埼玉県で過払い金請求するなら杉山事務所に無料相談【完全成功報酬】

埼玉県で過払い金請求の無料相談【完全成功報酬】

埼玉県で当事務所が選ばれる理由

埼玉県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。

埼玉県でも過払い金請求の実績多数

月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求の最大のデメリットは貸金業者の倒産や過払い金請求の時効をむかえて過払い金請求の手続きが出来なくなってしまうことです。その他のデメリットは回避することもできますので理解すれば恐れる必要はありません。細大のメリットである払い過ぎたお金を取り戻すために早急に手続きしましょう。

過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

埼玉県での過払い金請求にかかる費用<完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

埼玉県で過払い金請求をご検討の方は、無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません
また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

埼玉県の過払い金請求を対応<出張相談可能>

東京事務所

所在地 〒160-0022
新宿区新宿2丁目-13番-12号
住友不動産新宿御苑ビル5F
電話番号 0120-131-261 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 東京都神奈川県千葉県埼玉県

>>東京事務所 詳細とアクセス

埼玉県での過払い金請求について

債務者に金銭的にも精神的にも安定をもたらす過払い金返還請求は、法的に認められた債務者が持つ当然の権利です。過払い金請求は自分で手続きすることもできますし、司法書士や弁護士などの専門家に依頼することもできます。よって過払い金請求をすることで咎められたり、後ろめたく思うことはありません

過払い金請求のデメリットとメリットについて

しかし、法的に債権者と対峙する以上幾つかのデメリットが発生することがあります。そこで今回は過払い金返還請求がもたらす大きなメリットに加えて、発生が予想されるデメリットについても合わせて触れて参ります。

過払い金請求のメリットについて

払いすぎた金利を取り戻そうとするのが過払い金返還請求です。まずは自分に過払い金が発生しているか引き直し計算をして確認しましょう。債務者と無事話がまとまると、過払い金が手元に戻ってきます。これが一番のメリットです。もし、過払い金が残債金額に到達してなかったとしても返済期間が短く、しかも返済金額も少なくなるので、請求後の経済状態は確実に良化するはずです。しかしもう1つ、隠れたメリットがあります。

それは「消費者金融での借金のバカらしさ」を再認識できることです。返済に明け暮れ右も左も、正しいも正しくもわからず盲目的に自転車創業していた頃にはその金利の高さと危険性に気づかないものです。しかし手元に時には100万を越える過払い金が戻ってきますがその瞬間、感じるのは喜びだけでは決してありません。

それは「これほどの金利を余計に払い続けていたのか」という驚きと自分に対する反省です。自分が金融業者に金利を払うために働いてきたような気になって、二度とこんな事態になるものかと決心を固める方も多いようです。

過払い金請求のデメリットについて

さて、変わって過払い金請求に関して起こりうるデメリットですが、これは請求方法と債務者の支払い状況によって大きく変わってきます。まずは請求方法の違いで生じるデメリットから触れると、家族などに内緒で借金をしていた場合、個人で過払い金請求をすると金融業者に請求した取引履歴や、裁判所からの書類や和解書など多くの書類が自宅に郵送されるので、同居の場合はまず間違いなく家族にその事実がばれます。

一方、過払い金請求を法律事務所など専門家に依頼した場合は事前にしっかり打ち合わせれば、バレる危険性はぐんと下がりますが、成功報酬などがかかるので、手元に残る過払い金の総額が少なくなるデメリットが発生します。

続いては債務者の支払い状態に伴い発生するデメリットです。全ての債務について完済している場合の過払い金請求に関しては、全く問題ありません。前項のばれるばれないの問題を抜きにしても悩んでいないで早急に過払い金請求に着手しましょう。

モタモタしていると完済後10年の過払い金の時効を迎えてしまいます。それこそ最大のデメリットです。一方いまだ返済中の債務に対する過払い金請求は、債務整理の要素があるため「信用情報機関」に事故登録され数年新たな借金ができなくなってしまいます。

しかしこのデメリットに関しても捉え方次第では債務者のためにもなります。借金ができない以上、必然的に今後債務が増えることはないのですから、再生の道を歩むにはかえって好都合かもしれません。

過払い金返還請求に伴うメリットとデメリットについて述べてきたつもりですが、デメリットに関しては長い目で見れば効果的に作用する可能性があることがわかります。いずれにせよ多重債務に苦しんだ経験のある方は、二度と苦しい借金地獄に落ちないように、救済を目的としている過払い金返還請求の制度を是非有効活用して明るい将来に備えてください。

