セディナの過払い金請求の対応【返還率と期間の目安】最新情報

セディナからお金が戻ってくるかもしれません!

完済しました!今、返済中です!借り入れたい!過払い金があるかお調べします。お気軽にお問い合わせください!

日本一に選ばれた杉山事務所だからできる!

杉山事務所でセディナ(OMCカード)に過払いの返還を求めるメリット

杉山事務所の実績

ひとりで悩まず、まずは相談!0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

  • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
  • 東京事務所 0120-131-261
  • 広島事務所 0120-135-325
  • 仙台事務所 0120-566-882
  • 名古屋事務所 0120-122-812
  • 福岡事務所 0120-132-173
  • 岡山事務所 0120-153-565
  • メールで無料相談!

携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

3つのタイプ別で見る過払い金請求をするメリット

完済した方へ

  • 1. ブラックリストには載りません!
  • 2. 返しすぎているお金が戻ってきます!
  • 3. 利息付きで返してもらえることがあります!
完済した方へ もっと詳しく見る
完済した方へ もっと詳しく見る
過払い金請求には時効がありますのでお急ぎください!

返済中の方へ

  • 1. 取り戻した過払い金で借金を減額、完済することも可能です!
  • 2. ブラックリストに載らない可能性も!
返済中の方へ もっと詳しく見る
返済中の方へ もっと詳しく見る

借りたい方へ

  • すでにセディナ(OMCカード)から借りていて、追加で借りようと思っている方。
  • 他業者で借りていて、新たにセディナ(OMCカード)で借りようと思っている方。
  • 1. 取り戻した過払い金で借金を減額、完済することも可能です!
  • 2. 新規の借入が不要になるかも!
  • 3. 借りる前に・・・請求が来る前に請求を!
借りたい方へ もっと詳しく見る
借りたい方へ もっと詳しく見る

借金返済中の過払い金請求に不安がある方へ

返済中でも大丈夫!お気軽にご相談下さい!

現在、借金を返済中という方でも、過払い金請求はできます。今返済が苦しかったり、過払い金がある可能性がある場合はできるだけ早めにご相談下さい!実は過払い金は借入先の金融業者の経営状況によって、今後の過払い金の返還額が大幅に減少、取り戻せない可能性が高くなることが予想されているのです!どんな不安でもまずはご相談下さい。「返済中だから…」といって、諦める必要はありません!

過払い金請求を行った実際のケース 

過払い金請求事例1 -5社から10年ほどの借入-

過払い金請求事例1

過払い金請求事例2 -6年前に借金を完済済み-

過払い金請求事例2

セディナ(OMCカード)への過払い金請求、債務整理(任意整理)の手続き費用

セディナ(OMCカード)の過払い金請求や任意整理の着手金は無料です。

着手金 任意整理 無料
過払い金請求 無料
過払い金報酬 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)

※相談者様の状況によって費用が変わります。相談時に相談者様にとって最適なプランを提案させていただきます。

無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

  • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
  • 東京事務所 0120-131-261
  • 広島事務所 0120-135-325
  • 仙台事務所 0120-566-882
  • 名古屋事務所 0120-122-812
  • 福岡事務所 0120-132-173
  • 岡山事務所 0120-153-565
  • メールで無料相談!

携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

ひとりで悩まず、まずは相談!0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

セディナの過払い金請求の最新情報

セディナ(OMCカード)の過払い金請求の特徴

  • ・取引履歴の開示請求先・過払い金請求先がカード毎に別々になっている
  • ・取引履歴の開示まで時間がかかる場合が多い
  • ・取引履歴取得後の過払い金請求の対応はスムーズ
    • セディナ(OMCカード)に過払い金が発生している可能性がある人

      セディナはOMCカード・クオーク・セントラルファイナンスが合併した会社になっており、3社で2007年より以前に取引していた方や、2007年より以前から引き続き取引を継続している方は過払い金が発生している可能性があります。

      2008年まで発行枚数が業界2位であったOMCカードは2007年9月2日に金利を改定していますが、それ以前には28.8%という高金利で貸付をしていました。

      日本の大手信販会社の一つであったセントラルファイナンスも25%を超える高金利で貸付していましたので、セディナへの過払い金請求の対象となる方は非常に多くなっています。

