秋田県で過払い金請求をお考えの方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください

仙台市を中心に、秋田県でも数多くの過払い金請求のご相談を承っております。
まずは司法書士法人杉山事務所の仙台事務所まで、お気軽にお越しください。
過払い金の計算だけでも無料です。

秋田県内での過払い金請求の無料相談は、仙台事務所まで

事務所概要

所在地 〒980-0811
仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
電話番号 0120-566-882 ※通話無料
電話番号 仙台事務所のお問い合わせ番号は、0120566882
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 宮城県福島県山形県秋田県岩手県
代表社員 桃野智彦
宮城県司法書士会 第670号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第843015号

過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
過払い金 無料 過払い金の報酬 返還額の20%
(税抜)

仙台市を中心とした秋田県で過払い金請求をご検討の方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。
着手金も無料ですので、「過払い金がいくらあるのかわからない」「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」という方も、ご安心ください。

過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

また、過去に払い過ぎていた利息があれば借金を返済中の方も過払い金請求をすることが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についてもご相談ください。

過払い金請求の最大のデメリットは、過払い金請求ができなくなってしまうことです。
その他のデメリットは、理解すれば恐れる必要はなく回避できるものもあります。
経営不振が原因で貸金業者が倒産したり、最終取引日から10年経過すると時効の期限を迎えてしまい過払い金請求ができなくなるまえに早急に行動してください。

仙台市を中心に秋田県での過払い金請求で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。
過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

その他の過払い金請求のデメリットについては、理解すれば恐れる必要はなく回避することも可能です。
貸金業者の倒産や過払い金請求の時効期限を迎えて過払い金請求ができなくなる前に、早急に手続きしましょう。

司法書士法人杉山事務所では、過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。
仙台市を中心に秋田県で過払い金請求をお考えの方は、是非無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

対応エリア外、エリア内の遠方の方は個別出張相談をご利用ください。

過払い金請求・債務整理に関する不安や疑問、気になっていることなどを直接相談してみませんか?

内容により、体が不自由な方や遠方の方へ出張相談も行なっております。
必ず司法書士が面談、最後まで責任をもって対応いたします。事情によりご来所頂けない方も、遠慮なくお問い合わせ下さい。(親族の代理問い合わせも可能です。

対応エリア外、エリア内の遠方の方、個別出張相談受付中

対応エリア外、エリア内の遠方の方、個別出張相談受付中

各事務所の情報

過払い金請求をお考えの方は、お近くの司法書士法人杉山事務所までお気軽にご相談にお越しください。

  • 大阪事務所(主たる事務所)
  • 仙台事務所
  • 東京事務所
  • 福岡事務所
  • 広島事務所
  • 岡山事務所
  • 仙台事務所
  • 札幌事務所

各事務所の対応エリア

大阪事務所 大阪府
和歌山県
奈良県
兵庫県
京都府
仙台事務所 秋田県
静岡県
長野県
岐阜県
滋賀県
三重県
東京事務所 東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
福岡事務所 福岡県
大分県
佐賀県
山口県
広島事務所 広島県
島根県
愛媛県
岡山事務所 岡山県
鳥取県
香川県
徳島県
仙台事務所 宮城県
福島県
山形県
秋田県
岩手県
札幌事務所 北海道

仙台市を中心とした秋田県での過払い金請求について

多重債務者の救済のため、主に司法書士や弁護士事務所などを介して法的に返済額の減額や、返済期限の延長などを行う債務整理。
その入り口とも言えるのが、最近ではCM等でも耳にする機会の多い「過払い金請求」です。

過払い金請求は自分でする事もできますが、時間と手間が非常にかかるため司法書士や弁護士などの専門家に依頼することが一般的です。
今回は、そもそも過払い金請求とはどういうものなのかをできるだけ分かりやすく解説していきます。

過払い金請求に至る経緯について

まずは、過払い金請求に至る経緯について知っていただく必要があるでしょう。

ギャンブル依存による大金の浪費等特別な場合だけが、多重債務に至る訳ではありません。
最初はごくごくありがちな事が引き金になり得るのです。
日常生活を送っていく上で、「出費が多くて今月家計がピンチ」という主婦だとか「結婚式が続いて仕送りじゃ生活できない」学生さん等々、余程のお金持ちを除いて誰しもがお金に悩まされる事態に遭遇すると思います。

