静岡県の過払い金請求なら杉山事務所に無料相談!完全成功報酬

静岡県の過払い金請求の無料相談!完全成功報酬

静岡県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

過払い金請求に強い当事務所は静岡県でも実績豊富

過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 静岡県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

静岡県での過払い金請求にかかる費用<完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

過払い金請求の最大のデメリットは過払い金請求の時効期限を迎えてしまったり、経営不振による貸金業者の倒産によって過払い金請求ができなくなってしまことです。過払い金請求は正当な権利であり。払い過ぎたお金を取り戻せなくなるのは大変もったいないことです。その他のデメリットは理解すれば回避することができますので恐れる必要はありません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

静岡県の過払い金請求は名古屋事務所が対応します

名古屋事務所

所在地 〒453-0015
名古屋市中村区椿町1丁目16番
IMONビル3F
電話番号 0120-122-812 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 愛知県静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県

>>名古屋事務所 詳細とアクセス

静岡県の過払い金請求について~自分でやる場合に依頼した場合

多重債務者の救済に繋がる過払い金請求は大きく分けると2パターンあります。それは自分ですべての請求手続きを行う場合と、弁護士や司法書士事務所に交渉を依頼する場合です。今回はこの2パターンで大きく変わってくる点の1つとして、それぞれの請求に関わる債務者が用意しなければならない費用について述べてみたいと思います。

個人での請求には、多くの手順を踏む必要が出てきます。順番に挙げていくと
1、貸金業者への取引履歴の開示要求
2、履歴に基づいたの過払い金の引き直し計算
3、過払い金の発生している業者への返還請求
4、具体的な和解金額の交渉
と、ここまでが一括りになります。この時点で返済期間の短縮や返金の条件について納得できない場合は、
5、裁判所へ過払い金返還請求訴訟を提起
することになります。
そして裁判と並行して行われる再度の和解交渉や、裁判の判決などによってようやく 6、過払い金の返還がされるわけです。

上記で触れた過程で、4番の項目に至るまでは貸金業者への電話連絡や郵便代など、少額な必要経費はありますが、基本的に多くの費用がかかることはありません。しかし、うまく和解が成立せずやむを得ず裁判に突入すると、請求する金額に応じて設定されている裁判手数料を印紙で納入する必要が出てきます。(一業者ごとに支払い、請求金額50万円の場合、7,500円~)
また、業者へ訴状などを郵送する切手代も訴えを提起した債務者が負担します。(裁判所によって異なりますが、一業者につき約6,000円程度) つまり、4社に対して総額200万円の過払い金を請求する場合、およそ54,000円の費用を前もって準備しなければなりません。

一方、法律家に依頼する場合はあまり細かい手順を踏む必要はありません。ただし、着手金や成功報酬を支払う必要があります。このいわゆる前払いした必要経費としての着手金と、取り返した過払い金の金額の数十%を請求してくる成功報酬とのバランスは、それぞれの事務所方針で大きく変わってきます。着手金をしっかりとる変わりに、成功報酬の比率を下げている所や、反対に着手金0円で請求案件を始動してくれるが、成功報酬比率は高い事務所など様々です。
着手金を請求してくる場合は1案件につき1万円から2万円が平均値です。一方、成功報酬の比率は、法律家が必ず属している「日弁連」がしっかりとルールを決めていて、例えば「A社に対して借金残額50万があったが、弁護士に依頼し、訴訟後借金が消滅、しかも過払い金20万があった」場合の成功報酬の概算は約12万円程度になります。(解決報酬金上限2万円、減額報酬金50万に対して上限10%➡5万円、過払い金報酬金20万円に対して上限25%➡5万円の合計額)いずれにせよかなり各事務所で差があるので、正式に依頼する前にしっかりとすべて確認しておくことが大切になってきます。