埼玉県の過払い金請求は東京事務所が対応

何かとユニークな話題で取り上げられることに多い埼玉県。 東京都心部まで、電車で30分ほどという距離から、さほど大差のないようにも感じるものですが、そこは埼玉のキャラクターなのでしょう。東京に近くても、独自色を持つ埼玉の魅力をみてゆきましょう。

埼玉県といえば、実は有名人が数多く輩出されているエリアでもあるのです。
東京に近いことから、気軽に足を運ぶことが出来、チャンスをつかむタイミングにも恵まれているのでしょう。 実は、この人も、この人もと思うほどに、埼玉県出身の有名人は多いものなのです。

Jリーグの中でも日本一熱いサポーターといえば、浦和レッズのサポーターが有名です。 Jリーグ開幕当初の浦和レッズは、都内の有名チームには遠く及ばない上に、サッカーの強豪と呼ばれる高校や育成チームも埼玉県になかったことから、長い低迷期があり、リーグ最下位が当たり前とされていた時期もありました。

だからこそ、地元浦和のチームを応援しようと、サポーターの熱が高まり、チームも徐々に力をつけ、強豪チームにまで成長したのです。 今でも、サポーターと選手の距離が近く、地元密着感の強いチームでもあります。

埼玉県春日部市という小さな街を国内に有名にしたきっかけといえば、漫画「クレヨンしんちゃん」です。春日部市といえば、埼玉県の中心部から離れた郊外の住宅地であり、スポーツの強豪である高校があることでも知られている街です。ですが、今や春日部市の場所はわからなくても、聞いたことはあるという子供はたくさんいることでしょう。

■ 武蔵丘陵森林公園 公園と聞くと、自然あふれ、子供が遊びと思い描くものですが、この公園はなんと東京ドーム65個分という広大な敷地面積を誇る公園なのです。
あまりの広大さに、イメージがわかないという感想を持たれることが多いほどです。

この公園は、日本で最初の国営公園として作らました。広大な敷地の中には、サイクリングコース、マラソンココース、渓流、子供向けの遊び場、花木園、野草園、ハーブガーデン、ディスクゴルフコース、などがもうけられています。
場所は、東武東上線 森林公園駅が最寄りです。バスも出ていますので、交通の便はいいでしょう。

今や、電車好きは、堂々と公言出来る趣味の1つといえるでしょう。
埼玉県の中心部にある大宮駅から徒歩圏内に、「鉄道博物館」があります。 東京からでも、1時間以内という立地ですから、週末ともなると遠方から足を運ぶ鉄道好きで大盛況です。

実際の列車そのものが何台も展示されている様子は圧巻といえます。
日本だけでなく、世界の列車についても知ることが出来る貴重なスポットです。 また、運転シュミレーターなどの機器は本物さながらで、子供だけでなく、大人まで楽しめるという事で「鉄道好きの聖地」とまで呼ばれるほどです。

一見するとまるで、古代ギリシャの建造物かと思ってしまう巨大な建造物。 時々、テレビなどでも取り上げられ、謎の巨大建造物と呼ばれることもある施設です。 実は、この施設は地下50m付近にある世界最大級の地下放水路なのです。
事前予約をすることで、見学が可能ですので、ぜひ観光の1つとして、埼玉在住者の穴場情報として訪れてみてはいかがでしょうか。

実際に足を運んでみると、あまりの巨大な建造物と地下という空間との組み合わせに、独特な雰囲気があり、非日常を味わえることでしょう。

埼玉県で歴史探訪をするのであれば、やはり川越でしょう。 小江戸という名前そのものを形にした趣のあるたたずまいを残す町並みです。 昔ながらの街並みがごく自然にのこされつつ、観光客を迎え入れる姿勢が整っているので、最近では外国からの観光客も数多く訪れる人気スポットになっています。

川越に関する予備知識がなくとも、現地へ足を運べば、観光案内が充実し、たくさんの店舗も並んでいるので戸惑うことなく、満喫できることでしょう。
また川越といえば、さつまいもの産地として大変有名ですから、川越を訪れた際には、ぜひさつまいもをふんだんに使った食べものを味わってみてはいかがでしょうか。

埼玉県といえば、何かとローカル色の強いイメージがあるものの、実は米軍基地があり、入間市東町の国道463号沿いには、米軍関係者の居住地域があることはあまり知られていないことでしょう。

特段、仕切られた地域というわけではありませんが、古き良きアメリカを思わせるような雰囲気のある家々が立ち並び、ジョンソンタウンと呼ばれています。 ジョンソンタウン内には、カフェやレストラン、雑貨店や美容院、会社などもあり、米軍関係者でもなくとも気軽に利用することができます。
日本の店とは一味違った雰囲気を味わう休日も時には楽しいものでしょう。