宮城県の過払い金請求は無料相談

宮城県の過払い金請求は無料相談

宮城県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。
過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 宮城県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

宮城県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

宮城県の過払い金請求を対応

仙台事務所

所在地 〒980-0811
仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
電話番号 0120-566-882 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 宮城県、宮城県福島県山形県秋田県岩手県

>>仙台事務所 詳細とアクセス

「杜の都」として有名な宮城県。東北の中でも水産業が盛んな地域の1つで、さらには山菜や牛肉、果物と食べものにおいて死角のない県も珍しいですよ。また、多くの史跡が残っているため観光に困ることもない県となっています。そこで、宮城県の魅力についてご紹介しましょう。

宮城県とは
奥羽山脈の麓に広大な平野を持っている宮城県。「ササニシキ」や「ひとめぼれ」など稲作農業が中心になっており、米どころの1つとして知られています。また、県庁所在地である仙台市は「杜の都」と呼ばれるとおり、もともとは伊達正宗公が栗・梅・柿などを住民の飢餓対策として育樹に力を入れ始め、自然豊かな街並みとなったところから言われています。その活動を元に、先代では緑が絶えない街となり、仙台空襲で燃えてしまった後も植林・植樹を続けることで「緑の街」が守られています。 緑だけでなく、水産物が盛んであることも宮城の特徴です。宮城には気仙沼漁港・石巻漁港・塩釜漁港を始めとする特定第三種漁港を142か所も持っています。この数は、他の県と比べても圧倒的に多い数となっており、漁獲量の数も全国の中でトップクラスです。新鮮なカツオやサンマ、マグロなどだけでなくカキやフカヒレを食べることができます。
また、宮城県は昔から多賀城が作られたりするなど歴史的にも重要な場所となっています。17世紀には伊達正宗公が宮城の地を治め、独自の発展を遂げてきた県です。

「食材王国」宮城県!
宮城県は気仙沼をはじめに多くの魚介類が楽しめる県の1つ。特に、気仙沼で取れるフカヒレとカキは県としても売り出している水産物となっています。
また、水産物だけでなく高級和牛肉の仙台牛も有名です。宮城で作られる水と稲わら、そして徹底した肥育によって成長した黒毛和牛は赤身と脂質のバランスが良好となっています。お肉だけでなくイチゴやナシなどの果物が取れるため、宮城県は「食材王国」としてPRを進めています。
宮城県で取れる山菜も有名で、きのこやたけのこを天ぷらとして出すお店も多いのです。特に、おすすめのお店が「ごはん居酒屋 ばんげ」です。厳選した食材から作られるご飯と共に、お酒が楽しめる居酒屋店となっています。特に、釜飯と山菜の天ぷらはぜひ食べたい1品です。「ご飯居酒屋 ばんげ」は、地下鉄南北線長町南駅から徒歩1分のところにあります。

港町に行くなら気仙沼!
観光で港町に行くなら、気仙沼市がおすすめです! 震災で被害を受けた港の1つですが、世界三大漁業の1つに数えられる港は、今でも活気を保っています。漁師の威勢がいい声を聞きながら、取れたての魚介類を楽しめるスポットの1つでもあります。 また、魚だけでなく近くには多くの観光スポットがあります。おすすめの観光スポットの1つに「巨釜・折石・半造」があります。前田浜から沖合を見たとき、大きな釜が沸騰しているように見えたのが名前の由来です。この巨釜には折石という観光シンボルがあり、大津波で折れた石が残った後は自然の巨大さを感じられるスポットとなっています。
「半造」と呼ばれるには諸説あり、あわびを養殖していた場所・釜が半分だけのように見える場所などがあります。この巨釜と半造は、今から6550万年~2億8000万年前の隕石落下によってできた場所と言われています。
「巨釜」へのアクセスは、JR気仙沼駅から車にて30分ほどで行けます。駐車場から前田浜方面に遊歩道がありますので、太平洋沿いの景色を見ながら歩いていくのがおすすめです。

伊達正宗が治めた土地です
仙台と言えば、伊達正宗公を想像する方も多いかと思います。その伊達正宗公が築いた仙台城の跡地は、観光スポットの1つになっています。仙台にある青葉山に築城してある仙台城跡地は、のぼってみると市内を見渡すことができます。城は無くても、雄大な街並みを眺めることができるおすすめスポットの1つです。東北新幹線仙台駅西口からバスに乗れば30分ほどで着きます。
また、史跡だけでなく正宗公が愛した「豊かな緑」を見られるスポットの1つに「鳴子峡」があります。鳴子温泉郷の「中山平温泉」地区に位置する峡谷は、紅葉も名所としても有名です。散策道から眺める紅葉や青々とした自然は、一度は訪れたいスポットとなっています。JR鳴子温泉駅から車にて10分ほどでアクセスできます。

