山口県で過払い金請求するなら杉山事務所に無料相談【完全成功報酬】

山口県で過払い金請求の無料相談【完全成功報酬】

山口県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

山口県でも過払い金請求の実績豊富

過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 山口県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

山口県での過払い金請求にかかる費用<相談無料・完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

山口県の過払い金請求を対応<出張相談可能>

所在地 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
電話番号 0120-132-173 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 福岡県熊本県大分県佐賀県山口県

>> 詳細とアクセス

山口県での過払い金請求について

クレジットカード会社に対しても過払い金請求できるの?

クレジットカード会社からもキャッシングをすることはできますよね。リボの分割払いを長期間にわたって続けているという方も多いのではないでしょうか。 このクレジットカード会社のキャッシングで借りたお金に関しても過払い金請求を行うことは可能です。

大手のクレジットカード会社といえども過去には利息制限法の上限金利を超える金利(いわゆるグレーゾーン金利)を取っていた時期があるためです。 ここではクレジットカード会社に過払い金請求を行う場合の注意点を確認しておきましょう。

クレディセゾンやNICOSなど、大手のクレジットカード会社もグレーゾーン金利で利息を取っていた時期があります。具体的には平成19年以前のキャッシングが違法に高い利率で利息をとっていた時期になります。この時期にキャッシングを活用した履歴のある方は過払い金が発生している可能性が高いでしょう。

逆に言うと平成19年以降に関してはクレジットカード会社も適法な利率での貸付に変更していますので、過払い金は発生していない可能性が高いです。 正確な時期を忘れてしまった・・・という方はクレジットカード会社に利用履歴の開示を請求してみましょう。いつ、どれぐらいの利率でお金を借りているのか?という情報をすべて知ることができますよ。その履歴を持って弁護士などの法律家事務所に相談に行けば過払い金がいくらぐらい発生しているかの計算をしてもらうことができますよ。

過払い金請求するとブラックリストにのってしまう?

「過払い金請求するとブラックリストに載ってしまう」という話を聞いたことがある方もおられるかもしれません。 ブラックリストというのは金融機関の情報ネットワーク(信用情報機関と言います)で事故情報が登録されるということです。 ブラックリストに載ってしまうと新規のローン申込みが難しくなってしまいます。確かに、過払い金請求を行ったことが原因でブラックリストに載ってしまうケースというのも考えられますが、必ずそうなってしまうというわけではありません。

ブラックリストに載らないようにするには、過払い金請求の結果、借金残高が0円になるようにする必要があります。過払い金請求の結果借金が残らないケースではブラックリストに登録されてしまうことはありません。たとえば過払い金が100万円あるという場合には、クレジット会社のキャッシングリボ残高が150万円あるという方は50万円以上を繰り上げ返済しておくということですね。

過払い金請求のデメリットは理解すれば恐れる必要はありません。最大のメリットである払い過ぎたお金を取り戻す機会を失う前に早く手続きすることをおすすめします。過払い金請求は経営不振による貸金業者の倒産や過払い金請求の消滅時効の期限を迎えると手続きができなくなります。

クレジットカードの過払い金請求をする時の注意点

なお、クレジットカード会社に対しての過払い金請求は「キャッシング枠」のみにしか行うことができません。ショッピング枠については「お金の貸し借り」とはみなされないため、過払い金請求の対象とはならないのです。注意点として、もしこのショッピング枠について残高が残っていると、キャッシング枠について過払い金請求に成功したとしてもショッピング枠残高と相殺されてしまうことがあるのです。

その結果としてキャッシングリボ残高が残ってしまうとブラックリストに載ってしまうことになります。 クレジットカード会社に対して過払い金請求を行う場合にはキャッシング残高とショッピング残高の両方を把握しておくことが大切です。

以上、クレジットカード会社に対して過払い金請求を行う場合の注意点について解説させていただきました。 本文でも説明させていただきましたが、クレジットカードには「ショッピング枠」があるという点で消費者金融などに対する過払い金請求とは少し違いがあります。 対策を誤るとブラックリストに登録されてしまって5年以上は新規のローンを組めなくなるというような不利益をこうむってしまう可能性があります。

クレジットカード会社への過払い金請求は自分でもできますが、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼して行うことをおすすめします。専門家への相談は無料でできることがほとんどですので、「自分も過払い金請求することができるのかな?」と気になっている方は一度相談してみると良いでしょう。

過払い金請求の相談が多い山口県について

「西の京都」と呼ばれる山口市に県庁を置く山口県。県庁所在地は、山口市滝町1番1号で県警本部と同じ位置です。中国地方の五県のうち最西に位置し、九州との接点を持つ県であり、山口市・岩国市・宇部市・下関市・長門市・萩市を含めた、8つの地域で構成されています。
北側・南側・西側三方が海に囲まれていて、県中央には中国山地が横切っており、平地は少なく盆地が点在しています。日本海側は、水源になる河川付近は平地です。こうした地形が気候にも大きな役割を持っており、内陸部と沿岸部では、平均気温や積雪量に違いがみられます。梅雨期は、梅雨前線と暖湿流の影響で大雨となりやすく、地形による土砂災害が発生しがちです。

