長野県の過払い金請求なら杉山事務所に無料相談!完全成功報酬

長野県で過払い金請求をお考えの方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください

長野県でも数多くの過払い金請求のご相談を承っております。
まずは司法書士法人杉山事務所の名古屋事務所まで、お気軽にお越しください。
過払い金の計算だけでも無料です。

長野県での過払い金請求の無料相談は、名古屋事務所まで

事務所概要

所在地 〒453-0015
名古屋市中村区椿町1-16
IMONビル3F
電話番号 0120-122-812 ※通話無料
電話番号 名古屋事務所のお問い合わせ番号は、0120131261
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 愛知県静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県
代表社員 寺山高史
愛知県司法書士会所属 第1545号
簡裁訴訟代理等関係業務認定会員 第818041号
名古屋事務所

過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

長野県で過払い金請求をご検討の方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。

借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいております。
当事務所では、過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいた後は、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。
過払い金請求について不安な点やわからない事がありましたら、どんな小さなことでもご質問ください!
担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

また、過去に払い過ぎていた利息があれば借金を返済中の方も過払い金請求をすることが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についてもご相談ください。

過払い金請求の最大のデメリットは、過払い金請求ができなくなってしまうことです。
その他のデメリットは、理解すれば恐れる必要はなく回避できるものもあります。
経営不振が原因で貸金業者が倒産したり、最終取引日から10年経過すると時効の期限を迎えてしまい過払い金請求ができなくなるまえに早急に行動してください。

長野県での過払い金請求で当事務所が選ばれる理由

長野県内の方から多く、過払い金請求のご相談を承っております。

当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求の最大のデメリットは、経営不振による貸金業者の倒産や過払い金請求の時効期限を迎えてしまい、過払い金請求ができなくなってしまう事です。
その他にもデメリットはありますが、理解すれば恐れる必要はなく回避することもできます。

長野県で過払い金請求をご検討の方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません

また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

対応エリア外、エリア内の遠方の方は個別出張相談をご利用ください。

過払い金請求・債務整理に関する不安や疑問、気になっていることなどを直接相談してみませんか?

内容により、体が不自由な方や遠方の方へ出張相談も行なっております。
必ず司法書士が面談、最後まで責任をもって対応いたします。事情によりご来所頂けない方も、遠慮なくお問い合わせ下さい。(親族の代理問い合わせも可能です。)

対応エリア外、エリア内の遠方の方、個別出張相談受付中

対応エリア外、エリア内の遠方の方、個別出張相談受付中

各事務所の情報

過払い金請求をお考えの方は、お近くの司法書士法人杉山事務所までお気軽にご相談にお越しください。

  • 大阪事務所(主たる事務所)
  • 名古屋事務所
  • 東京事務所
  • 福岡事務所
  • 広島事務所
  • 岡山事務所
  • 仙台事務所
  • 札幌事務所

各事務所の対応エリア

大阪事務所 大阪府
和歌山県
奈良県
兵庫県
京都府
名古屋事務所 愛知県
静岡県
長野県
岐阜県
滋賀県
三重県
東京事務所 東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
福岡事務所 福岡県
大分県
佐賀県
山口県
広島事務所 広島県
島根県
愛媛県
岡山事務所 岡山県
鳥取県
香川県
徳島県
仙台事務所 宮城県
福島県
山形県
秋田県
岩手県
札幌事務所 北海道

名古屋県での過払い金請求について

過払い金請求をすることで返済期間の短縮や、事によっては返還金が手に入ります。
しかしどういった手続きが必要なのでしょうか?過払い金請求は自分ですることもできますが、今回は法律家に依頼する場合に則して、具体的な手続きはどのようにすれば良いのかを詳しく説明いたします。

過去に遡って払い過ぎた金利分を請求する過払い金請求で大切になるのが、取引履歴を確認できる書類を前もって準備することです。
しかし、身内や親族にまで内緒で消費者金融などの貸金業社を利用している場合が多く、その際は初期取引契約書や支払い明細書などが、見つからないように処分されている事もあります。
そんな時は至急、弁護士、司法書士事務所が準備している無料の相談窓口に電話などをして対処法の指示を受けて下さい。
失ってしまった初期の履歴を示す書類を個人が貸金業社に開示請求しても受け合ってくれない場合が多いですが、法律家を通せばその要求に業者は応えざるを得なくなります。
しかし、契約開始のある程度正確な時期を依頼する法律家に伝えておく必要性は出てくるので、返済に利用した金融機関の通帳などを見返して確認しておいてください。

