過払い金請求でよくあるトラブル、悪徳司法書士や弁護士に注意

過払い金請求でよくあるトラブル、悪徳司法書士や弁護士に注意

過払い金請求ではその複雑さや交渉の難しさから、多くの方が司法書士や弁護士といった法律家の手を借りることもあり、その多くが円満に請求を解決させ、返還金を手にいれています。

ただ、悲しいことにそんな法律家のなかにも自らの権力を悪用し、相談者の弱みにつけこんで暴利をむさぼる「悪徳」と思われる専門家も少なからずいて、様々な被害報告も上がってきています。

そこで今回は、そういったトラブルを防ぐために実際にどんな悪徳弁護士や司法書士がいてどういった手口を使うのか。また、どんなケースを確認したときに悪徳弁護士や司法書士と疑う必要があるのかなどを、詳しく説明していきます。

過払い金請求でトラブルになりやすい専門家の特徴

司法書士や弁護士が直接面談してくれない

まずは相談窓口の対応をチェックしましょう。

無料の相談電話窓口を用意している、との広告などに惹かれ、とりあえず相談だけでもしてみようと考える方は多いはずです。このときまず、電話に出たスタッフが専門家であるか、事務員であるかを確認してください。

そして、受け答えをするのが事務員らしき人ばかりで、一向に弁護士や司法書士といった肩書きを持つ人間が電話口に出てくれない場合は、一度専門家に代わってもらえるように要望してみましょう。

要望したのにも関わらず、代わってくれない場合は、1度冷静になってその法律事務所が信用できるところかを疑ってみる必要があります。なぜなら、法律的に過払い金請求の相談に乗れるのは、弁護士や司法書士の資格を持っている者のみ。例え電話とはいえ、無資格のスタッフに任せている事務所は、その後の本依頼での対応も誠意を持ったものかどうかが怪しくなってくるからです。

実際に事務所に訪れても弁護士や司法書士でなく事務員しか対応してくれない

無料相談の電話などでなく、直接事務所に訪れて相談するときも同様です。最初に、個人情報などを聞くために応対した事務員らしきスタッフがそのまま相談を受け、依頼を受け付けようとする場合も注意が必要です。

法律家以外のアドバイスには一切法的根拠はなく、実際に過払い金請求について行動する権限もありません。ですので、依頼を決めるときには直接弁護士もしくは司法書士と面談して、相談にて請求する業者や今後の自分のとるべき手続きについて、しっかり打ち合わせすることが大切です。

「忙しい」や「席をはずしている」などと、いつ訪れても実際に専門家と面談できない事務所は、何かしらやましいことを隠している、「悪徳」法律事務所である可能性も出てきます。

費用の明確な説明がない

「着手金無料」には念のため注意する

過払い金請求を弁護士や司法書士事務所に依頼する場合は、着手金や手数料、成功報酬などの経費が必ずかかってきます。金策に困っていることの多い過払い金請求者にとって、真っ先に気になってくることですが、この中でも気をつけてほしいのが「着手金無料」といううたい文句です。

借金に苦しむ方の保護の考えから、良心的に着手金をとらない事務所も多くありますが、いくら法律事務所とはいえ利益をしっかり得ないとその運営は成り立ちません。そのため着手金はいらないが、その分過払い金返還金額に応じて発生する「成功報酬金」の率が高く設定されている場合があります。

着手金のいらない手軽さと、大手としての安心を求めるなら、少々高い成功報酬でも依頼したいという方もおられるでしょうが、問題なのはその成功報酬の割合をうやむやにして明確にしていない事務所。こういった場合は、過払い金返還後に想定していた以上の成功報酬を要求されるトラブルも、実際に多く発生してるため注意が必要です。

あとから追加料金をとられていた

スピーディーで手間もかからないことから、過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼しすべてが解決。ふと気がつくと、始めの説明では聞き覚えの無い項目で追加料金を取られていた、なんてケースも少なくありません。

「回収時の成功報酬は○パーセントのみ!」といっていても、「その他手数料はかかりません」とは言っていないといった請求の仕方をしてくる悪徳な弁護士や司法書士事務所もあります。

