払い金請求では、ショッピング枠で支払いが残っていないかどうか注意してください。キャッシング枠で発生した過払い金は、ショッピングの支払いに充当されてしまいます。キャッシングの支払いは完済していたとしても、ショッピングの支払いが過払い金では足りずに残ってしまうとブラックリストに載る可能性が高いのでご注意ください。

請求先の関連会社に借金はないかどうか?貸金業者の合併にも注意

例えば、プロミスに過払い金請求をしようとお考えで三井住友銀行のカードローンも契約している人は注意が必要です。三井住友銀行のカードローンは保証会社がプロミスとなっているため、プロミスの借入れを完済していたとしても三井住友銀行のカードローンで返済中だと債務整理扱いとなり、ブラックリストに載ります。

また、プロミスは三洋信販を吸収合併しています。プロミスとの取引が完済していたとしても、もし三洋信販にまだ借金があった場合、三洋信販との取引は合併によりプロミスが引き継いでいるので完済扱いではなく、返済中の過払い金請求となり、こちらもブラック状態となります。

「返済がきびしいため、借金を減らしたい」などの理由があり、ご自身にとっての過払い金請求のメリットとデメリットをわかった上で過払い金請求をするならば問題ありませんが、「知らないうちにブラックリストに載っていた」という状況を回避するために、関連の貸金業者からの借入れはないかどうか再度お確かめください。杉山事務所は過払い金請求の実績が数多くありますので、貸金業者の情報に精通しております。不安な点があれば、お気軽に無料相談をご利用ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

クレジットカード会社に過払い金請求をした際にカードは利用停止になる?

ご相談者からよせられるご相談の中にはクレジットカードの過払い金請求についての質問も多いのですが、NICOS(ニコス)、ジャックスカード、エポスカード、セゾンカードなど、クレジットカード会社に過払い金請求をした場合、請求した会社のクレジットカードはご利用ができなくなりますので注意が必要です。

完済後の過払い金請求の場合、ブラックリストに載ることはないので他社のクレジットカードであれば審査に影響はなく、カードを持つことが可能ですが、請求先のクレジットカード会社のカードは利用停止になる可能性が高いと考えてください。これはブラックリストに載ったということではなく、そのカード会社の独自の判断によるものです。クレジットカードの過払い金はキャッシングの利用のみに発生しますが、キャッシング枠だけが使えなくなるのではありません。同時にショッピングの利用もできなくなり、ETCカードの場合も同様に使えなくなりますのでご注意ください。公共料金の引き落としなども他のクレジットカードに切り替えておきましょう。

返済中のクレジットカード会社に対して過払い金請求をして借金が残った場合、ブラックリストに載るので請求先以外のカード会社のクレジットカードも更新のタイミングで使えなくなる可能性が高くなります。一般的に、クレジットカード会社は更新のタイミングで個人の信用情報を確認するためです。

信用情報機関に登録される(ブラックリストに載る)のは一定期間です。一般的に5年ほど経てば登録は解除されるので、それを過ぎればクレジットカードや住宅ローンなどの審査に影響することはありません。

ブラックリストは怖くない

借金を返済中の場合はブラックリストに載ってしまうからと過払い金請求を躊躇する人もいます。しかし、ブラックリストは正しく理解すれば必要以上に恐れる必要はありません。新規でクレジットカードを作れない、ローンを組むことができないなどの不便はありますが、逆にいうとデメリットはそれしかありません。「ブラックリストに載っている」からといってそれが誰かに知られることもなく、社会的に弱い立場になるわけでもありません。

それよりも今ある借金を減らし、早く完済したほうがメリットが大きいケースもあります。過払い金請求の手続きを依頼すると、その時点で貸金業者からの督促がストップするので、精神的にも余裕が生まれます。その間に生活を立て直すことができます。

