山形県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

山形県の過払い金請求は無料相談

山形県で当事務所が選ばれる理由

山形県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

山形県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

山形県で過払い金請求をご検討の方は、無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません

過払い金請求の最大のデメリットが過払い金請求ができなってしまうことです。その他のデメリットは恐れる必要はなく理解すれば回避できます。経営不振による倒産や最終取引日から10年げ経過してしまい時効が成立し過払い金請求ができなくなる前に手元にお金が返ってくる過払い金請求を早くしましょう。

借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

山形県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

仙台事務所

所在地 〒980-0811
仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
電話番号 0120-566-882 ※通話無料
電話番号 0120-566-882
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 宮城県、宮城県福島県山形県秋田県岩手県

>>仙台事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

「さくらんぼ」を始め、さまざまな農作物が取れる山形県。フルーツからお肉、そしてお米までグルメに関して困ることはまずない県です。また、温泉を始め観光地も多いのが特徴です。この記事では、山形県の魅力についてご紹介しましょう。

山形県とは
山形県は、日本海側にある県で庄内平野や奥羽山脈、蔵王連峰など自然豊かな県です。特に、有名なのは最上川かと思います。かの松尾芭蕉によって「五月雨を 集めてはやし 最上川」と読まれている川でもあります。昔は稲など農作物を運んだ川として使われていましたが、今では観光名所の1つとしてのほうが有名です。
山形県は豊かな自然が残っている県であると共に、果樹王国として認知されている県でもあります。さくらんぼを始めセイヨウナシやブドウ、ホップの生産も行っています。また、庄内地方ではお米だけでなく養豚にも力を入れています。

米沢牛を使った料理は絶品です!
山形を訪れたとき、ぜひ食べておきたいのが米沢牛です。米沢牛は、米沢市を中心とした置腸地域にて育てられる牛で、栄養価の高いエサを使って育てられた牛のこと。霜降りたっぷりの柔らかい肉は、口の中で溶けてしまいそうなお肉ですよ。
米沢牛を使った料理・お店はさまざまあります。その中でもおすすめなのが「べこや」です。「べこや」は米沢駅から近い場所にあるため、アクセスのしやすさもうれしいポイントです。古い古民家風のお店で、肩肘張らずに食べられます。お店は定食やステーキ、焼き肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなど目的に併せて食事方法を変えられます。どのタイミングでいっても「米沢牛」を楽しめるのでおすすめです。また、お肉をお寿司にして生で食べられる数少ないお店でもあります。

観光ならば「蔵王連峰」に行ってみよう!
山形県を走る蔵王連峰。この連峰は山形県民の方にも馴染のある連峰でレジャーや観光に向かう人が多くいます。市街地からでも西蔵王公園は、車で20分とアクセスもしやすいのでおすすめです。広大な自然に満たされた公園で、アスレチックやスベリ台もあるので家族で来るにもおすすめ。また、キャンプ場・バーベキュー場もあるので友達を含めてレジャーに来るにもいいでしょう。また、「西蔵王公園」の展望台から見る夜景は一見の価値があります。
また、公園だけでなく蔵王連峰には「蔵王ロープウェイ」もあります。蔵王の山麓から山頂までをゴンドラで眺めながら移動できます。季節ごとにさまざまな景色を眺めることができ、特に冬の樹氷原は積雪地帯ならではのもの。傾斜はかなりありますが、冬の山形を訪れたときはぜひ訪れてみたい場所です。車ならば山県蔵王ICならば車で40分ほど、バスなら山形から45分ほどで着きます。
さらに、蔵王連峰の麓には温泉地まであるのです。湯が出てから1900年もの溢れ続ける歴史あるお湯で、リーズナブルなお値段で利用できるのもうれしいところ。スキー場に隣接しているので、運動後のリフレッシュとしても使える温泉です。麓にはいくつかの共同浴場と日帰り温泉が用意してあります。好きな温泉場に浸かってリフレッシュしましょう。

銀山温泉でゆったりリラックス♪
蔵王温泉と同じぐらいおすすめしたい温泉地帯があります。それが「銀山温泉」です。
銀山温泉は、大正期に作られた温泉地で歴史の香りが残る観光スポットのひとつにもなっています。ドラマの「おしん」の舞台としても有名で観光客で賑わっています。銀山温泉の温泉は神経痛や筋肉痛、切り傷など湯治としての効能が非常に高くなっているのです。
この銀山温泉は、もともと延沢銀山で働いていた工夫が温泉の湧き出ていたのを発見したのが始まりです。今の温泉地帯が「銀山温泉」という名前になっているのも、この湧き出た山が由来となっています。銀山温泉はJR大石田駅からバスで約55分のところにあります。

