佐賀県で過払い金請求するなら杉山事務所に無料相談【完全成功報酬】

佐賀県で過払い金請求するなら杉山事務所に無料相談【完全成功報酬】

佐賀県で杉山事務所が選ばれる理由

佐賀県でも過払い金請求の実績多数

司法書士法人杉山事務所では、佐賀県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
杉山事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

周囲に内緒で過払い金請求できます

杉山事務所では、過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
杉山事務所に過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

佐賀県での過払い金請求にかかる費用<相談無料・完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

佐賀で過払い金請求をご検討の方は、杉山事務所の無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません

過払い金請求はデメリットを理解すれば恐れる必要はなく、メリットが大きい手続きです。
また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

佐賀県の過払い金請求を対応する杉山事務所<出張相談可能>

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

福岡事務所

所在地 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
電話番号 0120-132-173 ※通話無料
電話番号 0120-132-173
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 福岡県熊本県大分県佐賀県山口県

>>福岡事務所 詳細とアクセス

杉山事務所 福岡事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

杉山事務所が対応する佐賀県での過払い金請求について

「最近よくテレビCMで見かける『過払い金』という言葉。なんだか自分にも関係ありそうな話なんだけど、実は意味がよく理解できていない・・・」

こんな風に考えている方も多いかもしれませんね。 過払い金などお金の法律に関することは、慣れない方には難しいものです。 ですが、過払い金は放置している期間が長くなると時効によって請求できなくなってしまうというリスクもあります。

長期間にわたって借金の返済生活を続けている方は過払い金の基本的な知識について理解しておく必要があります。 ここでは過払い金が発生する条件を中心に解説していきます。

過払い金請求とは?過払い金が発生するしくみ

過払い金請求というのは要するに、本来支払う必要のなかったお金を支払ってしまっている場合に、そのお金を返してもらうための手続きです。 ここで「本来支払う必要のなかった」というのは、貸金業者側が法律のルールに違反する形で貸付を行っていたことが原因です。 具体的には利息制限法という法律があり、業者がお金を貸すときの利率の上限を定めています(「上限利率」といいます)。

具体的には、
10万円までの借金であれば20%まで
10万円〜100万円未満の借金で18%まで
100万円以上の借金で15%まで
が利息制限法上の上限利率となります。

貸金業者は過去にこの上限利率を超える利息を取っていた時期があるため、その時期にお金を借りた人は貸金業者に対して「法律違反なので返してください」ということが言えるというわけです。 そのための手続きが過払い金請求です。 過払い金請求は弁護士などの法律家からアドバイスを受けることでスムーズにストレスなく進めることができますよ。

過払い金請求には期限がある

注意点として、過払い金には時効があるということを知っておきましょう。 過払い金は貸金業者との「最後の取引」があってから10年間なにもせずに放置していると消滅時効にかかってしまいます(つまり返還請求ができなくなります)。 最後の取引というのは通常は最後の返済日です(もし返済中の場合には放置していたら当然貸金業者からの督促があるはずですので)。

すでに借金を過去に完済している人の中には、「もう10年以上昔のことだから自分には関係がない」と考えている人もおられるかもしれません。 ですが、あきらめてはいけません。たとえ10年以上が経過しているとしても過払い金請求を行える場合はあります。 具体的には過払い金を業者がとっていたことを「不法行為」として損害賠償請求を行うという方法があります。

不法行為に基づく損害賠償請求は「不法行為があった時から3年間」は時効が成立しませんので、普通に考えると時効が成立してしまっている過払い金についても返還請求できることがあるのです。なお、こうした方法に関しては法律的な知識のない人が自力で手続きを行うのは困難なので、弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、過払い金がどのような条件によって発生するのかについて簡単に解説させていただきました。 過払い金には時効があるため、心当たりのある方は早急に手続きをする必要があります。 利息制限法の改正がされてからかなり期間が経っていますので、ほとんどの方の過払い金が消滅時効にかかってしまう直前になっているといえます。 (過払い金に関するテレビCMが増えているのは、そのような背景があります。)

過払い金請求の手続きは弁護士などの事務所に相談することで迅速に完了することが可能です。 相談は無料でできる事務所が大半ですので、「もしかして自分の過払い金は時効にかかる直前なのかも?」と心当たりのある方は相談してみてください。

