大分県で過払い金請求するなら杉山事務所に無料相談【完全成功報酬】

大分県で過払い金請求の無料相談【完全成功報酬】

大分県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

過払い金請求のデメリットは理解すれば恐れる必要はなく回避することも可能です。最大のメリットは払い過ぎたお金が手元にかえってくることで、その機会を失うのは大変もったいないことです。

大分県でも過払い金請求の実績多数

過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 大分県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。お気軽にお問い合わせください。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

大分県での過払い金請求にかかる費用<相談無料・完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

大分県の過払い金請求を対応<出張相談可能>

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

所在地 〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-5-1
アーバンネット博多5F
電話番号 0120-132-173 ※通話無料
電話番号 0120-132-173
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 福岡県熊本県大分県佐賀県山口県

>> 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

大分県での過払い金請求について

過払い金請求の手続きの流れと弁護士と司法書士の費用

業者に払い過ぎていた借金の利息が戻ってくるのが過払い金請求です。しかし、その手続きの流れは弁護士や司法書士に依頼をしないと長期間になり自分では複雑です。自分で過払い金請求の手続きをしようと思わずに、無料相談から弁護士事務所もしくは司法書士事務所に行きましょう。こちらでは、過払い金請求の手続きの流れと弁護士と司法書士の費用についてお伝えします。

過払い金請求を依頼する事務所の選び方

弁護士・司法書士のどちらの事務所へ依頼するのか悩む場合は、相談は無料のことが多いので、両方の事務所へ訪れてみると良いです。 理由は、過払い金請求は期間が長く半年以上はかかります。その間に自分が相談しにくい事務所に依頼をしてしまうと、なかなか手続きが進みません。もちろん、手続きが進まないのは自分の責任だけではなく、弁護士・司法書士、業者全てに共通することです。ただし、和解にしても交渉は長くなり、難しい問題で訴訟になるケースもあります。

その場合、自分が相談しやすい弁護士か司法書士に頼むとスムーズになります。相性が悪い事務所へ依頼してしまった場合、依頼はしても自分から経過を聞く連絡すらできない人もいます。また、せっかく依頼主のことを考えて交渉や訴訟準備をしようとしても、打ち合わせに来ない依頼者だと事務所も対応に困ります。ここは弁護士・司法書士事務所の双方に足を運んで納得ができる事務所に依頼すると良いでしょう。

過払い金請求のおおまかな流れ

正式に弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼すると、まず業者に取引履歴の開示請求をします。これが、なかなか時間がかかるのですが、業者は取引履歴を開示するのを嫌がります。最終的には開示するのですが、時間稼ぎをするようになかなか提出しません。業者からすると取引履歴をすぐに出すと、過払い金請求が始まってしまうので遅くするのです。 そして、数ヶ月が過ぎてから、やっと開示した取引履歴を内容証明郵便もしくはFAXで事務所へ送ります。

その後に、弁護士・司法書士どちらかの事務所で取引履歴を元にした引き直し計算し過払い金を算出します。この計算額を元に業者と弁護士・司法書士の間で和解交渉が始まります。これで和解が成立すれば過払い金が支払われるか、再計算をして返済の残り額を支払うことになります。また、訴訟になった場合はかなり長引き期間はケースによって異なります。

過払い金請求にかかる費用<弁護士報酬・司法書士報酬>

過払い金請求で弁護士もしくは司法書士に無料相談から依頼をした場合、最初に発生するのは弁護士なら着手金の入金です。司法書士の場合は着手金・初期費用は無料のケースもあります。弁護士事務所の着手金は平均2万から3万円くらいです。

過払い金請求の手続きがすべて終わり、過払い金の回収に成功すると解決報酬金を弁護士・司法書士に支払います。これは、成果報酬・成功報酬とも呼ばれます。この費用は、業者1件に対しての解決報酬金になります。つまり、多くの債権者がいる場合は成功した件数の報酬を支払うことになります。弁護士事務所の場合は平均2万から3万円が業者1件の解決に対する報酬金です。 さらに、弁護士に依頼して成功した場合は、過払い金報酬が発生します。この費用は、過払い金返還費用から弁護士に支払う手数料です。和解では20%、起訴で25%です。

司法書士の場合、成功報酬は基本報酬が4万、借金を減額できたケースでは10%、過払い金報酬で起訴しない場合7%から20%、過払い金報酬で起訴して成功した場合25%などの計算額があります。 このように数字で比較するとどちらが自分の支払い能力と回収できる過払い金請求から費用を支払うことができるのか検討できます。

過払い金請求が多い大分県について

「温泉の源泉数、湧出量」の日本一と言えばここ『大分県』。景行天皇が「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされており、これが大分県になったきっかけと言われています。