そんな時に消費者金融を利用して家計をやりくりしたり、遊興費に使ったりするケースがあります。
始めは5万円、10万円・・・返済額はまだまだ収入から見れば知れたもの、その油断から多重債務への道は始まっています。
便利で安易に現金が手に入ることに麻痺し、利用額が増加すると返済額がだんだんと家計を圧迫していきます。
ここでストップがかかっていれば、多重債務に苦しむことはありません。

しかし、時としてこの返済にかかるお金を別の消費者金融を利用することでカバーし、乗りきったと勘違いしてしまうケースがあります。
こうなると所謂「自転車操業」に陥って借金に借金を重ねる多重債務者となってしまう可能性がグッと増えてきてしまいます。

月々の返済額が月収を越えてしまった場合は、自力での返済は当然困難になります。
そのような状況に陥った場合実際の返済期間や利用総額、収入のバランスに応じて弁護士や司法書士に相談することで債務整理を行います。

その1番始めの手段として講じられるのが、過払い金請求です。ここでいう過払い金とは文字通り払い過ぎた金利の事を指します。

払い過ぎた利息が発生するのは、2つの法律が絡んでいます

何故このように払い過ぎた利息が発生するのか?
それには、貸金業者が守らねばならない法律「出資法」「利息制限法」の2つが関わってきます。

まず利息制限法では、貸金業者が債務者に課してよい金利の上限を、100万円以上では15%、10万円以上100万円以下では18%、10万円未満は20%と定めています。
しかし、刑事罰の対象となる出資法が定めた金利の上限は29.2%と隔たりがあります。

そこで、主に消費者金融やクレジットカード会社は刑事罰の無い利息制限法を無視し、出資法制限ギリギリの金利をとっている所がほとんどでした。
ここで2つの法律が定めた上限金利に最大14%もの差が生じ、この上限金利の差を「グレーゾーン金利」、その差から生じる債務者が払い過ぎた金利分を「過払い金」と呼びます。

グレーゾーン金利は貸金業界で長く悪習としてまかり通っていましたが、最高裁がこの差によって生じる債務者が債権者に支払った過剰な金利分の返還を命じる判決を下したことにより、取り返すことが法的にできるようになりました。
これが過払い金請求の根拠となり正当な行為として多くの多重債務者を救っています。

過払い金請求が正当な行為として認知され出したのは2006年頃の事です。
さらに前述した出資法と利息制限法は2010年に改正法が全面施行されました。
よってそれ以降は消費者金融もグレーゾーンの見直しを余儀なくされ、軒並み金利の引き下げをしたため、過払い金が発生することは少ないと考えられます。
よって2006年以前に契約の開始された債務を、長期に渡りそのまま返済し続けている方、若しくは完済された方は過払い金が発生している場合が多くなります。

過払い金請求は債務整理の中でもリスクが極端に少なく、返済額の減額が望めるので多くの債務者が実施しています。
完済時など場合によっては多くの返還金が戻ってくるので、過去の苦労も報われる事でしょう。
一点注意したいのは過払い金請求の時効は完済してから10年だという事です。
法施行から7年たったことを考慮すると請求のタイミングは長く残されていないので、早急に貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算で過払い金の金額を計算し、過払い金請求しましょう。

過払い金についてお悩みの方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。
依頼者にとって解りやすく、相談しやすい事務所を目指し、専門的な知識を持ってお悩みへ的確なアドバイスを致します。
フリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

仙台市を始めとした秋田県について

東北地方の日本海側に位置する秋田県。県庁所在地は秋田市になっており、お米の生産数は日本国内で3位になっている県です。日本の中では犯罪件数も少なく、周りの自然美を表すように落ち着いた地域となっています。のんびり過ごしたいとき、ぜひ訪れてみたい県の1つです。 移動は車での移動が大半となってきますが、公共機関なら路線バスで移動するのがベスト。また、秋田へアクセスするには空港や新幹線で簡単に行けますよ!

今、秋田県であついスポット

【1】秋田にはきれいな湖がたくさん!