ギネスにも認定されている「鶴岡市立加茂水族館」
山形県にたった1つだけ水族館があります。その水族館は「鶴岡市立加茂水族館」です。この水族館ではアシカショーやウミネコの餌付けなど、一般的な水族館と同じように水に住む生物との触れ合いや数々の展示を眺めることができます。しかし、ある一点において特別な水族館となっています。
その一点とは、クラゲの展示数。そのクラゲの数は、なんと最大50種類! たくさんのクラゲが入っている水槽は圧巻で、幻想的なクラゲの雰囲気は加茂水族館ならではの魅力となっています。また、地元庄内平野などに生息する水棲生物が展示してあり、山形の自然を感じ取ることができます。鶴岡市立加茂水族館はJR鶴岡駅前から加茂水族館経由湯野浜温泉行バスで約30分のところにあります。

いかがでしたか? この記事では山形県に関する情報についてまとめました。
山形県は果樹王国として有名ですが、やはり訪れたときは米沢牛を食べておきたいところ。柔らかいお肉は、生でも食べられる上質なお肉となっています。また、蔵王を中心とした観光スポットも充実しており、温泉に泊まってゆっくりできるのもうれしいところです。ぜひ、山形を訪れたときは雄大な自然を感じ取ってみてくださいね。

山形県の過払い金請求について

最近ではテレビCMなどで「過払い金」という言葉を目にすることが多くなりました。 「返還には期限があります」なんていわれてなんとなく気になっている・・・という方も多いのではないでしょうか。 ここでは過払い金が発生する仕組みについて確認しておきましょう。もしかしたらあなたの過払い金は時効にかかる直前かもしれませんよ。

過払い金は、消費者金融などの貸金業者が「違法に高すぎる利息」を取っていたことにより発生するものです。 利息に関する法律には罰則のある「利息制限法」と罰則のない「貸金業法」の2種類があり、それぞれ「この利率までなら利息をとっていいですよ」というルールが定められています(これらは貸金業者側が守らないといけないルールです)

10万円未満の借金の場合、2006年以前は利息制限法の上限利率は15%~20%、貸金業法の上限利率は29.2%となっていました。 利息制限法には罰則がなく、貸金業法には罰則がありますので、業者としては「罰則をくらってしまう29.2%までは取れないけれど、罰則がない20%〜29.2%の間(これをグレーゾーン金利と呼びます)までならとってもいいや」と考えて、以前は実際にその通り利息を取っていたのです。

もちろん、利息制限法には罰則がないとはいえ、上限利率を超える利息を取った場合にはその分は「無効」という扱いになります。この本来「無効」である支払いを是正する(業者から返してもらう)ための対抗策が「過払い金返還請求」というわけです。具体例で考えるとわかりやすいので、以下で実際に過払い金が発生するケースを計算してみましょう。

たとえば、10万円のお金を上限利率を超える年利25%で借り、ちょうど1年後に元本と利息を完済したとすると、この場合、支払うお金は10万円(元本)+2万5千円(利息)=12万5千円ということになります。

しかし、利息制限法の上限利率は20%なので、本来業者が取ってもいい利息は100万円×20%=2万円までのはずです。ちょうど1年後に完済されたとすると10万円(元本)+2万円(利息)=12万円までしかお金は受け取ってはいけないはずなのです。

そうするとこのお金を借りた人は12万5千円をすでに支払ってしまっていますから、本来支払うべき12万円よりも5千円多く支払っていることになります。 この払い過ぎてしまった5千円が「過払い金」ということになります。つまり、過払い金とは「本来支払う必要のなかったあなた自身のお金」ということですね。

このような「違法な利息による貸付」が行われていたのは2006年以前までです。2007年以降は貸金業者が除々に金利を変更しており、2010年には利息制限法と貸金業法の中間のいわゆる「グレーゾーン金利」が撤廃されました。

そのため、これまでは罰則のなかった15%〜29.2%の金利にも罰則が適用されるようになりました。業者としても罰則を受けたくないので、適正な金利水準で貸付を行うようになったというわけです。

自分にも過払い金があるかも?と心当たりのある方は、まずは借金をしていたのがいつ頃だったかを確認してみてください。 初めて借金をしたのが2007年以降であるという方の場合は過払い金が発生している可能性は低いです。 ですが、それ以前にも消費者金融などから借金をしたことがある方の場合には過払い金の存在を疑ってみる必要があります。 過払い金請求は自分でもできますが、法律に関する知識や貸金業者との交渉が必要になるため司法書士や弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

なお、現在「過払い金の時効」が話題になることが多いのは、この「2006年以前の借金」から時効の成立する年である2017年が近づいているためです。 最後の借り入れから10年間が経過してしまうと過払い金の消滅時効が成立してしまう可能性が高いため、注意してください。