レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の対応【返還率と期間の目安】最新情報

レイクからお金が戻ってくるかもしれません!

完済しました!今、返済中です!借り入れたい!過払い金があるかお調べします。お気軽にお問い合わせください!

日本一に選ばれた杉山事務所だからできる!

杉山事務所でレイクに過払いの返還を求めるメリット

杉山事務所の実績

ひとりで悩まず、まずは相談!0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

  • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
  • 東京事務所 0120-131-261
  • 広島事務所 0120-135-325
  • 仙台事務所 0120-566-882
  • 名古屋事務所 0120-122-812
  • 福岡事務所 0120-132-173
  • 岡山事務所 0120-153-565
  • メールで無料相談!

携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

3つのタイプ別で見る過払い金請求をするメリット

完済した方へ

  • 1. ブラックリストには載りません!
  • 2. 返しすぎているお金が戻ってきます!
  • 3. 利息付きで返してもらえることがあります!
完済した方へ もっと詳しく見る
完済した方へ もっと詳しく見る
過払い金請求には時効がありますのでお急ぎください!

返済中の方へ

  • 1. 取り戻した過払い金で借金を減額、完済することも可能です!
  • 2. ブラックリストに載らない可能性も!
返済中の方へ もっと詳しく見る
返済中の方へ もっと詳しく見る

借りたい方へ

  • すでにレイクから借りていて、追加で借りようと思っている方。
  • 他業者で借りていて、新たにレイクで借りようと思っている方。
  • 1. 取り戻した過払い金で借金を減額、完済することも可能です!
  • 2. 新規の借入が不要になるかも!
  • 3. 借りる前に・・・請求が来る前に請求を!
借りたい方へ もっと詳しく見る
借りたい方へ もっと詳しく見る

借金返済中の過払い金請求に不安がある方へ

返済中でも大丈夫!お気軽にご相談下さい!

現在、借金を返済中という方でも、過払い金請求はできます。今返済が苦しかったり、過払い金がある可能性がある場合はできるだけ早めにご相談下さい!実は過払い金は借入先の金融業者の経営状況によって、今後の過払い金の返還額が大幅に減少、取り戻せない可能性が高くなることが予想されているのです!どんな不安でもまずはご相談下さい。「返済中だから…」といって、諦める必要はありません!

過払い金請求を行った実際のケース 

過払い金請求事例1 -5社から10年ほどの借入-

過払い金請求事例1

過払い金請求事例2 -6年前に借金を完済済み-

過払い金請求事例2

お問い合わせ

レイクへの過払い金請求、債務整理(任意整理)の手続き費用

レイクの過払い金請求や任意整理の着手金は無料です。

着手金 任意整理 無料
過払い金請求 無料
過払い金報酬 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)

※相談者様の状況によって費用が変わります。相談時に相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

  • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
  • 東京事務所 0120-131-261
  • 広島事務所 0120-135-325
  • 仙台事務所 0120-566-882
  • 名古屋事務所 0120-122-812
  • 福岡事務所 0120-132-173
  • 岡山事務所 0120-153-565
  • メールで無料相談!

携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

ひとりで悩まず、まずは相談!0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の対応【返還率と期間の目安】最新情報

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の特徴

・新生銀行の傘下なので経営は比較的安定
・過払い金請求の手続きは比較的スムーズ
・過払い金の支払い時期は和解が成立してから平均2ヶ月程度
・1993年9月以前の取引履歴は開示されない場合がある

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金が発生している可能性がある人(対象期間と当時の金利)

現在レイクは新生銀行グループの銀行カードローンのサービスですが、2008年以前までは外資系大手GE(ジェネラル・エレクトリック)の金融部門が担当する消費者金融サービスでした。レイクは2007年12月2日以前まで最大29.2%の高金利で貸付けをおこなっていたので、2007年12月以前に借入れがあった方は過払い金が発生している可能性があります。また、その時に契約の変更手続きをしていなかった場合、それ以降も高い金利を払っていた可能性があります。

レイク(新生フィナンシャル)の直近の経営状況と今後の過払い金請求の見通し

レイクは現在の経営資本が銀行であるため、経営状態は比較的安定しているといえます。過払い金請求に対しても柔軟・誠実な対応で、消費者金融の中でも比較的円滑に交渉を進めることができました。しかし、2014年の日本GEによる損失補償打ち切りにより、状況は悪化しています。レイクに対し、任意交渉(話し合いによる交渉)だけでは過払い金の満額返還はむずかしい状況です。

