借金を返済中でも完済後でも過払い金請求はできる

借金を返済中でも完済後でも過払い金請求はできる

過払い金請求は借金を返済中でも、完済したあとからでもできる手続きです。借金を完済した方の場合、過払い金が発生していれば手元にお金が戻ってきます。返済中の方の場合は借金が減額されたり、借金がゼロになる可能性があります。残りの借金の額よりも返ってくる過払い金のほうが多かった場合は手元にお金が戻ってきます。

過払い金請求は借金を返済中にやるか完済してからやるか、状況によって気をつけなければいけないポイントが異なります。状況別に説明するので、ご自分に照らし合わせて過払い金請求をしてください。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

借金を返済中でも過払い金請求はできます

「過払い金請求とは借金を完済したあとに、払いすぎた利息を返してもらうように請求すること」と考えている人が多いようですが、過払い金請求は完済前でもできます。借金を返済中に、これまでに返済してきたお金の中で払いすぎた利息分があれば返還してもらえるのです。これにより、返済中の借金を減額できるので毎月の支払いが楽になったり完済までの道のりが早まります。

過払い金より借金が多かった場合、返済が楽になります。

借金を返済中に過払い金請求をすると、取り戻した過払い金を残りの借金返済に充てることができるので、借金を減らすことができます。

借金を返済中に過払い金請求する際の注意点

返済中の借金を過払い金請求する場合、気をつけなければならない注意点があります。これらの注意点を事前に知っておけば過払い金請求のデメリットをさけることができます。自分の状況にあわせて過払い金請求を検討しましょう。

戻ってきた過払い金で借金が0にならなかった場合、ブラックリストにのります

借金を返済中に過払い金請求をした結果、戻ってきた過払い金が少なくて残りの借金が0にならなかった場合は過払い金請求ではなく、貸金業者に交渉し借金の減額をする債務整理(任意整理)という手続きになります。債務整理(任意整理)となる場合、ブラックリストに(信用情報機関に事故情報が)登録されます。

ブラックリストにのると5年ほどの間、新たにローンを組むことやクレジットカードの審査が通りにくくなるというデメリットがあります。

借金返済途中の過払い金請求図式

しかし、いま借金の返済に苦しんでいる状況ならば、過払い金請求するメリットのほうが、ブラックリストにのるデメリットよりも大きいのは確かです。5年ほどでブラックリストといわれる事故情報の登録は削除され、新たに住宅ローンや車のローンを組むことや、クレジットカードを作ることが可能です。目の前の借金が少しでも軽くなるとしたら、ブラックリストを気にして過払い金をあきらめるのはもったいないと思いませんか?

まずは、今の借金を債務整理で完済することが先決です。

戻ってきた過払い金で借金が完済できれば、ブラックリストにはのりません

借金を返済中でも、取り戻した過払い金で残りの借金が完済できれば、ブラックリストにのることはありません。複数の貸金業者から借入れをしていた場合、完済した貸金業者だけを選んで過払い金請求をすることができるので、ブラックリストを回避することができます。

借金より過払い金が多かった場合過払い金で完済になります。

このように、返済中の過払い金請求は注意が必要ですが、まずは自分に過払い金がいくら発生しているか調べてみないことにはわかりません。貸金業者からこれまでの借金の取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づいた引き直し計算をして過払い金を算出すれば、過払い金によって借金が0にできるかどうか判断できます。

現在返済中のお金は返済しなくてもいいの?

借金を返済中に過払い金請求の手続きをしようとお考えの方からのご相談の中に「現在返済中のお金は返済しなくてもいいの?」という質問があります。返済中に過払い金請求の手続きをした場合、その後の返済などはどうなるのか、詳細がわからないと不安ですよね。

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼した場合、現在返済中の借金の支払いは一旦ストップします。利息制限法を基に、これまでの取引の中で払い過ぎていた利息(過払い金)の額を計算し、貸金業者に過払い金請求します。貸金業者と和解交渉し、返還される過払い金の額が確定したら、残りの借金に充当します。過払い金を差し引いた残りの借金額が確定したら、残った借金にかかる将来利息をカットしてもらう交渉をし、最終的に残った借金の元本を分割で払っていくことになります。これが債務整理(任意整理)と呼ばれる手続きです。

一旦返済がストップするということは貸金業者からの督促もストップするので、精神的にも楽になります。その間に無理のない返済計画をたて、生活を立て直すことができます。ただし、返済がストップするのは司法書士や弁護士に依頼した場合のみです。ご自分で消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者に過払い金請求を申し立てた場合は返済・督促はストップしませんのでご注意ください。

消費者金融やクレジットカード会社から直接連絡がくることはない?

