岐阜県で過払い金請求するなら実績多数の杉山事務所に無料相談

岐阜県で過払い金請求するなら実績多数の当事務所に無料相談

岐阜県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求は自分ですることもできますが、過払い金の計算や貸金業者との交渉は難しく専門家に一度相談することをおすすめします。

岐阜県内の方から多く過払い金請求のご相談を承っております。
当事務所が相談者様から信頼をいただいている理由としまして、第一に過払い金請求の圧倒的な実績数にあります。
月に3,000件以上の過払い金の相談実績があり、またビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一に選ばれました。
相談者の皆さまから信頼をいただいている証と自負しております。

過払い金請求のご相談を無料で承っております。
借金をしている、もしくは過去に借金があったことをご家族や職場、ご友人など周囲に内緒にしたいという方からも多くご相談をいただいておりますが、当事務所では過払い金請求の手続きを周囲に内緒で進めることが可能です。
プライバシー保護の観点から、面談は完全予約制とさせていただいております。
過払い金請求をご依頼いただいたあとは、借金問題に強い司法書士が最後まで担当させていただきますのでご安心ください。過払い金請求について不安な点やわからないことがありましたらどんな小さなことでもご質問ください。担当司法書士をはじめ、スタッフ一同、親切丁寧に対応させていただきます。

岐阜県での過払い金請求にかかる費用<完全成功報酬>

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

岐阜県で過払い金請求をご検討の方は、無料相談をご利用ください。
過払い金がいくら発生しているか、無料で概算をお出しします。
戻ってきた過払い金の中から費用をいただきますので、初期費用は一切かかりません
また、借金を返済中の方も、過去に払い過ぎていた利息があれば過払い金請求をすることができます。戻ってきた過払い金で借金を減らすことができれば毎月の返済をラクにすることができますし、額によっては今ある借金を完済できる場合もあります。

過払い金請求は当然の権利です。過払い金請求のデメリットは理解すれば恐れる必要はないです。それよりも経営不振による貸金業者の倒産や、最終取引日から10年経過すると成立する時効によって過払い金請求が出来なくなってしまうことの方がデメリットです。


借金を返済中で毎月の返済が厳しい状況の方も、ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

岐阜県の過払い金請求を対応

名古屋事務所

所在地 〒453-0015
名古屋市中村区椿町1丁目16番
IMONビル3F
電話番号 0120-122-812 ※通話無料
電話番号
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 愛知県静岡県長野県岐阜県滋賀県三重県

>>名古屋事務所 詳細とアクセス

岐阜県での過払い金請求について

過払い金請求を誰にも内緒でやりたい方へ

周囲に内緒で借金を無くしたい。なんとかバレない方法はないものか?多重債務に苦しんでいる方の多くはそう考えるはずです。そこで今回は果たして過払い金請求は周囲にバレるのか、バレたらどんな状況に陥る危険性があるのかについて述べ、バレにくい方法とそこまでする必要性があるのかについて考えていきたいと思います。

いま返済中で、過払い金請求後も借金が残る人は家族に相談したほうが無難かも

まず勘違いしている方が多いので触れておきますが、過払い金請求とは正式に認められている行為ですが、あくまで「債務整理」の1つだという事実を知っておいてください。そもそも過払い金請求による債務整理を余儀なくされる理由は、人知れず数社におよび多額の借金を繰り返したことが原因になることがほとんどです。というのも、配偶者や家計を共にする親族に内緒の借金は、相談も返済への協力を依頼することもできないからです。にっちもさっちもいかなくなった状態で債務整理として過払い金請求をする場合では、内緒でやり始めて仮にバレないまま解決できたとしても、「なんだ、大丈夫じゃないか」という油断から、多重債務の病巣が再発する危険をはらんでいます。よって以下で紹介する「バレにくくする為の方法」を実行しないで、正直に信頼できる相手に状況を説明し、共に苦労しながらでも解決の道を歩むことをおすすめします。

完済している人は誰にも内緒で過払い金請求してOK

一方、金利のからくりを知らぬまま、消費者金融やクレジットカードを必要に迫られ安易に利用したが、しっかりとした金銭管理のもと完済した後、グレー金利の存在や過払い金が発生している可能性を知る場合があります。この債務整理というより、「不当に請求された金利分の返還請求」の要素が多いケースに関しては周りに知らせるメリットよりも、信頼し合う夫婦や期待してくれている両親などとの良好な関係を阻害するデメリットの方が多いので、「バレにくい過払い金請求方法」を実行した方がよいかもしれません。

