香川県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所

香川県の過払い金請求は無料相談

香川県で当事務所が選ばれる理由

香川県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

香川県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

香川県で過払い金請求をご検討の方は、無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません
また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

香川県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

岡山事務所

所在地 〒700-0821
岡山市北区中山下1丁目8番45号
NTTクレドビル10階
電話番号 0120-153-565 ※通話無料
電話番号 0120-153-565
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 岡山県鳥取県香川県徳島県

>>岡山事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

香川県での過払い金請求について

過払い金請求のデメリットととして気にされているのがブラックリストにのるということですが、恐れる必要はありません。2010年までは、過払い金請求をしたらブラックリストに「契約見直し」という情報が登録されていましたが、金融庁の通達が有り、2010年以降は「契約見直し」という情報でブラックリストに登録される事は無くなりました。現在は過払い金を請求しただけでブラックリストに載ることはなくなったのですが、ケースによってはブラックリストに載ってしまいます。それは、まだ返済途中で、過払い金を相殺しても借入残が残る場合で、ブラックリストに「債務整理」という情報が載ってしまいます。

では、ブラックリストに載らないためにはどうしたらいいのでしょう。一番簡単なのは、過払い金を請求しないことです。しかし、それでは還ってくるはずの過払い金を放棄するわけでもったいない事です。では、どうすればよいのでしょう。ひとつは、借金を全て返してから請求することです。これなら、ブラックリストには載りません。もう一つは、借り入れの残が過払い金よりも少ない金額になってから過払い金請求することです。この場合、過払い金請求の手続きの間、一時的に「債務整理」という情報でブラックリストに載る場合がありますが、過払い金が返還される時には「弁済」として、「債務整理」の情報は消えます。過払い金の正確な金額をだすには取引履歴をとりよせ引き直し計算をしまよう。

なかには、もうすでに自分で過払い金請求をしてしまったという人もいるかもしれません。自分がブラックリストに載っているのかどうか確認したい人もいるでしょう。そんな場合は信用情報機関に自分の情報を開示してもらうことが出来ます。信用情報機関は、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。それぞれに情報開示を請求すれば、自分がブラックリストに載っているのかどうか確認できます。

ブラックリストに載ってしまうと、住宅ローン、自動車ローン、カードローン、ショッピングローン、いずれも審査が通りにくくなります。新しいクレジットカードも作れません。5年くらい先まで、スマートフォンの機種変更の予定も、ローンを組む予定も、クレジットカードを作る予定も無い人は、ブラックリストに載っても生活に影響は無いかもしれません。しかしブラックリストに載ると困る人の方が多いでしょう。過払い金請求をするときには、ブラックリストにのらないよう注意してください。

香川県での過払い金請求について

香川県は四国の東北部に位置しており、その面積は1,876.55平方kmという日本で最も小さい県です。南部は讃岐山脈が連なっており、香川県にある河川の多くは讃岐山脈を源とし、北へ流れて瀬戸内海へと繋がります。北部には大川平野、高松平野、丸亀平野、三豊平野という4つの平野が広がっており、この平野部を総称して讃岐平野と呼びます。この名前は、香川県の旧国名である「讃岐国」を由来としています。讃岐平野は香川の総面積の36.9%を占めており、四国地方でも最大規模です。小さな県ではありますが、この平野部に人口が集中しているため、人口密度は四国四県の中で香川県が一番高くなっています。

気候はとても穏やかで災害も少ないため住みやすい県でもあります。年間を通して雨が少ないため、かつて香川県はたびたび水不足に悩まされていました。今でも讃岐平野には水不足を解消するために造られたため池が多く残っています。しかし、ため池だけでは安定した水の供給が十分にできないため、1974年に徳島県の吉野川から水を引く香川用水が建設されました。香川用水により慢性的な水不足は解消されましたが、深刻な水不足に陥った過去の教訓を活かし、香川用水に依存しすぎない水道インフラの整備も県全体で進められています。

香川県は大きく分けて東讃、中讃、西讃という3つの地域に分けられます。香川県の中心都市となる高松から東の地域を東讃といいます。高松市中心部のベイエリアや商店街では大規模な再開発が行われ、サンポート高松や高松丸亀町商店街など、グルメやショッピングを楽しむ施設が新たに登場しました。商業地区として賑わいを見せる一方で、栗林公園や玉藻公園などの城下町の名残も美しく残されている地域です。

中讃である坂出、宇多津、丸亀は、瀬戸大橋で本州と繋がっている四国の玄関口です。丸亀市はうちわ作りで有名な町で、全国シェアの9割を占めています。綾歌町には、四国最大級のテーマパークであるNEWレオマワールドがあります。絶叫マシーンや子供向けのショー、天然温泉など、大人から子供まで幅広い年代の層が楽しめる人気のスポットです。夜になると1年を通してイルミネーションを楽しむことができ、150万基もの壮大な光の世界を堪能することができます。第3回イルミネーションアワード特別賞イルミネーション賞も受賞し、西日本では最大規模のイルミネーションとして更に注目が集まっています。

西讃地域で有名なのは、琴平町にある金刀比羅宮です。古くから信仰を集めており、「こんぴらさん」の愛称で親しまれています。年間300万人もの参拝客が訪れ、長い石段を登り御本宮を目指します。参道には、宝物館や表書院、旭社など、様々な文化財が連なっているだけでなく、カフェやうどん屋も立ち並んでいます。この付近にある門前町は華やかな温泉街として知られています。長い参道を登ったあとにはこの温泉街に宿泊して疲れを癒すのも人気の観光コースです。

香川県の瀬戸内部には数々の小さな島が点在しており、現代アートの島として注目が集まっています。その中でも特に有名なのが直島です。島にはベネッセハウスや地中美術館などの美術館があり、更に海沿いや山の中にも様々なアート作品が展示されています。島内には個性的なカフェも多数オープンしており、カフェ巡りを楽しむ観光客も多くいます。そして、この瀬戸内海の島々で3年に一度開催されるのが瀬戸内国際芸術祭です。国内外のアーティストの作品が春・夏・秋の3季を通して公開されています。使わなくなった旧校舎や畑、民家など、島の風景に溶け込んだ独特のアート作品が展示され、一目見ようと県外からも観光客が訪れます。

そして、香川県と聞いて多くの人がまず最初に思い浮かべるのがうどんです。香川県には数多くのうどん屋があり、少し街を歩くだけでも何軒ものうどん屋を目にすることができます。県内に何店舗も店を構えている人気店や、山奥にある有名店、平日の昼時の数時間しか食べることのできない製麺所など、麺の食感やだしの味だけでなく、店の形態も様々です。もちろん、香川県民も日常的にうどんを口にしていますが、日本全国からも本場の讃岐うどんを食べるために観光客が訪れています。

香川県でも、自ら県名を「うどん県」としてPRし、県の広報活動に力を入れています。2011年には、県の観光協会が香川県出身の俳優である要潤を副知事役にし、香川県を「うどん県」に改名するという特設サイトを開設したPR活動を行いました。この斬新な取り組みは日本中で非常に話題となり、このPR動画を一目見ようとインターネットのアクセスが一時的に集中し、サーバーダウンしてしまうほどの反響でした。これを機に、香川県のうどんのイメージが全国的にも定着し、2012年に行われたユーキャン新語・流行語大賞では、入賞には至りませんでしたが、「うどん県」という言葉が候補にノミネートされました。

最近では、「うどん県。それだけじゃない香川県」というプロジェクトを県が新たにスタートさせ、アートやグルメ、観光スポットなど、うどん以外にも魅力が満載の香川県を盛り上げる取り組みが行われています。