遅延損害金がある・過去に返済の遅延があった場合の過払い金請求

遅延損害金がある・過去に返済の遅延があった場合の過払い金請求

過去に貸金業者への返済が遅れたため遅延損害金を支払ったことがあるので過払い金請求ができないのではないかとお考えの方がおられるかもしれません。しかし、そんなことはありません。過去に返済が遅延し遅延損害金を支払っていても過払い金請求をすることができます。現在では、平成22年6月の利息制限法改正により遅延損害金での20%以上の金利は違法となっています。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

遅延損害金とは

貸金業者に借金の返済をしていた際に支払いが遅れるとペナルティが発生します。貸金業者との契約を守れなかったとして返済金額に加えて、損害に対する賠償金を支払うことになります。その支払う賠償金のことを遅延損害金と言います。遅延損害金は利息制限法の上限金利である15%~20%の1.46倍まで遅延損害利率として請求していいとされています。

過去に返済の遅延があった場合

過去に支払いを遅らせた経験がある方は、支払いを遅らせてしまったうしろめたさから、過払い金請求ができないのではないかと心配し、過払い金請求をためらっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、過去に支払いを遅らせてしまったとしても、過払い金返還請求を行うことは可能です。むしろ、支払いを遅らせてしまったことによって生じた遅延損害金も支払っていた方などは、遅延損害金を支払っていなかった場合と比べて、より多く返還されるケースもあります。

過払い金返還請求をする際には、法律に基づいた金利で引き直し計算をします。従いまして、過去に支払いを遅らせていたとしても、通常利率で計算を行うこととなります。
また、過去に遅延損害金を支払っていた場合、遅延損害金自体も違法な高金利になっているケースが多いため、遅延損害金に対する過払い金も発生し、結果的に返還金額が増えるわけです。

返済の遅延に関わらず正当な過払い金を請求するためにも、専門的な知識を持った当事務所に是非ご相談ください。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間
※過払い金にも利息はつきます!
過払い金に対する利息は、個々の取引によって過払い金が発生するごとに、その都度年5%の利息が付きますので、取引期間が長い方などは年5%の過払い金利息を請求するしないによって、過払い金の返還額が大きく異なってきます。過払い金の返還を請求する際は、安易な妥協はせずに積極的に訴訟提起を行って、過払い金に利息を付けた、正当な金額を返還してもらうべきです。

遅延損害金のある過払い金請求は杉山事務所

過払い金請求は払い過ぎた利息を取り戻す正当な権利です。過去に遅延損害金を支払った経緯があっても過払い金請求することはできます。過払い金請求はデメリットが少なくメリットが大きい手続きですので、貸金業者に負い目を感じず、しっかりと払い過ぎた利息を取り戻しましょう。

杉山事務所では月3000件を超える過払い金の関する相談をいただいております。なかにはもちろん、過去に遅延損害金を支払っている方からの相談もあり、司法書士が相談者様の要望にあった解決方法をご提案させていただき、満足していただいております。費用が気になる方も安心してご利用できますよう、相談料・着手金0円となっております。質問からでも受け付けておりますのでお気軽にメールフォーム・フリーダイヤルからお問い合わせください。