新たな借入・住宅ローンは組めない?完済・返済中の過払い金請求について

新たな借入・住宅ローンは組めない?完済・返済中の過払い金請求について

過払い金請求した後でも、新たな借入れをしたり、住宅ローンや車のローンを組む方法があります。ただし、完済後・返済中の過払い金請求ともに注意点があるので過払い金請求とローンの関係を正しく知りましょう。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

完済した借金を過払い金請求しても新たなローンは組める

借金を完済している場合は、過払い金請求をすることによって信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストにのる)ことはないので、過払い金請求した後にローンを組むことが可能です。

そもそも過払い金請求とは払い過ぎた利息(法律で決まっている15~20%を超える金利)を取り戻すことであり、正当な権利なのです。金融庁から、借金をすべて返し終わったあとの過払い金請求は「返済能力の有無には影響しないため、信用情報には明記すべきではない」という方針が出されていますのでご安心ください。

過払い金請求をした貸金業者から新たな借入れをするのはむずかしくなりますが、他の貸金業者であれば借入れをすることができます。

ただし、過払い金請求には期限があります。最後に取引をした日(返済が終わった日)から10年で時効となり、時効が成立してしまうとたとえ過払い金が発生していても取り戻せなくなってしまいます。

また、10年以内であっても貸金業者の経営状況によっては取り戻せる過払い金の額が少なくなってしまう可能性もありますし、貸金業者が倒産してしまった場合は過払い金が取り戻せなくなります。経営不振で倒産していく貸金業者も多くありますので、過払い金請求をお考えの方は、実績豊富で各貸金業者の経営状況や対応に詳しい杉山事務所に1日でも早くご相談ください。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

返済中の借金を過払い金請求した後ローンを組む場合

戻ってきた過払い金で借金を0にできればローンが組める

借金を返済中でも過払い金請求をすることはできます。現在、借金を返済中の方は、戻ってきた過払い金で残りの借金を0にできれば借金をすべて返し終わったことになるのでブラックリストにはのりません。よって、過払い金請求したあとでもローンを組むことができます。

ただし、過払い金請求とローンの審査を同時におこなうのは避けてください。貸金業者の対応にもよりますが、返済中の過払い金請求の場合、手続きが完了するまでは信用情報に一時的に登録されるケースがあるためです。家や車の購入をお考えの方は過払い金請求の手続き完了後にローンの審査を受けるようにしましょう。

返済中の過払い金請求をしてブラックリストに【のる・のらない】はそもそも計算しないとわかりません

過払い金がいくら発生しているかどうかは貸金業者に取引履歴を取り寄せて、いくら過払い金があるか計算する必要があります。杉山事務所では過払い金の調査・計算だけでも無料でおこなっていますので、過払い金がいくらあるか気になる方はまず杉山事務所にお問い合わせください。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

過払い金請求をした後に借金が残る場合は注意

取り戻した過払い金で借金が0にならなかった場合、借金を減額する手続きになり、過払い金請求ではなく債務整理(任意整理)という扱いになります。そのため、信用情報に事故情報がのる(ブラックリストにのる)ことになるので、ローン・借入れの審査が通りにくくなります。

その他にも、返済中に過払い金請求をして以下のようなケースで借金が残ってしまう場合には信用情報にのる可能性があるので気をつけてください。

クレジットカードのショッピング枠に残高がある場合

クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求では、同じカードのショッピング枠に残高があった場合、発生していた過払い金はショッピング枠の支払いに充てられてしまいます。過払い金のほうが多かった場合は問題ないのですが、ショッピング枠の残高のほうが多く、支払いが残ってしまった場合、これも債務整理(任意整理)の扱いになりますので信用情報(ブラックリスト)にのります。

過払い金請求した貸金業者の保証会社からも借入れがある場合

過払い金請求した貸金業者が保証会社となっている銀行のカードローンなどからも借金があった場合、過払い金はカードローンの返済に充てられることになります。例えばアコムは、三菱東京UFJ銀行、じぶん銀行などの保証業務をおこなっていますが、アコムに過払い金請求して過払い金があっても、三菱東京UFJ銀行のカードローンの借金のほうが多ければ信用情報(ブラックリスト)にのることになります。

グループ会社からの借入れがある場合

同じグループ会社にも注意が必要です。例えばDCキャッシュワンとアコムは同じグループ会社なので両方に借金があった場合、どちらかに過払い金請求すると一方の借金に充てられることになり、借金がゼロにならず残ってしまった場合は信用情報(ブラックリスト)にのりますので注意が必要です。

