銀行カードローンに過払い金請求はできるか?

過払い金は借金をしていれば発生する可能性があるものですが、発生には条件があります。そのため、発生条件さえ満たしていれば銀行カードローンでも過払い金が発生する可能性はありえます。

しかし、実際には銀行カードローンで過払い金が発生することはまずありません。そのため、銀行カードローンの返済に困っている場合には、任意整理など別の方法で解決することになります。

なぜ銀行カードローンには過払い金が発生しないのか、銀行カードローンで返済に困った場合にはどうすればよいのかを解説いたします。

銀行カードローンには過払い金は発生しない

過払い金請求は払いすぎたお金があれば行うことができます。

しかし、銀行カードローンの場合には過払い金請求はまずできません。これは銀行カードローンの金利が法定金利を守っているため、払いすぎたお金がないためです。

過払い金は利息制限法の上限金利(15%~20%)を超える金利を支払っている場合に発生します。そのため、銀行カードローンであっても利息制限法の定める金利を超える場合には過払い金が発生することになります。

ですが、銀行カードローンの金利は15%以下が一般的です。そのため、銀行カードローンに過払い金は発生しないといえます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行系クレジットカードには過払い金は発生する

銀行カードローンとは違いますが、似たものに銀行系クレジットカードのキャッシングがあります。

クレジットカードのキャッシングも借金に該当し、2010年以前の法改正以前には高い金利を取っていた可能性があります。

次の条件を満たしている場合には、銀行系のクレジットカードであっても過払い金が発生しているかもしれません。

  • 2010年以前にキャッシングをしたことがある
  • 最後の返済から10年が経過していない

2010年に法改正があり、各社の金利引き下げがありましたので、2010年以後には過払い金が発生しません。しかし、2010年以前にキャッシングをしたことがあるのであれば過払い金がある可能性があります。

ただし、過払い金には時効があり、最後の取引(最後の返済日)から10年が経過すると取り戻せなくなります。

もし、2010年以前にキャッシングをしたことがあり、最後の返済日から10年が経っていないという場合には過払い金があるかどうかを調べることをおすすめいたします。

最後の返済から10年が経ったかどうかわからないという方もお気軽にお問い合わせください。

銀行系クレジットカードの過払い金請求の際の注意点

クレジットカードでキャッシングした場合には借金という扱いになりますので、銀行系クレジットカードでも過払い金が発生する可能性があります。しかし、クレジットカードで買い物をした場合(ショッピング枠を利用した場合)には、立替金という扱いになるため過払い金は発生しません。

キャッシングとショッピングを同時に利用している場合には、発生した過払い金をショッピング枠の残高に充て、残りが手元に戻ってくるということになります。

クレジットカードの過払い金請求の場合にはショッピング枠には過払い金は発生しないのでご注意ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行カードローンと総量規制問題

2010年の貸金業法改正の際に総量規制という制度が導入されました。

総量規制制度の導入により年収の3分の1を超える額の借金ができなくなったのです。しかし、銀行は総量規制の対象外ですのでカードローンであれば年収の3分の1を超えても借りることができます。

銀行カードローンに過払い金が発生するのかというお問い合わせもございますが、銀行カードローンの場合には利息制限法の上限金利内ので貸し付けを行っているため過払い金が発生することはございません。

銀行カードローンでの返済が苦しい場合には任意整理という方法もございます。任意整理を行うことで利息をカットしてもらい、3年~5年で分割払いすることができますので毎月の負担を減らし、無理のない返済を行えるようになります。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

銀行カードローンの場合には任意整理がおすすめ

銀行カードローンをしている方の中には毎月の返済が苦しいという方もいると思います。高額の借り入れがあれば返済期間も長く、毎月の返済額も多いということもあります。

もし毎月の返済が苦しい、カードローンに苦しんでいるという場合には任意整理とよばれる手続きをお勧めいたします。

カードローンには過払い金は発生しませんが、任意整理という手段で利息をカットし、毎月の返済を楽にすることが可能です。

任意整理を行うことで返済額が減る!?

任意整理というのは債務整理の1つで、債権者(カードローン会社)との話し合いにより利息を免除してもらい、返済を楽にする手続きです。

任意整理を行うことで利息がなくなりますので、返済した分はすべて借金元本に充当されます。これにより返済額を少なくしても返済の目途が立ちますし、無理なく返済することで生活を立て直すことができます。

しかし、任意整理を行うことのデメリットもあります。任意整理を行うと新しく借金できなくなったり、ローンが組めなくなったり、クレジットカードが持てなくなったりします。

また、任意整理は個人で行うことは大変難しく、自分でカードローン会社と交渉しようとしてもまず失敗します。借金の返済に困っているという場合には弁護士や司法書士に相談し、専門家の力を借りて解決しましょう。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

過払い金請求とはへ戻る