東京都で過払い金請求の無料相談【完全成功報酬】

東京都で過払い金請求の無料相談【完全成功報酬】

東京都で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求は自分でもできる手続きです。しかし、時間と手間がかかるため司法書士や弁護士などの専門家に依頼する方が多くなっています。 過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?

取り戻せる過払い金の額は事務所の力量によって異なります

過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

過払い金請求のメリット・デメリットも正しくお伝えするのでご安心ください

過払い金請求の最大のデメリットは過払い金請求ができなくなることです。貸金業者の倒産や過払い金請求の消滅時効をむかえて過払い金請求ができなくなってしまうまえに早急に手続きしましょう。その他のデメリットに関しては正しく理解すれば回避することができますので恐れる必要はありません。ご自身の状況がデメリットがあるのかメリットが大きのかの質問もお答えいたしますので、お気軽にご質問ください。

東京都で過払い金請求の実績多数

過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 東京都で過払い金請求をお考えの方は、過払い金請求の無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

東京都での過払い金請求にかかる費用<完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についてもご相談ください。

東京都の過払い金請求は<出張相談可能>

東京事務所

所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
電話番号 0120-131-261 ※通話無料
電話番号 0120-131-261
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 東京都神奈川県千葉県埼玉県

>>東京事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

東京都での過払い金請求について

過払い金は消費者金融での借金だけに発生するのか?クレジットカードの過払い金について

さて、皆さんは過払い金が発生するのは「消費者金融」と呼ばれる貸金専門業者を利用していた人だけだと考えてはいないでしょうか。実は皆さんの中にも所持、利用した方も多い「クレジットカード」でも過払い金が発生する場合があります。そこで今回はどのようなケースで過払い金が発生し、請求に際しなければならない事について述べてまいります。

クレジットカードで過払い金が発生するケース

各業者が発行するクレジットカードには主に2つの機能がついています。設定された限度額まで当該商業施設などでの買い物ができ一括や分割等支払い方法を指定できる「ショッピング」と、指定された提携金融機関のATMで現金の借り入れができる「キャッシング」がそれです。ここで事過払い金の事について言えば、ショッピング枠をいくら使用していても過払い金が発生していることはありえません。それは金利云々の前にショッピングでのカード利用は性質的には借金ではなく、あくまで「立替払い」。過払い金発生の根拠である利息制限法の対象ではないからです。

一方、キャッシング枠の利用は、貸金業者での借金と同じく、カード発行時の保証会社や利用時期によっては過払い金が発生している場合があります。詳しくは後述しますが、まずはここでクレジットカードでの「借金」について盲点を知ってもらうことが重要です。物々しい雰囲気の貸金業者の事務所や、巷にあふれかえっていた「無人機」等で契約し、遅延による頻繁な請求などで心理的に追い詰められる「消費者金融」などでの借金と異なり、商業施設の店頭等で「軽い気持ち」で作ることができるのが利点のクレジットカード。ATMで現金を引き出しても「借金」という感覚が鈍く、つい軽視しがちなのが現実です。

過払い金が発生するクレジットカードの利用時期

2007年、「グレーゾーン金利」と呼ばれるあまりに蔓延した、法の網目をかいくぐる高金利に対して「改正貸金業法」が施行。それに合わせて各クレジット会社は軒並み金利を引き下げました。よって、2008年以降に契約したクレジットカードの利用では、過払い金が発生する可能性はほぼありません。逆に2007年以前に契約し、いまだに継続して利用しているカードの中には、すでに返済済みのキャッシングも含め、過払い金が発生しているケースが考えられます。

過払い金発生の可能性が高いクレジットカード

特に、法改正前の最高金利から過払い金発生の可能性が高いと考えられる、有名なクレジットカードを分かる限り上げると、「マイベストカード(三菱UFJニコス)」・・・27.6%「セゾンカード」・・・27%「イオンカード」・・・25.6%「ライフカード」・・・27.7%「Oricoキャッシング」・・・27.6%などです。前述したとおり軽視しがちなクレジットカード。キャッシング利用での最高金利等ろくに確認することもなく、一般的なカードのキャッシング利用枠50万円に対して、利息制限法の定めた「18%」を大きく超える金利を、知らず知らずのうちに支払い続けている方がいるはずです。過払い金が発生しているかは、利息制限法に基づいた引き直し計算をすることによって確認することができます。

ついつい便利なので軽く考えがちのクレジットカード。「大手の量販店だから大丈夫」と安易に作りすぎるのは怪我のもと、しっかり契約内容をチェックして計画的に、有効に活用してください。

東京都の過払い金請求は東京事務所が対応

東京都といえば、もちろん日本一の大都市であり、時代の最先端をゆく印象があることでしょう。 ですが、実は、東京にはまた別の顔もあり、古き良き時代のものが今もなおその姿を残してもいるのです。
観光に、ビジネスに色々な視点から東京都とみてゆきましょう。