大分県庁は、大分県大分市大手町3丁目1番1号です。大分県では「日本一のおんせん県おおいた」と宣伝し、大分県の温泉のPRを行っています。 大分県北部には国東半島、中部の瀬戸内海側、南部の豊後水道沿岸部、西部の内陸部で区分されています。主要都市は、大分市、別府市、中津市、日田市を含め、18市町村になりました。

九重連山や祖母山・傾山に囲まれた山地が、中津平野や佐伯平野・大分平野が広がっており、県南部には日豊海岸が広がっています。山に囲まれた自然の中の大分県には、瀬戸内海国立公園と阿蘇くじゅう国立公園を含む自然公園が、10公園もあります。温暖で比較的自然災害も少ないのですが、梅雨前線の影響を受けやすい気候です。 観光でもビジネスでも、アクセスは利便性が高く、とても安定しています。空路は国東半島にある大分空港から、JR線と大分自動車道・東九州自動車道は、陸路での交通を支えています。

大分臨海工業地帯の稼働があり、全国平均よりも高い生産量を持っています。栽培・養殖などの産業が発展しているのは、日本一ともいわれる「地熱発電」によります。 椎茸の中でもどんこが名産で、特産の中にはカボスもあり、果実も加工品もお土産として、様々な種類があります。九州名物の海産品の加では、関アジ・関サバや城下かれいで、これらを味わうために訪れる人も多いのです。

もちろん大分県と言えば、県がPRしているように「日本一のおんせん県おおいた」、温泉の街です。別府温泉(別府市)は、別府湾に面しており、全国1位の湧出量と源泉数を誇ります。県中央部にある、由布院温泉(由布市)の 源泉数は全国2位と湧出量全国3位です。これだけでも、「日本一のおんせん県」としての威厳を確保していますが、これ以外にも、天ヶ瀬温泉(日田市)・筋湯温泉(九重町)・長湯温泉(竹田市)・湯平温泉(由布市)・七里田温泉など40以上の温泉があります。 これらの温泉は、健康や癒しのためだけでなく、温泉街やその周辺に名所なども揃っています。観光地ならではのお土産として、伝統工芸の「別府竹細工」が大臣指定の伝統的工芸品が有名です。真珠や木工品も生産されており、観光でもビジネスでも訪れる人を楽しませます。

国の名勝でもある「別府地獄めぐり(別府市)」の“血の池地獄”“海地獄”などの「地獄めぐり」は、まさに「おんせん県」大分の看板かもしれません。土木遺産の「明正井路一号幹線一号橋(豊後大野市)」は、橋長89.2mは日本一長い水路橋で、日本一長い人道吊橋の「九重“夢”大吊橋」もあります。 日本百名山の「九重山(玖珠郡九重町・竹田市)」、日本の滝百選に入っている「原尻の滝(豊後大野市)」は、自然に囲まれている大分の象徴です。 新日本三景に名を連ねる「耶馬渓(中津市)」の“競秀峰”と“青の洞門”、「豆田町〈まめだまち〉(日田市)」重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、江戸時代以降の建築が現存しています。自然も歴史も共存する「おんせん県」大分の特典かもしれません。

「高崎山自然公園(大分市)」、「由布岳(由布市)」、「稲積水中鍾乳洞(豊後大野市)」、「風連鍾乳洞(臼杵市)」などは、自然の中にあるにも関わらずアクセスもよく、交通も便利です。また、日本紙幣のモデルであり、学問と生きた福沢諭吉の「福沢諭吉旧居(中津市)」も残されています。 国宝・特別史跡・重要文化財指定も点在しています。「熊野磨崖仏、菅尾磨崖仏(豊後高田市)」、「宇佐神宮(宇佐市)」の本殿、「臼杵磨崖仏(臼杵市)」、「富貴寺大堂(豊後高田市)」、「豊前善光寺本堂(宇佐市)」、「真木大堂(豊後高田市)」などは、海外から訪れる人にも評価されています。

温泉や自然、文化財指定のために訪れる人が多い中でも、開催される祭事も注目されます。メディアでも取り上げられる、570年の歴史を持つ「中津祇園祭(中津市)」は、豊前三大祭りのひとつで、もう一つは「日田祇園祭(日田市)」です。京都の祇園祭と併せて、大分の無形民俗文化財に指定されています。また、豊漁と航海の安全を祈願する行事である「ホーランエンヤ」は、毎年正月に行われています。 その豊漁は、大分のグルメを支えており、「おおいた県」の温泉や自然を訪れる人々を、楽しませる料理でいっぱいです。関アジ・関サバ、城下カレイ料理,鱧料理がメインとなっており、宿泊施設や街のいたるところで味わうことが出来ます。

大分名物の温泉やグルメ・自然や文化財を題材とした、映画やドラマなどの作品も数が多く、見る人訪れる人を2倍楽しませます。九州の北部にある「日本一のおんせん県おおいた」は、心身ともに癒すだけでなく、歴史もメディアも様々な範囲で活躍する都市かも知れません。