岩手県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

岩手県の過払い金請求は無料相談

岩手県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。
過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 岩手県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

岩手県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

経営不振による貸金業者の倒産や、最終取引日から10年経過してしまい消滅時効が成立してしまって過払い金請求ができなくなることが最大のデメリットです。その他のデメリットは、理解すれば恐れる必要がなく、メリットのほうが大きです。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

岩手県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

仙台事務所

所在地 〒980-0811
仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
電話番号 0120-566-882 ※通話無料
電話番号 0120-566-882
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 宮城県、宮城県福島県山形県秋田県岩手県

>>仙台事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

都道府県の1つである岩手県。日本では2番目に大きい都道府県の1つには、ただの自然風景だけでなく世界遺産や日本最大級の海岸など見どころがたくさんあります。また、ドラマの舞台となったことで脚光を浴びた岩手県ですが、ロケ地を含めた魅力をご紹介しましょう。

岩手県は、東北地方を形成する県の1つです。北海道の次に大きな県ですが、その県に住む大半の人は内陸部の北上盆地に住んでいます。その人口割合は、なんと7割強! 盆地だけでなく海岸部にはリアス式海岸や山地、丘陵地など自然と一口に言ってもさまざまな顔が見られる土地となっています。県庁所在地は盛岡市となっており、わんこそばなどで知られている県です。 「岩手」という県名の由来には逸話が存在します。帝が大事にしていた「岩手」という鷹を失ったときに「金指を言わないほうが、言ったときの気持ちよりも強くなる」という言葉から「岩手=言はで」という掛詞から来ています。このとき読まれた「いはでおもふぞ いふにまされる」という和歌は、古今和歌集の中にある和歌を引用して謳われたものとして知られています。

岩手県には、日本最大級と言われるリアス式海岸である「三陸海岸」があります。その大きさは青森県の八戸市から岩手県沿岸部をずっと通り、さらには宮城県牡鹿半島まで全600kmに及びます。断罪絶壁や奇岩など、その道中ではさまざまな顔を見せてくれます。三陸沖は世界三大漁場の1つになっており、漁港にはサンマやカツオなど日本を代表する魚たちが多く取れる場所となっているのです。 三陸海岸の観光としては、鵜の巣断崖がおすすめ。岩手県の三陸鉄道北リアス線田野畑駅から車などで20分のところにあります。断崖の中腹にあるウミウの巣が名前の由来となっており、その恐ろしくも海と空を眺めることができる絶景は、思わず言葉を飲んでしまいます。波の荒い音は、耳だけでなくお腹にまで響きそうなほどです。 もうひとつ、三陸海岸で行ってみたいところが浄土ヶ浜です。岩手県の三陸海岸に面する都市にある場所にある浄土ヶ浜ですが、三陸海岸の国立公園の中心をなす場所となっています。波に打ち付けられる岩と緑の松はコントラストのようになっており、さらに紺碧のような海が臨める場所はほかにはありません。浄土ヶ浜には遊覧船や青の洞窟という名所があり、剣ノ山・賽の河原・血の池などを眺めることができます。

現在の岩手と言えば、ドラマでもフィーチャーされた「海女さん」で有名な場所にもなっています。岩手県にある小袖海岸に向かえば、海女さんが海に潜って獲物を捕らえる場面を見学することができます。また、小袖海岸は「つりがね洞」や「かぶと岩」といった奇岩を眺められる観光スポットにもなっています。さらに、ドラマ「あまちゃん」で使われた三陸鉄道に乗ってドラマの雰囲気を楽しむのもいいでしょう。冬限定になりますが「こたつ列車」に乗れるチャンスですよ。三陸鉄道は青森県八戸市鮫崎から岩手県沿岸部、さらには宮城県牡鹿半島までの海岸となっています。 また、岩手は東北の地震で大きな津波被害にあった県の1つ。ドラマ「あまちゃん」でもクローズアップされましたが、岩手にはその震災時に残った「奇跡の一本松」があります。美しかった「高田松原」は、津波によって被害を受けました。そのとき、一本だけ残った松が「奇跡の一本松」として復興のシンボルになっています。JR大船渡線BRTから向かえる臨時駅「奇跡の一本松駅」から徒歩1分でアクセスできます。追悼の意を込めて伺ってみてはいかがでしょうか。