しかし、こうした地形ゆえに自然に恵まれた環境は、自然公園や観光名所が沢山あり、日本列島に発送される「食材」に恵まれた“ふく(福)”の土地です。「瀬戸内海国立公園」は、陸地の総面積が66,934ヘクタールあり、その中に光市の「室積・虹ケ浜海岸」も含まれます。
「秋吉台国定公園」は、特別天然記念物の「秋芳洞」をはじめ、「景清洞」や「大正洞」「中尾洞」があります。「秋芳洞」の総延長は日本第4位の8,500m、美弥市東部に位置します。日本地質百選や、「Mine秋吉台」として日本ジオパークに選定されている、“自然が創った美術”として、親しまれています。
他にも、北長門海岸国定公園、西中国山地国定公園や、長門峡県立自然公園を含む自然公園が7つあります。
本州最西といえ、アクセスは整えられており、観光やビジネスで訪れる人を迎えています。JR西日本と中国自動車道・山陽自動車道・山陰自動車道などの高速道路を含め、空路を含め陸路の利便性も高くなっています。空路は「山口宇部空港」と「岩国綿帯橋空港」があります。関門海峡フェリーは、福岡県北九州市をつなげており、県内外を含めた航路が備わっております。下関港国際ターミナルも、海外との経路となっており、韓国・釜山との「関釜フェリー」や、中国との「オリエントフェリー」が運航されています。

「下関」と山口県を代表する郷土料理と言えば、もちろん「ふぐ料理」。下関市で漁獲される“ふぐ”は「ふく(福)」とかけて、縁起を担いだ呼び方で知られています。ふぐの旬は、秋の彼岸から春の彼岸までと言われています。冬の寒い時期に温まる「ふぐ料理」や「ふぐ雑炊」、「ふぐ刺し」「ふぐのから揚げ」などが、定番で人気があり地元でも観光客からも喜ばれます。他の海産物は、鰺・イカ・車海老なども水揚げされており、「宇部蒲鉾」などの水産加工品も盛んに製造されています。日本最初の「辛子明太子」も、下関で作られました。
また、萩市を含め県全域の強度料理と言えば、「わかめむすび」や「いとこ煮」、すり身を昆布で包んだ巾着型の料理「ほおかむり」。押し寿司の「岩国寿司」や、海に囲まれた地形を活かした郷土料理は、“食”を進める食材を利用して、食べる人を楽しませます。

特産品は海産だけでなく、長門市原産の「夏みかん」をはじめ一年中フルーツ刈りが楽しめるのも特徴です。また、野菜では万能ねぎの元になった「安岡ねぎ」、山口生まれの「はなっこりー」や9つ穴の「岩国レンコン」、「高森牛」や幻の高級肉と呼ばれる日本古来の和牛「見島牛」があります。
食を飾るための器、山口県では「萩焼」、萩市から日本や世界にも発信されている日本の伝統工芸品です。山口市の民芸品「大内塗」や「ふぐ凧」、ふぐの皮で作る「ふぐ提灯」も県産ですし、「おみくじ」の7割は周南市で奉製されています。農業や漁業が盛んではあっても、「徳山みかげ」の御影石や大理石・石灰石も採掘されるので、鉱業の発達にも欠かせない原料が備わっています。
萩焼などの伝統は、農業や漁業と同じように進められている観光業にも成果が見られます。萩市にある世界遺産の「松下村塾」「萩反射炉」「萩城下町」「大板山たたら製鉄遺跡」「恵美須鼻造船所跡」やあります。「功山寺(仏殿)」や「瑠璃光寺(五重塔)」などの国宝も、歴史と情緒を味わえます。
観光で訪れる人は、下関市・岩国市・山口市・萩市と続いており、巌流島や唐戸、川棚温泉や秋吉台、洞窟の観光も後を絶ちません。思想家・教育者であった吉田松陰や松下村塾の生徒を祭神とする「松陰神社」も、学問の神として崇敬を受ける対象となっています。
自然・グルメ・伝統と一度に味わる「山口県」には、たくさんの温泉もあります。温泉放射能泉系・単純温泉系・塩化物泉系などの泉質で、湯田温泉・川棚温泉・湯元温泉・俵山温泉など、51泉あります。
それらの観光地では、下関市の「瓦そば」「巌流焼」「淡雪」、宇部市の「小野茶」をお土産品として購入することもできます。また、「宇部ラーメン」や「小野田アサリ」などを味わうこともできるのです。
気候のバランスが難しい地域でも、ふぐの生産は「福(ふく)」となり、九州とのつながりだけでなく、産業も観光も山口から日本や世界に発信される地域になっています。 山口県に「おいでませ(ようこそおいでくださいました)」