自分で過払い金請求をする最大のメリットは、法律家に依頼する際に必ず発生する「成功報酬」を払う必要がなくなるので、過払い金請求に成功し返還金が発生した場合、当然手元に残る返還金が多くなることです。ただし、前述したように過払い金を手にするまでには、様々なハードルを越えていかねばなりません。最初の取引履歴の開示要求の時点で、百戦錬磨の貸金業車にのらりくらりとかわされ、うまくいかないことも多いようです。一方、専門の法律家に依頼すればそんな心配はありません。デメリットと思われる成功報酬の支払いも、多重債務の苦しみから逃れられることを考えればそれほど重要ではないのかもしれません。ただし、1点、借金の減額には成功したが、返還金は発生しないケースでも問題解決と減額額に対する報酬の支払い義務はあるので注意してください。

最近は債務者保護の観点から「相談料、着手金無料」を打ち出している法律事務所が増えている気がします。1社のみに過払い金が発生しているような場合では、費用を押さえられる個人での返還請求を選択するのもよいかもしれません。しかし、数社に渡って債務を抱えて精神的にも追い込まれているような場合は、すんなり専門家を頼った方が負担が少ないのではないかと考えます。

静岡県で過払い金請求

静岡県といえば、やはり富士山を思い浮かべる方が多いですよね。
静岡県は、静岡茶の名産地としても名を知られています。
東海道新幹線や新東名高速道路が通り、関東とのアクセスが大変よい地域なので、関東圏からも気軽に訪れることができます。

静岡県で楽しめる風景
静岡県は、富士山をのぞみ、海・山・湖があり、多彩な自然の風景を楽しむことのできる県です。まずは、代表的な静岡県の風景をご紹介いたします。
(1)富士山
静岡県の魅力の中で、絶対はずせないものが富士山です。富士山は、小御岳火山と古富士火山という2つの火山がもとになってできている、活火山です。
富士山は、日本が世界に誇る山で、世界遺産にも登録されました。 富士山の美しさは多くの人を魅了し、1年をとおして、多くの観光客や登山客が訪れます。 一度は富士山に登ってみたいと思う方も多いと思います。登山の際には、準備を怠らないようにしてください。
(2)白糸の滝
白糸の滝は、富士山麓にある滝です。富士山の雪解け水が、地層の境から流れ落ちて滝を形成しています。岩壁は高さ20メートル、幅200メートルにわたり湾曲していて、とくに幅は滝としては日本最大です。
滝の落ちる様子が、幾筋もの水が流れ落ちて、白い絹糸のようにみえる美しい滝です。滝の織り成す風景と澄んだ空気にふれることで、心が洗われる気分になれると思います。
(3)池の平の水窪
亀の甲山の中腹に「池の平」と呼ばれる窪地があります。普段は池ではないのですが、7年程度の周期で夏の終わりに、突然に池が出現します!その池は短いと数日、長くても20日程度でまた消えてしまいます。遠州7不思議のひとつになっています。一度見てみたい風景ですね。
(4)天城峠
天城峠は、川端康成の「伊豆の踊子」で有名です。「天城越え」という演歌でも親しまれていますね。
今は、天城峠は観光名所のひとつとなっていて、天城トンネル有料道路をとおれば簡単に天城越えができてしまいますが、旧天城トンネルから、踊り子ハイキングコースを利用して天城越えを楽しむこともできます。ハイキングをしながら、浄蓮の滝などの名所をめぐることができます。 ぜひ実際に訪れて、物語の舞台を楽しんでください。
(5)浜松城
浜松城は、徳川家康が築き、天下統一の足掛かりとしたお城です。浜松城の歴代城主は、のちに幕府の要職に就くケースが多かったことから、浜松城は「出世城」と呼ばれるようになりました。 歴史好き、お城好きにははずせない名所であるとともに、浜松城は春には桜が咲き乱れ、浜松城と桜の組み合わせが美しく、風景を楽しむ方も多いスポットです。

