三重県で過払い金請求の無料相談ができる法律事務所【杉山事務所】

三重県で過払い金請求の無料相談ができる法律事務所【杉山事務所】

三重県で杉山事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?

取り戻せる過払い金の額は事務所によっても異なります

過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。

杉山事務所は三重県でも過払い金請求の実績多数

杉山事務所は過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。

過払い金請求は無料相談ができる法律事務所の杉山事務所にお任せください。杉山事務所では、遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

三重県での過払い金請求にかかる費用<完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

司法書士法人杉山事務所では、過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。

着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。

過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、杉山事務所にご相談ください。

三重県の過払い金請求を対応する杉山事務所<出張相談可能>

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

名古屋事務所

所在地 〒453-0015
名古屋市中村区椿町1丁目16番
IMONビル3F
電話番号 0120-122-812 ※通話無料
電話番号 0120-122-812
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 愛知県静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県

>>名古屋事務所 詳細とアクセス

杉山事務所 名古屋事務所
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

杉山事務所が対応する三重県の過払い金請求について

過去に高い金利でお金を借りていた人は、過払い金請求をすればお金が返ってきます。弁護士や司法書士に頼んで過払い金請求をしますが、メリットばかりではありません。過払い金請求をすることによるデメリットが発生する場合もあるので注意しましょう。過払い金請求に関するメリット、デメリットを解説します。

しなきゃ損!過払い金請求のメリット

メリットはもちろん、払いすぎたお金が返還されたり、債務がなくなったりすることです。過払い金があるかどうか分からない人も、借り入れや返済の記録を残していない人も、借り入れした金融会社さえわかれば、過払い金があるかどうか分かります。

過払い金請求は自分でもできますが、一般的には弁護士や司法書士にたのんで金融会社に借り入れ、返済の記録の開示を請求します。業者から開示された記録を元に引き直し計算をし過払い金を算出します。借り入れした会社に過払い金請求をすれば過払い金が返還されたり、債務がなくなったりするわけです。

知っておきたい過払い金請求のデメリット

過払い金請求はメリットばかりではありません。デメリットが発生するケースもあります。 以下にデメリットを解説していきます。

2010年までは過払い金請求をしたら「契約見直し」という情報がいわゆるブラックリストに載っていました。しかし金融庁の通達で、現在は「契約見直し」という情報の登録はなくなり、過払い金請求をしたからといってブラックリストに載ることはなくなりました。

しかし、ブラックリストに載らないのは、すでに完済している人、過払い金請求の結果、債務が消えてお金が戻ってくる人の場合です。過払い金請求をしても、残債務が残る場合は「債務整理」という情報がブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストって何?過払い金請求とブラックリストの関係

ブラックリストに載るというは、JICCなどの信用情報機関に事故情報が登録される事です。ブラックリストに載るとどうなるのでしょうか

いわゆるブラックリストに載った「債務整理」などの事故情報は、約5年間消えません。 住宅ローン、自動車ローン、買い物のローン、すべて審査の際にブラックリストに名前がないか確認されます。もしブラックリストに「債務整理」などの情報が載っていれば、当然ローンの審査は通りません。5年以内にローンを組む予定がある人は要注意です。

これは、全てのカード会社というわけではありませんが、ブラックリストに載ると持っているクレジットカードの使用が止められることがあります。「債務整理」という情報でクレジットカードが止められる場合もありますし、過払い請求のために取引履歴の開示を請求しただけでクレジットカードが止められる場合もあります。

過払い金請求の際、すでに完済済みでない人は、クレジットカードが止められる可能性があることに注意してください。クレジットカードの新規発行も審査が通りにくくなります。

残債が残っていて、過払い請求の結果、残債がなくなり過払い金が戻ってくるという人も、過払い金の請求手続き中、一時的に「債務整理」という情報がブラックリストに登録される場合があります。

過払い金の請求をしてから過払い金が支払われるまで一般に数ヶ月かかりますので、その間ブラックリストに名前が載ることになります。この場合過払い金請求の手続きが全て終わり、過払い金が返還されたら「債務整理」の情報が「完済」に書き換えられますが、ブラックリストに「債務整理」と言う情報がある期間中は、ローンの審査も通りませんし、クレジットカードが止められる、クレジットカードの更新が出来ない、クレジットカードの新規発行が出来ないといったことが起こります

ローンが組めない、クレジットカードの使用が止められるといったことが起こりますので、心配な方はぜひこの機会に司法書士法人杉山事務所へご相談下さい。

三重県の過払い金請求は杉山事務所の名古屋事務所が対応

三重県は琵琶湖の南、紀伊半島の東側にあり、おだやかな気候と豊かな自然に囲まれた県です。三重県は「美し国」とよばれるほど、風光明媚な県なのです。

レジャー施設などの観光施設たくさんあり、伊勢エビをはじめとした海産品、高級ブランド肉である松坂牛といった特産品を楽しむこともできます。そんな多彩な表情をみせる三重県の魅力を紹介していきます。

伊勢神宮とおかげ横丁
三重県伊勢市にある誰もがその名前を知っている伊勢神宮は、お伊勢参りで有名ですね。伊勢神宮の参拝には古くからの習わしがあって、参拝方法が決まっています。せっかく伊勢神宮を訪れるのであれば、正しい方法で参拝を行いたいですね。