そんな悪徳事務所は、「交渉期間延長料」や「特殊事務手数料」、「訴訟追加金」など名目は様々ですが、聞いていなかった費用を後から追加請求。相手は弁護士や司法書士といった法律家なので、気づいた時にはもう後の祭り、一般の過払い金請求依頼者は、泣き寝入りするしかないというトラブルが多く発生しています。

成功報酬や貸金業者1件あたりの事務手数料などが高額

大きな事務所だから安心せず、依頼費用の相場を事前にチェック

名前を頻繁に聞く大手弁護士事務所だからといって、その依頼にかかる費用が必ずしも良心的で相場通りとは限りません。逆に大手がゆえに、スタッフの数が多いことでの人件費や、テレビCMなどによる宣伝広告費がかかってくるため、割高の成功報酬や手数料設定になっていることすらあります。

小規模事務所などでは事前にその費用を教えてくれないケースも

例え割高でも、明確に「成功報酬○パーセント」や、その他追加の可能性がある費用を明確に提示されているときはまだましです。

切迫している依頼者の足元を見て、明確な提示をしないまま依頼を受け、後から請求する悪徳な弁護士や司法書士もいます。例え着手金が無料でも、成功報酬や費用を明確にしない事務所には、依頼しないようにしたほうが無難です。

具体的な進捗状況を教えてもらえない

弁護士や司法書士などの専門家に依頼するとほとんどの手続きを手放し状態で進行してもらえます。過払い金請求を司法書士などの専門家に依頼する大きなメリットの1つです。ただ、その進行状況の報告を求めても、なぜかなかなか教えてもらえず、自分が今どういった状況にあるかつかめないというケースも出てきます。

電話での報告だけで分かりにくい

進捗状況が気になり依頼した弁護士や司法書士事務所に問い合わせても、電話口で事務員などが曖昧に対応するだけでらちがあかない、などというトラブルもよく耳にします。事務所責任者である、弁護士や司法書士に代わるように言っても聞いてもらえず、書面などでの詳しい状況報告を求めても全く応じないことも。

こうなると、単に進行状況がつかめなくて不安になるだけでなく、更なるトラブルの可能性も出てきます。

すでに高額な着手金、手数料を払っていた場合

これは非常に危険で、すでに着手金や手数料を払っているのにある日突然「過払い金の請求は難しくなった」として案件の終了、着手金と手数料のもらい逃げともいえるケースの報告もあります。過払い金請求件数が非常に多かった頃の極端な場合では、着手金を振り込んだとたん連絡が全くつかなくなり、そもそも弁護士や司法書士だったのかさえ怪しい「悪徳」な事務所さえ存在していました。

もちろん、本当に請求途中で請求先業者が完全に倒産してしまうなどといった、請求不能に陥るときもあるにはあります。しかし、相談窓口での対応がおざなりだったり、担当の弁護士や司法書士との面談ができないような事務所には、着手金、手数料前払いでの依頼はしないほうが良いと考えます。

1年近く放置されている

進捗状況を教えてくれないケースにあたりますが、正式に過払い金請求の代行を弁護士や司法書士事務所に依頼した後、1年以上全く案件が進行せず放置されている場合は「悪徳」事務所につかまってしまった可能性が高くなります。

現時点でかなりの数の過払い金発生者に「時効」が迫っていることを、誰よりも弁護士や司法書士は理解しているはずで、一刻も早い案件の進行が求められるからです。

どんな理由があるにせよ、切迫した状況であることが多い依頼人を1年放置されているとは不誠実としか言えず、それだけでも十分「悪徳」な事務所です。

高額な過払い金が発生している相談者しか相手にしない

高額な報酬が見込める案件を優先し、少額の過払い金請求に対応してくれない

悪徳な弁護士や司法書士事務所に依頼してしまった場合、請求しても、大した金額の返還が望めない案件は成功報酬の少なさなどから、「後回し」にされてしまうトラブルも発生します。

本来は返還額の代償に関わらず依頼された順番どおり進行すべきところ、面倒なのに利益の少ない案件を後回し、もしくは始めから相手にしない「悪徳」な弁護士、司法書士事務所もたくさんあります。

