鳥取県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

鳥取県の過払い金請求は無料相談

鳥取県で当事務所が選ばれる理由

鳥取県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

鳥取県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

鳥取県で過払い金請求をご検討の方は、無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません

過払い金請求の最大のデメリットは過払い金請求できなくなってしまうことです。お金を取り戻すチャンスを失うのは大変もったいないことです。

また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

鳥取県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

岡山事務所

所在地 〒700-0821
岡山市北区中山下1丁目8番45号
NTTクレドビル10階
電話番号 0120-153-565 ※通話無料
電話番号 0120-153-565
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 岡山県鳥取県香川県徳島県

>>岡山事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

鳥取県での過払い金請求について

2010年以前に高い金利でお金を借りていた方、これから過払い金請求をしようと考えている方が是非知っておくべき事がいくつかあります。 過払い金は2010年に最高裁判決で認められました。当時、利息制限法と、出資法で上限金利が違っており、多くの金融業者は利息制限法の上限金利を超え、出資法の上限利息ぎりぎりの金利を取っていました。いわゆるグレーゾーン金利です。利息制限法では20~15%という上限利息が定められているものの、出資法では29.2%という上限金利が定められていたためにグレーゾーン金利が生まれたのですが、2010年に最高裁判所でグレーゾーン金利は違法だという判決が出たのです。その後金融業者は利息制限法の上限以下の金利に下げましたが、支払いすぎた利息を巡って各金融業者に過払い金請求が相次ぎました。その為多くの金融業者が経営不振に陥り、吸収合併や事業譲渡を行わざるを得ない状況になりました。そして倒産する金融業者も少なからず出たのです。
もし、あなたがお金を借りていた業者が倒産していたら、過払い金はどうなるのでしょう?倒産後の整理で余剰金が出たら、いくらかの配分はあるかもしれませんが、残念ながら倒産した会社に過払い金請求は出来ません。 過払い金請求には時効があります。時効は、最後の返済から10年です。10年を過ぎたらいくら過払い金が発生していたとしても、請求できなくなります。返済が終わってから時間が経つ人は、急いで過払い金請求をしてください。

過払い金は取引履歴というデータをもとに引き直し計算をします。過払い金がある場合は、それに法定金利5%をのせて過払い金請求が出来ます。しかし、金融業者も倒産しないために必死です。こちらが請求する満額を返してくれることはまずありません。法定金利5%分はまず払ってもらえませんし、過払い金も減額するなら返すといった感じです。
満額返してもらいたい場合裁判をするという方法もあります。その場合、満額プラス5%の利息が返ってくることもあるようですが、時間と費用がかかります。どこかで妥協して和解した方が得策でしょう。 過払い金請求は自分でもできますが、時間と手間がかかるため全て代理でおこなってもらえる司法書士や弁護士などの専門家に依頼するほうが良いでしょう。

過払い金請求をするとブラックリストに載る場合があります。借入金を返済中など借入残があって、過払い金と相殺しても借入残が残ってしまう場合です。この場合、「債務整理」という情報としてブラックリストに載ってしまいます。自動車の買い換えや住宅の購入など考えている人は要注意です。また、ブラックリストに載ったことにより、持っているクレジットカードが使えなくなることもあります。

過払い金請求で知っておくべき6つのポイントについて解説しました。これから過払い請求を考えている方は、この6つのポイントをよく覚えておいてください。知らないと、2度手間になったり、住宅ローンが組めなくなったり、困ることが起こるかもしれません。過払い金請求は慎重に。

鳥取県の過払い金請求は岡山事務所が対応

鳥取県は東西約120km、南北は20~50㎞と横に長く広がっている県です。春から秋にかけては比較的穏やかで温かい気候ですが、冬場は天候が優れない日も多く、中国地方の中でも屈指の降雪地域です。鳥取には恵まれた自然環境が多く残されており、二十世紀梨や白ネギ、スイカ、砂丘長いもなど、数多くの特産品があります。

鳥取県で有名な名所の一つが鳥取砂丘です。東西16㎞、南北2㎞にもわたって広がっている巨大な砂丘は、日本最大級の砂丘として知られています。JR鳥取駅からはバスで22分程で到着します。この砂丘を形成している砂は元々は中国山地の岩が風化したもので、一度は日本海の海底に体積していました。それが波の力で再び岸へ寄せられ、風によって内陸側に留まるという作用の繰り返しで長い年月をかけて生み出されたものと言われています。