      セディナ(OMCカード)の直近の経営状況と今後の過払い金請求の見通し

      セディナは2009年にOMCカードの存続会社として、OMCカード・セントラルファイナンス・クオークの3社が合併した会社です。

      一時期は過払い金請求や総量規制などの影響から経営状況が悪化していましたが、SMFGカード&クレジット(三井住友フィナンシャルグループ参加の中間持株会社)の完全子会社となっており、破綻の心配は少ないと言われてます。過払い金請求の対応に関しても、比較的スムーズな対応をしてくれる貸金業者の一つです。

      セディナ(OMCカード)に過払い金請求「かかる期間」と「いくら戻ってくるか」の目安

      話し合いによる交渉(任意交渉)の場合

      • ・返還率:70%~
      • ・期間:3ヶ月~

      裁判をした場合

      • ・返還率:80%~
      • ・期間:6ヶ月~

      セディナ(OMCカード)の過払い金請求の流れとセディナ(OMCカード)の対応

      セディナで過払い金請求をした場合の流れ、セディナの過払い金請求への対応を詳しく解説します。司法書士や弁護士などの専門家に依頼している場合、【1】取引履歴を取り寄せる~【7】過払い金の返還 まで全て手続きを代理の司法書士や弁護士がしてくれますので、依頼する前に手続きの流れのご参考にしてください。

      セディナ(OMCカード)に過払い金を請求する流れ

      【1】セディナから取引履歴を取り寄せる

      過払い金請求をするには、まず過払い金がいくら発生しているか計算します。過払い金を計算するにはセディナの取引履歴が必要です。

      セディナはOMCカード・セントラルファイナンス・クオークの合併会社ではありますが、管理部署が全て違うため取引履歴の開示先がカード毎に違うので注意が必要です。また、OMCカードで過払い金請求をする場合にクオークやセントラルファイナンスでも借入があると、全てのカードで過払い金請求することになります。OMCカードは過払い金請求するが、セントラルファイナンスはしない。といったことはできません。

      セディナから取引履歴を取り寄せる場合、他の消費者金融やクレジットカード会社などにくらべて開示されるまでに時間がかかります。一般的に、1週間~1ヶ月ほどで取り寄せることができますが、セディナの場合は最低でも約1ヶ月程度かかる見込みで、最大で4ヶ月かかった例もあります。

      これは、セディナがマイクロフィルムというシステム帳票で顧客情報を管理しており、肉眼で情報を確認することが難しく専用の機器をつかいデータを復元する必要があるためです。

      司法書士や弁護士に依頼した場合は委任した段階で時効がとまります。しかし、自分で過払い金請求をする場合、貸金業者に過払い金請求書を送るまでは時効のカウントがすすんでしまいます。取引履歴を取得している間に時効期限を迎えてしまった。とならないように早急に行動する必要があります。時効が目前に迫っている場合の過払い金請求は、専門家に依頼するほうが懸命でしょう。

      セディナの取引履歴開示請求先
      • OMC
      • 03-5638-3222
      • セントラルファイナンス
      • 03-3345-8183
      • クオーク
      • 03-6722-9009

      ※各カードによって開示請求先が変わりますのでご注意ください。

      自分で取引履歴を取りよせる場合の貸金業者から、「取引履歴を何に使うのか?」と聞かれることがあります。その際は「過払い金請求をするため」と伝えることはやめてください。

      「過払い金請求をする」と伝えると過払い金請求の裁判をした際に貸金業者から、「今まで支払っていた利息を過払い金と認識して支払っていた」と主張されることがあります。最悪の場合、過払い金の請求ができなくなるので、「現状(過去)の支払い状況を確認する」と答える程度にとどめておいてください。

      【2】過払い金の計算(引き直し計算)をする

      セディナから取り寄せた取引履歴を元に過払い金の引直し計算をします。過払い金の計算は間違えてしまうと返還される過払い金が減額されたり、金額が間違っているために貸金業者から過払い金請求を断られたりする可能性があるので慎重におこなってください。

      過払い金の計算については、過払い金の計算方法 具体的な金額で出すおおよその過払い金の目安にて詳しく解説していますのでご参考にしてください。

      【3】セディナ(OMCカード)へ過払い金請求書を送る

      過払い金の金額がわかったら、セディナへ過払い金請求することを伝えます。過払い金返還請求書を用意しセディナへ内容証明郵便で送るのがよいでしょう。内容証明郵便で送るといつ・どこに・だれが・何を送ったかが残るため貸金業者が対応せざる負えなくするためです。