取り戻した過払い金をごまかす事務所もある

返還された過払い金の内容が不鮮明

見事和解も成立し、手元に過払い金が返還されるそのとき、依頼した弁護士事務所などから返還された過払い金の回収率、そこからの成功報酬額や差し引かれる切手代や、書類作成事務手数料などの実費が記載された「明細」を受け取ることになります。

しかし、この明細を発行してくれない不透明な弁護士事務所もあるので注意が必要で、司法書士や弁護士事務所に依頼すると過払い金は貸金業者から事務所に振り込まれるため、実は依頼人にはその金額は全く分からないのです。

依頼者は弁護士や司法書士事務所が提示する明細を信用するしかありません。さらに、その明細すら出してくれない場合では、本来取り戻せた過払い金の額をごまかされていてもわからないことから、不正に利益を得る悪徳事務所も存在しているのです。

依頼すらしていないのに勝手に自分の過払い金を請求されるケースもある

過払い金返還金額をごまかす弁護士や司法書士も十分悪徳ですが、世の中にはそれを上回る、まさに「極悪」な法律事務所もありました。

不正に入手した過払い金発生者の個人情報と自らの権限を悪用し、当事者に無断で金融業者に過払い金の返還を請求。その返還金を丸まる着服するという、もはや詐欺以外の何者でもない犯罪法律事務所まで実在、弁護士や司法書士を信用し、依頼を考えていた多くの過払い金請求者に大きな衝撃を与えました。

契約時の説明と違う

依頼を受けるために大きな話をする弁護士や司法書士もいる

弁護士や司法書士事務所に過払い金請求についての相談に訪れた際、「うちなら○○万円とりもどせます」などと、多額の過払い金が発生していることを告げられ依頼。しかし、実際に返還されたのは、最初の契約時に言っていた金額の5割にも満たない返還率だった、というケースも多くあります。

これにはいくつか理由があり、1つ目は単純に弁護士や司法書士の知識や経験不足から見込みが甘かったこと。そして、もう1つは着手金や手数料、成功報酬を少しでも得たいがために「過大」に成果見込みを伝え、依頼を何とか取り付けようとした、弁護士や司法書士による「故意」の場合もあります。

前者も問題ですが、後者にいたっては依頼人の信用を裏切る悪徳弁護士や司法書士と言っても過言ではありません。

返還金ごまかしの可能性も否定できない

最初の話とあまりにもかけ離れた返還率しか得られなかったときは、悪徳弁護士や司法書士による「返還金のごまかし」をも疑わざるを得ません。

実際に過払い金返還についての交渉話が進むのは、依頼した専門家の事務所のなかであり、依頼者にはわからないところなので、正当な返還率を業者が提示をして振り込んだのにも関わらずその率をごまかし、仮に着服されても依頼者には正直わかりません。

戻ってきた過払い金が満額ではなく、少ない額で勝手に和解させられた

強引に早期和解することを勧めてくる

悪徳な弁護士、司法書士事務所の中には数多く過払い案件をさばき、着手金や手数料を手っ取り早く荒稼ぎしようとするところも存在します。

そういった事務所は、依頼人が低い和解金額に納得できず過払い金請求の裁判に持ち込むことを希望しても、「訴訟をしていたら倒産してしまうかも知れない」などといって手間のかかる裁判をせず、大幅な減額和解で済ませようとしてきます。

時には勝手に和解してしまうことまで!