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼した場合、過払い金請求の手続きをしたことで消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者から直接電話やメール、郵便などの連絡がくることはありません。司法書士や弁護士が依頼者の代理となり、すべての手続きをおこないます。貸金業者から嫌がらせなどを受けることももちろんありません。

返済中の過払い金請求は司法書士・弁護士などの法律家に相談を

返済途中の過払い金請求は、取り戻した過払い金で残債がなくなるかどうかでその後の手続きが変わります。返済中の過払い金請求は複雑なので、司法書士や弁護士などの法律事務所に依頼することをおすすめします。特に借金の額が多く、毎月の返済に悩んでいる方は、過払い金請求で借金の元本を減らした上、残りの借金の利息をカットしてもらう手続き(任意整理)を依頼することができます。個人が交渉しても貸金業者に取り合ってもらえない場合が多いので、自分(個人)でやろうとせず、初めから司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談してください。

過払い金請求を法律事務所に依頼する場合、どの事務所に頼んでも同じ結果ではありません。過払い金請求は、それぞれの法律事務所によって返還額が違ってきます。過払い金請求の実績が豊富な法律事務所は、貸金業者の情報を持っており、交渉力が違います。また、さまざまなご相談者のケースに応じたアドバイスが可能です。

ご自分の状況が過払い金請求をした方がいいのかどうかわからない方は、杉山事務所にご相談ください。月に3,000件以上の過払い金請求のご相談実績のある杉山事務所では、豊富な知識と経験から、ご相談者にとってベストな解決方法をアドバイスしております。過払い金の計算も無料でおこなっていますので、フリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。

借金を完済したあとの過払い金請求はブラックリストにのりません

借金を完済したあとに過払い金請求する場合、ブラックリストにのる心配はありません

過払い金請求の最大のメリットは払い過ぎた利息を返してもらうことにより手元にお金が戻ってくることです。デメリットは請求先から新たな借入れやクレジットカードの作成ができなくなることですが、他の貸金業者は利用できるので問題にならないことがほとんどです。

このように、完済後の過払い金請求にはほとんどメリットしかありません。過払い金請求をすることによって、「貸金業者から嫌がらせなどを受けるのでは?」と心配される方もいますが、そんなことはありませんので安心して過払い金請求をしてください。過払い金請求は払い過ぎた利息を返してもらう当然の権利です。

完済した借金の過払い金請求をする際の注意点

完済した借金を過払い金請求する場合にもいくつか注意点があります。過払い金請求ができなくなってしまう可能性がある場合が一番の注意点なので早めに行動するようにしてください。

過払い金請求の時効が成立すると手続きができない

過払い金請求は最終取引日から10年で時効が成立してしまいます。最終取引日とは基本的には、最後に返済した日(完済した日)です。時効が成立してしまうと過払い金請求の手続きが一切できなくなってしまいます。

どんなに高額な過払い金が発生していても時効が成立してしまっては手続きすることはできないので、過去に借金を完済した方はすぐに過払い金請求してください。

請求先の貸金業者が倒産すると過払い金請求ができない

過払い金請求が原因で経営不振になり、倒産してしまう貸金業者が増えています。倒産した貸金業者からは過払い金請求をすることはできません。ご自身が借りていた貸金業者を確認し、早急に過払い金請求をしましょう。

杉山事務所では、無料相談をおこなっており過払い金の時効もお調べすることもできます。借金をいつ払い終わったかわからない方や、どこから借金をしていたか忘れてしまった方は、質問のみでも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

完済したと思っていても完済扱いにならない場合があるので注意

クレジットカードのキャッシング枠の利用に関して過払い金請求する場合は、同じカード会社でショッピングの利用がないかどうか確認しましょう。ショッピング枠で支払い残があった場合、その残高分はキャッシングの過払い金で相殺されます。もし、ショッピングの残高分のほうがキャッシングの過払い金よりも多かった場合、事故扱いとなり、信用情報機関に登録されます。ブラックリストにのりたくない場合は、同じクレジットカード会社のショッピング枠の利用についても完済してから過払い金請求しましょう。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

借金返済中に過払い金請求をすると住宅ローンを組む時に支障がでる?