費用を押さえ、個人で過払い金請求を進める事はできますが、「バレるのか」という視点から見れば危険性がグッと高くなってきます。というのもいくら携帯電話が普及し、個人のプライベートが保護されてきたとはいえ、度重なるの貸金業社とのやり取りや書類の郵送などから周囲に知られてしまうリスクはいくらでも転がっているからです。ゆえに周囲に知られず過払い金請求をするのは大変困難だと考えられます。対処法としては、郵便局に個人宛の郵便物を局留めにしてもらう事や、業者に電話の時間帯や回数を考慮してもらうことなどがありますが、独り暮らしでもない限りすべてを隠し通すのは大変困難なのではないかと考えられます。

誰にもバレずに過払い金請求する方法

一方、特に過払い金請求を多くこなし、実績のある法律事務所に依頼した場合は、周囲に知られないまま過払い金請求を完了させられる場合が多くなります。それは正式な依頼後、ほぼ不必要な連絡や書類の郵送もなく、請求に関わるすべてを代行してくれるからです。しかし、注意して欲しいのは、依頼時にしっかり内密に進行したい旨を伝える事。さらに時に取り戻せた過払い金を銀行振込ではなく、個人宛郵便為替で送ってくる場合があります。例え同居している家族でも、他人が内容を確認することは不可能なので油断しがちですが、不振に思われてそこからバレてしまうケースもあるようなので、事前に確認をしておいて下さい。

以上、述べてきたような手段を講じて時には内密に過払い金請求を行う必要もあります。しかし、借金トラブルはどんな人にも起こりうる事を忘れず、場合によっては周囲の協力をあおぐことも考えておかなければなりません。「白状すべきか、内緒にすべきか」判断に迷うときは無料の相談窓口などで自分の金銭状況などを告げ、アドバイスを受けてみるのも大変参考になるはずです。

過払い金請求の無料相談をおこなう岐阜県について

岐阜県といえば、織田信長を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
岐阜県は、日本のほぼ中央に位置し、北部を「飛騨地方」、南部を「美濃地方」と呼んでいます。周囲は7つの県に囲まれていて、海がありません。
岐阜城(稲葉山城)、飛騨牛、長良川の鵜飼いなど、さまざまな魅力にあふれた岐阜県の魅力をご紹介したいと思います。

岐阜県を訪れたらここに行くべき!岐阜県の観光スポット
まずは、岐阜県といえば、ここに行くべき!という代表的な観光スポットをご紹介します。
(1)織田信長の居城・岐阜城
歴史の舞台でたびたび登場する岐阜城は、稲葉山城とも呼ばれています。
金華山の山頂に位置し、戦国時代には、「美濃の蝮 (まむし)」と呼ばれた斉藤道三が居住していた城でした。難攻不落の岐阜城を織田信長が攻略し、その後は織田信長の居城となり、織田信長の楽市楽座などの政策のもと、城下町として発展してきました。
今では、岐阜城は、観光スポットとして賑わっています。
岐阜城のある金華山は、ハイキングコースとしても有名です。初心者から上級者むけに、さまざまなハイキングコースが設定されています。中でも、上級者むけの「馬の背登山道」は、「健脚向き・老人幼児には無理です」と看板が立っていて、一度はチャレンジしてみたいコースです。馬の背登山道を登り切り、眼下に広がる山頂から望む長良川や岐阜の街並みは、登山者の心を奪うこと間違いなしです。 歩いて山頂に登りたくないという方のために、ロープウェイも用意されていますので、安心してください。
また、岐阜城の中にある展示施設や、金華山リス村などの周辺観光スポットにも、ぜひ足を運んでみてください。
(2)幻想的な長良川の伝統・鵜飼い
岐阜の長良川の鵜飼いは、毎年5月中旬から10月中旬にかけて開催されています。河岸だけではなく、屋形船を予約することで、船の上からも鵜飼いを楽しむことができます。
長良川の鵜飼いは、日本で唯一の皇室御用達の鵜飼いで、約1300年前から岐阜に伝統的に伝えられている夏の風物詩です。その幻想的な風景は、松尾芭蕉などの多くの文化人を魅了してきました。岐阜県内の方も岐阜県外の方も、ぜひ一度は観光しておきたい岐阜の代表的なイベントです。
(3)飛騨地方の秘湯・下呂温泉
岐阜県飛騨地方にある下呂温泉は、日本三名泉のひとつに数えられています。下呂の街は温泉街になっており、たくさんの観光ホテルや旅館が立ち並んでいます。
下呂温泉の河原には、名物の入浴無料の露天風呂があります。ただし、混浴であり、その露天風呂は下呂の街から見下ろせる位置にあるので、入浴の際には、水着の着用が義務付けられていますので注意してください。 下呂温泉には、観光施設として「下呂温泉合掌村」があります。この合掌村にある合掌造りは、奥飛騨白川郷にある重要文化財である合掌造りの家屋を、移築保存したものです。下呂温泉から奥飛騨まで足をのばすのは大変ですので、下呂温泉で観光できる下呂温泉合掌村は、気軽に観光できるお得な観光スポットとなっています。
岐阜県には、そのほかにも、奥飛騨にある幻想的な白川郷・高山市の古い街並み・大自然が堪能できる養老渓谷・徹夜踊りで有名な郡上八幡・日本最大の地底の滝がある大滝鍾乳洞など、魅力的な観光スポットがたくさんありますので、ぜひ足を運んでみてください。

