奈良県の過払い金請求なら杉山事務所に無料相談!計算だけでも無料

奈良県の過払い金請求の無料相談!計算だけでも無料

奈良県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。

戻ってくる過払い金の額は、依頼する事務所の経験値や交渉力によって異なります

取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

奈良県でも過払い金請求の実績多数

過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。

過払い金請求はデメリットが少なく理解すれば恐れる必要はありません。貸金業者の倒産や、最終取引日から10年経過すると成立してしまう時効をむかえて過払い金請求ができなくなる前に早く行動しましょう。

奈良県で過払い金請求の法律に関する相談はの無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

奈良県での過払い金請求にかかる費用(計算だけなら無料です)

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

奈良県での過払い金請求の実績多数

大阪事務所(主たる事務所)

所在地 〒542-0076
大阪市中央区難波2丁目3番7号
POSCO大阪ビル8F
電話番号 0120-122-370 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 大阪府和歌山県奈良県兵庫県京都府

>>大阪事務所(主たる事務所) 詳細とアクセス

奈良県の過払い金請求について

過払い金返還訴訟が全国あちこちで起こされている現状の中、過去に消費者金融やクレジット会社から借り入れがありもしかしたら自分もお金が戻ってくるかもと考えてる方や債務が残っている方も過払い金請求を行おうと考えてる方も多くいらっしゃるでしょう。

過払い請求は個人で行う事も可能ですが書類作成の手続きや様々な面でデメリットを受ける事が多くありますので弁護士や司法書士事務所に依頼して過払い請求を行う事が安心、確実な方法となります。では弁護士や司法書士事務所に依頼してからどのような流れでお金を回収できるのかやどれくらいの期間を要するのかについて詳しく見ていきましょう。

過払い金請求のおおまかな流れ1:相談から依頼するまで

まず依頼時に債務が残ってるケースも考えれますが、無料相談にて任意整理、債務整理、自己破産など適切な方法で対処してくれますし、過払い金が発生していて受任通知を業者が受け取る事で毎月の返済がストップされる事になります。

そこでどこの弁護士や司法書士事務所に依頼するかを探すことになりますが、やはり初めて依頼する事が多いため不安や疑問も多くある事が予想されます。これまでの過払い金請求の実績や口コミ、ランキング、実際にそこの事務所に依頼して過払い金を取り戻せた利用者の声なども参考に信頼できる事務所を選ぶ事が大事です。

次に電話予約にて無料で相談できる日程を決めて事務所に向かう事になり、本契約ではありませんので過払い金請求についての説明を受けたり相談する事で今後どうするかの話し合いがもたれます。1度無料相談を受けて考え直す事もできますし、無料相談を行った上で納得が得られれば続けて過払い金請求の本契約へと進む事になるケースもあります。

本契約で行う事は過去に借金があった業者と借り入れをしていた期間、借り入れがあった金額を全て記入する事になり署名、捺印を行います。

これが自分で行う唯一の作業と言ってもよいくらいで、後は過払い金返還請求の説明を受けたり冊子を受け取るだけとなります。

過払い金請求にかかる費用について

また気になる過払い金返還請求の費用ですが多くの弁護士、司法書士事務所では着手金、手付金も不要で初回時に支払うのは任意で印紙代や諸経費などだけで済むケースが多く、後に過払い金が返還された時にまとめて費用を支払う事もできますので大きい額を準備しておく必要もありません。

過払い金請求にかかる期間の目安

過払い金請求にかかる期間の説明で大体の目安を覚えておく事はできますが、少なくても半年、1年、最近では過払い金請求の訴訟が増えた事もありそれ以上かかるケースもあります。気になる方は電話にていつでも進捗状況の確認をする事ができますので後は全てを弁護士、司法書士にお任せして気長に待つ事となるわけです。

過払い金請求のおおまかな流れ2:依頼から過払い金が戻ってくるまで

司法書士事務所に依頼してからの流れでは、まず司法書士がそれぞれの貸金業者に受任通知を発送し依頼者のこれまでの取引状況を確認するために業者から開示された取引履歴を取り寄せます。この取引履歴を元に正確な利息制限法という法律で利息の引き直し計算を行いいくら過払い金が発生しているかの算出を行います。

過払い金の発生を確認できると各貸金業者に金額や支払い日時が記された過払い金返還請求書を発送しますが、大抵の業者は返還に応じないケースが多いためそうなると裁判所へ訴訟の提起を行う事になります。

訴訟を提起すると第1回口頭弁論が行われ裁判所から和解勧告を受ける事になり、和解交渉を経て話しがまとまれば過払い金の返還となりますが和解交渉でまとまらなければ裁判所から判決を受けて裁判が終了します。

後は過払い金が返還される日時に入金されるのが確認できてようやく依頼者の元へお金が戻ってくるというのが過払い金請求の流れとなります。

奈良県の過払い金請求は大阪事務所が対応

奈良県は近畿地方の中南部に位置しており、12市7郡15町12村から成り立つ県です。大阪府、京都府、三重県、和歌山県と隣接しています。面積は約3,700㎢、全国で8番目に狭い県です。人口は約136万人で、全国で30番目です。県花はナラヤエザクラ、県鳥はコマドリ、県木はスギと指定されています。吉野桜が有名な吉野山地があります。