実は、貸金業者への返済が3ヶ月滞納してしまうとそれだけでブラックリストに載ってしまいます。毎月の返済が苦しい方は、一日でも早く過払い金請求の手続きをすることをおすすめします。滞納を繰り返しているとずっとブラックリストに載ったままですが、過払い金請求の手続きをすれば、5年程度で信用情報は回復するので、新たにローンを組むことや新規でクレジットカードをつくることが可能です。

自分の場合はどうしたらいいのかお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。杉山事務所には過払い金請求のご相談実績が多数あります。ご相談は無料ですので、お気軽にフリーダイヤルかメールフォームからお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

ブラックリストに載ったからといって周囲にバレることはありません。社会的に弱い立場になることもありません。

では、ブラックリストに載って一番困ることはなんでしょうか。ブラックリストに載ると一定期間クレジットカードが使えなくなることが一番不便と思う方が多いようです。しかし、過払い金請求をご依頼いただいた方のその後のお話を伺うと、代用のサービスを利用するなどしてうまく乗り切っていらっしゃる方がほとんどです。

ブラックリストが怖くない理由その1

クレジットカードの代わりにデビットカードを代用しているという方もいます。利用したその場で口座から引き落とされるので基本的には現金払いと変わりませんが、現金を持ち歩かなくても済むという利点があります。

ブラックリストが怖くない理由その2

過払い金請求は家族に影響しないので(借金の保証人になっている場合を除く)どうしてもクレジットカードが必要な場面では配偶者のクレジットカードの家族カードを発行してもらうという手段もあります。

ブラックリストが怖くない理由その3

ETCカードが必要な方はネクスコ(高速道路会社)が発行しているETCパーソナルカードを発行してもらえば、クレジットカードの審査は要りません。

ETCパーソナルカードは最低4万円の保証金を預託しておかなければなりませんが、通行料金は後から月単位で口座から引き落としされます。個人事業主の方でしたら法人向けに高速情報協同組合が発行しているクレジットなしの法人ETCカードがあるのでそちらを利用してもいいでしょう。

ブラックリストが怖くない理由その4

信用情報に事故情報がのった(ブラックリストに載った)としても5年程度で登録は削除されます。そのあとであれば新たにクレジットカードをつくることもできますし、過払い金請求をしたあとでも住宅ローンや車のローンを組むことができます。

その間は現金払いの生活になりますが、ご自身の現在の収入と支出のバランスにあったお金のやりくりができる機会と捉え、プラスの考え方をして、二度と借金生活をしなくてすむように正しい金銭感覚を身につけましょう。

杉山事務所は過払い金請求のご相談を多数お受けし、借金問題解決までのお手伝いをしています。不安な点があればお気軽にご相談ください。

ブラックリストに載っても借金問題をクリアにした方がいい?

借金問題をクリアにした方がいい理由その1

過払い金が発生していても貸金業者からは、教えてはくれません!ブラックリストに載ることを恐れて、過払い金請求を躊躇するのは、貸金業者の思うつぼだと考えることもできます。

最近では多くの過払い金請求により貸金業者の体力が弱ってきています。過払い金請求を考えた時には貸金業者が倒産している場合もあり得るのです。過払い金が発生している可能性がある方は、お早めにご相談ください。

借金問題をクリアにした方がいい理由その2

任意整理(債務整理の方法の一つ)により借金がなくなり、さらに過払い金が戻って来た場合はブラックリストに載りません。 また、完済している場合もブラックリストに載りません。完済していて過払い金請求をする場合や過払い金請求で必要になる取引履歴についても、お気軽にお問い合わせください。

借金問題をクリアにした方がいい理由その3

現在返済中の場合でも、完済してから過払い金請求すればブラックリストに載りません。まだ過払い金請求はしない場合でも、不安な点があればお気軽にご相談ください。

借金問題をクリアにした方がいい理由その4

ブラックリストに載ると、金融機関からお金が借りづらくなりますが、現金一括払いで住宅や自動車を買うことはできます。お金を借りずに計画的にお金のやりとりができる機会であると捉えましょう。不安な点があればお気軽にご相談ください。

  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加