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金請求「かかる期間」と「いくら戻ってくるか」の目安

話し合いによる交渉だけにとどめるか裁判を起こすかで返還率と返還までの期間がかわります。

話し合いによる交渉(任意交渉)の場合

・返還率:80%~
・期間:4ヶ月~

裁判をした場合

・返還率:100%~
・期間:6ヶ月~

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金請求の流れとレイクの対応

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金を請求する流れ

レイクへの過払い金請求は、杉山事務所にご依頼いただければ司法書士がご本人に代わってすべての手続きをおこないます。ここではレイクの過払い金請求手続きの流れをご説明します。ご自分で過払い金請求する場合も基本的な流れは変わりません。

【1】レイク(新生フィナンシャル)から取引履歴を取り寄せる

過払い金の額を計算するために、まずは新生フィナンシャル(レイク)に対して取引履歴の開示請求をします。現在、レイクはスムーズに取引履歴の開示請求に応じており、通常1週間ほどで郵送してくれます。

しかし、レイクには取引履歴の破棄問題があり、「1993年(平成5年)10月以前の取引履歴は破棄したため存在しない」として、該当期間の取引履歴を開示しません。1993年(平成5年)10月以前にレイクと取引があった方は自分で手続きをせず、ひとまず杉山事務所にご相談ください。

【2】過払い金の計算(引き直し計算)をする

レイクから取引履歴を取り寄せたら、利息制限法で定められた法定利息に基づいて利息の再計算をします。この過払い金の計算をすることを「引き直し計算」と呼んでいます。個人で引き直し計算をする場合は、ネット上で簡単に無料ダウンロードできる過払い金計算ツールがあるので利用してみてもいいでしょう。自分で引き直し計算するときは入力ミスに気をつけてください。面倒な場合は専門家に任せたほうが確実です。

【3】レイク(新生フィナンシャル)へ過払い金請求書を送る

引き直し計算をして過払い金の額が確定したら、新生フィナンシャル(レイク)に対し過払い金返還請求書を送ります。書式に正式な決まりはありませんが、自分でやる場合、ネット上にテンプレートが公開されていますので参考にしてもよいでしょう。

過払い金返還請求書は、内容証明郵便で配達証明をつけて送るほうが確実です。内容証明郵便とは、「誰が、誰宛てに、いつ、どんな内容の手紙を出したのか」ということを郵便局が公的に証明してくれる郵便(手紙)のことです。また、配達証明(郵便)とは、相手に何月何日に配達したのかを、手紙の差出人に証明してくれるものです。

【4】電話等で話し合いによる交渉(和解交渉)

レイク(新生フィナンシャル)の過払い金の損失はしばらく元会社のGEが負担する契約になっていたので、過払い金請求の対応はよかったのですが、2014年に日本GEによる損失補償の契約が打ち切りになりました。これを受けて、2016年から和解交渉の対応がきびしくなり、過払い金の減額交渉をしてくるようになりました。80~90%の返還率であれば4ヶ月程度で取り戻せますが、満額に近い金額を取り戻したいなら時間はかかりますが裁判に移行します。

・この段階で和解が成立した場合→【7】過払い金の返還
・レイク(新生フィナンシャル)の和解案に納得しない場合→【5】過払い金返還請求訴訟の提起(裁判)

【5】過払い金返還請求訴訟の提起(裁判)

レイク(新生フィナンシャル)との交渉で満足いく結果が得られない場合は過払い金請求訴訟(裁判)をおこすことになります。訴状やその他の必要書類、収入印紙などを裁判所に提出することで裁判が始まります。裁判と聞いて面倒くさい、大変そう、と感じる方も多いと思いますが、杉山事務所にご依頼いただいた場合、すべての手続きを本人に代わっておこないますのでご安心ください。

法律上の争点があった場合、裁判が長引いたり、過払い金の額が上下することもある
レイク(新生フィナンシャル)との取引の途中に、一度完済してから数年後また借りたなどの空白期間(取引の分断)があるケースでは注意が必要です。1回目と2回目の借入れを分けて考える主張(取引の分断の主張)をしてくることがあります。仮に1回目の取引の完済時点から10年以上経過している場合、「すでに過払い金請求の時効が成立している」として過払い金の返還に応じないケースがあります。

