兵庫県の過払い金請求なら杉山事務所に無料相談!計算だけでも無料

兵庫県の過払い金請求なら杉山事務所に無料相談!計算だけでも無料

兵庫県で杉山事務所が選ばれる理由

兵庫県で過払い金の返還実績が豊富

司法書士法人杉山事務所では、兵庫県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
杉山事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

周囲に内緒で過払い金請求ができます

杉山事務所では、過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
杉山事務所に過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

兵庫県での過払い金請求にかかる費用(計算だけなら無料です)

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

兵庫県で過払い金請求をご検討の方は、杉山事務所の無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません
また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

債務整理のお手続きは相談者様のご都合にあわせて分割払いも可能です。
借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

過払い金請求のデメリットは理解すれば恐れる必要はなくメリットが大きいものとなっています。貸金業者が経営不振で倒産したり、最終取引日から10年経過で成立し期限をむかえて過払い金請求ができなくなってしまう前に早急に手続きしてください。

兵庫県での過払い金請求の実績多数!杉山事務所について

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

大阪事務所(主たる事務所)

所在地 〒542-0076
大阪市中央区難波2丁目3番7号
POSCO大阪ビル8F
電話番号 0120-122-370 ※通話無料
電話番号 0120-122-370
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 大阪府和歌山県奈良県兵庫県京都府

>>大阪事務所(主たる事務所) 詳細とアクセス

杉山事務所 大阪事務所(主たる事務所)
過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

杉山事務所が対応する兵庫県での過払い金請求について

2006年の貸金業法が改正される以前に消費者金融やクレジット会社などの業者からお金を借りていて借金があった方は、所謂グレーゾーン金利という利息制限法という法律で定められた金利を遥かに上回る金利の元で取引をしており毎月の返済で利息を多く支払ってきた事が予想されるため、過払い金が発生している事になります。

過払い金は利息を払い過ぎているため正しい利息制限法の元で引き直し計算を行い払い過ぎたお金を取り戻す事を言いますが、過払い金請求は自分で行う事も可能ですし弁護士や司法書士事務所に依頼して回収してもらう事もできます。

過払い金請求にかかる費用について

そこで弁護士や司法書士事務所に依頼する際に初めて利用される方も多く、過払い金請求にはどれくらいの費用がかかるのか分からない事も多いので費用について詳しく見ていきましょう。まず弁護士や司法書士事務所に依頼する前に無料相談にて今後の予定やかかる費用などの説明を受けることができます。

基本的に必要になる費用には相談料、着手金、成功報酬、印紙代、事務手数料や通信費があります。どこの弁護士や司法書士事務所に依頼するかによってこれらの費用が大きく異なりますので依頼する前に十分に情報を入手し無料相談にてしっかりと話し合いを持たれる事が大事です。

多くの司法書士事務所では手付け金とも呼ばれ手元に戻ってくる事のない着手金は不要で、印紙代や事務手数料として数千円から1~2万円ほどを支払う場合もありますが、過払い金で回収できる金額が大きいため初期費用は0円で依頼を受けられる事務所も多くあるのです。

過払い金請求では返還される金額が数十万から100万円以上と大きくなることが予想され、この約10%の差額の開きが戻ってくるお金にも影響があり100万円を回収できたとしてもこの過払い金返還時の成功報酬の割合によって85万円手元に返ってくる場合もあれば75万円になる場合もあるので注意が必要なのです。1円でも多くお金を取り戻したいと誰もが願い弁護士や司法書士事務所に依頼して、完済した方や返済中の方でも債務整理などを行った後で債務が残らず過払い金が発生していたら過払い金請求を行う事になりますが、払い過ぎた自分の大切なお金となりますのでかかる費用もできるだけ抑えたいというのが本音でしょう。

過払い金請求を依頼する事で実質的に必要になる印紙代や事務手数料、通信費も重要で、収入印紙代も50万円の請求で5千円、150万円の請求で1万5千円必要ですし、訴訟の最初に裁判所に納める郵便切手代も6千円程度かかるのです。

過払い金返還時の成功報酬の割合でほぼ最終的な手元に戻ってくる金額が左右されますので、なるべく安い弁護士や司法書士事務所に依頼することが望まれるのです。個人で過払い金請求を行う事で成功報酬の費用を払う必要はありませんが、訴訟の提起による口頭弁論裁判への出廷や、和解交渉などの他にも書類作成や業者から開示された過去の取引履歴の引き直し計算など素人1人が行う事は大変困難な作業を極めますし、半年から1年以上という長期間の作業となりますのでお勧めはできません。

やはり信用、信頼があり過去の過払い金請求の実績や安心して依頼できる弁護士や司法書士事務所にお任せする事が大事で、過払い金請求にかかる費用も含めて安い事務所に依頼する事を強くお勧めします。

