連専の過払い金請求の対応状況

株式会社連専は平成30年6月29日午前11時、大阪地方裁判所において破産手続開始決定を受けました。過払い金については、株式会社連専の公式ホームページ(現在は閉鎖)にて下記のように回答があります。

Q3 ㈱連専における過払金の計算方法について教えて下さい。
A3 過払金の具体的な計算方法は、基本的に法令並びに最高裁判例の基準に沿って実施する予定です。債権届出書の用紙が送られることとなった時に、改めてご説明します。

Q4 ㈱連専との間で過払金の支払いについて和解が成立しているのですが、その支払いはなされるのでしょうか。
A4 過払金の支払いについて和解が成立していても、破産手続が開始されたことに伴い、和解によるお支払いをすることはできなくなります。

Q5 係属中の過払金返還請求訴訟はどうなりますか。
A5 破産手続開始決定によって中断します(破産法44条1項)。
破産手続開始決定がなされた後は、個別の訴訟ではなく、破産手続の中で破産債権の有無及び金額を確定していくことになりますが、本件では、現時点で、過払金債権者等の一般破産債権者に対して配当を行えるかどうかは不明ですので、届出等を行って頂く必要はありません。
委任しておられる弁護士・司法書士の先生にご確認ください。

Q6 ㈱連専に対して過払金債権があるかどうか、どうすれば確認できるのですか。
A6 ㈱連専と取引があった方については、完済案件も含め全件(過払金債権があったとしても既に時効が成立していると考えられるものを除く)、利息制限法所定の制限利率に基づく引き直し計算を行います。
そして、現時点で過払金債権を有する可能性があると考えられる債権者の方に対しては、今後、破産債権者の皆様に対する配当の見込みが生じれば、改めて、裁判所から「破産債権届出書」が送付される予定です。まずは、この破産債権届出書の到着の有無でご判断いただければと存じます。
ただし、引き直し計算の結果、過払金が認められる場合でも、これに対する弁済は破産法上の配当手続によることとなり、配当金の有無、配当がある場合の弁済率は現在のところ未確定です。

Q13 過払金は全額支払ってもらえるのですか。
A13 過払金債権は破産手続上破産債権として扱われ、財団債権、優先的破産債権の弁済後、さらに財団が残っていれば配当を受けられることになります。
配当手続によらずにお支払いすることはできませんので、ご了承ください。
現段階では配当を行うことができるかどうか不明です。また、仮に配当できる場合でも、何パーセントお支払いできるかも不明です。
破産管財人は、現在、財産の調査及び換価回収を進め、配当の可能性についても調査・検討しているところです。

Q14 判決や和解により確定している過払金は全額支払ってもらえるのでしょうか。
A14 判決や和解により確定している過払金であっても、配当手続によらずにお支払いすることはできません(QA13参照)。

商号株式会社連専
URLhttp://www.rensen.co.jp/
本社所在地和歌山市屋形町2丁目10番地

各貸金業者の過払い金請求の実績多数

過払い金の返還される金額や期間は貸金業者によって違います。過払い金請求の実績が多数ありますので、安心してご依頼していただけます。各貸金業者の過払い金請求の対応状況やポイントも紹介していますのでご参考にしてください。

掲載のない金融業者にも実績はございます。もしかして、と思ったらご連絡ください。

代表司法書士杉山一穂近影
  • 司法書士法人杉山事務所
  • 代表司法書士 杉山一穂
  • 大阪司法書士会 第3897号

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。債務整理や過払い金請求の実績豊富な司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金を取り戻しています。

金融業者一覧へ戻る