浜名湖
静岡県で、富士山の次に有名な観光名所は、浜名湖ではないでしょうか?浜名湖はレジャースポットとして、人気の観光地になっています。
(1)浜名湖の特徴
浜名湖は、静岡県南西部にある汽水湖です。もとは淡水湖だったのですが、1498年の地震により遠州灘とつながり、海とつながった湖となりました。 (2)浜名湖の景色を楽しむ 浜名湖では、遊覧船が出ているので、浜名湖の観光スポットを湖上から楽しむことができます。星空観察、初日の出といった季節ごとのイベントクルーズもあります。
また、浜名湖の周囲にはサイクリングロードがあり、自転車でまわることもできます。観光船に自転車を乗せることもできるので、疲れたら遊覧船に乗ってしまう、という楽しみかたもできますね。おだやかな浜名湖をながめることで、リラックスした休暇を楽しむことができるでしょう。
(3)浜名湖パルパル
浜名湖パルパルは、浜名湖の湖畔にある、子供から大人まで楽しめるリゾート型遊園地で、アトラクションが約30種類もあります。この中でも、浜名湖を満喫できる、浜名湖上をわたる「かんざんじロープウェイ」と、浜名湖を一望できるモンテゾーンにある観覧車がおすすめです。
(4)うなぎ
浜名湖といえば、うなぎですね!浜名湖うなぎは、そのおいしさが大人気のうなぎで、日本有数の出荷量をほこります。浜名湖はうなぎ養殖の発祥地で、うなぎの有名店もたくさんあります。
浜名湖うなぎのおいしさの秘密は、浜名湖の温暖な気候と、養殖うなぎを育てるために作られた池に、地下400メートルからくみあげた天然水を使っていることです。温暖な気候ときれいな水で手間をおしまずに育てられた浜名湖うなぎ。浜名湖うなぎを食べるために日本各地から、うなぎファンが訪れます。

静岡県のお土産
(1)静岡茶
静岡県は、日本一のお茶の名産地です。静岡で生産されるお茶は、お茶のブランドとして名を知られています。 静岡県内の自動販売機でも静岡茶が売られていますし、気軽に飲むことのできるティーバックタイプのものや、お茶関連グッズもいろいろ販売されています。
(2)うなぎパイ
静岡県を訪れたら、ぜひ、うなぎパイをご賞味ください。うなぎパイは、うなぎパウダーをパイ生地に練りこんで焼いた洋菓子です。 「夜のお菓子」というキャッチフレーズも人気となっています。
うなぎパイという名前から想像するような味とは違い、大人でも子供でも楽しめるおいしい洋菓子、といった味がするので、お土産としても安心して買うことができます!

静岡県を舞台にした作品
(1)伊豆の踊子
文学作品として有名な、川端康成の「伊豆の踊子」。伊豆へ一人旅に出た青年と旅芸人一座の踊子と出会う物語です。何度も映画化やドラマ化された作品でもあります。
上記で紹介した、天城峠の踊子ハイキングコースでは、踊子たちが通った道をたどることができるようになっています。
(2)天城越え
演歌では有名な石川さゆりの「天城越え」。歌詞の中に出てくる、浄蓮の滝、寒天橋、天城隧道は、実際にある名所なのです。実際に名所をみたあとで、カラオケで演歌を熱唱すれば、気分が盛り上がること間違いなしです!
(3)ちびまる子ちゃん
国民的大人気のアニメ、さくらももこの「ちびまる子ちゃん」の舞台は、静岡県清水市です。実話がベースになっていて、楽しみながら静岡の文化にもふれることができると思います。

富士山と浜名湖がある静岡県は、ここでは紹介しきれない魅力もいっぱいです。静岡県を舞台にした作品も多く、静岡県は身近で親しみのある県なのです。実際に静岡県をおとずれて、静岡県の歴史や静岡県を舞台にした作品の世界にふれ、静岡県自慢のうなぎやお茶などの特産品も楽しみたいですね。