県のマスコットキャラクターは「せんとくん」。平城遷都 1300 年祭をアピールするため活動していたましたがそのまま奈良県のマスコットキャラクターとして定着しました。その後、両親や妹、祖父など家族構成が広がっています。鹿の角が生えた童子の姿が当時話題となり、仏様に角を生やした風貌が「仏様を侮辱している」と仏教界からも批判されていました。市民からも苦情が寄せられるほどだったそうです。批判をうまく利用し知名度を上げた、という点では大きく成功したとも言えます。

奈良県の方言は、奈良市などの県北中部と十津川村などの奥吉野地方で大きく異なります。北中部の方言は大阪弁に近いものの、奥吉野の方言は東京式アクセントが主流で、「大根→だーこ」「赤い→あかー」のような連母音変化が起こり、「目ぇ」「気ぃ」のような長母音化が起こらないなど、近畿地方のなかで特殊な言語となっています。 狭い県であるため、県民意識は高いです。土地も豊かで温暖な気候のため、のんびりしている人が多いと言われています。奈良男性と奈良女性の性格はずいぶん異なります。奈良男性は保守的で、向上心に欠ける傾向があると言われています。金銭面ではけっこう締まり屋が多く、生活は堅実。人間関係重視型で、南にいくほど頑固な人が多いのだとか。一方、奈良女性は、我慢強いしっかりものですが、男性に比べ活発的で行動範囲も広いと言われています。ひと昔前に、女性週刊誌などでは「嫁にしたいNo.1は奈良県の女性」でした。理由は、包容力があって我慢強く、姑にも夫にもつくすから。睡眠時間も短く働き物が多いようです。

奈良県出身の人物には、そごう百貨店創業者、十河伊兵衛、武田薬品工業の礎となる薬種商を営んでいた武田長兵衛、ツムラ創業者の津村重舎、ロート製薬創業者の山田安民といった実業家がいます。歴史小説家として名高い司馬遼太郎、「夜は短し歩けよ乙女」で一躍有名となった作家。森見登美彦、国際映画祭で数々の賞を受章している映画監督、河瀨直美などがいます。 俳優、アイドル、モデルに、ジャニーズの堂本剛、城島茂、松下奈緒、IVAN、三戸なつめがいます。生まれは和歌山ですが、明石家さんまも奈良市にゆかりある人物です。

歴史上の人物は、ゆかりある人物も加えると数え上げればきりがないほどです。奈良時代以前で有名なのは、吉備津彦(桃太郎のモデルとされています)、聖徳太子、藤原鎌足、柿本人麻呂、平安時代以降では、第50代天皇である桓武天皇、菅原道真、安倍清明、柳生宗厳、ゆかりある人物には初代天皇、神武天皇がいます。

奈良県に世界遺産が3つあります。意外なことに関西圏での世界遺産数は奈良県が1位です。登録遺産名は「古都奈良の文化財」「法隆寺地域の仏教建造物」「紀伊山地の霊場と参詣道」。登録施設は、春日大社、春日山原始林、元興寺、興福寺、唐招提寺、東大寺、平城宮跡、薬師寺、法隆寺、法起寺、金峰神社、金峯山寺、吉野水分神社、吉野山、吉水神社となっています。

奈良県は京都と同様、非常に古い歴史を持つ県です。60ヶ所以上の土地に旧石器時代の遺跡が分布しており、石器が出土していることから、約2万5千年前には旧石器時代の人々が生活を始めたとされています。縄文時代には木津川・吉野川水系の諸河川が流れる大和高原や吉野山一体を中心に遺跡が分布しています。近畿地方では類を見ない遺跡数です。古墳、古代の遺跡も多く、神武天皇陵、明日香村石舞台古墳、平城宮跡の朱雀門などがあります。皇族の儀式ではたびたび神武天皇陵を訪れます。2016年4月3日には天皇、皇后両陛下が神武天皇陵を参拝されました。同日は日本書紀の神話で初代神武天皇が没したとされる日から2600年にあたります。神武天皇陵では100年ごとに式年祭が行われています。

観光スポットは、歴史の深さから数多くあります。中でも外せないのは、奈良の大仏を本尊とする東大寺、春日大社、聖徳太子ゆかりの寺院、法隆寺、奈良公園とその奥にある若草山、興福寺、牡丹が有名な長谷寺、季節折々でその風景を楽しめる吉野山、明日香村の石舞台古墳などがあります。レンタサイクルで明日香村を回るのも人気です。京都が豪華絢爛というイメージであれば、奈良は荘厳というイメージがあります。 奈良の特産品は柿の葉ずし、奈良漬。珍しい大和野菜を用いた料理を提供する店もあります。

意外と注目されることは少ないかもしれませんが「お雑煮」の違いもポイントです。焼いた丸餅で昆布出汁の白味噌ベースです。大きなポイントが雑煮のお餅にあまいきなこをつけて食べるのが奈良流で、きなこには豊作になるようにという願いが込められているのだそうです。