      過払い金返還請求書に記載する内容
      • ・日付
      • ・請求先の貸金業者名と代表者名
      • ・自分の名前
      • ・住所
      • ・連絡先
      • ・振込口座名と口座番号
      • ・「利息を引き直し計算した結果、○○円の過払い金があることが判明したので返還の請求をする」といった内容
      【4】電話等での和解交渉

      過払い金返還請求書がセディナに届いたあと、セディナから連絡があり最初の和解交渉をします。過払い金の返還金額・過払い金の支払日などの和解案が貸金業者から提案されます。

      セディナなどの貸金業者は、過払い金請求の対応に非常に慣れています。その為、相手が個人の場合は強気の交渉をしてくる傾向にあり、不当に安い金額で和解を求めてくる可能性があります。自分で過払い金請求をする場合は強気の姿勢で希望の金額を主張してください。

      交渉が不安、怖いという方は、過払い金請求に特化した司法書士・弁護士に相談し代理で手続きをするのをおすすめします。依頼者の利益を最優先に考えた対応を提案してくれるので、アドバイスをもらって依頼するがよいでしょう。

      • ・この段階で和解が成立した場合→【7】過払い金の返還
      • ・セディナの和解案に納得しない場合→【5】過払い金返還請求訴訟の提起(裁判)
      【5】過払い金返還請求訴訟の提起(裁判)

      電話での交渉で貸金業者から提案された過払い金の金額や支払い期日などに納得できない場合、訴訟を提起し過払い金請求の裁判をすることになります。

      過払い金請求の裁判は非常に時間と手間がかかります。訴状の作成・裁判所に提出する書類の準備・裁判がはじまった際は裁判所へ行く必要があるのでかなり時間を拘束されます。それらを理解した上で裁判をしてください。

      裁判をすることがわかっている場合、裁判をした方が得になるのかわからない場合は司法書士や弁護士に相談することを強くおすすめします。裁判をするべきか、しなくてもいいのかのアドバイスも貰えますし、依頼した場合は必要な書類の準備や作成・裁判所への出廷も全て司法書士や弁護士が代理でやってくれます。裁判に関する知識もつける必要もなくスムーズに裁判をすることができます。

      過払い金請求の裁判に必要な書類
      • ・貸金業者に訴えの内容を述べた訴状
      • ・裁判所や貸金業者に過払い金が発生する事実を証明する証拠を伝えるための証拠説明書
      • ・貸金業者とどのような取引がおこなわれたかを証明する取引履歴
      • ・過払い金がいくら発生しているかを証明する引き直し計算書
      • ・貸金業者の会社の情報が書かれた登記簿謄本(資格証明書)
      【6】過払い金額の和解交渉

      訴訟を提起し、裁判がはじまっても判决がでるまではセディナから和解案が提案されます。判决がでるまで待ってもよいですし、早期に解決したい場合や納得できる内容であれば、その時点で和解して解決することもできます。

      【7】過払いの返還

      勝利判决がでるか、和解に至ったあと過払い金がセディナから支払われます。過払い金の返還までの期間の目安は、和解成立後から約2ヶ月~となることが多く、裁判で判决が出た場合は和解よりも早く支払われることもあります。

      セディナ(OMCカード)に過払い金請求する場合の注意点

      カードごとに過払い金請求の窓口が違う

      セディナはOMCカード・クオーク・セントラルファイナンス(CF)の3社が合併した会社となっています。合併し1つの会社となっていても、過払い金請求に対する窓口が違うため取引履歴の取得先や過払い金請求書の送付先が違っています。

      3社のうち複数社契約している場合は、それぞれの窓口に取引履歴の開示請求や、過払い金請求書の送付が必要になるので注意が必要です。

      ひとつのカードだけ過払い金請求するということはできない

      OMCカードとCFカードを所持している状態でOMCカードだけ過払い金請求するということはできません。グループ会社や合併した会社の場合、そのグループ内全てのカードの過払い金請求をする必要があります。

      ショッピングの残債に注意

      同じグループ内のカードの複数所持している場合、過払い金請求をする以外のカードでショッピング枠を利用していないか確認してください。

      過払い金が発生していても、他のカードでショッピングの利用がある場合は返還される過払い金でショッピングの残債と相殺されてしまいます。その結果、過払い金のほうが残債より多ければショッピングの支払いもなくなり問題はありません。