今、話題のオリンピック競技場は建設問題で何かと話題になったあのオリンピック会場である「新国立競技場」は、東京都の新宿区と渋谷区にまたがる場所に建設が予定されています。

区名では、なかなか位置関係のイメージが難しいものですが、最寄り駅は「代々木駅」となります。
代々木駅といえば、若者のファッション関連の話題で何かと有名な「原宿」駅のすぐ近くに位置しています。
オリンピック会場とファッションの発信地 原宿ではなんら関連性が無いようにも思えますが、実は世界に向けた大きなビッグチャンスとも捉えられるのです。
日本のファッションの代名詞である「かわいい」という感性は、日本人特有の感性と言われ、世界中から注目を集めています。 オリンピックを機に日本を訪れる外国からの観光客のショッピングに期待が集まっているのです。

浅草、スカイツリーは、一度は訪れておきたい観光スポットです。
東京都といえば、やはり観光でしょう。浅草、東京タワー、スカイツリーにお台場と有名なスポットはぜひ一度は訪れてみたいものです。 ですが電車が数分おきにあり、地下鉄にバスにと交通網が発達しているとはいえ、なかなか自分達で観光プランを立てるのは難しいものでしょう。
そのような時には「はとバス」をぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

はとバスは東京観光の為の観光バスです。都内の有名スポットや話題のスポットをバスで効率よく回ることが出来るので、大変人気のツアーです。
ツアーのコースは、浅草、スカイツリーなどをめぐる定番のものから、歴史探訪を目的としたコースや築地などをめぐるグルメツアー、中には、夜の繁華街を案内するツアーまであるのです。
東京観光の際には、ぜひ取り入れてみるとより充実した観光になることでしょう。

住んでみたい街 1位常連は「吉祥寺」
毎年春に発表される全国住んでみたい街ランキングの常連といえば「吉祥寺」です。 お洒落な街、閑静な住宅街、緑の多い街と大変イメージのいい、人気のエリアです。 吉祥寺と聞くと、東京の郊外?とも思われがちですが、実は新宿から電車でわずか20分ほどの位置にある街です。
新宿の喧騒から、ほんの少し離れただけで、これほどまでに街の印象が変わるかと思うほどに落ち着いた街並みです。

吉祥寺近辺には、多くの大学や学校があり、学生が多いエリアでもあります。 学生や社会人の一人暮らし世帯が非常に多いので、家賃は近隣相場よりも高く設定されています。

吉祥寺は、東京都武蔵野市に位置します。 すぐ隣にある三鷹市とは徒歩で行き来できるほどの距離ですので、吉祥寺駅から1駅前後に離れるだけで、家賃相場も下がるので、住まいを探す際にはエリアを広く考えてもよいでしょう。

若手芸人で有名 テレビでよく若手芸人の街と言われる町は「荻窪、高円寺、中野」近辺です。 じつは、これらの駅は、新宿から吉祥寺までの間にあり、すべて同じ沿線の中央線沿いにあります。
東京都内一番の繁華街である新宿と、住みたい街ランキング1位の吉祥寺の間に、若手芸人の住む街があるという組み合わせも、東京ならではといえるでしょう。

銀座も今や様変わり 昭和の頃の銀座といえば、セレブなイメージそのものといえる街でした。 学生が気軽に足を運ぶには、気おくれしてしまうものでしたが、それも今や昔といえるでしょう。
最近の銀座はユニクロや海外ファストファッションが数多く立ち並び、外国人観光客がバスで買い物に訪れるエリアに変わりつつあります。
もちろん路地を一本入った場所には、昔ながらのたたずまいの趣のある店が残ってはいるものの、様変わりしてしまった感は否めないでしょう。

東京マラソンの人気は日本一 今やマラソン、ランニングは国内どこの地域でも定着していることでしょう。 様々な趣向を凝らしたマラソンイベントからオリンピックを見据えた本格的な大会まで数多くのマラソン大会が開催されています。 中でも、東京マラソンは、今や日本一人気のあるマラソン大会だと言われています。
参加にあたっては、参加費が発生する上に、参加は抽選となり倍率は5~8倍とまで言われています。 日ごろ、交通量が日本一多いとされる道路をこの時ばかりは駆け抜けることが出来るとあれば、マラソン好きにとってはぜひ参加しておきたいイベントといえるでしょう。
最近では、芸能人の参加や外国人の参加、チャリティを目的として参加枠も設けられ、ますます人気が加速しています。

他にも、同じ東京都内でも、まだまだ未開拓の自然の残る地域や歴史上の姿をそのまま残すスポットもあります。
東京の魅力とは、その奥深さと様々なものが入り混じる混沌さといえるのではないでしょうか。