過払い金請求のご相談で「過払い金請求をしたことで住宅ローンを組む時に支障はでるのか?」という質問をよくいただきます。完済後の過払い金請求はブラックリストにのりませんので、住宅ローンや車のローンなどを組む時のローンの審査に影響はないのでご安心ください。

借金を返済中(完済前)の過払い金請求でも、取り戻した過払い金で残りの借金を完済できれば、ブラックリストにのることはなく、ローンの審査に影響はないのでご心配はいりません。新たに住宅ローンや車のローンを組むことができます。ただし、住宅ローンの審査はブラックリスト(信用情報)がすべてではありません。他にもさまざまな審査対象となる項目があります。

過払い金請求をお考えの際はご自身の状況と照らし合わせて検討することが重要ですが、ご自身だけでは冷静に状況を判断することがむずかしい場合もあります。杉山事務所では借金を返済中の方の過払い金請求のご相談を多く承っております。きちんとした過払い金の計算はもちろん、専門家の立場から最善のアドバイスをさせていただきますので、ぜひ一度杉山事務所にご相談ください。過払い金請求のご相談は無料です。フリーダイヤルかメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。

過払い金請求のタイミングは借金を完済した後がいいのか返済中がいいのか?

すでに借金を完済している人にとって、過払い金請求のデメリットはほぼないといっていいので、時効を迎えてしまう前にすぐにでも過払い金請求をするべきです。請求先の貸金業者やクレジットカード会社はもう利用できないという注意点はありますが、他の貸金業者やクレジットカード会社であれば利用できるので問題はありません。

借金を返済中の方にとっては、頑張って完済してから請求したほうがいいのか、返済中でも過払い金請求をしたほうがいいのか、迷うところだと思います。信用情報に登録される(ブラックリストにのる)ことをどうしても避けたいのであれば、完済した後に過払い金請求をしたほうがいいでしょう。ただし、この場合は完済へのめどが立っていることが前提です。また、借金を払い終わる頃には貸金業者が経営不振になったり倒産してしまったりする可能性もありえます。その場合は過払い金を取り戻すことはできなくなるので、そのリスクがあることも覚えておきましょう。

毎月の返済が生活を圧迫していて支払いが遅れがちな方は、返済中でも早く過払い金請求することをおすすめします。返済を3ヶ月延滞すると、信用情報に延滞記録が登録されます。これはブラックリストにのるのと同じことです。先々、計画的に借金を返していける見込みがあるならいいのですが、延滞でブラックリストにのってしまうくらいならば早く過払い金請求の手続きをして借金を減らしたほうが、生活が楽になり、早く完済できることは間違いありません。そちらのほうがブラックリストの登録もはやく削除されるでしょう。

ブラックリストとは何か・過払い金請求とブラックリストの関係・ブラックリストのデメリットを正しく理解すれば、それほど不安になることもありません。返済中の過払い金請求の手続きで不安がある方は杉山事務所までご相談ください。相談料は無料ですのでお気軽にフリーダイヤル、またはメールフォームからご連絡ください。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。

過払い金が発生しているかどうかの目安

返済中・完済後に関わらず、過払い金請求は借金をしている人であれば誰でもできるわけではありません。過払い金が発生する条件を満たしていなければ過払い金請求することはできません。改めて過払い金が発生しているかどうかの目安をまとめました。

借金を10年以上返済し続けている方

・過払い金が発生している可能性が高いです。

・戻ってくる過払い金で借金完済となる可能性が非常に高いです。

・さらに過払い金のほうがが多い場合には手元にお金が残ります。

借金を5年以上返済し続けている方

・過払い金が発生している可能性が高いです。

・戻ってくる過払い金により、借金が減額になる可能性が高いです。