伊勢神宮のまわりには、伊勢路の代表的な建築物が移築され、観光スポットとなっています。その中でもおすすめなスポットは、「おかげ横丁」です。おかげ横丁は、江戸時代の頃の伊勢の様子を再現した町で、飲食店やお土産屋さんが並び、自由に散策できるようになっています。ぜひ実際に訪れて、江戸時代のタイムスリップした気分で散策してみてください。

ナガシマリゾート
三重県桑名市にあるナガシマスパーランド周辺は、ナガシマリゾートとよばれ、一大リゾート地になっています。ナガシマリゾートでは、花火大会、年末のカウントダウンイベントが開催され、遊園地、ジャンボ海水プ-ルなど、レジャー施設が盛りだくさんです。

(1)ナガシマスパーランド遊園地の絶叫マシン
ナガシマスパーランドの遊園地を訪れたら、一度は乗ってみたい乗り物は「ホワイトサイクロン」です。世界最大級の木製ジェットコースターで、全長1700メートル、最高速度は時速102キロ。絶叫マシン好きには、はずせない乗り物です。ナガシマスパーランドには、そのほかにもたくさんの絶叫マシンがありますので、制覇してみてください。

(2)長島温泉
ゆったりとしたリゾートを楽しみたい方には、長島温泉「湯あみの島」です。
ここの露天風呂は、日本一の大スケールが魅力となっています。内湯と露天風呂あわせて、17種類のお風呂が楽しめるだけでなく、広い庭園内に様々なお風呂が点在しているのです。

自然を眺めながらゆっくりとお風呂にはいることができ、庭園内の散策もできるとなれば、温泉好きであれば、一度は訪ねてみたいですね。オフィシャルホテルに宿泊すると、無料で利用できますので、連休などを利用してゆっくり訪れてみるのもよいですね。

(3)長島アウトレット
買い物を楽しみたい方には、「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」です。三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島は、長島アウトレットともよばれていて、アウトレットショップだけでなく、フードコート、レストランがあり、一日中楽しむことができるようになっています。

(4)なばなの里のウィンターイルミネーション
なばなの里は、その名のとおり花や木々を鑑賞できる施設です。なばなの里でおすすめなイベントは、ウィンターイルミネーションです。毎年テーマが変わるイルミネーションは、国内最大規模のイルミネーションで、このイルミネーションを見るために多くの人が訪れます。

一度見に行ってしまうと、その壮大なイルミネーションに圧倒され、また次の年も見に行きたくなると思います。

鈴鹿サーキット
三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットは、F1ファンであれば知らない人はいないサーキットです。F1グランプリのほか、スーパーGT、鈴鹿8時間耐久レースなどなど数多くのレースが開催され、多くの人を集めています。

レースファンでもレースファンでなくても行ってみたいのが、「レーシングシアター」です。レーシングシアターには、実物のフォーミュラマシンやバイクが展示されているので、実際のマシンの大きさをすぐそばで見ることができます。カートもあるので、レーサー気分を味わうこともできて、誰でも楽しむことができるようになっています。

ミキモト真珠島
「ミキモト真珠島」は、海に浮かぶ小島で、真珠のテーマパークになっています。島内には、真珠博物館、真珠ショップ、レストランがあります。おすすめは真珠をとるために海にもぐる海女の実演です。ミキモト真珠島にデートに訪れて、真珠のアクセサリーを彼女にプレゼント、なんていう男性も多いそうです。

三重県には、そのほかにも鳥羽水族館、志摩スペイン村、伊賀忍者博物館などのレジャー施設があります。三重県はレジャー施設のメッカなのです。

三重県の風景
(1)丸山千枚田
丸山千枚田では、山の斜面に石垣を築いて作られた1340枚もの小さい田んぼが、幾重にもかさなりあっています。この風景の素晴らしさから、丸山千枚田は日本一の棚田とよばれています。

(2)パールロード
三重県でドライブに出かけるなら、パールロードがおすすめです。リアス式海岸沿いの山々に沿うように走るパールロードをドライブすれば、眼下に美しい海や山々を眺めることができます。パールロードの途中には、鳥羽展望台があり、三重県の特産品である伊勢エビを使った「とばーがー」というハンバーガーを食べることもできます。

麻生の浦大橋、的矢湾大橋、大王崎灯台、菅崎園地といった名所もあるので、パールロードにドライブに出かけた際には、これらの名所によって志摩半島の美しい景観を楽しんでください。

三重県の特産品
伊勢エビ・鮑・牡蠣・ふぐなどの魚介類が産出され、特産品となっています。また、高級牛肉として、松坂牛も三重県の代表ブランドとして有名です。松坂牛は、肉の芸術品とよばれる霜降りの牛肉で、一頭5千万円の値が付いたこともあるのです。三重県のお土産として、赤福餅も全国的に有名な名産物です。

三重県で伊勢エビや松坂牛などのおいしいものを食べながら、リアス式海岸がおりなす美しい風景をながめたり、ナガシマリゾートで楽しめば、心身ともにリフレッシュできそうです。ぜひ、実際に足を運んで、「美し国」三重県を楽しんでください。