有効な書類を揃える段階では、ある意味の過払い金請求に必要な証拠隠滅を、借金の存在を周囲の方にばれたくないが為に自ら行ってしまうので厄介です。
昔の事で全く何も覚えていない、書類も残っていないなんて事態に陥ることも多々あります。
そんな時は、返済中の案件に限って言えば、過払い金請求の着手の前に「わざと一回少額返済をする」のも一定の効果があります。
この際出てくるであろう明細書には過払い金請求に必要な契約情報が記載されている場合があります。
少しでも過払い金請求に有利になるように状況に応じて実行しましょう。また完済しているケースでは、取引開始が古く書類の入手が困難な上、完済から10年の過払い金請求に対する時効成立が迫っている場合も多いので、より迅速な対処が必要になります。
時には恥を忍んで当時の知人などに自らの金銭管理状況を確認するなどの処置も考えておくべきでしょう。

過払い金請求に必要な書類が手元に抜かり無く揃っている場合は、業者に有無を言わせず過払い金請求ができます。

取引履歴を取り寄せた後は、利息制限法に基づいた引き直し計算をして過払い金の金額を確認しましょう。
法律家の力をわざわざ借りなくても手数料のかからない個人での請求も可能です。
しかし前述した通り書類が揃わないのがほとんどでしょう。
よって法律家に請求の代行を依頼するしか確実な過払い金の返還に繋がる方法はありません。

その際確認したいのが「着手金の有無」です。
着手金とは、案件に取りかかる前にあらかじめ要するであろう人件費や手数料を前払いさせる制度で、以前は法律事務所が必要経費として前払いを要求してくるのがほとんどでした。
しかし、最近はそもそも債務整理の1つである過払い金請求が、金銭の管理に苦慮する多重債務者を保護するための制度だという認識が広がってきたため、成功報酬の中に着手金を含んだ状態で、案件を進行してくれるケースも増えてきました。
相談から依頼をする前に「着手金」についてしっかり確認しておきましょう。

ここまで進行してくれば後は専門家にお任せです。
進行状況の詳細を依頼した事務所から定期的に報告を受けながら、良い結果を待ちましょう。
1点注意するなら、事務所ごとに成功報酬の比率が違うので、正式な依頼の前に確認した比率がしっかりと守られているか、相手が信頼性の高い法律家だとはいえ、しっかり確認をしてください。

過払い金請求は個人で行うこともできますが、専門家への報酬を渋って時効を迎えるのは大変もったいないです。
できるだけ早く法律事務所などに相談することをおすすめします。

過払い金についてお悩みの方は、司法書士法人杉山事務所の無料相談をご利用ください。
依頼者にとって解りやすく、相談しやすい事務所を目指し、専門的な知識を持ってお悩みへ的確なアドバイスを致します。
フリーダイヤルやメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

過払い金請求でお悩みの方はお気軽に無料相談をご利用下さい。
ご相談や出張無料も無料!杉山事務所へご質問だけでもお気軽にどうぞ!電話で無料相談するメールで相談するお電話は9時~19時まで、メールは24時間いつでも受付!

長野県について

長野県は、本州の真ん中に位置しています。周囲に海はありませんが、広大な山々とすんだ河川にめぐまれ、豊かな自然の中で歴史を育んできた県、それが長野県です。

長野県は、住みやすい県ランキング上位に選ばれることも多い県です。長野県は今、全国的に注目が集まり、人気が高くなっています。
今回は、どうして長野県が魅力的なのか、長野県の魅力についてご紹介したいと思います。

長野県の歴史を楽しもう

長野県には海がなく、本州内陸部に位置していて、信州とも呼ばれています。
多くの山々が連なる長野県では、山と山の間の街道沿いに都市が発達してきました。

(1)真田幸村の故郷、上田市

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」をご存じですか?歴史ファンにも、歴史ファンでない人にも大人気のドラマです。
真田丸に登場する真田幸村の故郷は、長野県上田市です。この上田市には、真田幸村ゆかりの見どころがたくさん存在しています。

まず、上田駅を降りると目につくのは、真田幸村の銅像です。
この銅像は、真田幸村の初陣の様子を銅像にした騎馬像で、若かりし日の真田幸村の様子がよく表現されているといわれ、躍動感にあふれるその姿は、見る者を感動させること間違いありません。

