ネオラインキャピタル(クロスシード)の過払い金請求の対応【返還率と期間の目安】最新情報

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

過払い金回収で、杉山事務所が選ばれる理由

  1. 過払い金返還請求実績 日本一! ※
  2. 過払い金返還総額が月5億円以上!
  3. 月3000件以上の相談実績!
  4. 相談・調査料、着手金は完全0円!
  5. 豊富な実績と対応力!
  6. ※日本を代表するビジネス誌「週刊ダイヤモンド誌」調べ

過払い金請求にかかる費用

完全無料で過払い金調査を始められます!

過払い金
着手金
過払い金
報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の20%
(税抜)

あらゆる金融業者への豊富な対応経験と絶対的な交渉力があります。
ご不安に思われている点など、丁寧にお伺いさせていただきます。
まずは、お近くの司法書士法人杉山事務所までお気軽にご相談ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。

過払い金があるか司法書士へ確認しよう

電話する(無料相談)メールで相談する方はこちら

ネオラインキャピタルの現状

ネオラインキャピタルは、旧かざかクレジット。現クロスシード株式会社です。2008年(平成20年)に三和ファイナンス(現SFコーポレーション)を子会社化し、2009年(平成21年)にはプロミスの子会社3社とアイフルの4社を子会社化したりと、合併や子会社化等のM&Aが特に目立つ会社です。

ネオラインキャピタルとその傘下の企業は他の消費者金融に比べ特に対応が悪く、任意交渉では時間がかかるだけでなく好条件での和解となることも難しい業者です。

過払い請求については、今後、対応がより厳しくなってくることが予想されるため、早めの対応が必要です。

ネオラインキャピタルの会社概要

元々はロイヤル信販株式会社として1969年(昭和昭和44年)11月に設立。2004年(平成16年)10月に株式交換によりライブドアの子会社となり、同年12月に株式会社ライブドアクレジットに社名変更。その後、2006年(平成18年)12月20日に、親会社の株式会社ライブドアフィナンシャルホールディングス(現在のかざかフィナンシャルグループ株式会社)の全株式がアドバンテッジパートナーズLLPに譲渡され、ライブドアグループを離脱したことに伴い、2007年(平成19年)2月にかざかファイナンス株式会社に商号(社名)変更。さらに、2008年(平成20年)11月17日に、ネオラインキャピタル株式会社に商号(社名)変更し、2009年(平成21年)1月7日にかざかフィナンシャルグループから離脱しました。

2010年、日本振興銀行破綻に伴い多額の焦げ付きが発生し、2012年に貸金業を廃業し、クロスシード株式会社に社名変更しています。その後、2013年12月に破産手続きを開始し、2016年1月、破産手続きが完了し、消滅しています。

商号 クロスシード株式会社
本社所在地 東京都中央区東日本橋2-16-4
資本金 6,000万円
(2018年11月26日時点)
  • 代表司法書士
  • 杉山一穂

大学卒業後就職するも社会貢献できる仕事に就きたいと考え、法律職を志し、司法書士試験合格。合格後、大阪市内の事務所で経験を積み、難波にて開業。

杉山事務所では全国から月3,000件を超える過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い司法書士が多数在籍し、月5億円以上の過払い金返還実績を上げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加