岐阜県でぜひ食べておきたい!おいしい名産物
岐阜県にはさまざまな名産物があります。岐阜県の代表的な、一度は食べておきたい名産物の一部をご紹介します。
(1)飛騨牛
飛騨牛は、日本一の和牛の称号を得たことのある牛肉のブランドです。網目のような霜降り肉で、やわらかく豊潤な味がし、牛肉ファンに大人気です。
(2)朴葉(ほうば)味噌・ 朴葉寿司
朴葉味噌は、岐阜県飛騨地方に伝わる郷土料理のひとつです。朴葉の葉に味噌・削り節・葱・椎茸などをのせて、焼きながら食べます。一緒に飛騨牛をのせて焼く料理方法が、人気となっています。
朴葉寿司は、朴葉の葉に、寿司飯・鮭・ショウガなどの具を包んで食べる、岐阜県の郷土料理のひとつです。寿司飯と朴葉の香りが絶品です。 (3)富有柿 (ふゆうがき)
富有柿は、岐阜県瑞穂市を発祥とする甘柿で、柿品評会で一等を受賞したことのある品種です。果肉は柔らかく、甘みがあるのが特徴です。柿の産地では、秋になると一斉に柿がなり、道路わきでも柿を販売しているのが見られます。

岐阜県で手にいれたい!岐阜のお土産
岐阜県では、岐阜県独自のお土産を販売しています。岐阜県アイテムとして、手にいれておきたい代表的なお土産をご紹介します。
(1)飛騨地方のさるぼぼ
さるぼぼは、飛騨地方に古くから伝わる人形で、お守りとしても売られています。岐阜県飛騨地方にしかない人形であるため、お土産として人気があります。
(2)美濃焼
美濃焼は、岐阜県美濃地方の多治見市・土岐市・瑞浪市・可児市で生産されている陶器です。原料である良質の粘土が豊富なため、岐阜県で昔から生産されている美濃焼は、日本国内だけでなく海外でも人気があります。
(3)関の刃物
関市は、日本刀の生産地として有名であり、700年の伝統を持つ刃物の町として栄えてきました。刃物に関連したさまざまなイベントも開催され、中でも「刃物まつり」は有名です。

そのほかの岐阜県の特徴
岐阜県北部の飛騨地方は、御嶽山・乗鞍岳・奥穂高岳など、登山の名所としても有名です。岐阜県と長野県との境にある野麦峠は、文学作品で有名になりました。冬は積雪量が多く、スキー場もたくさんあります。
岐阜県南部の美濃地方は、飛騨地方に比べると温暖な気候です。木曽三川と呼ばれる木曽川・長良川・揖斐川が流れ、濃尾平野を形成しています。県庁所在地である岐阜市内にあるJR岐阜駅から名古屋までは、電車で20分と、都心へのアクセスが良いため、名古屋の周辺都市として、商業地域や住宅地域としても発展しています。

岐阜県は、飛騨地方と美濃地方、それぞれに魅力的な特徴があります。
海はありませんが、山と川の幸が豊富にあります。食文化は、郷土料理だけでなく、名古屋食文化の影響を受け、味噌を使った料理などおいしいものがたくさんあって、紹介しきれません。
ぜひ実際に訪れて、新しい魅力を発見してください。