上田城は、真田幸村の父、真田昌幸の居城だったお城で、難航不落の城として有名です。
ドラマのタイトルにもなった「真田丸」は、大阪城に真田幸村が築いた出城の名前のことです。
この真田丸は、真田幸村の第二次上田合戦での経験をもとに築かれたものです。
その経験とは、真田昌幸、幸村の親子の軍が上田城の戦いで、徳川秀忠率いる徳川勢を撃退したというものです。
この時、徳川勢は、真田勢の10倍もの兵がいたそうです。
上田城内には、真田石、真田井戸、西櫓、資料館などのたくさんの見どころがあります。

真田氏歴史館では、真田一族の歴史を学ぶことができるようになっています。
古文書、甲冑、武器などが展示してありますので、真田ファンであれば、ぜひ訪れたいスポットですね!

(2)松本城

松本城は、日本最古のお城で、現存する五重六階の天守の中では、日本最古お城であり、国宝に登録されています。
「烏城」とも呼ばれる松本城の外観は漆黒です。冬のアルプスの山々の真っ白な雪の色に、漆黒の松本城がそびえるという、見事なコントラストを描く景観は、多くの人に愛されています。
天守閣からは、北アルプスを一望することができます。

(3)善光寺

長野県は、善光寺の門前町として発展してきました。
善光寺は極楽浄土の入り口と呼ばれ、一生に一度でも訪れれば往生がかなうといわれており、全国でも珍しい無宗派のお寺で、誰でも気軽に参拝することができます。

長野県で食べるおいしいもの

(1)信州そば

長野県の代表的な特産品のひとつが「信州そば」です。
信州は、そば切り発祥の地ともよばれ、手打ちそばのお店がたくさんあります。
長野県の澄んだ空気と水、そば職人の惜しみない努力が、信州そばのおいしさの秘密となっています。
信州そばは、そば粉の種類や産地、そばの実の磨き方、つなぎの材料、料理方法などによって、無数のバリエーションがありますので、長野県を訪れたら、信州そばの食べ歩きもしてみたいですね。

(2)五平餅

五平餅という料理をご存じでしょうか?長野県周辺ではおなじみの料理です。
五平餅は、木の棒にうるち米をつぶして、握り付けて焼いたもので、甘めのタレをかけて食べるものです。
お店によって形、焼き方、タレが異なります。アツアツでモチモチの五平餅は、五平餅を売っているお店を見つけたら、思わず買わずにはいられないほど、おいしいです。
ぜひご賞味ください。

(3)おやき

長野県のおやきは、種類が豊富、表面はカリカリ、中は具がぎっしりと、ぜひ食べてみたい一品となっています。
中の具をご紹介すると、野菜ミックス、ねぎみそ、粒あん、野沢菜、しめじなどなど・・・どれも食べてみたくなるものばかりです。
値段もお手頃で、おみやげにも最適です。

(4)りんご

長野県は、青森県に次いで全国第2位のりんごの生産地です。
長野県では、りんごの木のオーナーを募集している農園もあり、りんごの木のオーナーになると、収穫シーズンに訪れて、りんごの木1本丸ごと、りんごをもぎとることができます。
自分の持つりんごの木だ!と思いながら収穫するのも楽しそうですね。

また、りんごパイやりんごジャムなど、りんごを加工して作った商品もたくさん販売されていますので、りんごシーズンでなくとも、りんごを楽しむことができます。

長野県でウィンタースポーツを楽しむ

長野県は積雪量が多く雪質がよいため、毎年、スキーなどのウィンタースポーツを楽しむために、多くの観光客が訪れます。
スキーだけではなく、温泉施設やおいしい郷土料理もありますので、スキーのあとに温泉に入りゆったりとし、おいしい料理を食べるという理想的な休暇を過ごすことができます!

長野県の工業

長野県では、工業化を新設するなど工業化政策がすすめられていて、「東洋のスイス」といわれるほど、先端技術産業が発達しています。
これは、長野県では先端技術産業に必要なすんだ水が豊富にあるため、先端技術の研究などに適しているからです。

長野県は、元々がウィンタースポーツのメッカとして、また、松本城や善光寺などの歴史的な建造物が多く残る県として、観光で人気の高い県でした。
空気や水はすんで、料理はおいしく、住みやすい県としても人気がありました。
その長野県は、今、NHK大河ドラマ真田丸の放送により、ますます人気が出てきています。
ぜひ実際に訪れて、長野県の歴史や料理を楽しんでください。