東北地方は、平安後期から鎌倉設立時まで奥州藤原秀衡氏によって治められている土地。この舞台はNHK大河ドラマの「炎立つ」でも取り上げられ、撮影も岩手にて行われました。その撮影として使われた場所は、現在では「歴史公園えさし藤原の郷」として残っています。 撮影で丸々使った舞台を残しているため、高大な敷地となっています。平安期の建物を再現した公園は、タイムスリップしたかのような錯覚を覚えることができます。平安期の雰囲気を楽しみたいときには、ぜひ訪れてみたい場所です。しかし、食事できる場所がないため、ゆっくりしたいときはお弁当などを持参しましょう。東北自動車道水沢ICより車で15分走れば着きます。 また、セットだけでなく本格的に平安期の趣を感じたいときは平泉町にある「毛越寺」がおすすめ。国の特別史跡・特別名勝に選ばれている庭園となっています。当時のままの構造で残されている庭園では、平安期に行われていた「曲水の宴」まで再現してあり当時の「雅」を体験できます。平泉駅から毛越寺までは、歩いて7分もすれば到着します。

いかがでしたか、この記事では岩手県の魅力についてご紹介しました。 岩手県は昔から貴族や帝などと縁が深い県となっており、奥州藤原氏が築いた庭園や、当時の屋敷を表した舞台セットを堪能することができます。 また、大ヒットしたドラマ「あまちゃん」の舞台でもあり、三陸海岸の絶景や水産物を楽しむのもいいでしょう。ドラマの舞台となることが多い岩手県を訪れてみてはいかがでしょうか。

岩手県での過払い金請求について

テレビCMなどで「過払い金請求には期限があります」と聞いてなんとなく気になっているという方も多いのではないでしょうか。 実際、過払い金は10年間放置してしまうと時効が成立してしまい、返してもらうことができなくなってしまいます。

この時効の計算がスタートするのは借金について「最後の取引」が行われた日からです。 たとえば、2006年12月31日に最後の返済を行なった人の場合、2017年1月1日になると時効が成立してしまうことになります。

最近特に過払い金関連のCMの数が増えているな・・・と感じている方もおられるかもしれませんね。 CMが最近特に増えている理由は、「過払い金請求の時効が成立してしまう人」が2017年までにとても多くなる可能性が高いためです。

2017年までに時効にかかってしまう理由というのは以下のようなものです。 消費者金融などの貸金業者が違法に高い利息をとっていたのが2007年まで(貸金業法という法律が改正になるまで)なのですが、 過払い金の時効は10年で成立してしまうため、2007年から10年が経過する2017年1月1日以降は、過払い金が時効にかかってしまうのです。

「過払い金が発生しているかもしれないけれど、借金をしたのは過去の話で思い出したくもない・・・」そんな風に思っている方もおられるかもしれません。 しかし、過払い金はほかでもないあなたのお金です。 誰かにお金を間違って渡してしまったときに、時間が経ったからといって「もう返しません」何て言われたら腹が立ちますよね。 過払い金の返還請求についても全く同じです。

時効が成立してしまうと、本来あなたのものであるお金が返してもらえなくなってしまいますよ。 業者が過去に違法に高すぎる利息をとっていたことが原因で発生するのが過払い金です。 過去にした借金の金額によっては過払い金は100万円を超える場合も少なくありません。

「過払い金が発生している可能性があるけれど、過去の契約書や取引履歴などを紛失してしまっている」 そんな方でも心配はありません。過去に「どの業者からお金を借りていたか?」さえはっきりしていれば、 その業者に対して今からでも取引履歴の開示を請求することができます。

当時の利息や「お金をいくら借りて、いついくら返したか?」という情報さえわかれば、利息制限に基づいた引き直し計算することによって過払い金はわかります。 これらの情報は取引履歴の開示によってすべて正確に知ることができます。 現在、手元に当時の資料が何もない、という方でも過払い金請求手続きを行うことが可能です。

取引履歴の開示は自分で行うこともできますが、ほとんどの人が弁護士などの専門家に依頼しています。 法律的な知識のない人が消費者金融などの「お金のプロ」と交渉して対等に渡り合う、というのはあまり現実的ではありません。 日中は仕事がある、という人は裁判所に出向く必要が出たときなども手続きが滞ってしまいます。 自分でもできる過払い金返還請求の手続きですが、無理せず専門家に依頼するようにしましょう。

「まずは自分に過払い金が発生しているのかどうかを知りたい。実際の手続きを行うかどうかはそれから決めたい」 と思っている方もおられるかもしれませんね。

そんな方は、まずは法律家の事務所の「無料相談」を利用してみると良いでしょう。 専門家に相談した場合、実際の返還手続きを依頼するためには着手金(3万円程度が相場です)などのお金が発生しますが、 相談だけであれば無料で受け付けてくれている事務所がほとんどです。

現在手元にお金がなくて困っているという方でも専門家に相談することはできます。 最終的に手続きを依頼することになった場合も後払いや分割払いに応じてくれる専門家がほとんどです。