秋田県へ旅行するのなら、おすすめなのが湖巡り。建物も少ない秋田県では、普段とは違った景色を存分に楽しむのがいいでしょう。 まず、1つ目にご紹介するのは田沢湖。日本で最も深い湖であり、透明度もかなり高め。近くにある山が湖に映る景色は絶景。どの季節に行ってもそれぞれの魅力がある湖です。特におすすめなのは、秋の紅葉~冬の付記景色。東北独自の冬景色をご堪能ください。 2つ目に紹介するのは十和田湖。青森と秋田をまたがる大きな湖で、火山活動によってできたカルデラ湖のひとつです。十和田湖には「開運の小径」と呼ばれる道があり、その道を辿っていくと十和田神社に着きます。この道や神社はパワースポットとしても有名で、道を辿ることで運気は急上昇しますよ。また、十和田神社には「占場」があり吉凶を占ってみるのもいいでしょう。

【2】観光の後は温泉!

秋田と言えば温泉!観光に行ったときには、ぜひ温泉に浸かってみることをおすすめします。寒い中で入る温泉は、また格別な趣を感じられます。 おすすめの温泉は「新玉川温泉」です。JR田沢湖駅から羽後交通バスで向かうことができるので、アクセスもしやすいのがいいところ。玉川温泉は、もともと湯治の場として有名です。その温泉と同じ源泉である「新玉川温泉」には、強酸性塩化物泉の塩酸が主成分となってきます。新玉川温泉の塩酸含有量は世界的に見ても珍しく、体の自然治癒能力を上げてくれる力が非常に強いです。体調が思いのほか上がらない人は、ぜひ入っていただきたい温泉となっています。 2つ目におすすめなのが十和田湖近くにある乳頭温泉郷。温泉好きの中では必ず名前が出てくるほど有名な温泉の1つです。東京から2時間強、秋田駅からは50分ほどで着きます。車なら東北自動車道盛岡ICで1時間ほど。 乳頭温泉は1つだけでなく、施設内に温泉と共に宿泊施設が併設してあります。1つの施設に鶴の湯・妙乃湯・蟹湯・大釜・孫六・黒湯・休暇村もの温泉があるのです。その温泉を1日で入りたい方のため、施設内の温泉を巡れる「湯めぐり帖」の販売も行っています。もちろん、1つの温泉宿だけの利用や宿泊もできます。

【3】道の駅のすすめ

最近では、各都道府県にて「道の駅」に力を入れている場所が多いです。道の駅とは、各地域の道沿いに作られているドライブの休憩所のようなところ。各地域の名産品や食事処を設けているところがあります。秋田県にもおすすめの道の駅があるのです。 おすすめの道の駅は「道の駅 かづの」という場所。食事処では「きりたんぽ膳」という定食を食べられる他、鹿角市や秋田名産の名産品販売コーナーも充実しています。 もうひとつの目玉が「祭り展示館」です。日本三大ばやしの1つと言われている「花輪ばやし」の屋台が道の駅内に展示してあります。ちょっとしたドライブの息抜きの間に眺めてみてはいかがでしょうか?

今、秋田県であつい食べ物

秋田県は食文化の発達した地域でもあります。秋田県で楽しむことができるおいしいものをご紹介します。

【1】ご飯ならばホルモン煮込み!

秋田ご当地の料理といえばきりたんぽ。きりたんぽもいいですが、ちょっと趣向を変えてホルモン煮込みを食べてみるのはいかがでしょうか? 秋田県にある鹿角市。この鹿角市にある花輪ホルモン煮込みは、市内でも長い歴史のある食べ物。味噌煮込みのホルモンを野菜と一緒に煮込み、かむ度に煮込んだ汁が出てきます。鹿角市内では売られていることが多いですが、おすすめなのが「ホルモン 伸栄」というお店。秋田市役所を目印に、脇道から入って徒歩3分ほどのところにあります。 ご飯を食べた後は、デザートもほしいところ。デザートとしておすすめなのが「ババヘラアイス」です。ネーミングの通り「おばさんがヘラでアイスをすくう」ところから付いています。秋田県ならば絶対に知っていると言われるほどのデザート。シャーベット状のバナナアイスの周りには、花柄のようにイチゴ味のアイスが添えられています。その見た目はまさに花そのもの。味は甘めですが、2つの味を交互になめているペロッと平らげることができますよ!