      しかし、返還される過払い金によってショッピングの残債がなくならなかった場合、手続きの内容が任意整理という手続きに変更になるため、ブラックリストにのる(個人信用情報機関に事故情報が登録される)ことになります。

      ブラックリストにのりたくない方は、事前に同一グループにショッピング利用中のものがないか確認し、完済してから過払い金請求するようにしてください。

      セディナ(OMCカード)に過払い金請求する際のメリット・デメリット

      セディナへ過払い金請求するとセディナ系列のカードは利用停止になり、今後セディナから借入れをすることはできなくなります。セディナ系列のカードは非常に種類が多いので注意してください。

      セディナ(OMCカード)に完済した人が過払い金請求するメリット・デメリット

      カードが使えなくなる以外のデメリットはなく、セディナ系列以外の他社のカードの私用はできるので、メリットである過払い金が手元に返ってくる恩恵を最大限に受けることができます。

      セディナ(OMCカード)に返済中の人が過払い金請求するメリット・デメリット

      メリット

      返済中の借金が返還される過払い金によって完済できる、または減額されます。

      デメリット

      過払い金で借金残高を相殺しても完済できなかった場合、手続きの内容が借金を減額する任意整理となりブラックリストのってしまいます。

      セディナ(OMCカード)に自分で過払い金請求する人のメリット・デメリット

      メリット

      全ての手続きを自分ですることになるため、かかる費用が最低限に抑えることができます。

      デメリット

      全ての手続を自分でする必要があるため、非常に手間と時間がかかり、過払い金の計算などを間違えると過払い金請求ができなくなる可能性があります。

      また、貸金業者と和解交渉をする際に相手が個人だと貸金業者は強気な交渉をしてきます。不当に低い金額での解決を提示してきたりすることもありますので、しっかりと自分の主張をする必要があります。

      司法書士・弁護士に依頼してセディナ(OMCカード)に過払い金請求する人のメリット・デメリット

      司法書士・弁護士へ依頼した場合、費用が発生するデメリットがありますが、取引履歴の開示請求から、過払い金の計算、貸金業者との和解交渉、裁判になった場合の代理で出廷など面倒なことをすべて専門家がしてくれます。依頼者は司法書士・弁護士からの定期的に報告を受け、過払い金の入金を待つだけです。

      杉山事務所では、相談料・初期費用無料で完全成功報酬型となっています。過払い金が発生しなかった場合は、費用をいただくことはございません。過払い金請求をするか迷っておられる方は、ぜひお気軽にフリーダイヤル・メールフォームからお問い合わせください。質問だけの相談も受け付けております。

      セディナとは・セディナの会社概要

      セディナは、2009年(平成21年)に、OMC、セントラルファイナンス、クォークの3社が合併して「セディナ」となりました。現在は株式会社SMFGカード&クレジットの完全子会社となりました。

      三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下会社となっていた、株式会社オーエムシーカード、株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークが合併し、2009年4月1日に発足した。存続会社は株式会社オーエムシーカードである。合併に際して、旧3社が発行してきた各種クレジットカードは原則セディナとしても引き続き発行し、加えて、セディナのハウスカードとなる「セディナカード」を新たに発行することになった。

      クレジットカードについては、ショッピングで利用されることも多く、ショッピングでのご利用は過払い金請求・債務整理の対象外であることから、過払い金請求・減額交渉はできないと判断される方も多くいらっしゃいますが、キャッシングのご利用については過払い金請求、減額交渉が可能です。

      商号 株式会社セディナ
      URL http://www.cedyna.co.jp/
      本社所在地 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
      資本金 82,843百万円
      貸金業者登録番号 東海財務局長(10)第00166号
      その他 株式会社プロセント、株式会社シーエフ信用保証、株式会社シーエフ債権回収、エムシーエス債権管理回収株式会社、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオーク

      無料相談は、お電話やメールをご利用ください。

      • 大阪事務所(主たる事務所) 0120-122-370
      • 東京事務所 0120-131-261
      • 広島事務所 0120-135-325
      • 仙台事務所 0120-566-882
      • 名古屋事務所 0120-122-812
      • 福岡事務所 0120-132-173
      • 岡山事務所 0120-153-565
      • メールで無料相談!

      携帯電話・非通知発信が可能です!ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!