日本三景のひとつ「松島」
宮城県には日本三景の1つである「松島」があります。かの松尾芭蕉が俳句にも読んだ場所となっており、展望台から見る松島は絶景です。
また、松島の近くには「五大堂」というシンボル的なお寺があります。この建物は重要文化財にも指定されており、歴史の重みを感じられる仏閣となっています。特に、五大堂にある渡橋は赤く染まっており、侘しくも二本らしい五大堂との対比のようになっており心打つものがあります。五大堂へはJR仙台松島海岸駅から徒歩7分ほどで着きます。

いかがでしたか? この記事では宮城県の魅力についてご紹介しました。
宮城には水産物だけでなくお米・果物・肉と食材で困ることはありません。特に、宮城で取れる山菜は絶品で一度は食べてみたいところです。
観光スポットも多くあり、世界的な漁港にも数えられる気仙沼港や伊達正宗公が残した城跡地、日本三景に数えられる松島など見どころはたくさんあります。ぜひ、宮城を訪れて自然と共に積み上げられた歴史を感じみてくださいね!

宮城県での過払い金請求について

「過払い金請求をするとお金が返ってくるらしい。でも、何かリスクのようなものがあるなら無理はしたくない・・・」 過払い金請求のメリットは理解しているものの、何かデメリットがあるなら無理にアクションを起こすことには抵抗があるという方も多いかもしれませんね。しかし、過払い金請求のデメリットは正しく理解すれば恐れる必要はありません。

過払い金請求のリスクとして一番大きいのは、信用情報機関のブラックリストに載ってしまう可能性があることです。 ブラックリストに載ると新たにローンを組むのが難しくなりますので、マイホームの購入などを検討している人(住宅ローンを組む予定のある人)などは注意しておく必要があります。 ただし、過払い金請求をしたら必ずブラックリストに登録されるというわけではありません。

具体的には、「過払い金請求を行った結果、借金残高が残っていない状態」にすることができればブラックリストに載ってしまうことはありません。 たとえば、借金が100万円ある状態で過払い金が150万円あるというような状態ですね。 あるいは、過去にすでに完済した借金について過払い金請求するという場合もブラックリストに登録されることはありません。

過払い金請求してブラックリストに登録されないようにするためには、上でご説明させていただいたように「過払い金請求後に借金が残らない状態」にしておく必要があります。 現在借金の残高がある人の場合は事前にある程度の金額を返済しておくなどの方法が考えられます。

この場合、過払い金請求によって返してもらえる過払い金の金額をある程度正確に把握した上で手続きに入る必要があります。 結果として想定よりも少ない金額しか返してもらえなかったという場合には借金残高が残ってしまい、ブラックリストに登録されてしまうということが考えられるからです。 過払い金の正確な金額を計算するためには専門家に相談してアドバイスを受けるようにしましょう。

弁護士などの専門家に支払う費用は、着手金と成功報酬に分かれています。 着手金は過払い金請求手続きをスタートしてもらうために必要な費用で、2万円〜3万円程度が相場です。

成功報酬は「返還に成功した過払い金の金額×20%」といった形で計算される費用で、相場は20%〜25%程度となっています。 過払い金請求で裁判を行うか否かによって費用が変わる場合が多いので注意しておきましょう(裁判を行う場合の方が費用は高くなります) なお、これらの専門家費用は貸金業者1件ごとに計算するのが普通です。たとえば、3件の業者に対して請求を行うという場合では1件3万円だったとすると3万円×3件=9万円が着手金として必要になります(成功報酬についても同様です)

たくさんの業者に対して過払い金請求を行いたいという人の場合、専門家に対して支払う費用も大きくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。 (専門家の費用は後払いや分割払いに応じてもらえる場合がほとんどです)

過払い金請求を行うことで払い過ぎてしまったお金を返してもらうことが可能です。 ただし、本文でご説明させていただいた通り、正しい理解に基づいて手続きを行わないと、ブラックリストに登録されてしまう可能性があるなどリスクがあるのも確かです。 こうしたリスクは弁護士や司法書士などの専門家からアドバイスを受けることで最小限に抑えることが可能です。

専門家に依頼すると費用が発生してしまいますが、過払い金請求を自分で手続きを行ったときより大きな金額を返してもらえる可能性が高いです。 専門家への相談は無料でできることがほとんどですので、「自分にも過払い金があるのかも?」と気になっている方は一度相談してみると良いですよ。