【6】過払い金額の和解交渉

通常は裁判をおこした後も、判決を待たずに裁判外で和解のための話し合いを並行して進めます。

【7】過払いの返還

電話での交渉で和解がまとまるか、裁判で勝訴すればいよいよ過払い金が返還されます。和解がまとまれば、レイクは支払いが早いのが特徴です。過払い金の支払い時期は和解が成立してから平均2ヶ月程度で返還されます。

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金請求する場合の注意点

取引履歴の破棄問題

レイクは、「1993年(平成5年)10月以前の取引履歴は破棄したため存在しない」として、該当期間の取引履歴を一切開示しません。なぜ1993年(平成5年)10月以前の履歴がないのか詳細は不明ですが、1993年当時はまだ新生銀行どころか前身である米国GEも関与していない時代です。1998年11月に株式会社エルの「ほのぼのレイク」をGEが買収したことで、2000年代のレイクが誕生したという経緯があります。こういった沿革の経緯があり、取引履歴の引継ぎなどがうまくいっていなかったのかもしれません。

このように取引履歴が保存されていないことで開示されないケースでは「推定計算」をすることでその金額が取り戻せる可能性があります。この場合は個人ではかなりむずかしいので、ひとまず杉山事務所にご相談ください。

時効に注意

レイクに過払い金請求するには、請求できる期限が決まっています。過払い金請求には、最後に取引した日(完済した日)から10年という時効があるためです。過去にレイクからお金を借りていた方、特に10年くらい前に完済している方はお急ぎください。心当たりのある方は、過払い金請求の時効をとめる方法がありますので、ひとまず杉山事務所にご相談ください。

レイク(新生フィナンシャル)に過払い金請求する際のメリット・デメリット

レイク(新生フィナンシャル)に完済した人が過払い金請求するメリット・デメリット

メリット

・レイクからお金が戻ってきます!
・レイク以外の消費者金融など貸金業者に返済中の場合、レイクの過払い金で借金がなくなるかもしれません!

デメリット

・レイク(新生フィナンシャル)のカードは利用停止になり、今後レイク(新生フィナンシャル)から借入れをすることはできなくなります。

ただし、他の貸金業者から借入れをすることや、住宅ローン・車のローンなどを組むこと、クレジットカードを持つことには何も影響ありませんのでご安心ください。実際にはレイクに完済したあとの過払い金請求に関してデメリットと呼べるほどの問題は何もありません。時効を迎えて過払い金請求ができなくなる前に、早めに手続きをすることをおすすめします。

レイク(新生フィナンシャル)に返済中の人が過払い金請求するメリット・デメリット

メリット

・今ある借金が減らせます!
・過払い金の額が多ければ、借金がなくなるかもしれません!

デメリット

・信用情報(ブラックリスト)に登録されます。

レイク(新生フィナンシャル)に返済中の状態で過払い金請求をした場合、信用情報に登録されます。これは世間一般で「ブラックリストにのる」といわれる状態で、一定期間、新たな借入れをすることやローンを組むこと、クレジットカードを持つことができなくなります。

返済中の場合、現在のレイクの返済を見直し、将来利息をカットしてもらったり残った借金を分割で払うような交渉・手続きをふみます。これは債務整理(任意整理)という手続きになり、「契約見直し」という扱いになるので信用情報に影響するのです。

ただし、信用情報(ブラックリスト)にのるのは5年程度なので、その期間を過ぎれば登録は削除され、新たにローンを組むことやクレジットカードを持つこともできるようになります。詳しくは「新たな借入・住宅ローンは組めない?完済・返済中の過払い金請求について」のページで紹介しているので合わせてお読みください。

レイク(新生フィナンシャル)に自分で過払い金請求する人のメリット・デメリット

メリット

・司法書士・弁護士費用がかかりません。

デメリット

・面倒な手続きを全て自分でやらなければならず、時間と労力がかかります。
・個人でレイクと交渉すると過払い金の返還額が減ってしまう可能性があります。
・自分でやると同居家族に過払い金請求の手続きがバレてしまう可能性があります。
・返済中の場合、レイクからの借金の督促は止まりません。

司法書士・弁護士に依頼してレイク(新生フィナンシャル)に過払い金請求する人のメリット・デメリット

メリット

・面倒な手続きはすべて専門家任せにできます。
・個人で交渉するよりも多くの過払い金を取り戻せる可能性が高いです。
・専門家がすべて代理でおこなうので、家族や職場など周囲に内密に手続きができます。
・返済中の場合、専門家に依頼すればレイクからの借金の督促がストップします。