ローンを組む時に審査の基準となるのは「信用情報」と「属性」

住宅ローンや自動車ローンの審査を受けるときに判断される要素のひとつに「信用情報機関」に登録されている「信用情報」があります。クレジットカードの支払いや貸金業者からの借入れに対して返済に遅れがあったり、借金が払えなくなって契約見直し(債務整理)をするなどの問題があった場合に、事故情報(マイナス情報)が信用情報に登録されることになります。これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれているものです。

ただし、信用情報にまったく問題がなくても審査が通らない場合もあります。信用情報は、借金をせずクレジットカードも作らなければクリーンな状態を保てます。しかし、信用情報にマイナス情報がないからといって、返済能力が高く信頼できる人物とは限りません。住宅ローンや自動車ローンの審査は信用情報だけではなく、個人の属性(その人がどういった人なのか)が重要です。

ローン審査の判断基準は公開されていませんが、年収や雇用形態、勤務先や勤続年数、年齢や家族構成、結婚歴、世帯年収、持ち家の有無など、さまざまな情報をもとに判断されます。ローンの審査をする側はその人がどういう人で、現在の収入と借入れ状況・返済状況をみて、ローンを支払えるかどうかを総合的に判断しています。

信用情報に問題がなくても(ブラックリストにのっていなくても)、他に借金があることでローンの審査に通りにくくなることは充分あり得ます。現在、借金を返済中の方は新たなローンを組むよりも今の借金をなくすことを優先すべきです。過払い金請求をすることで今の借金を減らし、返済を早めることをおすすめします。

ブラックリストは怖くない

たとえブラックリストにのったとしても、記録が保管されるのは一時的なものなので、必要以上に怖がる必要はありません。返済中の過払い金請求で債務整理(任意整理)手続きとなった場合であれば5年程度で記録は削除されます。近い将来、家や車のローン組むことを視野に入れるなら、過払い金請求することによって今ある借金を減らし、早く完済することのほうが先決です。

家や車のローンを組むにあたり、自分の信用情報が気になる際は下記の信用情報機関に問合せることで情報を開示してもらうことができます。

信用情報機関
【全国銀行個人信用情報センター】主に銀行等の団体が加盟
【株式会社シー・アイ・シー(CIC)】主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟
【株式会社日本信用情報機構(JICC)】主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟

また、よくあるご相談で「旦那に内緒で過払い金請求したいが、旦那が家や車のローンを組む時に影響はないか?」と聞かれることがあります。配偶者が過払い金請求する場合は、例えば妻が過払い金請求して借金が残ってしまっても、夫がその借金の保証人になっていない限り夫名義でのローン審査に、妻の過払い金請求の影響はないのでご安心ください。

杉山事務所にご依頼いただければ、配偶者や家族に内緒で過払い金請求手続きをすることができるのでお気軽にご相談ください。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

いま組んでいるローンに別の借金の過払い金請求は影響しない

現在、家や車のローンを支払い中の方が過払い金請求をしようとした時に、いま組んでいるローンに影響があるのか心配する方もいますが、影響はありません。例えばローンの一括返済を求められたり、今の契約条件を不当に見直すことなどはされませんので安心して過払い金請求してください。

過去の借金の過払い金請求をしてお金が戻ってくれば、今払っている家や車のローンに充てることができるので、ローンの返済が楽になります。

ただし、過払い金請求には時効があります。すでに払い終わった過去の借金については、最終返済日から10年たってしまうと時効となってしまい、過払い金が発生していても請求できなくなってしまいますので、できる限り早めに手続きしてください。

過払い金請求したいけどローンが心配な方は杉山事務所に相談

すでに借金を払い終わっている方は過払い金請求をすることによってローンの審査に影響することはないので、安心して杉山事務所にご依頼ください。

現在、借金を返済中で今後のローンが組めるか心配で過払い金請求をすることを迷っている方も、他の借金を抱えたままではそもそもローンの審査に通る可能性が低いので、家や車の購入をお考えなら、なおさら今の借金を減らしてはやく払い終えることを優先すべきです。過払い金請求はデメリットを理解すれば恐れる必要はなく、メリットが大きい手続きです。

他の借金を抱えたままではそもそもローンの審査に通る可能性は低いので早めに過払い金請求をし、借金を完済したほうが審査に通る近道になります。過払い金請求には時効がありますし、貸金業者が倒産してしまっては過払い金を取り戻せないので、一日でも早くご相談ください。

杉山事務所では、今後ローンを組もうとお考えの方や、今すでにローンを支払っている方の過払い金請求のご相談も多くお受けしています。月に3,000件以上の相談実績がある杉山事務所では、相談者様の状況にあわせた最善の解決方法をご提案しております。過払い金請求の無料相談はフリーダイヤル、またはメールフォームからお問い合わせください。