過払い金請求を依頼する司法書士事務所を選ぶポイント

事務所選びのポイント

債務整理を依頼される際にタウンページを開いてみたり、ネットで検索してみると非常に多くの司法書士、弁護士が見つかると思います。
ここで大事なのは「司法書士も弁護士も、債務整理の業務というのは数ある仕事の中の一つ」であり、全ての司法書士、弁護士が債務整理の専門家ではない、ということです。
ですので、債務整理が得意な先生もいれば、そうでない先生もいるという事をまず頭にいれておきましょう。

債務整理を行う場合は、担当する司法書士や弁護士の力量で結果が異なってきます

まず最低限の条件として、ホームページなどで債務整理など借金処理を得意分野にしている事務所(先生)を選ぶようにしてください。
次に相談する前にチェックしておきたい事務所選びの重要なポイントをご紹介します。

1.事務所が自宅から通える範囲にあるか

相談や打ち合わせなど、通常何度かその事務所に通うことになりますので、通える範囲に立地する事務所をお選び下さい。
また自己破産などの裁判手続きを利用する場合は、相談者様のご自宅がある場所の裁判所が管轄になります。
また司法書士に債務整理を依頼する場合、相談や打ち合わせは司法書士本人による直接面談が原則です(日本司法書士会連合会の指針による)。

当事務所では内容により体が不自由な方や遠方の方へ出張相談も行なっております。

出張相談について

2.最初の面談から解決まで(特定の)司法書士が対応してくれるか

債務整理を手掛けている司法書士・弁護士事務所の中には、資格者が出てくるのは最初のあいさつだけで、その後は、事務局員という肩書きの事務員や補助者が対応するという事務所があるようです(補助者を置いている事務所の場合、補助者が打ち合わせをする場合には必ず資格者が立ち会うことが義務付けられています)。
最初から最後まできちんとした資格者が丁寧に担当してくれる事務所に依頼するようにしましょう。

3.費用は分かりやすいか

現在では司法書士費用や弁護士費用が自由化されていますので、債務整理の費用も事務所によって差があります。
報酬の体系によっては相談者様が事務所へ支払う金額(報酬)が予想以上に多くなることもあります。 費用はとても大切な判断項目です。不明な点はしっかり確認しましょう。

費用を検討する際のポイントとして以下の点が挙げられます。

  1. 費用が公開されているか
  2. 減額報酬がかからないか
    ※ 減額報酬とは、債務整理手続きの際に法律で認められた利息(法定利息)で計算し直すことにより、減額された金額に対してかかる報酬のことです。
  3. 債権者と和解するときは今後の利息(将来利息)がかからないように交渉してくれるかどうか
  4. 金融業者と馴れ合っていないか

過払い金請求のお手続きの場合は、こちらもご覧ください。

以上の点を考慮していただき、相談者様がご自身の判断でもって自分と最も相性が良いと思われる事務所(先生)を選びましょう!