デメリット

・専門家に払う報酬がかかります。

レイクとは・新生フィナンシャルの会社概要

レイクは、かつて「ほのぼのレイク」のブランドで業界第4位の位置づけでしたが、サーキット場の投資等、投資事業の破綻により経営が悪化し、貸金残高でアイフルに抜かれました。その後、米国GEキャピタルへの営業譲渡、新生銀行への営業譲渡(その後新生フィナンシャル株式会社)を経て、現在に至ります。

独立系のプロミス・アイフルとは違い、新生銀行を後ろ盾とするも、資金提供先である新生銀行からの締め付けが強く、また、1995年(平成7年)以前の取引履歴の未開示問題(新生フィナンシャル側は破棄済と主張)等もあり、任意交渉(話し合いによる交渉)よりも裁判による解決となるケースが多い業者です。今後はさらに厳しい対応が予想され、解決までに時間がかかる可能性も高いと思われるため、お早めにご相談ください。

新生フィナンシャル株式会社は、消費者金融「新生フィナンシャルカードローン」のサービスと、「新生銀行カードローン レイク」などの信用保証業務をおこなう株式会社新生銀行の子会社です。GEコンシューマー・ファイナンス株式会社として、米GE (General Electric Company)の金融部門であるGEキャピタルを通じて信販・消費者金融事業を展開していましたが、貸金業法改正に伴う金利引き下げや過払い金請求訴訟が相次ぐために収益が悪化。消費者金融事業からの撤退を決め、規模を拡大し収益力向上を目指す新生銀行に売却。2008年9月22日に新生銀行の子会社となり、2009年4月に新生フィナンシャル株式会社と商号変更しています。

2005年から「GE Moneyのカードローン」を展開しましたが、2006年12月25日で新規の申し込み受付を停止。「レイク」ブランドは、2011年9月30日限りで終了しています。2011年10月1日に「レイク」としておこなっている消費者金融事業の店舗・自動契約機などの営業資産を、親会社の新生銀行へ事業譲渡し、同日新規契約分から「新生銀行カードローン レイク」という同社カードローンの一商品として事業展開しています。

事業内容は貸金業、住宅ローンなど。キャッシング30日間無利息が人気で、土日や深夜でも手数料が無料です。シンキ株式会社、株式会社アプラスフィナンシャルは同じ新生銀行グループです。

商号 新生フィナンシャル株式会社
URL http://www.lake.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町一丁目7番7号 スワン東京ビル
資本金 915億1,815万282円
貸金業者登録番号 関東財務局長(6)第01024号
その他 シンキ、アプラスフィナンシャル、新生カード、GEコンシューマーファイナンス(旧社名)

無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

  • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
  • 東京事務所 0120-131-261
  • 広島事務所 0120-135-325
  • 仙台事務所 0120-566-882
  • 名古屋事務所 0120-122-812
  • 福岡事務所 0120-132-173
  • 岡山事務所 0120-153-565
  • メールで無料相談!

携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

レイクの取引履歴取得方法・手順

取引履歴の請求は、電話および郵送で可能です。

【1】電話で請求する場合
  1. 1.その場で本人確認がされます。
  2. 2.約1週間で履歴が自宅へ送付されます。
【2】郵送で請求する場合
  1. 1.HPから開示請求書をダウンロードします。
  2. 2.必要書類とともに請求書を郵送します。
  3. 3.書類の確認後、2週間で履歴が送付されます。

備考:開示請求書は、電話で取寄せることも可能です。

■レイクへ取引履歴開示請求

お問い合せ先
0120-01-9208(受付時間 平日9:30~18:00)

ご自身で取引履歴の開示請求を行って頂くデメリット

ご自分で取引履歴を請求して過払い金計算をすることも可能ですが、過払い金請求は専門的な知識を要するためデメリットがあります。

過払い金計算の手間がかかる!
取引履歴をみて、過払い金計算をするわけですが、過払い金請求はとても複雑なため正確な計算ができるものではありません。専門家へ依頼する事をおすすめします。
正確な金額を取り戻すことができない!
正確な過払い金計算が難しいため、戻ってくる金額が本来よりも少なくなる可能性があります。金融業者から提案があった場合、その真偽を判断する知識がないと不利益な状態のまま成立してしまいかねません。
ブラックリストに載ってしまうかも!
過払い金計算があることがわかり、ご自分の状況をよく把握できていないままで過払い金請求をしてしまうとブラックリストに載ってしまうかもしれません。
専門家であれば、ブラックリストに載らないタイミングなどがわかります。