徳島県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

徳島県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

徳島県で杉山事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

貸金業者が経営不振によって倒産したり、過払い金請求の消滅時効の期限をむかえてしまうと過払い金請求できなくなってしまいます。過払い金請求のデメリットは理解すれば恐れる必要はなく回避することもできます。払い過ぎたお金を取り戻すチャンスを逃さないようにしましょう。

杉山事務所は過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 徳島県で過払い金請求をお考えの方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。
杉山事務所では、遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

徳島県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

司法書士法人杉山事務所では、過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、杉山事務所にご相談ください。

徳島県の過払い金請求を対応する杉山事務所

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

岡山事務所

所在地 〒700-0821
岡山市北区中山下1丁目8番45号
NTTクレドビル10階
電話番号 0120-153-565 ※通話無料
電話番号 0120-153-565
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 岡山県鳥取県香川県徳島県

>>岡山事務所 詳細とアクセス

杉山事務所 岡山事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

杉山事務所が対応する徳島県での過払い金請求について

過払い金請求というと、弁護士や司法書士に頼むもの、難しそうと思いがちですが、やろうと思えば、自分でも出来てしまいます。ちょっと面倒くさい部分もありますが、自分で過払い金請求する方法を解説します。

過払い金請求を考えている人で、手元に借り入れや返済の記録が残っていないから請求できないと思っている人もいるかと思います。手元に全ての記録が残っている人はほとんどいないでしょう。でも全く問題ありません。お金を借りていた業者にはデータが残っています。まずは、そのデータを開示してもらうことから始めます。お金を借りていた業者に取引履歴の開示を請求します。業者によって対応はまちまちで、電話で開示してくれる業者と書面で請求しないと開示してくれない業者があります。文書で請求する場合は「取引経過開示依頼」という書面を作ります。特に決まった書式はないのですが、自分の生年月日を忘れずに記載してください。ひな形はインターネットで調べればすぐ見つかると思います。

取引履歴の開示を請求しようとして気がつく場合もあると思いますが、2010年以降に倒産した会社、他の会社に吸収合併されたり、どこかの会社の子会社になったりして会社名が変わっている、また金融関係の事業だけ他社に譲渡したという会社が結構あります。倒産してしまった場合は、過払い金請求は難しいと考えてよいでしょう。司法書士や弁護士に一度相談するのをおすすめします。

名前が変わったり、事業譲渡されたりした会社の場合、新しい会社名や、事業の譲渡先を調べないといけません。これがちょっと厄介で、会社名が2回以上変わっていたり、事業が譲渡された会社がさらに譲渡されていたりということもあります。古い電話番号にかけても繋がらないことも多く、インターネットなどで調べる必要があります。事業が譲渡されている場合、過払い金請求は譲渡先の会社とのやりとりになります。取引履歴ですが、業者によってはなかなか出してこない場合があります。

早い業者でも3週間くらいはかかるのですが、なかなか出してこない業者には催促を入れましょう。その際、開示しない場合は金融庁財務局もしくは都道府県金融課に不開示の旨を報告しますと書き添えておくと、相手の業者も開示に応じるでしょう。個人での開示請求は司法書士などの法律家に依頼する場合よりも時間がかかるばあいがあります。これは貸金業者が、個人からの開示請求の対応を後回しにする傾向にあるからです。

取引履歴を入手したら、そのデータを元に過払い金請求を利息制限法の利率で計算します。しかし、ほとんどの場合、借り入れ、返済を繰り返していて簡単に計算できないと思います。そこで、利用したいのが、Excelを使って作ってある計算ソフトです。無料で有名な物が2つあります。「外山式」過払いの計算ソフトと「名古屋式」過払いの計算ソフトです。インターネットで検索すればすぐに出てくると思います。ソフトといってもExcelのマクロで作られている物なので、Excelがないと使えません。

どちらのソフトでもいいのですが、取引履歴を元に借り入れの日付け、金額、返済の日付け、金額をすべて入力すると、過払い金の計算ができます。この時、計算を間違えてしまうと交渉の時に時間がかかったり、本来返還される金額より少なくなったりするので心配な方は司法書士に相談することをおすすめします。

過払い金の額が分かったら、過払い金返還請求通知書なるものを作成します。決まった書式はありませんが、これもネットで探せばすぐ、ひな形が見つかります。この書面にも、生年月日を入れるのを忘れないようにしてください。送付する際は普通郵便でも構いませんが、簡易書留で送る方が良いでしょう。

過払い金返還請求通知書を送ったら、業者からの返事待ちです。2~3週間しても返事がなければこちらから電話します。ここからは交渉です。業者が、こちらが提示した満額を返すと言うことはまずありません。法定金利5%の部分はまず払ってくれません。さらに、減額を要求してきます。あくまで満額返してもらいたいなら裁判になりますが、裁判の時間と費用を考えると、適当なところで妥協した方が得策です。業者と2~3回やりとりして妥協できる金額で話がまとまったら、和解書の作成です。たいていは業者の方から和解書を2部送ってきますので、記名捺印、割り印をして1部送り返します。和解書を送り返せば、業者によって違いますが、2~4週間くらいで指定した銀行口座に入金があります。