砂丘は季節や天候、時間によって全く違う姿を現します。風速5~10mの風が吹くと美しく滑らかな風紋ができ、荒天時には軽い砂の部分だけが飛んで砂柱が現れます。冬は天候が変わりやすいですが、雨上がりには虹が見える場合もあり、何度行っても前回とは違った発見をすることができるでしょう。ここではラクダに乗って砂丘を遊覧したり、記念撮影をすることもでき、日本に居ながら異国の気分を味わうこともできます。また、乗り合い馬車でのんびりと砂丘を一周するという楽しみ方もあります。砂丘の砂の感触を確かめながら自分で散策するのもいいですが、ラクダや馬車に乗って普段とは違う景色を堪能するのも良いでしょう。

そして、砂を利用したイベントやアートも見所です。砂の美術館では砂像が展示されており、毎年テーマが変わるので訪れるたびに感動や驚きがあるのも魅力です。冬には毎年イルミネーションイベントが開催され、他の場所では決して見ることができない光と砂丘の幻想的な景色を目にすることができます。

境港は「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる水木しげるが子供時代を過ごした故郷として有名です。街中が鬼太郎のキャラクターで溢れている個性的な街で、写真を撮りながら街を散策しているとあっという間に一日が過ぎてしまいます。 境港から水木しげる記念館までの約800mの道は「水木しげるロード」と呼ばれており、道沿いには数々の妖怪のブロンズ像が立ち並んでいます。街灯やマンホールまでキャラクターが描かれており、観光客に人気のスポットです。水木しげる記念館だけでなく、ゲゲゲの妖怪楽園、妖怪神社、ぬりかべの森鬼太郎写真館など、ゲゲゲの鬼太郎にまつわる様々な施設で鬼太郎の世界を楽しむことができます。ここでしか買うことのできない面白い妖怪グッズや食べ物がお土産として多数販売されているのも魅力の一つです。

そして、境港に行く時に是非利用したいのが鬼太郎列車です。JR米子駅から境港駅まで鬼太郎やねずみ男などの登場キャラクターが描かれた列車が走っています。この間の各駅には、それぞれ妖怪の名前が付けられており、ユーモア溢れる看板やオブジェを目にすることができます。通常運賃で利用することができるので、旅の思い出に一度は乗っておきたい電車です。また、境港から15分程の距離にある米子空港は「米子鬼太郎空港」の愛称で親しまれており、空の便を利用する際にも鬼太郎の世界を楽しむことができます。

鳥取県で有名な漫画家は水木しげるだけではありません。名探偵コナンの作者である青山剛昌の出身地である北栄町は、名探偵コナンに会える町として町おこしが行われています。青山剛昌ふるさと館では、コナンやまじっく快斗など漫画の世界の再現や青山剛昌の生い立ちや仕事部屋など数々の展示があります。

そして、JR由良駅から道の駅大栄までの1.4kmの道はコナン通りと呼ばれており、コナンに出てくる人気キャラクターが鮮明に再現されたブロンズ像が並んでいます。平成27年には鳥取県をより一層多くの人に親しんでもらうため、鳥取空港が「鳥取砂丘コナン空港」に改称されました。空港に降り立つとまず国内到着ロビーにあるコナンの等身大フィギュアが出迎えてくれます。空港内の至るところにアートギャラリーやトリックアートなどコナンの装飾が施されており、大人から子供まで楽しむことができる施設となっています。

鳥取県の南側は中国山地が連なっており、その中でも特に有名なのが1,729mもの標高を誇る大山です。日本百名山や日本百景にも選定されており、鳥取県の代表的な名所の一つです。複数の登山コースがありますが、初心者向きとされているのが西側尾根を登り、弥山に至る「夏山登山コース」です。

また、上級者向けの「ユートピアコース」もあり、これらの登山口まではJR米子駅や大山口駅からバスが定期的に運行されているので、アクセスはしやすいでしょう。大山の広大な自然を見渡したい方には、鍵掛峠展望台がおすすめです。大山の激しい岩山の下に広がるブナ樹林を一望することができ、春には残雪、秋には息を飲むほど美しく色づいた紅葉も見ることができます。