過払い金請求の相談が多い佐賀県について

「佐賀県」は、佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市などの都市を含む、人口83万人を超える九州北西部に位置する県です。県庁所在地は、佐賀県佐賀市城内一丁目1番59号。
福岡県との県境には、九州自動車道が南北に通っており、長崎自動車道、大分自動車道のジャンクションが鳥栖にあります。陸路の分岐点があるので、交通は国道・高速道路・鉄道のどれをとっても利便性が高く、県東部にある物流や製造業の拠点に有意です。
鉄道では、九州新幹線やJR長崎本線・佐世保線もありますし、港湾は唐津港と伊万里港がメインとなって、貨物船の航路になっています。
1998年には佐賀空港も開港しています。県民にとっても観光で訪れる人たちにも、便宜さが加わっています。 国定公園や自然公園の自然を舞台とした観光やアクティブスポットも、「有田焼」や嬉野温泉は観光地に安らぎを加えます。また、歴史を味わうことの出来る「吉野が里遺跡」や佐賀城・唐津城など、文化財も佐賀県の魅力です。

日本の中では、比較的温暖な太平洋側気候の佐賀県。しかし、東京よりも冬の寒さを感じます。佐賀県は九州の他の県と同様、台風の通過点であり被害もありますが、比較的少ない被害でとどまっています。
それでも、佐賀県は、全国トップクラスの農業を維持しています。耕地は県面積の約40%を持っており、大豆や大麦も生産比率が高く、「二条大麦(ビールや焼酎)」は全国最多の産出量だったこともあります。
また、佐賀平野では、「ヒノヒカリ」「さがびより」「夢しずく」や、もち米の生産が盛んで、穀類の生産が拡大されています。畜産ももちろんのこと、野菜や果実、茶の生産量も高く「嬉野茶」は佐賀県のブランドです。タマネギ・レンコン・アスパラガスの生産が多く、筑紫山地では、標高が高いため気候を利用して高原野菜の栽培もおこなわれています。
米どころとしても知られているので、清酒の醸造が盛んでしたが、現在では焼酎の消費量が多くなってきました。

と言っても、沿岸漁業は佐賀の産物。佐賀県北西部に位置する入り江の多い玄界灘(日本海側)、南部の有明海、どちらも海産物の水揚げ量は全国のトップを占めています。玄界灘では、鰺・鯖、イカ・タコ・エビの漁獲が盛んです。国内最大の干潟を持つ有明海では、全国1位の高級品の海苔の生産、アサリの漁獲量も上位です。コハダ、アカシタビラメ、スズキも獲れる有明海は、まさに“海の恵み”大きな特徴です。
郷土料理は、有明海沿岸で獲れる鯛・ムツゴロウ・ワラスボ・シオマネキなどの食材を使用しており、その海産の郷土料理を食べるために、遠方から来る訪問者も多くいます。呼子イカの活き造り、がめ煮、ツガニの姿煮は、佐賀の名物です。

佐賀の名物、ブランドと言えば、なんといっても陶磁器です。有田焼(伊万里焼)・唐津焼は日本を代表する、陶磁器のブランドになっております。日本の陶磁器のシェアを大きく締めています。また、伝統的な焼き物は東部にもあり、肥前尾崎焼、白石焼があります。
そして、伝統工芸として継承されているのは、佐賀錦(鹿島錦)や肥前ビードロもあります。名物は、佐賀のようかん・丸ぼうろ、松露饅頭、嬉野茶などのお菓子が名産品です。
嬉野市と言えば、日本三大美肌の湯である「嬉野温泉」。ここでは、お茶だけでなく湯豆腐も有名です。県内の「武雄温泉」の楼門と新館の建物が、国の重要文化財にもなっており、少し変わった趣が、温泉とともに観光地に安らぎを加えます。

佐賀県の地形凸凹で、佐賀平野と筑紫山地があり、筑後川や嘉瀬川が流れています。沿岸には、玄海国定公園が広がり、沖ノ島や竹崎島、高島、神集島、小川島、加部島、加島島、松島、馬渡島、向島の大小さまざまな島が浮かんでいます。 玄海国定公園と黒神山県立自然公園を含め、7つの自然公園があり、漁業や産業だけでなく、自然を舞台とした観光やアクティブスポットとしても最適です。
玄界灘と唐津湾では、海水浴やサーフィン・ダイビングも楽しめるので、マリンスポーツで楽しむ人たちで賑わいます。 「虹の松原」「七ツ釜の海食洞」は唐津市の自然景勝地です。11月には日本三大くんちの一つの「唐津くんち」を訪れる人たちもたくさんいます。また、ゴールデンウイークに開かれる「有田陶器市」も、観光客や地元の人々で賑わいます。

上下関係やしきたりを重んじる、几帳面、まじめな武士道精神を持つ県民性があるともいわれています。明治維新で「佐賀」と統一されるまでの、歴史の流れから伝わる「日本の武士道」。それは、日本最大の環濠集落や旧石器時代の遺構が発見された「吉野ケ里遺跡」や、佐賀城・唐津城からも伝わるでしょう。名護屋城後は博物館になっており、こうした有形文化財だけでなく、様々な天然記念物があることも、佐賀県の魅力と特徴です。