ざっくりと大きな流れしか解説しませんでしたが、なんとなく自分でもできそうな気がしませんか?弁護士や司法書士に頼んだほうがスムーズに過払い金請求が出来る点がかなり多く費用のぶんを差し引いても個人でやった時より、返還される金額が多いこともあります。無理せず個人でやることを考えるより、まず一度相談することをおすすめします。杉山事務所では過払い金の法律に関する相談件数が月3000件以上もあり、無料相談・着手金無料となっています。ぜひ、この機会にお問い合わせ下さい。

徳島県の過払い金請求は杉山事務所の岡山事務所が対応

徳島県は山や川などの自然が多く残っている地域で、県全体の8割を山間部が占めています。特に徳島平野南にある四国山地は険しい山として有名です。山間部からは吉野川や勝浦川、那賀川といった川が流れ出ているため、水資源には恵まれています。
徳島平野付近は温暖な気候で、冬に雪が降ることは年に1回程度です。一方、山の多い県西部は冬になると冷え込むことも多く、積雪や路面が凍結することも少なくありません。

徳島県で中心地域となるのが、JR徳島駅周辺です。駅の周辺には徳島市役所や県庁といった公共機関だけでなく、そごうやバスターミナル、クレメントホテル、その他にも多数の会社や店が立ち並んでいます。県内での公共交通機関での移動手段はJRかバスの2種類です。徳島駅は両方の発着場になっているので、観光客も利用しやすく便利です。ビジネスホテルや飲食店も多いので、出張で徳島へ来たビジネスマンにも利便性の高い地域です。

また、駅前にあるアミコビル地下街には徳島市観光ステーションがあります。観光スポット情報やお土産販売がされているだけでなく、「ぐるとくサイクル」という電動自転車をレンタルすることができます。1日であれば500円でレンタルできるので経済的で人気があります。駅の近くにある新町川水際公園のほとりをぐるりと散策するのも良いでしょう。新町川公園は徳島市中心部のシンボルにもなっており、噴水や湧き水、緑で彩られている美しい公園です。

週末には様々なイベントも開催されており、明るく爽やかな雰囲気です。公園を流れる川では、周遊船が運航しています。この周遊船は「ひょうたん島クルーズ」と呼ばれており、両国橋で乗船受付をすれば、大人200円、子供100円の保険料を支払えば乗ることができます。夜には徳島の名物ともいえるLEDのイルミネーションで水際がライトアップされており、昼間とは全く違った顔を見せます。公園周辺にはオシャレなカフェも多いので、カップルに人気のデートスポットの一つです。

徳島県民の移動手段のメインとなっているのは自動車です。そのため、休日には駐車スペースが広く、買い物から娯楽まで幅広く利用することができるゆめタウンやフジグランへ行く人が多いです。板野郡にあるゆめタウン徳島は敷地面積81,200平方メートル、駐車台数3,100台と県内最大規模のショッピング施設です。食料品から衣料品、日用雑貨、飲食店などテナント数も多く、2011年のオープン以来、連日多くの来店客で賑わっています。

徳島県の代表的な名物といえば、日本三大盆踊りの一つである阿波踊りです。毎年8月12日から15日に徳島市内中心部で開催される阿波踊りは、徳島県民だけでなく県外からも観光客が多数訪れます。
阿波踊りを踊るチームのことを「連」と呼び、連によって衣装や踊り方、掛け声など、特徴が全く違います。激しいものや華やかなもの、連による違いを比べるのも楽しみの一つです。歴史、実力ともに優れている有名連の阿波踊りは特に人気が高く、有名連を一目見ようと演舞場は多くの人で賑わっています。連に加入していなくても、誰でも参加できるにわか連もあります。もちろん県外からの観光客も参加でき、知らない人同士が集まって思い思いに阿波踊りを踊ることができるので、参加者は非常に多いです。

阿波踊りの開催期間中以外でも眉山の麓にある「阿波踊り会館」へ行けば、本場の阿波踊りを見ることができます。昼の部は平日一日3回、休日には4回開催され、更に夜の公演もあるので、いつでも気軽に楽しむことができます。徳島市中心部から近いので、観光には最適の場所です。この阿波踊り会館からは眉山山頂へのロープウェーが出ています。山頂にある展望台から徳島市街を一望することができ、夜には夜景、冬にはイルミネーションを堪能することもできるため、観光客だけでなく家族連れやカップルにも人気のスポットです。

また、徳島県で最近盛り上がりを見せているイベントが、2009年より毎年開催されている「マチ★アソビ」です。現在はゴールデンウィークと10月初旬頃の年二回開催されているアニメのビッグイベントです。眉山山頂や商店街、新町川水際公演など徳島市街中心地域で様々なアニメの催しが行われます。人気アニメの原画やグッズはもちろん、カフェ、野外ステージ、声優や業界関係者のトークショーなど多数のイベントが開催されており、県外からの参加者も年々増え続けています。開催当初は12,000人程の参加者だったものの、2015年の秋回の参加者は約8万人にもなりました。

徳島県はアニメでの町おこしに力を入れており、このイベントだけでなく、人気アニメのラッピングバスや阿波踊りのポスターも毎年アニメとコラボレーションしたものが作られています。鳴門市で開催される阿波踊りでも、毎年ホームページやポスター、バスなどに人気アニメNARUTOのキャラクターが登場してイベントを更に盛り上げています。