兵庫県の過払い金請求は杉山事務所|大阪事務所が対応

兵庫県は近畿2府5県のうち、最西に位置しており、29市と12町から成り立つ県です。北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に接しています。面積は約8,400㎢、これは全国で12番目の大きさで、近畿地方の府県では最大の面積です。人口は約550万人、こちらは全国で7番目です。県花はノジギク、県鳥はコウノトリ、県木はクスノキと指定されています。県内には、日本標準時の基準となる東経135度の子午線が通るまち、明石市があります。宝塚歌劇団があることでも有名です。兵庫県神戸市垂水区と淡路島を結ぶ明石海峡大橋は、世界最長の吊り橋として開業以来、ギネス世界記録に認定されています。1995年1月17日、淡路島北部沖を震源地としたマグニチュード7.3の阪神・淡路大震災で南東部を中心に甚大な被害を受けた県でもあります。

県のマスコットキャラクターは「はばタン」。実はこのキャラクターは、2006年度まで、第61回国民体育大会「のじぎく兵庫国体」、第6回全国障害者スポーツ大会「のじぎく兵庫大会」のマスコットでした。翌年2007年4月から県政をPRするマスコットとして活動しています。国体出身の県のマスコットキャラクターは日本でも数えられるほどです。モチーフはフェニックスで「未来に向かって永遠にはばたく」という意味が込められているそう。2015年に、ご当地ゆるキャラとして、NHK紅白歌合戦に出演しています。2012年2月には、「わるタン」というはばタンに対抗するご当地キャラが誕生しています。(兵庫県非公認、「笑顔にしてやる」という笑いの要素たっぷりのプロジェクトのマスコットです)

方言について、県南部では一般的に言われる関西弁ですが、県北部は中国方言である但馬が使われています。県南部も地域によって細分化されています。姫路など播磨地域では播州弁、尼崎など阪神地域では摂津弁、中間地点である神戸では神戸弁、淡路島は淡路弁が使用されています。 大きな県である分、「兵庫県民」という県民意識は薄く、主として「神戸市民」「姫路市民」「豊岡市民」と名乗ることが多いです。ですので、県民性も地域で分かれます。神戸など東部は港町として早くから開けていたこともあり、開放的でおおらかな性格といわれています。チャレンジ精神、知的好奇心が旺盛で、何事にもこだわりのあるタイプが多いです。日本人という国民性にめずらしく「好き・嫌い」をはっきり主張する傾向にあります。姫路など西部は、芯が強く明るく軽快ですが、保守的でやや見栄っ張りな性格といわれています。豊岡など北部はまじめで粘り強い人が多いです。淡路島はのんびりした性格で、生活力があるといわれています。

兵庫県出身の著名人は数多くいます。民俗学者の柳田國男、推理作家の陳舜臣、小説家である中島らも、作詞家、小説家、詩人という3つの顔を持つ阿久悠、ニューヨーク・ヤンキースで活躍する野球選手田中将大、ドイツ、ボルシア・ドルトムントに所属するサッカー選手香川真司。豊岡市には冒険家、植村直己の記念館があります。

メディアなどでは、「美人女優、女性タレントは兵庫県出身が多い」と取り上げられることもあります。相武紗季、芦田愛菜、有村架純、上野樹里、北川景子、平愛梨、滝川クリステル、檀れい、能年玲奈、松井玲奈(SKE48、乃木坂46)、松浦亜弥、水原希子など実に豪華な顔ぶれです。

歴史的人物として名高いのは、黒田孝高(通称:官兵衛)、剣豪・二天一流開祖の宮本武蔵、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母、春日局です。

兵庫県には世界遺産が1つあります。それが姫路城です。1993年5月に登録されました。シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれています。 観光スポットとしては、先に述べた姫路城、平安時代から1,300年の歴史を持つ城崎温泉、豊臣秀吉が愛した有馬温泉、最近では日本のマチュピチュとうたわれる竹田城、映画「ラストサムライ」の撮影が行われた書写山圓教寺が挙げられます。神戸ポートタワー、中華街(南京町)や異人館がある神戸市街地は「オシャレな街」として全国でも人気が高いです。六甲山や摩耶山から見下ろせる神戸の夜景は「1,000万ドルの夜景」として知られています。宝塚にある宝塚大劇場、手塚治虫記念館はそれぞれのファンにとって、たまらないスポットです。

兵庫県名物は、世界でも名高い神戸牛、神戸牛のルーツである但馬牛、出石そば、姫路の穴子、淡路の玉ねぎ、明石の鯛、赤穂の牡蠣、明石焼き(玉子焼とも呼ばれ、たこ焼きに比べ出汁の割合が多い)と山の幸、海の幸に恵まれています。B級グルメとして姫路おでんや神戸長田地区のぼっかけなどがあります。また、神戸発祥で全国各地の百貨店で取扱われているスイーツはたくさんあります。

意外と注目されることは少ないかもしれませんが「お雑煮」の違いもポイントです。兵庫県のお雑煮ですが、一般的に「煮た丸餅」を正月に食べるといわれています。白味噌ベースが多いですが、赤味噌と合わせたり、すまし汁にしたりすることもあります。 地域によってはくじらや焼き穴子を入れるところもあります。