なんだかんだ言いつつも、一応依頼人に和解を進めるところはまだましかもしれません。実は悪徳な弁護士、司法書士の中にはもはや依頼人を完全無視して、勝手に低い和解金額で案件を終了させてしまう事務所まであります。

こうなると、権力の乱用で不当に利益を得ている犯罪事務所、そんな悪徳事務所に引っ掛かって本当は戻ってくるはずの過払い金が少なくなってしまうなんて、目も当てられない事態が起きてしまうことがあるのです。

充分な説明がなく、ブラックリストにのってしまった

リスクの説明がほとんど無い事務所は要注意

完済している場合は問題ありません。しかし、借金を返済中で過払い金請求した場合、返還される過払い金で相殺できなければ、「債務整理」の1つである「任意整理」の手続きになります。その情報は一定期間、信用情報に事故情報として記録される世間で言うところの「ブラックリストにのる」状態になりますが、本来は専門家である弁護士や司法書士がしっかりとそのリスクについて説明すべきです。

しかし、悪徳な弁護士や司法書士事務所の中には、依頼させるため多額の過払い金が発生しているなどと安易な勧誘をしたり、デメリットの説明が充分ではない事務所があるのでこれも大きなトラブルになっています。

「知らずに」ブラックリストにのってしまうことが問題

複数の業者から借金をしていて、その過払い金請求を弁護士や司法書士事務所に依頼したとき仮にブラックリストにのるリスクを伝えられたとします。しかし、完済済みの業者や、過払い金が多く発生している業者からの返還金で大きく借金が減るのであれば、ブラックリストにのったとしても依頼者にはメリットが出てきます。

ですが、そのリスクを全く伝えられず知らない内にブラックリストにのってしまうことが、何よりの問題と言えます。

一度電話したら勧誘がしつこく、強引に契約させられた

ちょっと相談しようかな程度の軽い気持ちで電話したのに、しつこく契約を迫る話ばかりで嫌気がさし、電話を切っても、そのあと何度も何度も勧誘の電話がかかってくるというトラブルも後を絶ちません。まるで貸し金業者のような信じられない行動ですが、酷いときには中には半ば強引に契約させる、悪徳弁護士や司法書士もいるようです。

過払い金トラブルに巻き込まれないために気をつけるべき点

ここまで様々な悪徳弁護士や司法書士の手口、実際にあったトラブルについて述べてきました。最後に今後過払い金請求を考えている方が、悪徳事務所に引っ掛かってトラブルに巻き込まれないようにするために、過払い金返還請求を弁護士や司法書士事務所に依頼するうえで、その前に確認して欲しいことをまとめておきましょう。

戻ってきた過払い金の内訳を教えてもらえるかどうか

過払い金返還請求の進行過程で貸し金業者から提示される書類、つまり取引履歴から段階的に出される和解案、そして最終的に決定した返還率と和解金額の明細を、ちゃんとみせてもらえるかをまずは確認しましょう。

過払い金が戻ってくるまでにどれくらいの期間がかかるのか

もし、その事務所に依頼した場合和解までどの程度時間がかかるのか、訴訟に突入したらどれ程時間が追加されるのかなど、過払い金が手元に戻るまでの流れと期間をきっちり聞いておきましょう。

着手金、成功報酬などの費用はどれくらいかかるのか

着手金はいるのか、もしくは要らないなら成功報酬は何%で追加費用は発生しないのかなど、事細かに事前に取り決めをしておきましょう。裁判をすることになったら裁判費用は追加でいくらくらいかかるのかを確認しておくのも、併せて忘れないようにしてください。

過払い金を全額取り戻してもらえるのか

自分の過払い金がどれ程発生する可能性があって、すべて取り返せるのか聞いておくのも大切です。業者によっては返還率の低いところも多いため、弁護士や司法書士に支払う費用が大きく、赤字になってしまう可能性もなくはないので、そんなときはそもそも依頼しない方が良いときもあります。

ブラックリストにのってしまうのか?のらない方法があるか

過払い金請求をすると場合によっては信用情報に傷つき、以降の生活に支障が出ることもあります。ですが、リスクをしっかりと教えない悪徳弁護士や司法書士も中にはいるので、事前にきちんとリスクについての説明を求めることも忘れないようにしましょう。

過払い金のお悩みはおまかせ

月3000件を超える過払い金に関するご相談をいただいております。過払い返還額も月5億円以上の実績があり、多くの借金でお悩みの方に満足していただける解決方法をご提供させていただいております。

着手金・相談料は一切いただいておらず、計算した結果過払い金が発生なければ費用を頂くことはございません。お一人で悩まず質問からでも構いませんのでフリーダイヤル・メールフォームからお問合わせください。